株主

2013年12月06日

★PM2.5のリアル被害! 蜜、上海の地を踏めず

 
『PM2.5 がうんたら〜』 系の話題は、
上海情報 などで皆さんが書いていらっしゃる周知のことでもあるので、
とりたてて蜜のブログでは騒がないことにしていました。今までは。


元々、こういうネタに意外と無頓着 (笑) ってのもあるけど、
だってねぇ。
それを口にしたところで、何か抜本的な回避策が取れるわけでもないし。
我々は日々、ここで息をして暮らしていかねばならないわけで。

悪影響などは・・・ 実は日々着実に、健康が蝕まれているのかもしれないけどw
何かこう、急に目に見えて体が悪くなったということもない。
ジャカルタ着いてすぐ点滴責めに遭った のは、きっと無関係。普段の 不摂生 。たぶん 飲み 疲れ。



・・・と思って、あまり気にせず生きてきた。

と こ ろ が 、 だ。


ついに、この蜜でも、

【 これは PM2.5 のせいだ 】

と明らかに断言できるリアル被害 に見舞われることに!!



それは・・・


sIMG_5351.jpg
↑ 簡単にまとめると、 今朝の未明の時点 で、こういう状況に陥ってまして。



蜜は、ここしばらく上海を離れており、やや世情に疎かったのですが、

sIMG_5352.jpg  ※ きなちゃんから画像いただく
上海の汚染度は、今もう相当ひどいレベルに達しているようで。


そんな上海の現状はいざ知らず、昨日 12/5 の夕方、


sDSC01013.jpg
念願の A380 に乗れる〜♪ と喜び勇んでシンガポールから SQ に搭乗。。。


↑ 実は、この時点で既に2時間ほど出発が遅れていて、
浦東空港に深夜 0時過ぎに着く予定 に変わったことへの不満なんて、
今にして思えばカワイイものであった…。


sDSC00976.jpg
初めて乗れたオール2階建ての機材 A380 ☆ 機内探検もたっぷりしてw


sDSC00982.jpg
あとはシンガポールスリングでも飲みながら、順調な飛行に身を預けていると・・・


時計が夜 23:30 を示した頃、着陸態勢に入って、飛行機が降下していった。
おそらく、すでに車輪までも出ていた。

蜜の頭の中はもう、

翌日から目白押しの、上海の友達との飲みの約束

のことで一杯で、今夜はよく寝とこう〜 なんて呑気に考えつつ、
ふと、前方スクリーンに目をやった瞬間。



sDSC00989a.jpg

蜜、固まる。 機内、どよめく。



おーいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいっ!
上海、すぐソコ!! 真下!!!


sDSC00988.jpg
ななななぜに、 香港 まで引き返すわけーーー?!



機内放送が基本英語で、たまに流れる中国語もくぐもってよく聞こえず、
この時は、一体何が起こって航路を戻っているのか、さーっぱり分からないまま、


sDSC00983.jpg

機体は、容赦なく香港へ向けまっしぐら。



このあたりで、やっと中国語のできる CA さんと直接話をしたら、

「 上海は ものすごい霧 で視界が悪く、着陸できずに引き返しました 」


・・・あの〜・・・
ソレって、まさしく PM2.5 のことですよね?ww


と、初めてこの 公害 現象のオソロシサを、身をもって感じた瞬間。



ちょっ、どうすんのよー?
もし、このまま明日早くに上海戻れなかったら、
夜の飲み会行けなくなるじゃん!!
(蜜の頭に、とっさに浮かんだ叫び)


PM2.5 が、まさか蜜から、貴重なお酒の機会を奪うとは。
こんな弊害、誰が予測できたでしょう。。。



sDSC00991.jpg
んなことを1人でグダグダ考え悶々としてる間にも、飛行機は ぐんぐん上海と反対方向 へ…


そして香港の空港へ到着した時には、もう 12/6 午前2時をまわり。

また、ここからがキツくて、
「どうするかクルーが対応決めるから、みんな機内でそのまま待っててね」
の空白タイムが1時間あまり。

その後、放送から届く情報が徐々に錯綜し始める。


「振替便もなく、香港のホテルも全て満室で、ここでみんなを降ろせない」
  ↓
「だから、みんなで一緒に、このままシンガポールまで戻ろう!」  (なんでだよw)
  ↓
「あ、でも、それがイヤな人はここで降りて、別の便を探してもいいですよ」  (オイオイ)
  ↓
「探すお手伝いはしますが、この人数ですし、必ずご用意できるとは限りませんけど・・・」
  ↓
「一緒にシンガポール戻る方が確実ですが、次いつ出発できるかは分かりません」


こんな不確かな状況下で、でも半数ぐらいの乗客が降り始める。
蜜は熟考の末、シンガポール戻りについて行く = SQ に身を捧げることに。



sDSC00993.jpg sDSC00995.jpg
しかし、このような混乱の中にもかかわらず、不思議と機内は比較的なごやかムード♪

大陸を飛ぶ国内線客特有の(?)暴動w が起きる気配もなく、
中国語ネイティブな乗客も結構いる中でも、皆いたって落ち着いた振る舞い。
どうしたんだ、この民度の高さ!!


欧米人など、ユーモアいっぱいに、
「Oh〜! じゃあ、その分のマイルもらえる? って、ちゃんと訊かなきゃ (笑) 」
なんてジョークを飛ばして、機内が笑いに包まれる始末w

( 情けないけど、英語は全くもってダメな蜜…。
  クルーからの状況説明もさっぱり放送が聞き取れず、
  中国語ができるCAさんを探して、個別確認するしかない環境の中、
  この人のジョークネタだけはしっかり耳に入った、という極めて使えないヒアリング能力。




この時点で、もう AM4時くらい。
(逆方向だが) いつシンガポールへ発つのか、ひたすら機内で待ち。
ところがその30分後、

「香港でホテルの用意ができましたので、全員降りてくださ〜い!」  (・・・。)


sDSC00996.jpg sDSC00997.jpg
あーハイハイ。。。 やっと機内から出て Wi-Fi が使えるようになったのはいいけど、

sDSC00998.jpg sDSC00999.jpg
皆、ムダな香港入境のために長蛇の列…


sDSC01000.jpg
今度は、用意されたホテルまで向かうタクシーに長蛇の列……


まあ、仕方ないですよね。
奇しくも A380 だったのが仇となって、乗客人数も普通より多いのよね (泣)

でもこれが香港でまだ良かった!
もし北京に立ち寄られてたら、待ってる間に凍えてた!!


sDSC01003a.jpg
そして、何故かホテルの場所が空港から車で40分と異様に遠い… (苦笑)


sDSC01008.jpg sDSC01009.jpg
おかげで、やーーーっと部屋に辿り着いた時には、もうすっかり夜明け。 朝ですがな。。。


この時点で、AM7時前。
もう上海の皆さまも起き始めていらっしゃる頃でしょう・・・ と、

『 どうしよう。 今夜の飲み会、行けないかも!! 』

のメールを関係者に送りまくって泣きつく。


    ↑  ↑
“ いや、あのさ… アナタ他にもっと気にすべきコトあるんじゃないの? ”
なぁんて、呆れ果てたお声が聞こえてきそうですが、
そうとも限らないんじゃないかなーと。

だって、集まって下さる皆さまのご予定も振り回してしまうわけで、
悪いのは PM2.5 だけど
蜜のために貴重なお時間を割いてご都合つけて下さった方々に、申し訳なくて。。。



ひとまず現状報告を済ませて、2時間ちょっと仮眠。
AM10:30 ホテルロビーにて全員集合 ⇒ バスに乗り込み、再度空港へ。


sdelay.jpg
電光掲示板の案内、上海行きだけが異常w


なんとか無事、13:00 予定の便に振替えられるも、

14:00 搭乗すらできず (機材は目の前にあるのに!!)
15:00 あのーまだなの?
16:00 やっと乗るだけは乗らされる
17:30 よ う や く 離 陸




さて。。。

ここで最後の大きな関門 : また上海に降りられませんでしたぁ〜 テヘペロ♪
なんて展開になるかならないか??
PM2.5 なんて、昨日や今日で晴れて無くなるタダの霧じゃないわけだし。



緊張の着陸は・・・



sDSC01020.jpg
車輪が地を滑った瞬間、
機内で自然と沸き起こった拍手☆★☆



ヤバイです。
これには、蜜も素直にちょっと感動しちゃいましたもん…。

思えば、我々は 24時間以上を共にしてきた戦友たち なわけで。
国籍も年齢も様々な集団だけど、願いはみんな1つだった。



「 早く上海着いて、友達と飲ませて。 」


(いや、それは蜜だけじゃ。。。)




結局、今夜の飲み会には当然間に合わなくって。
だけどお優しい関係者の方々、延期して予定を組み直して下さって!!
本当にありがとうございます。
この場を借りて、お詫びと御礼申し上げます。




sDSC00992.jpg
記事の〆に、昨日のフライトで見つけたイケメンクルーでも 黒ハート



↓ SQ に勤めている友人が、気を利かせて手配してくれました♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑上海ブログランキングに参加中。 お疲れ!!と1クリック して下さると元気が出ます〜♪
 



posted by 蜜 at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

ここは日本? いえ、上海の「極楽湯」

 
sIMG_3400.jpg
だってもう・・・ エントランスからして、これはもう THE・日本! でしょ?



あの日本の 「極楽湯」 が上海・浦東にできる!  pandaani7.gif

と、去年からなにかと話題でしたが、
2013年に入って早々のオープン以来、来場された方の絶賛の声が多数。


ポンコツさんのブログ なども拝読して、
蜜自身も行きたくてウズウズしていましたが、タイミングを逸し。。。
なにせちょっと遠いもので(笑)
折角のお風呂ですから、ガッツリゆったりたっぷり時間も取りたいじゃないですか。


そして、ようやく出向けるチャンスに恵まれ、堪能してきました 「極楽湯」 ♪ 



sIMG_3402.jpg


地下鉄だと、6号線の金桥路駅からが一番近く、
一応そこから徒歩20分となっていますが・・・ もっとかかると思いますw
(蜜は金桥路駅からタクシー使いましたが、2メーターくらい?)


新金桥路600号(×金蔵路) に辿り着くと、↑こんな看板が見えてきます。

「ゆ」 という平仮名が非常に目立つので、
日中関係にまた火がついた折にはどうなるのだろう …とかいう余計な心配はさておきw



先ほどのエントランスをくぐり抜けると、

sIMG_3403.jpg
目の前に広がる大広間は、清潔感溢れるばかりでなく、ほっこり落ち着く和の空間♪


館内には、ほとんどの場所にきちんと床暖房が敷かれてあって、
靴を脱いだ後も、ちっとも足が冷えたりしません。


またお風呂だけでなく、施設・サービスも充実。
食事処、休憩処はもちろん、男女共用スペースには様々なタイプの岩盤浴
ヒゲ剃りや散髪、美容室にネイルに 「桃源郷」 のマッサージ、
それから日本風情のお土産(鉄瓶とか京都っぽい小物系)の売店まであるという・・・。


これだけ色々あると、ここで半日過ごしちゃうぞっ いい気分(温泉)
くらい時間の余裕がなかったら、わざわざ金桥くんだりまで来た甲斐が(苦笑)

浦東にお住まいの方なら、わりあい近いから羨ましい。
浦西にもできないかな。でも土地とか設備投資とか大変そうだもんな…
なぁんてことを考えながら、いそいそとまずはお風呂へ!


sIMG_3404.jpg
なんと、 浴衣が選べる という粋な計らいまであるのね☆


↑こういうのが(特に女性は)嬉しくなっちゃうのは、万国共通なのでしょうか?
日本では当たり前のシステムかもしれませんが、
海外でこんな楽しみに出会えるとは。中国人の方にもこれはウケるのかしら♪

7種類(+VIP専用1着)の中からチョイスできます。
蜜は紺色が好きなので、ユニセックスな風合いの柄にしてみました。



【 ここから先は女風呂になりますので、写真はありません 揺れるハート


ロッカー数は、かなりあります。
化粧台には、綿棒やドライヤー、1つ1つ袋に入ったクシが置いてあり、
更には、 日本の SANA なめらか本舗の豆乳イソフラボンの化粧水と乳液 が!

このラインナップに感嘆していたところで、
浴室に入りシャワーブースを見ると、 SHISEIDO パーフェクトホイップ
用意されているという、海外のスパとは思えないラインナップ!!


ここは本当に、まるで日本だなぁ〜。
と、ウキウキしながら髪と体を洗うと、 軟水 の効果でスベスベ & トロトロ・・・
普段、上海の硬水に泣いているので、これだけでも嬉しすぎる♪


内風呂 は、
かけ湯に始まり、ジェットバス・電気風呂・痩身風呂(笑)・水風呂などの他、
日替わりで様々な効能のお湯を提供している一角も。

あとは、大きな炭酸泉がありまして、
ゆっくり浸かってみたら、蜜の日頃の肩こりにホント効きました〜。


サウナ に入ると、その広さに驚きました。
まるでホールのように段々になっていて、一面タオルが敷かれ、
前方中央に掛けられたテレビを見ながら、寝転んだりもできますよ。


さて、一番のオタノシミの 外風呂 ですが、
俗に五右衛門風呂と呼ばれる壺風呂を一人占めできたり、
露天 (半露天くらいかな…) は、ゆとりのある岩風呂 になっていて、
これは蜜的にとってもポイント高い〜☆


この充実具合は、本当に、日本のスーパー銭湯と全く遜色がありません。
ここが上海であることを忘れ、まるで帰国したかのよう…。
唯一違うのは、ほとんどが中国人のお客様で賑わっていることくらいで、
彼女たちもルールやマナーをしっかり守って利用していました◎

逆に、蜜の方が1人鼻歌まじりでお湯を楽しんでいて、
でも誰もそんなこと関心せず、奇異な目で見られることもない自由な中国バンザイ(笑)



-- 女風呂レポートおわり --




sIMG_3405.jpg
さて、お風呂でまったりした後には、お食事処へと参りましょうか。


sIMG_3410.jpg
湯上がりの1杯は、まずコレでしょー! 思い余って生ビール(大)28元w


座ってゴハンを頂ける場所は、館内ではここだけのようです。
メニューを見ると、
和食に限らず、中華も洋食も(韓国料理まで!)全般的におさえられていました。

蜜の気になるお酒も、
ビール、日本酒、焼酎、サワー、ワイン、カクテル、白酒や黄酒もある(笑)


sIMG_3411.jpg sIMG_3412.jpg
豚しゃぶサラダ(55元) と なんこつの唐揚げ(38元) は、なかなか美味しい。

sIMG_3415.jpg sIMG_3416.jpg
焼き餃子(23元)は、まぁ普通。 ししゃも(35元)は丸々太っていて満足度高し!

sIMG_3414.jpg sIMG_3419.jpg
牛ステーキ丼(48元)、お肉はジューシーだけど丼としてはやや薄味。 石焼ビビンバ(38元)は微妙…。


全体的には、まぁこんなもんかなぁ〜 という印象でしょうか。
それほど秀でた何かはないけど、施設の快適さから考えたらこの程度で十分に御の字。
価格帯は、洋食を選ぼうとするとコスパがあまり良くないかも… (苦笑)

湯上がり浴衣姿で、リラックスしながらお料理を頂けるのは嬉しいもの♪


sIMG_3417.jpg sIMG_3420.jpg
蜜には珍しく(?)生搾りキウィサワーなど飲んでみました。。。 ホラ、こういう所ってまわるしねw 




さて。
お腹も落ち着いたところで、休憩がてら サウナ とか 岩盤浴 やってみましょ。


sIMG_3422.jpg
韓国サウナのチムジルバンを彷彿とさせるようなサウナスペース。

sIMG_3423.jpg
そのうちの1つ 「大黒」 の中はこんな感じで、摂氏61.7度に設定されていますね。



壁際の方には、それぞれ違う温度の岩盤浴(薬石浴っぽい?)ルームがズラリ。

sIMG_3424.jpg
少し湯冷めしていた体に、自然な発汗が促される岩盤浴は気持ちい〜い!


sIMG_3421.jpg
岩盤浴ルームで暑くなったら、ほんのり床が暖かい程度の ↑ こちらでお休み。



まだオープンしたてというのもあるでしょうけど、
メンテナンスも行き届いている感があって、とにかくキレイで快適な設備に、
感嘆の連続でした。安心して寛げるというのは、この地で何よりものサービスですもの。

このクオリティで、入場料が128元。
上海の物価水準からしたら少し高いけれど、日本価格と考えれば納得でしょう。

今後もずっとこのサービスレベルをキープできるのであれば、
浦東・金桥まではちょっと遠いけれど、癒しを求めて通いたくなっちゃうだろうなぁ♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■極楽湯■
上海市浦东新区新金桥路600号(×金蔵路)
Reservations: 021-3875-1245
営業時間: 11時〜24時




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 20:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

魯迅公園ランタン祭りに行ったものの

 
先月、らくらくプレスを読んでいたら↓こんな記事を発見。

sIMG_1984.jpg


2012年9月5日〜10月14日 の期間、
  魯迅公園で上海国際提灯(ランタン)祭り が開催される 」
とのこと。


そもそも蜜は、上海に3年以上住んでいながら、魯迅公園 に行ったことがなく・・・
これを機会に、夜ちょっと出かけて見てみようかな?
という気分になって、


sDSC05130.jpg
魯迅公園の最寄、地鉄3/8号線・虹口足球場までやってきました。駅を降りたらすぐにドームが!


そのまま、地上2,3階くらいの高さの、ドームの周りを道沿いに歩いてきてしまったら、


sDSC05131.jpg
なんか・・・ もう、見えてきちゃいました(笑)


ここが、ランタン祭り会場の入口エリアなんでしょうかね??
それもよく分からないまま、階下を覗いてみると、


sDSC05132.jpg
うわっ なんか人がいっぱい溜まってる!!


このあたりで、なんとな〜くイヤな予感はしてきたんですが、
蜜はまだこの時、ランタン祭りをナメてました。。。


とにかく、地上に下りないことには、公園にも入れませんので、
またドーム周りをウロウロ戻って、階段を見つけ1階へ。

そして目に入ってきた光景。


sDSC05149.jpg

srojin_kakaku.jpg


入場料、 けっこー 高っ!


普段の魯迅公園のことはよく知りませんが、
ランタン祭りの期間中は、入園料が平日は50元、週末は70元、
中秋・国慶節にいたっては90元ですってよ。



でも、まぁ、蜜が本当に怖気づいたのは、そっちの理由じゃなくて・・・


sDSC05145.jpg sDSC05147.jpg
この、入場チケットを買い求める人たちの多さ! 列の長さ!!



人民の数のパワー を完全にナメてました… orz



そうよね、そうなのよね。
ランタン祭りぃ? そうそう人も来ないでしょ? なんて実は高をくくってたけど、
このお国の方々、そのうちのほんの 0.0000数% が寄り集まっただけでも、
これくらいの数になんて、簡単になりうるよね。。。


しかも、 期待を裏切らず チケット購入・引換の手際もあんまり良くない!(苦笑)


ざっと様子を見てても、相〜当〜長蛇の列のハケも悪かったので、
ここまで来ておいて、大変残念だったのですが、入園を諦めてしまいました pandaani206.gif



でも、せ、せめて入口あたりだけでもっww

sDSC05143.jpg

sDSC05148.jpg
門を模ったランタンに、近づいて見るくらいはしてみましたがw



けれど、これだけではあんまりなので、
もう1回、さっきのドーム周りまで戻って、上から眺めるだけはしに行きました!(汗)


sDSC05136.jpg

sDSC05140.jpg

sDSC05137.jpg
エッフェル塔と東方明珠塔が一緒くたに観られるっていうね… う〜ん(笑)



結局、そこから見下ろせる限りのランタンだけ、遠目で確認して、
スゴスゴ帰ることになりました。。。

そう、当初の予定だった、

sIMG_1986.jpg
らくらくプレスに載ってた、こんな巨大龍も見てくることなく・・・。



なんだかヘタレな記事ですみません!!!


だから、と言ってはなんですが、最後にオマケを追記。


sIMG_1977.jpg

sIMG_1979.jpg


↑こういったものを取り扱う専門店を見つけてしまいました。
なんと、日本の TAMIYA の製品がズラリ。

虹口足球場のドーム1階にある、小さなお店なんですが。

なんでこんな所に? っていうのが、最初の正直な感想w
しかも、多分ちゃんと本物を扱ってる。
なかなかディープで、かなり数や種類も豊富な取り揃え。
けれど値段は、日本での価格同等か少し安いくらい(と思われます)。

一体なぜ?? と、イロイロ不思議でいっぱいなのですが、
ここを覗いてみるために、魯迅公園・虹口足球場へ来てみる価値も・・・ アリ?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■魯迅公園■
上海市虹口区四川北路2288号
地鉄3/8号線・虹口足球場駅すぐ




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 03:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

「南外灘布市場」で作る200元ワンピース♪

 
上海に2年ちょっと住んで、
今やここで手に入りにくい日本のモノなんて、本と薬と地酒と谷中しょうがくらい
だと分かって、大変居心地よく生活させていただいておりますが・・・


“お気に入りの品” が見つからない、センスが合わないといった問題が残るのは、
ある意味仕方ないのことですが、でも買えなくて困りますよね?
# 以前、ゴルフ関連グッズ探しでも難儀しました… → 『上海「つるやゴルフ」を覗いたものの


蜜は、とにかく・・・


上海で売られているワンピースの趣味が合わない!! (涙)



大型ショッピングモールはもちろん、街角の小売店も、七浦路だって覗きましたよ?
それでもなかなか、自分好みのデザインのワンピースには出会えない。

蜜は、色・柄はともかくとして、わりとシンプルな形のワンピースが好きなんです。

でも上海での流行や人気のタイプはきっと違うんでしょうね。
その大きなリボン要らないよ… とか、
なんでここにポケット付けちゃったの…? とか、
なんかこう、余計な一工夫が凝らされちゃってるものが多い気がする(笑)

そして、丸襟を非常によく見かける。これもブームなのかな。
でも蜜は、完全なるV字型ネック派なのです!
もし丸襟なら、めっちゃ胸元がえぐれていてスッキリ見えるのなら許すw


ここまで上海のモード(?)とかけ離れた趣味だと、探すのも困難。
かと言って、H&M や ZARA といった欧米系ブランドにもあまり惹かれるものがないので、
日本への一時帰国時にまとめ買い。これが、今までのパターンでした。。。



けれど!



sDSC00052.jpg
せっかくの上海なら、 布市場で 【作る】 という方法 があるじゃないですか☆



・・・いえ、今までもその存在自体は知っていましたけれど。

まさかそれが、この長きにわたる問題の最良の打開策だった なんて、
ある日、友人が実際に着てきたワンピースをこの目で見るまでは思いもしませんでした。。。

とても蜜好みの、素敵なお召し物で現われた彼女が言うには、


「あ、これ、作ったの〜。南浦大橋の布市場で。
 好きな形と布だけ選んで、その場で採寸したら1週間でできるよ。1着200元くらい♪」



それ聞いたらもう、行かないワケがありません!



sDSC00053.jpg


「南外灘布市場」 と俗に呼ばれていますが、
正式名称は、「南外灘軽紡面料市場」。4号線の南浦大橋駅から徒歩で7,8分の場所。
大きな “布” の文字が印象的な、3階建てのビルがそれです。


1階からすでに所狭しと、様々な種類の衣類が飾られたブースが立ち並び、
男女の普段着、男性のスーツ・シャツ、女性のワンピース、チャイナドレス等から、
冬物衣類のコートやダウン、

sDSC00055.jpg
その小物や毛皮にいたるまで、幅広く用意されています。


たまーに、

sDSC00056.jpg
こんな ↑ 誰がいつ着るんだろう… 的な、ギラギラ衣装も見かけますがw


おおよその店は一般的な衣類全般を扱っていて、中にはダサい型の服もありますが、
ちゃんとシンプルで素敵だったり、目を引くデザインもあったりと、
飾ってある人形に着せられたモデルタイプを参考に、
自分の好みに合うものを作ってくれそうなブースを1つ1つ探していきます。


sDSC00054.jpg
欧米人客が多いって聞いていたけど、それもホントね。


彼らは、逆に日本人ではなかなか挑戦しないような(笑)エキゾチックな衣装とか、
コテコテの中国っぽ〜いのなんかがお好きみたい。やっぱり。

もちろん、普通の洋服もオーダーされていきますが、
選ぶ布は色鮮やかで派手な柄ものが多い。
ゆえに、お店側も、そういう種類をたくさん置くようにしているようですね。



今回、蜜がお願いしたワンピースは3着。
「1着250元」 と言うのを、「まとめて買うから600元にして!」 と答えるも、
なかなか首を縦に振ってもらえないので、650元で了承することに・・・
弱い?(笑)

まぁ、でも、ここが既製品を買うのとは少し違って、弱気になってしまうところ。
なんか変にまけてもらって、ちゃんと作ってもらえないと困るし〜とか?
そんな心配するくらいなら、50元くらいいっか、と。
そもそもお気に入りのワンピースが1着200元ちょっとなら、それだけで十分幸せだし◎


値段の交渉が決まれば、あとは早い!
その場で服の上から採寸され、1着ごとに袖や丈の長さの希望を伝えるだけ。
前金を半分ほど支払って、残りは約1週間後の引き取りの際に。
※出来上がった後、試着も可です。不満があればその場で申し出て、再度お直しもできます。



sorder_made_yifu1.jpg
こんな感じに仕上がりました♪ 大満足♪♪



もうね・・・ これを機に、すっかり、
ワンピースは布市場でオーダーメイド が、蜜の主流になりました☆

足を棒にしてショッピングして、
何着見ても気に入らない既製品にため息をつく日々にはサヨウナラ(笑)
日本でもこの値段ではなかなか無い、この地ならではの効率的な入手方法の虜に!


先日もまた、さっそく、初秋に似合うワンピースをもう1着作りに。
今度は、上海科技館の地下のニセモノ市場の一角にある布市場エリア でお願いしてみました。
(正式名称は、「亜太新陽服飾礼品市場」。)

さてさて、どんな仕上がりかしら〜?
その記事はまた後日♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■南外灘布市場(南外灘軽紡面料市場)■
上海市陸家浜路399号
地鉄4号線・南浦大橋駅3号出口を出て、陸家浜路を北へ進み、
道なりに西へ進むと右手にある、大きな “布” の文字が目印。徒歩7,8分。
Reservations: 021-6377-2236




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 12:19| Comment(10) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

「顧村公園」へ上海の桜を愛でに

せっかく東日本の桜も見頃の時期に、日本へ帰っていたというのに、
沖縄へ修行に行くゴルフ しかしてこなかったので、思いっきり見逃してきてしまいました。

春といえば、4月といえば・・・な、桜。さくら。サクラ フワリ。


sP4101225.jpg
“二人手にしたその切符に 桜は降り続くの”



日本では今、お花見は自粛すべきだなんて風潮も一部ではあるようですが、
蜜はね。こんなことに「べき」も「べきじゃない」も無い、と個人的には思ってます。

お花見ができる環境の人は、いつも通り気兼ねなくすればいいし、
正直そんな気持ちになれないとか、それどころじゃないとかいう人は、今年は見送ればいい。
する人にもしない人にも、それぞれに考えや事情があるのは、いつだって同じでしょ?

・・・ただ、やっぱり今年は多くの日本人が、
きっと地震のことを頭の片隅に置きながら桜を眺めてしまうかもしれない。
そんな時に、そっと花びらの陰で黙祷を捧げたり、被災地へ想いを馳せたりしながら、
東北の特産物と銘酒に舌鼓を打つお花見を、蜜が今も日本に住んでいたら絶対しただろうなぁ。



sP4101220.jpg
けれど今年は、上海に戻ってからお花見に出かけることになりまして。


sP4101221.jpg
ポンコツさんの記事にそのまま倣って、
静安寺から7号線で3-40分ほどの郊外 「顧村公園」 まで行ってみました♪



なんと、ちゃんとイベントとして、桜まつりなるものが4/20まで開催されているそうで、
上海でそんな風に桜を愛でられるなんて思いもよらず、嬉々としてお出かけ。
無知だった去年は見逃しましたからね。。。

4/10の日曜日のことです。
この日は、スプリングコートも要らないほどに暖かな陽気でした。



顧村公園の駅を出てすぐに、公園の入園券(20元)売り場と入口ゲートがあります。
けれど、桜の密集しているエリアまでは園内を徒歩10分くらい。
そこまでアトラクションや木々の手入れの行き届いた憩いの場を通りながら歩いていきます。


と、見えてきました!


sP4101227.jpg

sIMGP0338.jpg


日本の上野公園みたいな、太い幹の立派な桜の木のトンネルなどとは趣が異なりますが、


sP4101228.jpg
ちゃんと桜だぁ〜 薄桃色の桜が満開〜♪ と嬉しくなりました。


sP4101222.jpg
ならば、それらしく、お弁当でも食べながらじっくり眺めましょ。


sP4101223.jpg
桜の園の横には池もあって、ボート遊びなんかも楽しめたり。


sIMGP0329.jpg
すこーし葉桜。でもこれくらいなら、ちょうど見頃と言えたのでは?☆


お天気にも恵まれた、上海2年目にして初のお花見。

ここの他にも上海植物園とか動物園あたりにも、美しい桜並木があるんですよね?
来年はどこへ行こうかな。
きっと蜜は、もう幾度か上海で桜を愛でることが続くでしょうから。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■顧村公園■
上海郊外 7号線顧村公園駅出口すぐそば




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 09:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

2月の古猗園と南翔小籠包

 
去年の春にも訪れた、上海郊外・南翔にある 「古猗園(Gu yi yuan)」

経緯あって、この2月にもまた行ってきたのですが、


sP2220874.jpg
まあ〜随分と雰囲気が違うのね・・・(笑)


おそらく(いや、間違いなく) 春節仕様 なんですけれども、


sP2220883.jpg

sP2220884.jpg


趣味を疑う 公園になってしまっている。。。



あの憩いはどこ行った。




sP2220891.jpg
このパンダとかもうホラーだし!   ※モデル:Reikaちゃん


sP2220886.jpg sP2220888.jpg
至るところに干支のウサギが。 ものによっては可愛いけど、ものによっては目が血走ってる…


sP2220892.jpg
キミ、久々に見たねぇ〜 海宝クン。
(それよりも、隣にいる大きい茶色の 偽ぴちょんくん みたいなのが激しく気になるんだけれども)




春節仕様の古猗園は、普段とは大きく様変わりしていましたよ
賑やかで、これはこれで見ものですけどね!

でも、前回楽しかった電動ボート遊びは、この期間中はできない?感じでした。
池のオブジェがあるから仕方ないんですかね。



sP2220893.jpg
おかげで、自然味溢れるそのまんまの質素な景観にこそ落ち着くことといったら…



* * * * * *


さて、
ここまで来たならやっぱり食べますかね?

sP2220882.jpg
南翔饅頭店の本家本元 「古猗園餐庁」 で、

sP2220880.jpg
南翔小籠包 & 酸辣湯。


・・・正直、蜜は、
ここの小籠包より市内の 「南翔饅頭店」 の方が美味しくない? → と思っちゃう理由はコチラ
なのですが、

この時楽しく食べられたのは、JINOさんマジックですかね?(笑)


こんなにいっぱいの小籠包を、みんなで囲むのってなんかワクワクしますしね♪
それに、ここで初めて食べた酸辣湯が良いアクセントになってました。



sP2220875.jpg
↑このゆるキャラは、春節に関係なく常にいるようです。

入口のあたりにいたのね? 前回は気づかなかったよ。。。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■古猗園■
地鉄11号線 南翔駅 からバスで1駅/タクシーで5分

JINOさんReikaちゃん、お誘いいただいてありがとうございました☆




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

外灘の夜を「レ・スイート・オリエント」で過ごすなら

 
恋人や家族、友人同士で、たとえば

週末はプチ贅沢しない? とか、
何かのイベント・記念日を祝おう! とか、
来たる春節のお休みは上海でのんびり過ごす予定… とか。


はたまた、

いつも仕事で上海にいらっしゃる方、
出張者やゲストをおもてなしする上海ビジネスマン(ウーマン)の皆さま、
上海へ遊びに訪れた旅行者のアテンドをお考えのあなた。



たまには、


sP1110321.jpg
お部屋から、外灘・浦東のこんな夜景を眺めながら、

のんびりバスタイム・・・  とか、



s001a.jpg
リーズナブルなのに本格派。多彩なお料理の数々を、

ホテル内のレストランで、くつろぎながら愉しむ・・・♪  とか、


そういうのは、いかがですか?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*


ご興味がおありの方は ↓ から、ホテルをご参照・ご予約なさってみて下さい

sclick.jpgpandaani235_r.gif  【 じゃらんnet 】 レ・スイート・オリエント (Les Suites Orient/東方商旅)  


  ↑ 今なら “旧正月:新春特別ホリデープラン” が 888元 より!


*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*




sP1110325.jpg
ホテル2階にあるメインダイニングルームのエントランス。


朝食の際は、ここ↑にブッフェのお料理が並び、
シェフの手による出来たての卵料理も振る舞われるそうです。

このエントランスを入って右奥の小部屋には、
シガーバー(喫煙)スペースと、会議も可能なミーティングルームがあり、
もう一方の左奥へと進んでいくと・・・


sP1110326.jpg
黄浦江に面した、まるでリビングルームのようにアットホームな寛ぎ空間が。


sP1110327.jpg
“贅沢なリラックス” を堪能できそうな雰囲気に、期待も高まります♪



さて、コロナビールなどを頂きながら、メニューをじっくり眺めます。


と、思わず目を瞠ってしまったのは、
リーズナブルなハウスワインから揃っているところ! (え、まずそこ? 笑)

sP1110328.jpg ←クリックすると画像が拡大されます。ワインリスト。

赤・白 168元〜 なんて、
こんな外灘沿いという立地においてまずありえないでしょ。
ホテルに宿泊されるお客様向けのレストラン故のサービス、と言えるかも◎



お料理の方も、
多国籍で種類豊富なラインナップで、どれにしようか迷ってしまうほど。

スペインから招かれたシェフが腕を振るっている、ということで、
基本スペイン料理なのかと思いきや、
エスニックや麻婆豆腐、果てはカツカレー(笑) にまで及んでいるから、興味深い。。。



sP1110329.jpg
そんな中、蜜にとっては絶対に見逃せない一品が☆


↑この贅沢なアンチョビ使い、幸せすぎ〜♪

このメニュー、

どう見てもサラダか前菜、説明読んでも現物目の前にしてもサラダか前菜

にしか思えませんが、
【Main】 のカテゴリに名前が並んでいるというプチ謎… (笑)

いえ、蜜の個人的嗜好からすれば、
もう間違いなく メイン級の存在感 ですけどね? アンチョビサラダ様


付け合わせのパンも、

s005.jpg
トマトバジルガーリックソースがニクい美味♪



思わず白ワインの進んでしまうお料理は、まだまだ続きます。


s006.jpg s007.jpg
左)手前:鶏肉のコロッケ 奥:カニクリームコロッケ。 右)ピリ辛ソースが決め手の、おつまみポテト。


コロッケ2種は、それぞれ揚げ方が異なるという手の込みよう。
特に、鶏肉コロッケの衣にいたっては、
まるでたこやきの皮のようにフワフワ & サクサクで、驚きの新食感!

ポテトの方も、
ケイジャンソースを思わせるような辛味アクセントがいい具合で、これはお酒が進む〜。。。



そして、

s014.jpg
このメイン料理を口にした時には尚一層、

同レストランで愉しめる一品一品が、
「○○料理」 とカテゴライズのできないような多彩さに溢れているなぁ、と実感しました。


羊肉の独特の旨味が色濃い煮込みソースに、サフランライス。
そこにクリームと、アーモンドとレーズンが散りばめられていることで、
面白い味のバランスが生まれています。

インドでもないし・・・ 近いのはトルコとか?!


興味を惹かれる多国籍創作料理は、まだまだ他にもいっぱいメニューに並んでいて、
それらを見ているとつい、
1回訪れたくらいでは物足りないって気分になっちゃいますよ。



* * * * * *



外灘なら、周りにステキなレストランはいくつもありますが、
お泊りしなければ普段は訪れることのないホテルのダイニングで夕食を♪
というのも、有意義な過ごし方の1つかも?


「ちょっといつもと一味違った夜の時間を満喫したいな」 と思う時、
その気軽さにはきっと最高に丁度いいホテルステイのひと時になりそうな、
そんな 「レ・スイート・オリエント」 。

ご興味があれば、ぜひ ↑クリックしてみて下さいね☆  pandaani229.gif



sP1110320.jpg
とある部屋の窓から覗いた、浦東の夜景。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■レ・スイート・オリエント(Les Suites Orient, Bund Shanghai/東方商旅)■
上海市黄浦区金陵東路1号(×中山東一路)
Reservations: 021-6320-0088

ホテルのご参照・ご予約は コチラ から。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

上海万博 : 駆け込みの10月・編

なんで今頃、5月の万博の記事なんか書いてたの?

って、

こないだの日曜日、閉幕間近の上海万博に駆け込んできたからですよ!
(やっと話が戻った。。。)



と言っても、
前回の5月でおおよそのところ満足してしまったので、蜜はそこまでやる気なく…。

あ、でも!


sPA170001.jpg
前回、楽しめなかったから心残りだったのよね〜☆ ↑コレコレ↑

ドイツ館には特に用はなくても、
その横のドイツビールとソーセージの売店には、蜜まっしぐら♪


もうこれでほぼ、自分の目的は達成(笑)

となると満足しちゃって、
昼間のビールはよく回るしさ・・・
この日は陽気も良くって、ついついベンチでお昼寝とか・・・



・・・してたら、
C区でその頃ちょうど始まった パレード の準備に出くわすも、


sIMGP0017.jpg


海宝、公衆の面前でナマ着替え。



なんて夢のないことを。。。

ていうか、そんなの裏でやってよ。

※上の写真じゃ分かりにくいのですが、ホントに着替えの一部始終を見てしまいました…。


sIMGP0028.jpg
そしてパレードが始まったところで・・・


この調子では、来る上海ディズニーランドのパレードの出来も思いやられます。

↑こっちはちゃんとW.ディズニー社から監督・指導が入るから心配いらないのでしょうか?


* * * * * *


気を取り直して、

sIMGP0035.jpg
北朝鮮館。 (取り直せるのか?)


北朝鮮館は、前回5月の時にも寄ったので2回目です。

いやぁ、、、
何度行ってもオモシロイですよね。あのビデオ映像を見るのとか。
今回の万博再訪で、一番時間をかけて展示物を楽しんだパビリオンかも…。
だってある意味、興味津々。

でも、
ずんたろさんの言ってたコレ が、どーしても見つけられず。残念。なぜだ?



sIMGP0044.jpg
ライトアップされ、一際目立つ中国館を眺めながら、再びC区へ移動。



締め切り時間間際だったので、ほぼ並ばずに入れたオランダ館と、

sIMGP0067.jpg
フランス館。


sIMGP0069.jpg
フランス館へも、2度目です。


sIMGP0080.jpg
もう、この上海万博に思い残すことは何もないです。



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 18:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

上海万博 : 実はお先に5月・編 -2-

実はお先に5月・編 -1-」 の続き。
何を今さら、開幕直後の上海万博を振り返ることになっています。この流れ。



◆ C区 → A区 ◆

sP5131997.jpg
なにげに10元取られます。

それぞれの区間の移動手段は、この他に電動バスもありますが、
カートに乗ってみたかったし。
有料ですが、万博会場を上から見下ろす位置にある専用道路を走るので、これも一興。

ヨーロッパ・アフリカ地区のC区から、アジア地区のA区へ向かいます。



◆ 中国館 ◆

sP5132001.jpg
万博閉幕後も、↑これは残されるんですよね?


話によると、中国館の2階部分が(当時)前売り券制?
なので入れず。
でも1階部分は、中国各省の特色を紹介した展示フロアになっていて、


sP5132007.jpg
このセットで手を繋がせちゃあかんだろ。。。


と思わず脱力したのは、蜜だけでしょうか?
うーん。センスが… (苦笑)



◆ 日本館 ◆

sP5132017.jpg
言われるまで蚕には見えなかったけど。

並んだよ・・・ 並びましたよ、2時間半。

それでも、当時はまだ2時間半くらいで済んだとも言えますね。
キュウリとかリンゴとか齧ってる人たちに揉まれながらも、なんとか耐えました。


展示室は、扱っている内容も濃く、
イタリア館 とはまた違った意味での“見せ方”が工夫されていて、
熱意と 税金 お金がかかっているなぁ〜 という感じ。


sP5132027.jpg
ロボットのバイオリン演奏や、

カメラを使った、こうした日本の技術の紹介は、演出も優れていて思わず心を掴まれます。


そして最後の見所は、

sP5132032.jpg
能と昆曲(昆劇)とを融合させた公演、とのこと。


・・・あっという間に終わってしまうのですけれど、
前半の能の部分は、絶妙な緊張感と意外性があり、目を奪われるほど良かったです!

それに反して、後半はちょっと共感しにくかった感があり、若干残念かな。
(昆曲にしても何にしても、あの女性の衣装はナイと思うんですよね。。。)



sP5132044.jpg

夕方から日本館に並ぶのにかなり時間を費やしたため、
同様に大人気のサウジアラビア館↑には、到〜底〜行き着けませんでしたが、
もう概ね満足。



・・・あら?

A区で密かな人気の北朝鮮館 (笑) の記事が欠けてますね??



↓それは次回の「駆け込みの10月編」にて。その前にクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 14:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

上海万博 : 実はお先に5月・編 -1-

こないだの日曜日、閉幕間近の上海万博に駆け込んできました。

今までの記事で、特にまったく触れてきませんでしたが(笑)
実は以前、お誘いをいただき、5月の開幕直後2週目にして一度訪れていまして。

その頃はまだ・・・


sP5131923.jpg
午前10時くらいの、C区(ヨーロッパ地区)の様子。


↑今思うと、全然 人少なっ!

それでも当時も、人気のパビリオンはどこも1時間前後は並びましたけどね。
(けど、そんなもんで済んだといえば済んだ)



閉幕まであと10日あまりの万博の様子を、何を今さら、細かに書くのもなんだしー。
サラッと流しましょう、サラッと。



◆ デンマーク館 ◆

sP5131920.jpg
「あなたにはガッカリよ。。。」


・・・と呟いているように見える(見えない見えない)
“世界3大がっかり”の人魚姫の像が、今回、史上初めて国外に輸送されたそうで。

去年の夏、もう1つの世界3大がっかり マーライオンをシンガポール旅行で見ました が、
じゃああとは最後、小便小僧にも会いにブリュッセルに行かなきゃ。いつか。
あぁ、ベルギーとか旅したいなぁ。。。



◆ スイス館 ◆

sP5131934.jpg
去年から見飽きた海宝を、初めて「カワイイ!」と思えた瞬間。

おっきくてフカフカ〜な↑この子の隣を、すかさず陣取る。(※あくまで文明的に。)


sP5131938.jpg
ほんと単純に、このリフトは乗り応えがあって楽しい♪

スイス館が大人気、と聞いていたその理由がよく分かります。



◆ フランス館 ◆

sP5131955.jpg
ミレーの 『晩鐘』 が拝めて良かった。



◆ イギリス館 ◆

sP5131960.jpg
その奇抜な外観には、かなり圧倒されるけれど、


sP5131968.jpg
この 種を見るためだけ に小一時間も並んだのかと思うと。。。



◆ イタリア館 ◆

sP5131976.jpg
フェラガモに代表される、靴の巨大なオブジェのヒール部分には・・・


sP5131975.jpg
カラフルで華奢なサンダルがいっぱい!で、蜜にはたまらない♪


個人的に、パビリオン内の展示の見せ方として一番好みだったのが、
このイタリア館でした。


sP5131978.jpg sP5131979.jpg


絶妙な具合の配置や、1つ1つがより際立ってオシャレに見える形、色使い。

とても洗練された美、優れた感性が存分に発揮されているように思います。
きっと設計された方のセンスが良いんでしょうね〜。


なにより、ニクい(笑)演出なのが、

sP5131980.jpg
イタリアワインを広い壁一面に並べて、こちらをその気にさせた後に、

展示室を抜けるとすぐ、

sP5131986.jpg
グラスワインから頼めるイタリアン・レストランがあるところ。。。(笑)


絶対、飲んじゃうでしょ。この流れ。



sP5131984.jpg
悔しいけど、イタリア館の作戦にまんまと引っかかってしまう。

↑でもこのグラスワインの白、期待以上の美味☆

やっぱ万博の楽しみはこうでないとね〜ぇ。



↓「5月編 その2」に続く前に、クリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。