株主

2010年07月18日

いつか実を結ぶ上海生活のために -3-

 
 自ら自己のうちなるすべての毒を探求し汲み尽くして、その精髄のみを保存する
 (アルチュール・ランボー/『見者の手紙』)



アルチュール・ランボーは、19世紀の早熟のフランス詩人であり、
彼は、

 俗人が否とするものの中にこそ詩がある

と信じていて、
詩人になるためにはあらゆる経験をする必要があると考え、さらには、

 自分の経験だけではだめだ。
 他人の経験を自分のものにすることこそ必要なんだ。


と言う。
 (クリストファー・ハンプトン/『太陽と月に背いて』)



 詩人とはあらゆる感覚の、長い間の、大がかりな、
 そして合理的な狂乱化を通して、見者になるのです。
 ありとあらゆる形態の愛と、苦悩と、そして狂気。
 彼は自ら自己のうちなるすべての毒を探求しくみ尽くして、
 その精髄のみを保存しようとするのです。

 (※『見者の手紙』の詳しくは こちら




「あなたは何がしたいですか?」

と問われる時、いつも答える「酸いも甘いも噛み分けられるようになりたい」は、
10年以上も前から傾倒しているアルチュール・ランボーの精神に素地がある。
特にそれは、自分の場合は、“人を想う感情について”に焦点を当てて。


まだまだ自分には経験のない、未知なる感情が世の中にはいくつも在る。
心をすり減らして、身を削ってまで、
そこにある旨味と苦味を、溺れるほどに味わい尽くし、確かめてみたい。



『自己のうちなるすべての毒』 と、 『俗人が否とするもの』 ・・・


そう、たとえ求めるものが間違っていたとしても、
それがどれほど歪んだ高みでも、
自分がそこにこそ最も愉悦と生を感じる限り。
















・・・こんなのただの正当化で、高尚なフリした言い訳で、卑怯なだけなんだろうけどね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

いつか実を結ぶ上海生活のために -2-

 
「去年は、整える1年。
 今年は、何かを生み出す、何かを成す1年に。」




あまり固執しているつもりはなかったはずのブランドに実は誇りを持っていて、
けれどそれを自分の決断で失って、ここへ来た去年。

ここには色んな人がいる。
自分にとって快適な生活環境を整える過程で、数々の出会いと刺激を得た。
そしてその度に、今の自分に足りないものを強く意識させられた。



「人に認めてもらいたい」と思ってしまう気持ちとか、
夢だとか、煩悩だとか、欲だとか、
そんなものは捨ててしまった方が楽に生きられることを知っている。
水の流れに身を任せる海草のように、ただおとなしく、ゆらゆらと揺蕩っていればいいものを。

でも、自分にはどうしてもそれができない。
十分にそうできる甘やかされた環境にあるにもかかわらず。
しかも、そこに甘んじているくせに、それが最大のコンプレックスだったりもする。


ただ、問題はそこじゃない。

自分の“付加価値”をもっともっと高めなきゃだめだ。



自分が自分らしくいるだけで、
ありのままでも十分愛してくれる人がいることも分かっている。

そういう人の存在は、本当にありがたい。
自己実現の模索と背伸びに疲れた時、
思うままに振舞ってもよい気持ちのいい時間は、最高の癒しと、元気の源になる。
煮詰ってしまったものを、一気に浄化させてくれる。


けれど、どうしても認めてもらいたい人もいて。
それが必ずしも同じ方向や同じ分野である必要もきっとないだろう、ただ、
普段から考えるあらゆる物事や、願望の実現やそのための努力に
何か光るものを潜ませていくには、付加価値を日々高めていかないと追いつけない。



最近できた、ある共通の意識を持つ女友達が発した言葉に、深く共感した。

 「そう。だけど、
  私は進化してるんだから!! って思いますよね…」



そう!
いつまでも、過去の出来事とイメージのままだけの認識でいないでよ?
あれから進化してるんだから。
ちゃんと自分なりに考えて、足掻いて生きてるんだから!


いつか結実させて、その目に真正面から映る自分になりたい。



だけど・・・
そう思わせてくれてありがとう。この1年。それが一番の財産だった。

あの時と同じように、
「またやってやろうじゃないですか」。




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

いつか実を結ぶ上海生活のために -1-

以前綴った記事、 『365夜』 でも振り返ったけれど、
それにしても早かった・・・ この1年。

ここ最近、特にどんどんスピードを増して過ぎていくように感じる。
1ヶ月、1ヶ月が。
「ひと月なんて、1週間×4回しかないんだもんな」なんて当たり前のことを実感してしまう程。


時間を持て余して、長く退屈なよりはずっと良い傾向だとは思うんだけど、
時々ふと、 「このままで自分には何が残るんだろう? 何が残せるんだろう?」 って
考え込んでしまうこともある。

それでもとにかく日々、道を作ってはそこを駆けていくし、
そうするのは、立ち止まると不安や焦りと直面しすぎてしまうような気もするからで、
走りながら 「次の1年、どうすべきか?」 を整理し始めている。



sP7042496.jpg
皿をひっくり返したかのような大雨に煙る上海。


7月の1週目は、天気がとても不安定だった。

異常に息苦しい日中の蒸し暑さが、徐々に飽和してついに沸点を迎え、
突然、姿を変えて襲い来るようなイメージ。

この激しい夕立を見ると、 「あぁ、2度目に迎える上海の夏だな…」 と感慨深くなる。


こんな風に、いや多分これ以上にもっと、
次の1年はあっという間に過ぎ去って行ってしまうのだろう。

いつか結実させる上海生活のために、
いつかここを去る時、「無駄にしてしまった日々」と悔いることのないように、
ただ繰り返すだけの1年になってしまわないように。



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 12:36| Comment(4) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

365夜

2010年6月30日の夜、が
蜜にとっての上海1年目の終わりの夜、でした。


・・・と言っても、
6月に入った頃から、もう「2年目はどう過ごそう?」って意識し始めていたし、
実のところ、自分にとって「あぁ、1つの時季が終わりを告げたな」と心の区切りがつくのは、
それは、ほんのもうちょっとだけ先の出来事が過ぎた後に違いないのですが。

だから、上海で迎える2度目の7月に入ったばかりの今はまだ、
終わりへの心の整理をしている、といったところでしょうか・・・。



けれどやっぱり、6月30日には、1年前のこの日を思い返していました。

引越しが終わってガランとした白い部屋。
カーテンの無くなった窓越しに感じた熱風と日差し。
友人への転居・出発の連絡。
やり残した買い物や手続きに走り回った東京駅周辺。
成田まで見送りに来てくれた家族と別れ、片道切符で乗った浦東行きの最終便。


上海の自宅ホテルに着いて、23時を回った時計を仰いだ時の気持ちを思い起こせば、


   sP7022435.jpg
   たとえば1年後の今夜のように、

こんなふうに、様々な接点で出会った様々な友人・知人と飲む様々な夜を
この新天地でいくつも過ごすことのできた1年。

その1つ1つが、信じられないくらい大切で、貴重なものでした。




365夜を振り返って、
どれだけの夜を楽しく充実させ、どれだけの夜を悶々とやり過ごしたのか。

自分を幸せに思える日々と、自分を虚しく感じる日々との交錯の中で。

これでよかったのか? 正しかったのか?
本当にこれを望んでいて、どこまで望んだ通りになったのか?
描いている形にちゃんと近づけたのか?


総括としては・・・


できる限りはがんばったけど、結果はまぁ、ドロー。
満足には、到底達していない。
不器用さも相変わらずだ。
だけどちゃんと得るものもあったはず。
次の1年も貪欲に突き進むことをやめられないくらいの渇望も。



回想はこれくらいにして、次は「次の1年」のことを考える!



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

水無月夢想

 
   午睡の浅い夢の中に君が現れて、本気を冗談に混ぜながら2人で笑っていた。

   どうでもいい一言と、
   その生意気に可愛くて狡猾な笑顔で
   いとも簡単に心は絡め取られ、たまらない気持ちで目が覚める。


   ・・・いいよ、会えるというのなら。
   君のワガママになんて、いくらだって付き合ってあげる。

   このどうしようもない恍惚ももうすぐ夢幻と消える哀しみに涙ぐみながら、
   相反してその涙は同時に、今この瞬間だけは君と繋がる歓びの涙でもある。


   あぁ、君のカケラを見るたびに、強く強く思うんだ。
   こんなにも心の奥底をずっと湿らせてくれた引力に
   もうこの先、めぐり逢うことはないだろうと。


   それでも、

   すべてが奪われ根こそぎ持っていかれるほどの、強引な一撃を。
   縛られていた過去が一瞬で吹き飛ぶような、新しい嵐を。

   まだ続く未来にちゃんと光を見い出せるように、
   きっとありえない、そんなスペシャルが再び訪れる奇跡を夢想する。



        awa06_2.JPG




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

日本快勝の朝、上海は雨の未明。

 
   sJapan20100625.jpg


なぜか冷房のうまく効かない蒸し暑い一室で、

汗ばみながら円陣を組み、応援に気合を入れてその行方を見守った。


まずは本田のFKからのゴールに痺れながら狂喜し、

つづく遠藤のFKに歓びは倍増した。

川島の鉄壁の守りが、PK後のこぼれ球に一瞬揺らぐも、

それでも冷静に攻めの姿勢で挑み続けた日本。

終盤、本田の巧みなパスから岡崎が入れた追加点は「爽快」の一言だった。


見事なプレーだった。

こんな気持ちのいい試合を、W杯で今まで目にしたことがない。



快勝の余韻も冷めやらぬまま、小雨に煙る夜明けの空のもと、帰路につく。


今、日本のサッカー史上“歴史的瞬間”となるのは、

ここから先の決勝トーナメント1回戦を勝ち進んで後だ。けれど、

2010年のこの未明に臨んだ一戦を、私は生涯忘れることはないだろう。


この時、どこで、誰とともに分かち合った興奮かを。

リアルタイムに味わった感動の名シーンを。

鮮やかな勝利の朝、上海の街に降り注いだ雨を。

最後に、湿った蒼い薄闇の中へ消えていった人影を。



   sP6252386.jpg




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
※日本代表の写真は、毎日jp掲載のものから借用。

 
posted by 蜜 at 06:59| Comment(6) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

重慶ヒルトンが一斉摘発で・・・

エクスプロア上海のMLで、非常に気になる記事が目に入りました。


重慶ヒルトンが営業停止、売春で一斉摘発を受ける
http://www2.explore.ne.jp/news/article.php?id=14592&r=sh
(2010年06月21日掲載)


・・・マジで?


「『重慶晨報』の報道によると、
 重慶のヒルトンホテルが6月20日より当局から営業停止処分を受けた。
 報道によると、ヒルトンホテルの関係者が暴力団関係者などと手を組んで
 売春行為をして暴利を得ていた。
 2009年11月にも警察当局は警告を出していたが、改善されなかった。
 
 そこで、6月19日に当局の捜査が入り、ホテル経営者からガードマン、
 フロントから娯楽施設まで多くのスタッフが絡むケースだと断定し、
 あわせて102人を検挙した。このうち、22人は刑事処分となった。」



って、
別に摘発を受けたことに驚いたわけではないんですよ。
(いや、それはそれで問題なんだけど。たまに小耳に挟む話だし…)


何に反応したかって、


この逮捕劇のちょうど前夜に、まさにココに宿泊していた
出張者が身近にいるから。
(…笑)


このニュースを見て、彼らに
そんな不穏な空気を感じたか訊いてみたけれど、別にそんな感じは全くなかったそうで。
まぁ、それはそういうものか。。。

客室へ入るエレベータのセキュリティは、かなり厳しかったそうですが。


でも、特に重慶ヒルトンのHPを見ても、
トップページなどに何も掲載されてはいないのですね。

実際、どうなんでしょうね。
こういうXデーに丁度居合わせちゃった宿泊客とか。
それに空室予約ページ、なんかまだ普通に取れるっぽいんですけど・・・?



↓完全なるひとりごとですが、クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 17:36| Comment(4) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

皐月迷路

 
      ss&l_6.jpg


  甘く苦く、魅惑の森を駆け続けてゆく。

  その途中で偶然出会ったのは、
  「王様の耳はロバの耳」みたいに
  隠れた穴へ真実を叫んでしまいたい衝動を秘めていた、キミ。


  ボクの概念を遥かに超えて、キミは奔放に柔軟で、
  キミが呆れるくらい、ボクはいつでも意図的に迷走寸前。

  なのに、まるで鏡に映したように根っこのよく似たキミとボクは、
  互いに潜む蜜も毒も知ってなお、同じ嗜好に含み笑い。


  「狼のいる家に行く赤ずきんちゃんの気分」
  そう怯えたフリしてここへ来たキミから、実はわざと仕向けられた罠を
  あの時、ボクは見抜けていたのかな?

  だけどそんなことより、
  ジャストサイズに負けてしまって
  悔しがりながらも溶かされてゆくキミがスキ。


  もうすぐ、大事な軸をひとつ失ってしまうキミは、
  きっとボクと同じように、あてのない迷路に迷い込むだろう。

  地図もないけど、道案内しようか?

  誰にも見つからないように、このままずっと「お菓子の家」で遊ぼうよ。


      ss&l_1.jpg




# Imaged by : 『STRAWBERRY & LION』 SOPHIA
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

卯月の雨

 
ame2.JPG



          分からない素振りをしましょう。

          ただ軽やかに笑んで、流してしまいましょう。

          傷ついていないふりをしましょう。

          心を守るために、思考を停めるようにして眠りましょう。

          揺れる想いは隠しておきましょう。

          儚いものに頼る本音は秘密にしておきましょう。

          消えない寂しさは口にせず、紛らわしてしまいましょう。

          涙は、卯月の雨に濡れてごまかしてしまいましょう。

          追い詰められないようにしましょう。

          一箇所に固執して、立ち止まらないようにしましょう。

          胸が痛すぎても、振り返らないようにしましょう。

          苦しくなる前に、解き放たれてしまいましょう。

          この虚構の夜を、蝶のように泳ぎましょう。

          花を見つけたら、甘い蜜を吸いましょう。

          時おり仕掛けられた蜘蛛の巣に、わざとかかってみましょう。

          罠に流され、網に溺れて、一瞬の快楽を待ちましょう。

          けれど撒いて散らした鱗粉は、後に何も残せないことを悟りましょう。

          それでも移ろって移ろって、その先にあるものを見極めましょう。

          刹那を繋いで、永遠に似たものに騙されてしまいましょう。

          虚無感など、続く余韻で埋めてしまいましょう。

          本当に求めていたものなんて、もうこのまま忘れて
          早く楽になってしまいましょう。




spider.JPG






にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

弥生の空

 

いつも固く目を閉じているのは、
見開いた時に、望んだものが映らないことを知っているから。

声はなるべく聞かない。
伝わる熱には一瞬だけ騙されて、そして空白を埋める。


同じことをして同じ名前が付けられるなら、
そこに少しでも純粋な本物があった方がずっといい。

こうしていることに意味はない。
繰り返すほどに擦り減り遠のいていくばかりで、
このコウイには、意味がない。


今さら、まだ何を期待している?
奇跡もご褒美もあるわけない現実を分かっていて。
諦めきれれば、まだしも浄化されるのに。



気だるさと虚無感と、自分の決心の甘さに唇を噛みながら、
今朝も弥生の明けたての空を仰ぐ。


これは、
この続く空の下に、君のいない未来の予行演習。




sP3251275a.jpg



posted by 蜜 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。