株主

2013年12月31日

師走アンコール

 


自ら 『アンコール』 と書くだなんて、

勘違いと、おこがましいにも程があるのですが、ゴメンナサイ! (苦笑)

語感でタイトル付けてみただけです… なんとなく。



本当は、2013年の師走のうちに、

この 『上海大夜総会』 の幕引きをするつもりでした。

ところが、日本へ一時帰国してみると、

次なるジャカルタ生活の準備や、年末年始の行事に忙しく・・・

ちっともブログと向き合える時間が取れず。



どうしても最後まで書ききりたい記事が、あと2つだけ残ってしまって。

その上、皆さまに是非ともここでお知らせして終わりたい、

第2ステージ : “ジャカルタブログ(仮)”

の開設も、大幅に遅れてしまっているので。



もう諦めてハラをくくり、

年の瀬のごあいさつを先にいたしてしまおうと。

残すところ2記事だけ、新しい年の初めにまわして、ゆるゆると。

その名残り惜しさを 噛み締めるように。





sDSC00578.jpg




2013年は、蜜にとって 完全なるオーバータイム でした。

その延長戦の時間をも終了する、上海生活の最後の最後まで、

お世話になった数多くの皆さまへ、

心からの感謝と御礼を。



2014年も変わらず、蜜を応援して下さったら何よりです♪




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ

posted by 蜜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

至極どーでもいいハナシなのですが、10月なので。

 

s20131005-160542-1-L.jpg



10月! と言えば・・・

そう。 オクトーバーフェストの季節 ですよね!!




1週間ほど前の日本のニュースに、こんなものがありました。


胸元開いたポスター「刺激的」 シール貼り対応

  そのポスター、掲示に待った――。

  4日から始まった栃木県栃木市のビールイベントで、主催者が作製したPRポスターに、
  掲示先の市や東武鉄道から 「刺激的すぎて公共施設にそぐわない」 と注文がついた。
  女性の服の胸元が開いており、主催者は急きょ胸元にシールを貼るなどして対応した。

  イベントは、 「オクトーバーフェストin蔵の街」。 (中略) 』




ヤフーニュースで この見出し を目にして、
どれほど刺激的だというのだろう? とワクワクして掲示物の画像を見たら、
冒頭のそれでした。



・・・え?

たったこの程度で、そんな反感かっちゃうものなの・・・??




『 東武鉄道の浅草―日光駅間や、市役所や公民館などへの掲示を依頼したところ、
  「イベントの趣旨を誤解されかねない」
  「多くの人の目に触れる以上、ふさわしくない」
  などと拒否されたという。

  実行委は、印刷済みの50枚の胸元に 「I☆BEER」 のシールを貼り、
  印刷前の50枚には、
  イベントで開催するミスコンテストの宣伝文句を印刷して対応した。』




こうして、以下のように変更された模様です ↓↓




s20131005-160551-1-L.jpg

あるいは、

s20131005-160599-1-L.jpg




実 に つ ま ら な い 。



こういうのを 改悪 というのだ。



対応後のポスターが、まったくもって魅力を削いだものに成り下がっている。
これではかえって PR 効果も薄れる気がするし、
それに、なんというか・・・



妄想の自由を奪わないで (泣)



そこから得られる大事な刺激や活力を無くさないで〜!
って思ってしまう。。。




なんか以前にも、コレと似たようなことありませんでした?

simages.jpg
松下奈緒の 『リッチしよう』 が 『エッチしよう』 に聞こえる? - CM 打ち切り


制作側も、もちろんソコをある程度狙って作ったと思われるのだけれど、
(今回のこのポスターにしても)
公序良俗に反してるわけでもなし。ユーモアの範疇でしょ。


それほど過敏に目くじら立てることなのかなぁ?


むしろ、その 「ちょっとドキッとする感じ」 こそが貴い… はずだろうに。
チョットっていうのがミソね。 あくまでチラッとねw





・・・本記事のテーマと主張が、著しく上海情報と無関係であることは認めます(苦笑)

が。

え? だから最初に言ってるじゃないですか。
『 至極どーでもいいハナシなのですが、10月なので。 』 って… orz



ssIMG_4924.jpg ssIMG_2299.jpg
今年もまた、上海でも続々オクトーバーフェストが開催されてますよ〜☆


↑ なに、このとってつけたような・・・

って言わないでー!!!(笑)
「去年、友人たちと 「Paulaner」 行ったなぁ。もうあれから1年? 懐かしいわ♪」
ってコトが書きたかったの。ホントよww



あれだけ日々つらかった頃に気持ちを紛らわせてもらった出来事の1つのはずなのに、
今思うと・・・ 比べたら、
幾ばくか輝かしい想い出のように感じられるのは、なぜなのかな。



↓今回はこんな記事ですけど・・・ 上海ブログランキングに参加しております(苦笑)
↓それでも 応援の1クリック を下さると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑ 上海にあるオクトーバーフェストのイラストも、やっぱり胸の谷間は強調よ! これでいいのよ!!w
 


posted by 蜜 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

『半沢直樹』に続く、超オタノシミ♪

 
せっかくのお休み・・・国慶節の後半を

見事に台無しにしてくれた台風

も、休み明け初日の 夜になって よ・う・や・く 収まってきた模様ですね…



sIMG_4534.jpg
「大都会」 のショートコースでゴルフ練習しよう
と目論んでた数日間を返せー!!!




そんなわけで、
他に特に用事もお誘いもなく、閉じこもってるしかなかった国慶節終盤。。。

でも、それはそれで、そう悪いものでもなかった♪

なぜならば・・・




s1002202_300-300x300.jpg

ひとり 堺雅人 祭り 黒ハート してましたのでw



いや、正確に言いますと、
古美門研介にベタ惚れ だったといいましょうか♪♪



古美門研介 (こみかど けんすけ) というのは、
2012年春クールの連ドラ 『リーガル・ハイ』 の主人公・人格破綻者の敏腕弁護士のこと。


s715629.jpg


その、基本コメディドラマである 『リーガル・ハイ』 の続編、
『リーガルハイ2』 が、明日 10月9日(水) 夜10時 から放送スタート!

という番組予告は、
かの 『半沢直樹』 で一大旋風を巻き起こした堺雅人さんに関するニュースとして、
最近のマスコミに頻出していますから、ご存知の方も多いのでは。




・・・にしても、
同じ役者さんが演じる “半沢直樹” と “古美門研介” という人物は、

sBVIiCtjCMAAHfHE.jpg  コチラ より画像引用

↑ これっくらい違いがあるのだww


・・・が、もうねー。
セリフの内容云々以前に、キャラクターによって
これだけ顔と表情をガラッと変えられる堺雅人さんは、本当にスゴイ!!☆



『リーガル・ハイ』 も、当時から一部では人気のドラマだったようですが、
視聴率という観点ではそれほど芳しくはなかったそうで、

sDSC09762.jpg

『半沢直樹』 にどっぷりハマったことで、
他の堺雅人好演の過去作品である 『リーガル・ハイ』 の評判も耳に入り、

「面白いらしい(?)し、秋から続編もやるようだから、
 その前にちょっと観とくか。 つなぎ繋ぎ♪」

くらいの軽〜いノリで、今頃になってこのドラマに接することになった蜜。。。




・・・ヤバイ。

この 古美門研介 という存在、

半沢直樹の倍返しよりもスカッとしてしまうかもwww




s22205782.jpg



半沢直樹と違い、古美門研介という男は、
絶望的人格破綻者で、
詭弁もこじつけも何のその、裁判に勝つためならどんな汚い手段もすすんで実行。
得意の早口で相手をやり込め、理屈を並べるかと思えば妙にコドモっぽい一面も併せ持つ。

徹底的な拝金主義で、正義や真実を追求するなど眼中になく、
「勝った者が正義なのだ」 という持論を決して崩さぬ無敗の弁護士。


そんな、ものすごく偏った個性的なキャラクターゆえ、
“半沢直樹と 正反対 の古美門研介” とまとめられて紹介されているネット記事も
一部で散見しますが、蜜はそれは違うと思う。


一見、正反対に思える両者も、
共通していて揺るがないある部分があって、
そこが、これほどまでに視聴者を惹きつける所以なのだろう、と。

たとえばそれは、物事の本質を見極める力。
時には弱みを握り屈服させ、時には相手の心に直に訴え説得してしまうほどの迫力。





ただのコメディータッチなだけでは終わらない、
『半沢直樹』 に通じるような信念を 『リーガル・ハイ』 にも感じて魅了されたのが、
特に第9話のストーリーでした。

shigh9_1.jpg

shigh9_2.jpg

↑ この第9話における、
南モンブラン市の老人たちに忌憚なき言葉を浴びせる古美門研介の演説は、
実に5分以上の長回しと長台詞によって構成されている 名シーン ですよ!!



★ 堺雅人という役者さんに惚れ惚れすること間違いなしっ(笑) ★
※ 中国にいらっしゃる方は コチラ あたりで視聴なさってみて下さい



この方の、驚くほどの早口っぷりと滑舌の良さには、本当に感服してしまう〜。
まず、それを聞くのだけでも楽しくて、ついドラマから目が離せなくなる。

そして、
あんなに捲し立てた挙句に、激昂して怒鳴った時の声 が、
こんなに押し付けがましくなく不快にならない印象で耳に残る俳優さんって、スゴイ。。。


むしろ、ソコが一番好き 黒ハート




蜜が、堺雅人さんに注目してやまないポイントは、
どこか品の漂う出で立ちと、
彼にしかできない、特徴的な台詞回しの巧みさ に依るところが大きいので、

s20130812_hanzawa_30.jpg
『大奥 〜誕生〜[有功・家光篇]』 の万里小路有功の役とか・・・

『鍵泥棒のメソッド』 や 『クヒオ大佐』 などの映画も一挙に観まくって (どんだけ・笑)
彼の静かな演技も十分に楽しませて頂きましたが、


やっぱり 頭脳派として頭がキレて弁の立つ役柄 の方が、観ていてもっと楽しいな♪


そういう意味では、

index.jpg
『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』 の右衛門佐の役の方が、少し持ち味が出ていたかも。



・・・でもまぁ、
何より 『半沢直樹』 に、 『リーガル・ハイ』 の古美門研介ですよww
これは彼にしか演じられない!!


s2013-09-26_234838.jpg
明日の夜 (毎週水曜22時) から始まるシリーズ2が、もう本ッ当〜に楽しみで☆★


ちなみに、
『リーガル・ハイ』 シリーズには原作がなく、脚本家によるドラマです。
書いていらっしゃるのは 古沢良太 さん。

古沢さんの作品のセンスは、かの 『相棒』 シリーズでも目立っていて、
蜜が 「この回おもしろいな〜」 と感じた時には、
そのお名前がクレジットによく上がっており、以前から気になっていたのですが、
固定ファンの多い充実した内容の脚本を書かれる方のようで♪


どんな魅力的な古美門研介にまた会えるのかと思うと、ドラマ熱が上がります〜↑↑




↓上海ブログランキングに参加しています。
↓今回まったく上海カンケーない記事ですが・・・(汗) 応援1クリック して下さいませんか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
こんな iPhone ケース持ってたら。。。 どうなんだろう。ブームとはいえ、ちょっと引くかもw
 


posted by 蜜 at 21:11| Comment(14) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

世間では何やらコッケーセツらしいですが。

 
世の中は、どうやら長いお休みのようですね。   ※ ここでは中国の話をしています


友達が、ほぼ皆揃って上海にいない。
やれ日本の秋を満喫したり、
南の国とやらにバカンスへお出かけになっている。




sLINE_kumakan.jpg

…ケッ むかっ(怒り)    ← コ、コラ!w



そりゃあ、蜜だって去年まではそーでしたよっ。
タイに行った2009年 以後は、
毎年帰国しては飲み歩いたり遊んだり旅したりしてました。

前職の同僚・先輩らは、いつも蜜が10月に帰ると飲み会を開いて下さり、
「いやぁ、キミの顔を見ると、秋が来たなぁって思うよ〜」
なんて、



s688px-ShichirinSanma_Japan.jpg

サンマと同等の 秋の風物詩
に指定されていたほどですわ 黒ハート





でも、今年はちょっとワケあって、上海で1人過ごすことに決めました。


最後だから?
⇒ いえいえ。 まぁ、そういう想いも無くはないですが、
  だったらもうちょっと羽伸ばしてるかな(笑)

・・・またゴルフラウンドとかですか?
⇒ まさかぁ〜! 日にもよるけど国慶節中は休日料金のところも多いし、
  なにより一緒にまわれる方もいないしね。1人で練習場くらいは行きますけどね。

え、そんなにまでして上海で飲み歩いていたいんですか?!
⇒ 違いますよww
  みんないないし、逆に寂しいですよ。といっても、バーおひとりさまも好きだけど♪




こんな蜜にだって、一応やり遂げようと決めたゴールがあるのです。

普段ホントに遊んでばっかりだけど (うん本当にね)
その一方で、縛り付けられて葛藤しながらも続けていることが、1つだけね。


でもそれも、あと18日の辛抱!!



終わったら、もっともっと遊ぶんだーいw
次の日とかもう気にしないで、 浴びるようにお酒に溺れて酔いどれる んだいっ。
↑ え、あれで今までセーブしてたつもり?
  ってか、まだ足りなかったの?!



ガラにもなくランチ なんかにも行ってみるんだい。ショッピングもするんだい☆
↑ あくまで妄想の話ね。
  実際、蜜という女がそんなことに向いてるとは思えないしww
  三日坊主で終わりそう…



あ、ゴルフの練習も、もっともっと出来ちゃうわね。
寄せと池越えに弱いので、 「大都会」 のショートコース が最近の良い訓練に。
今年じゅうの目標 : 110切り を目指して!



そうそう、あと、

まぎれもなく南の島

にだって遊びに行 きたいワケじゃないけど事前視察しとかねばならぬ(爆) くんですよ 黒ハート



s201310_map1.jpg
大変遺憾ながら、もう ココ★ って行き先が決まっちゃってるんですけどぉ。。。



あーーーーー・・・・・・

なんかひどい自虐ネタ記事だな、こりゃ(笑)




↓ 「マッサージ」 という日本語は、どうやらアジア共通で難しいらしい?? これじゃ記号だしw
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑上海ブログランキングに参加中。 応援の1ポチッ を下さると嬉しい国慶節になります♪
 



posted by 蜜 at 17:32| Comment(6) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

あの長月の、その先なんて・・・


 

苦しんで、苦しんで、苦しみ抜いて・・・
その先 に、果たして 「何か」 はあるのだろうか?
一体どんなものだというのか?

唯それだけを見極めるために、懸命に目を見開いて涙も堪えてきたけれど、

結局、何も得られなかった。変わらなかった。

そう直感した時、
誰の肩も借りず、ひとり身体を折り曲げ泣き崩れるしかできない虚しさに、
他の様々な物事に宿る “意味” さえ、すべて失いそうになる。




s049.jpg




全身を吹き荒れる 『 台風 』 なんて、 『 もう 来ないと思っていた 』 。
でも、もしかしたら、
この苦しみの先に、いつか、何かが巻き起こるかもしれない。

・・・そんなこと、きっともう 「無い」 ような気がするのに、
最後までは諦めきれない遣る瀬なさ。


『 絶対なんてないね。 』

それだけが残された一縷の望み。
かろうじて淡い期待を抱かせ、自分の心を支え続ける、独白。


未来に希望が持てなくなると、生きていくのはとても無味なものだから。

「昨日より今日の方がいい日」 だと信じなくては、
毎朝、目を開けることすら苦しいから。







にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ

 

posted by 蜜 at 23:59 | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

【急募】 赤い背景の写真撮影 【指令】

 

  sIMG_4742.jpg



彼らに初めて会ったのは、もう15年くらいも前の話だ。

以来、もうずっと長いこと、互いの消息が途切れたままなことなど無い。

人生の中の大事なシーンでは、いつも集まって祝い合った。

国を越えた時だって、すぐに顔を見せてくれた。




そのうちの1人・男Aは、今は上海から遠い別の国に住んでいる。
もう1人・男Bは、ちょうど仕事で今日、上海に来ている。


4年以上暮らしたこの上海で、
自分をその名で呼ぶ人など1人もいない、懐かしい呼称で、
「元気そうだね」
 と、男Bに声をかけられながら、


  sIMG_4744.jpg


「今日は、男Aの誕生日だよね」
次に会う時があればコレを渡して、とプレゼントを託された。


「もう15年くらいも経ってるなんてね〜」


軽くコーヒーを飲みながら、思い出話や近況なんかをボソボソ語る。

あんなに幼くて、若かった頃の互いの姿をなぞり合うのは、
いつも心のどこかがくすぐったくて、あったかい。



人生の半分近くを、つかず離れず共に過ごした人なんて、もはやちっとも他人じゃない。
男Aの誕生日を幾度も一緒に祝ってきた、
その名残りが、もう彼のいなくなった上海でも変わらず続いた奇遇さに微笑む。



  sIMG_4740.jpg




その男Aと、つい最近連絡をとっていた時のこと。

まぁ色々と経緯がありまして、
急遽、


背景が赤い 写真撮影をしてきて 」


と・・・。


あ、赤い背景とな?! (んな無茶な)



蜜 : 「なんで? フツー、白とかじゃないの?」
A : 「赤って決まりらしい」  ( ← そもそも用途もよく知らない蜜w )
蜜 : 「赤って、どんな赤なのよ?」
A : 「コカコーラの赤」



   sindexw.jpg


蜜 : 「・・・・・・。 そんな真っ赤な背景で取れる場所なんて、どこにあるのよ(泣)」

A : 「 あるでしょ。中国なんだから、赤ぐらい、いっぱい




む、無責任な・・・っ!!



蜜 : 「じゃあ、アナタ中国にいた時、そんな建物とかなんて見たことあった?!」

A : 「 や、特に思い出せないけど。 」





どの口が言うかぁーーーーーwww




そんなわけで、
全くもってとりとめのない記事で申し訳ないのですが、

【 真っ赤な背景で写真が撮れそうな場所をご存知の方は教えて下さい!! 】
(なんだろう… このちょっとアタマの弱い子みたいなお願い…)



あ、もちろん上海で。
ちなみに、どうやら写真の使用用途の特性上(?)
加工じゃない方がいいような気がしてるんですけど、今どきの技術ならバレない??


自分で写すのは諦めて、
そのへんの、街の照明写真館かボックスで、
背景を赤で なんて条件で撮ることなんて可能なんでしょうか。。。




↓ まさか国旗の前でなんて畏れ多いし…。
↓ っていうか、色々と疲れでググる気力がなく他力本願な蜜でゴメンナサイ!! (涙)

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑ ブログ書く元気も底をつきそうな蜜に、 ランキング応援1クリック 下さると感激です。。。
 


posted by 蜜 at 20:24| Comment(10) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

葉月思案

 


zattou.jpg




違う誰かの待つ場所へ、ただひたすら駆けてゆく夢を見た。


あの人の冷たく変わった横顔を、脳裏にハッキリと反芻しながら、

「でもワタシが今から逢いたいのは、優しいこの人。」

そう思って走り続けるところで目が覚めた時、
そんな自分に、なんだか心底安心した。



あれから、決して短かくはない時間をかけて、
代わりに得たものなんて、どれほどのものだっていうのだろう?


それでも、 「今」 とても不可欠な、
いくつかの刹那的熱情と、そばにある温かな手に支えられ、
ワタシはちゃんと笑って、生きている。


叶わぬ願いが果たせない諦めと折り合いながら、
ぼんやり薄目を開け、前を見てる。





smi_1308a.jpg






にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ

 


posted by 蜜 at 23:58 | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

文月の寝顔

 
 
   「 まだ、もう少し、あの夢の続きを 」


   あふれるほど、幾度でも伝えたい言葉はあるのに、
   なぜか涙が込み上げて、
   ただ零さぬよう、必死になって堪えるだけ。


   あたしは、ちゃんと目を開けているだろうか。
   しっかりと前を見て、
   この瞳に、望んだものを焼き付けただろうか。


   まさかの偶然は、きっと本当は必然。


   誰かを救える人、というのは
   はじめからもう決まっているのだと悟り、
   そして目の前にいたのは、
   その意図を知らなくていい・・・ たいせつな人。





   ssIMG_4475.jpg






   にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
posted by 蜜 at 23:07 | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

そして六度目はない水無月

 
 
ss201306shanghai_sky.jpg



上海で見上げる水無月の空は、
2009年 6月 30日、
片道切符でこの地へ降り立った夜の未熟さを
いつも包括して広がっていた。


丸4年の歳月の間に、
365夜 過ぎて思い描いた未来よりも、もっと

得たもの 失ったもの 代わりに増えたもの 望まぬもの
変わっていったもの いつまでもそのままなもの
わざわざ遠回りしているようなもの

が迷いながら混在し、
それは時おり、自分自身を蝕む。



正体なんて、もう分からなくなってしまった。




sDSC09166a.jpg



そして “ 五度目 ” のはじまり。
1461回仰いだはずの夜空は、上海ではない場所から幕開け。



息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
  ただ未来だけを見据えながら 放つ願い
  カンナみたいにね 命を削ってさ 情熱を灯しては
  また光と影を連れて 進むんだ

  閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
  きっと きっとって 僕を動かしてる

  心配ないぜ 時は無情な程に 全てを洗い流してくれる


・・・?


果たして図星なのでしょうか?
それを証明したくて、
すべてを受け容れる先にそんな未来が続くというのなら見てみたくて、

あと180日を切ったオーバータイムに、
今は流れのまま前へ、前へ。





― 『終わりなき旅』 Mr.Children ―
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ

 

posted by 蜜 at 18:13 | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

そして再び、巡りくる皐月。

 


限界、という名のものが、
どこまで果てしない苦しみのことを指すのかを恐れながら、


ただ 『もう限界』 と。


頼りなく小さな携帯電話だけを握り締め、
やたらと広いあの空港で、
吐くように号泣し、
上海へ辿り着いてもなお涙が止まることはなかった・・・

そんな時 が、まざまざと蘇る皐月のおわり。




s201305_201205.jpg



それから到来した真夏に、
今まで本気で向き合うことをしなかったゴルフと、友達になってみた。
夏の間、ただひたすらずうっと付き合い続けた。

そしたら秋には、新しい世界が拓けてきた。
新しい趣味が増え、
新しい人とも出会い、
新しい関係が再構築されていって、

それは時折、自分に笑顔を取り戻してくれる大事なものになった。
打ち込んでいると、無にもなれる。


そうやって、
なんとかなんとか冬も越して、

春の訪れには奇跡 にもめぐり逢い、
きっと少し、少しずつ明るい方へと向かっていって、


そして再び巡りくる、皐月のおわり。

やっぱりゴルフをしながら気持ちよく汗をかき、
終わった後には仲間と心から笑ってグラスを重ねる自分自身を、
ふと想い比べると・・・。




sIMG_3870.jpg



“ あたしは 大丈夫だよ
  それなりに楽しくやってる

  確実に前に進んでるでしょ?

  『 完璧なシアワセ 』 なんて
  夢とはいえ 馬鹿なことを言ったなあと思う ”





# 上文 “ ”内(斜体文字) 引用 : 『僕等がいた』11巻(第43話) 小畑友紀
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

posted by 蜜 at 23:59 | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。