株主

2013年05月15日

上海から消えたスープカレーを追ったら、こうなった。

 
つい昨日、


蜜がスープカレー恋しさに、こんな記事を上げました ところ・・・


親切な lil@sis さん (ご無沙汰しております〜☆) が、コメントで、


『 「玄」 さん、4月末で閉店されちゃった みたいです 』


と。。。



ぇぇぇえええぇぇぇ!(泣)


     pandaani276.gif



えっと、まずは、
蜜が 「玄」 を最後に訪れたのは、そんなに前のことではないのですが、
少し時間を空けてアップしたばっかりに、信憑性のない情報を新着記事にしてしまい、
読んで下さった方、申し訳ありませんでした。

それから、
すぐにコメントでそれを教えて下さった lil@sis さん
本当にありがとうございました!




それにしても、
これで、今の上海において、
スープカレーを主な看板メニューとしているお店は無くなってしまった?
ということになりますよね・・・


無念だ。無念すぎる。



そんな諦めきれぬ想いから、
「もしかしたら、「玄」 はリニューアルか移転かもしれない!」
という勝手な一縷の望みを託して、 電話 をかけてみました。
(…ヒマなの?w)


電話番号が2つあった のですが、
1つはかからず、電源が切れております、とのアナウンス。
そしてもう1つの方は、呼び出し音が延々ずーっと流れて誰も出ない。


うん。
もう、コレは経験で知ってる。
こういう結果なら、きっと 期待薄 だってこと。


それを悟り、ため息をつきながら通話を切ると、
突然、ポロン♪ と、さっきかけたお店の番号から SMS が!!!


何? なんか新たな情報??
震える指で、嬉々としてメールを開けてみたところ・・・



ssms130515.jpg



わざわざそんなこと送ってよこすなら、

蜜にスープカレー食べさせてよ。
  (心の声)



“ お電話ありがとう
  あなたの満足は、私たちの最大の願い
  私たちは誠実な信用・顧客至上の理念に基づき、
  新旧のお客様のために最上質なサービスを提供します ”  (だいたいの訳)




↓ こういう華やかなスープカレーを、上海でも堪能したいだけなのよぅ〜(涙)
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
↑↑せめて蜜に、ランキング応援クリックを1ポチッと下さったら救われます☆
 



2013年05月14日

上海でスープカレーは未だ「玄」にしか無いのか?

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2013年5月 追記
    本記事でご紹介する 「玄」 は、残念ながら閉店した模様です。
    リニューアル・移転等の情報について、現時点では分かりません。

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



先週末から、いよいよ暑くなってきましたよね〜上海。


・・・そうなってくると、カラダに投入したくなってきませんか?




smatecha1.jpg


いえ、そんなギラギラしたのじゃなくて。




sDSC07063.jpg
喉越しサラッとスパイシーな スープカレー なんかをね♪



まあ、蜜といえば、
殊のほかスープカレーを愛しすぎてる ので、
年がら年じゅう春夏秋冬ウズウズと求めておりますけれど。


上海に、かつては 「SPARK」 というスープカレー専門店 がありまして。
2010年当時、それはそれは大変(個人的に)画期的な出来事だったのですが、
和平広場の解体とともに・・・ なにやらオトナの事情で・・・・・・
すっかり跡形もなく消えてしまわれました。


時を同じくして、もう1軒、
古北のマンションの一室でひっそりと営業されていた 「COTOCOTO」
というスープカレー屋さんも・・・ これまたオトナの事情で・・・(笑)

ただ、「SPARK」 とは末路が違うんです。

「COTOCOTO」 のスープカレーは、
そのままのお味を、 「玄」 というダイニングバー で再現されていまして☆



sDSC07064.jpg
「玄 −GEN− 」 (芽台路478号×芙蓉江路)



最も目当てであるスープカレーは、〆のオタノシミにとっておくとしましょう。

なにやらこの夜の同店のイチオシが、チーズフォンデュだったので、
それもいいねぇ〜 ワインに合うねぇ〜♪
と、すかさず食指が。


sDSC07045.jpg


sDSC07049.jpg


sDSC07054.jpg


色とりどりのお野菜や、グリルソーセージなんかを、
チーズの池の中にくぐらせては、垂れないように気を付けながら・・・ パクッ。

白ワインとの相性がたまりません♪


オーソドックスですが、
やっぱ一口大のパンにチーズを染み込ませるのは、鉄板の美味しさね◎
(だから写真がないのね。蜜が片っ端から食べちゃったのねw)


sDSC07061.jpg
こんな焼き鳥的な見た目の具材まで・・・


↑こちらもチーズフォンデュでどうぞ、
といった感じで、お店のメニュー欄には列挙されてたんですけど。。。
その場での協議の結果、
「これはそのまま食べた方がよかろう」 と相成りましたw



チーズフォンデュをメインに楽しく色々つまんだ後は、

sDSC07062.jpg
辛さをお好みで調節できるスープカレー。 もちろん蜜は、いちばん HOT で!!


なんか、、、 盛り付けがイマイチ華やかさに欠けますが (苦笑)
お味の方は確かでございました。

スープ一口目から、スパイシーな芳香が余すところなく広がり、
ゴロゴロと大きな具材が、各々の持ち味を活かしつつカレーを引き立てます。
骨付きチキンもよく煮込まれて、お肉は柔らかでした。

辛さについても、物足りないということはなく、
(もっと刺激的でもよくってよ♪ というのは多分蜜だけで…) これくらいが丁度でしょう。



自宅でルーのもとを使って作るものとは違う、
本格的なスープカレーを久々に満喫できたのは、本当に嬉しいこと。

ただ、この恵まれた上海の地で、
スープカレーという境地に、未だ 「玄」 をおいて他に選択肢も無いのか?
なんていう贅沢極まりないギモンが。。。


一説によれば、
「甘味黒」 とかいう、徐家汇の美罗城 B1F 五番街にある 甘味処
なぜかww あるらしいのですけど。  ホント〜?

めっちゃ気になります。


気になるといえば、

あの 泥酔者の聖地 (ベストネーミング by. きなちゃん
Bar SiS」 でも、札幌発祥のたーさん特製スープカリー
が、たま〜に突発的なイベントとして振舞われる! というのがありまして。

毎度、急な告知を頂くため(泣)
なかなかありつけていないレア物ですが、次回こそは食べたい!!
と、蜜はいっつも狙っております。

「SiS」 のフードメニューの激ウマ度 には、もう絶対の定評がありますからね☆



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■玄 −GEN−■
上海市長寧区芽台路478号(×芙蓉江路)
Reservations: 021-6051-1558 / 021-6208-3685


   ※2013年5月 追記
    残念ながら4月末ごろに閉店したとのこと(リニューアル・移転等は不明)




↓ランキングに参加しています。応援クリックして下さると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
なんか最近 ↑ これ系のオリジナルバナーばっかり。。。 いやほら夏ですから。

※ 記事内画像一部引用 : “太陽のマテ茶” より
 

2013年04月23日

「爛々亭」には、横浜家系ラーメンと餃子だけ狙って

 
浦東にお住まいの、生粋のハマッ子ご夫婦に連れていってもらって以来、
あちらに所用がある時はよく立ち寄ります。



srunrun_1a.jpg
爛々亭」 の美味しい横浜家系ラーメンを頂くために♪



蜜自身は、それほど家系にこだわりがあるわけではないですが、
何も知らないで食べても、これは良く出来てる!と感嘆してしまうラーメン
だと思っているので、上海では稀少な存在と言える1軒。



家系に詳しくなく、元祖とかルーツとかはうまく語れないものの、
とにかく、ここの豚骨醤油スープは味がいい☆
脂の膜でしっかり覆われていて、
ぬるいどころか 熱々 で出てくるのもポイント高し。

一般にいう豚骨スープほどドロドロもしておらず(豚骨醤油ですからね)、
程よくマイルドかつダシの濃さも丁度いい仕上がり◎
ガツンと来るラーメンがお好みの方には少し物足りないのかもしれませんが、
薄いということはなく、なんかホッとする味わいなのです。


そんな美味しいスープに、よく絡むかのような太めの縮れ麺は、
表面ツルツル・中はモッチリ。そしてちゃんと 固め で出てくるのが嬉しい!
(茹で加減は注文時に選ぶことができます)


チャーシューもトロトロで申し分なく、
ほうれん草がまた、この豚骨醤油によく似合うんですよ〜。調和バッチリ。
トッピングの追加も可能なので、増し増しにすることありますw

卵がうずらなのは、家系独特のものらしいですね?
友人ご夫婦から聞いた話ですが、
彼ら曰く 「これぞ本場っぽい」 と。懐かしいみたいです。



よく、似た名前を掲げているだけのラーメン店が中国には多いですが、
この 浦東・東方路738号 「爛々亭」正真正銘 でして、
日本の同店 HP にも、きちんと 『上海爛々亭』 のリンクまでされています♪



ところで、ここを訪れるもう1つの楽しみは・・・

srunrun_3.jpg
ギョーザ。 1人1皿はデフォルト、2皿でもイキたい!くらい大好き♪


「爛々亭」 で唯一問題なのは、
ラーメンと餃子以外の、各種おつまみメニューはそれほど...
というか、かなり微妙... なところだけ(笑)

ラーメンと餃子だけは、こんなにうまく作れるウデをお持ちなのに、
どうしてその他は(中華料理も含めw)あんまりお上手ではないのかは、謎。
誰と一緒に来てもそんな話に必ずなるけど、謎ww



でもラーメンと餃子が◎なら、それで十分満足だし。



お店の場所が、96広場の並びにあるビル・裕安大厦の1階で、
東方路に面した方の入口から向かうと、
なかなか細くて奥まった廊下の先にあって分かりにくいかもしれません。
ビルの駐車場側の玄関から入ると正面なので、そちらがオススメ。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■爛々亭■
上海市浦東新区東方路738号 裕安大厦1F(×張楊路)
Reservations: 021-5058-3235




↓こんなに白髪ネギをどっちゃり追加盛りして食べた夜もあったみたい(笑)
↓ランキングに参加しています。皆さまの応援クリック、いつもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年04月04日

真相確かめに「一風堂」再訪!

 
なにやら不穏なウワサを耳にしていました。。。


その昔、一度は上海から消えた(らしい)あの 「一風堂」 のラーメンが、
去年の秋、浦東のifcモールに再出店した際には、
さすが日本のと遜色なく美味しい! というのが話題になりましたね。

蜜自身も、オープンしてすぐに食べに行きました。大満足でした。

ところが今年に入ってすぐ、
ごく近しい人から、こんな話を聞いてしまったのです。


「あそこ、なんか前より味落ちたような気がする」


上海において、このような事象は枚挙に暇がないので、
今さら驚いたりはいたしませんが、
「一風堂」 よ、お前もか・・・ となるとやっぱり残念なわけです。

これは自分で足を運んで、確かめてみなくちゃ。


いつやるか? 今でしょう! (笑)



sDSC05729.jpg
行って毎回思うけど、ifcモール地下の 「一風堂」 の場所、分かりにくいですよねw


ホントにここにあるの? って、途中でめげたくなるほどモールの端っこ。
国金中心の地下1階、LG1-79〜80号 にあります。


sIMG_2368.jpg
看板が見えてくれば、字も大きくて目立つんですけどねー。


sDSC05726.jpg
店内は、相変わらずの盛況っぷりでした。 ※休日比


以前来た時(10月末)は、日本人の店員さんがフロアを見回ってたけど、
この日はいらっしゃいませんでした。
偶然かな? それとも、もう手を離されたのかな??

いずれにせよ、接客は別段問題もなくスムーズでしたよ。
“ ハリガネ ” も通じたし☆ (笑)
蜜は硬いのが好きなの…



sDSC05727.jpg
さぁお待ちかね。来ました♪ 赤丸新味(45元)


食欲がそそられる盛り付けも、以前と変わらず。
いただきまーす!


まずはスープから一口・・・
うん。上海によくありがちな ぬるい っていうのもない し、
赤丸ならではのコクの深さも相変わらず◎

麺の固さも申し分ない。そりゃあハリガネですからねw
ま、実際はバリカタ程度なのかもしれないけど、それくらいは没問題。
噛み応えのある長細い麺が、豚骨スープに合うのは鉄板!

チャーシューもトロットロで溶けちゃうほどだし、
自分で潰して加えるニンニクも (ちょっと面倒だけど…) フレッシュな風味で、
紅ショウガと共に、最後まで飽きずに完食できる良いアクセントに。


・・・なぁんだ。


上海 「一風堂」 しっかり健在じゃない。



心配して損しちゃった(笑)
でも、もしかしたら、出来にバラつきがある時も実際なくはないのかも。

あとは、最大級の嗜好品であるラーメンですから、
その日のご本人のコンディションとか期待値に左右されちゃったり。
慣れや、相性の善し悪しなんかもありそう。

それでも 「一風堂」 には、
この地において、いつまでも、確実に安心して味わえるクオリティを保ってほしい
と、切に願いますね。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■一風堂■
上海市浦東新区世紀大道8号
国金中心(ifcモール)地下1F LG1-79-80号
地鉄2号線 陸家嘴駅 直結
Reservations: 021-2028-0328




↓ランキングに参加しています。前と変わらず、皆さんの応援クリックが励みです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年03月19日

好みの分かれそうな「牛もつ鍋 おおいし」

 
「鼎泰高尔夫会所」 でインドアゴルフラウンド などを一緒に楽しんでいる仲間たちと、
今月某日ラウンドに行く(今度はお外)予定を立てるための会合?に、
ずっと注目していたお店を使ってしまいました・・・


sDSC07637.jpg
オバマ広場(嘉頓広場)3階 「牛もつ鍋 おおいし」 。



日本でも美味しいと評判の同店。
中国では大連にしか進出していなかったのをずっと残念に思っていましたが、
ついに昨年2012年末、満を持して上海にオープンしましたね!



sDSC07640.jpg sDSC07641.jpg
まずは生ビールに酢モツを。 ビミョーにお通しも酢モツの一部っぽいけど(笑)単品の方が立派☆


↑酢モツって、さっぱりして本当に素晴らしいアテですよね〜。
かの 「天手古舞」 でも必ず頼むメニューの1つ。
「おおいし」 のもまた遜色ないお味でした。


それにしても、
当然ながらもつ鍋がウリの 「おおいし」 ですが、
一般的な居酒屋系のラインナップも、一通り取り揃えられておりまして。

店員さんの一生懸命な日本語のオススメメニュー紹介もあり、
なんだかその必死さに絆されて、よく名前の分からない一品までオーダーしてしまうw


sDSC07642.jpg sDSC07643.jpg
まぁ、写真左のサラダは普通なんですが、 右の鶏のからあげ南蛮漬け ↑ みたいな食べ物。。。



「 あちゃら 」  って言ってましたww


彼女は。ええ、確かに。
蜜たち何度か聞き直したんですけど、とにかく 「あちゃら」 だと・・・

どこかの地方の名物の、独特な呼称?
とも思って、その場は 「じゃあ、その あちゃら 下さい」 という運びになったものの、
今こうしてブログに書くために、あちゃらを調べてみたけど、無いっ!(笑)



sDSC07645.jpg sDSC07647.jpg


焼酎のボトルのお値段が総じてそれほど高くない(300元前後)のは助かりますね。
ただ、なぜか焼き餃子が48元くらいしたのが不思議w
他のお料理に比べても一際目立つ価格におののいて、結局頼まずじまい。

酢モツとサラダは美味しかったけれど、
先ほどのあちゃら?と、豚カツ的なものに関しては、今ひとつってところかなぁ…。
どうしても 「天手古舞」 の方が、おつまみ何食べてもイケる!
という感動があるような。



けれど、そんな印象も、真打ち・もつ鍋の登場 によって、ちょっと変わってきます。


sDSC07646.jpg
ニラ以外は全て煮えきった状態でサーブされるもつ鍋。 (1人前120元/2人前より)


スープは、醤油・味噌・チゲの3種類から選べて、今回は味噌をチョイス。
小皿によそって、まずは一口・・・

とっても濃厚な、こってりした仕上がり です。


それもそのはず、

sIMG_3364.jpg
この大きさ! プリプリッ トロトロ〜 のモツが惜しみなく使われているのですから☆


今まで上海で、いくつか頂いてきましたもつ鍋の中でも、
これほどまでに食べ応えのあるモツに出会えたことはなかったので、蜜はもう夢中。


ただ、そのため かーなーり脂っこいスープ になってしまっているので、
ここはお好みの分かれてしまうところかもしれませんが。。。

個人的には、脂っぽさも多少気になりましたが、
とにかく溶けるようなモツの食感に、これ以上ない満足感を噛み締めていました(笑)



もしも、こってり感に少し飽きを感じた場合は、

sDSC07649.jpg
コチジャンでも加えて辛味噌風味に仕立ててみて下さい♪


↑もらえないのを覚悟で、店員さんに一応お願いしてみたら、
快く分けて下さいました。これは嬉しいサービス。


〆には、ゴハン・うどん・ラーメン等が用意されていましたが、
これだけのこってり味噌もつ鍋に合うのは・・・

sDSC07650.jpg
ラーメン が鉄板でしょう?☆


たまたま単品追加のお野菜に、もやしを選んでいたのですが、それがまた正解。
シャキシャキ感が脂っこいラーメンの良いアクセントになりました◎


・・・とまぁ、要するに、
最後の最後まで、その 脂っこさ が感想の大半を占めてしまうわけではありますが (苦笑)
上海で、こんなもつ鍋を一度体験してみるのも悪くありませんよ。


きっと蜜は、またプリプリのモツを思い返して 「おおいし」 が恋しくなりそう♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■牛もつ鍋 おおいし■
上海市長寧区延安西路2088号 嘉頓広場3F(×伊犁路)
Reservations: 150-2189-9033




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年03月08日

ウマイ!の一歩先をゆく「薩摩酒場 竿屋」

 
ssaoya1301.jpg
福々しい笑顔がとっても印象的な 「薩摩酒場 竿屋」 の名刺。


まさに、このイラストそっくりそのままの 名物大将・竿山さん
が織り成す、九州鹿児島料理のお味は、感動とワクワクの連続!☆




sDSC06985.jpg
そのお店は、ここ程家橋支路213号(×虹梅路)に 2012年11月リニューアルオープン。


SHANGHAI-ZINE 』 などでも、すでに話題のお店。
上海情報ブログ においても時折目にすることはありますが、
なにより、九州出身の友人らからの評判もすごぶる良い!!


蜜は、移転前の同店を存じておりませんでしたが、
リニューアルオープンを聞きつけ、2013年が始まってすぐの頃に行ってみました。
虹梅路からはちょっと(だいぶ?)奥まって、
小さな川に架かった橋も越えた先、ファミリーマートが見えたら、その横になります。



sDSC06988.jpg
カウンターに並べられたおばんざいの数々は、思わず手が伸びそうになるほど美味しそう!


お店へ入った瞬間から、日本人・中国人の店員さん皆が気持ちのいい挨拶で、
テーブル席・お座敷ともお客様でいっぱい。まず活気があります。


席について早々、ビールで喉を潤しながら・・・

sDSC06990.jpg sDSC06987.jpg
メニューに目を通そうと思うのですが、どれもこれも 心惹かれる逸品が満載 でして♪


中でも最も、蜜たちのハートをつかんだのが、

sDSC06989.jpg
日一日ごとに替わる(もちろん毎日書き替えもされる) “ 本日の竿屋オススメ ” メニュー。


演出が、細部にわたってよく出来ているなぁ〜と。
こういう字体で、こういう見た目で、こういう日替わりメニューを見たら、
絶対今日はコレ食べとかなきゃ! っていう気持ちに自然と誘導されるものでしょ。

手間を惜しまないお店の姿勢は、きっとお料理の味にも反映されているはず。

そういう期待を抱かせてもらえる。
まだ何も頂いていなくても、おそらく美味に違いないという確信を持ちながら、
食べたいものを選んでゆける時間は、貴いサービスの一環ですよね…。



sDSC06993.jpg sDSC06995.jpg
まずは、魚の南蛮漬けと手作りさつま揚げなどをつまみながら。


一口で、その勘はやはり正しかったと実感しました。
これは美味しい。


続く、チキン南蛮。

sDSC06998.jpg
「薩摩酒場 竿屋」 で、絶品!と評判のメニューの1つだそうですが。


鶏のジューシーさ、味つけ、フワフワなのにサクサクの衣。
そして上に乗っている、手作り感満載タルタルソースの甘酸っぱさとのバランス。
すべてにおいて素晴らしい!

多くの方が絶賛されるの、よく分かります。
それほどチキン南蛮に経験値のない蜜ですが、おそらく上海一の出来栄えでは?



感動醒めやらぬまま、個人的に大興奮だったのは、

sIMG_3041.jpg
一体なんなのでしょう・・・ この見た目にも美しすぎる肉ジャガコロッケ(20元) ☆


魅せる逸品、とは例えばこういうものを指すのでしょうね。
しばらく見惚れてしまうほど・・・ でもホクホクあったかいうちに箸を入れねば。

カラッと揚げられたそれは、中身の旨味たっぷり肉ジャガと相まって、
「あぁ、コロッケというものは、なんて人を幸せにしてくれる食べ物なんだろう」
と、思わず顔をほころばせながら再認識してしまうほどの美味。


この満足度で、1ケ 20元 なのですから。
これからもコロッケが恋しい時には、迷わず 「薩摩酒場 竿屋」 を訪れるでしょうね。

コロッケに限らず、
同店に人気の集まる理由の1つに、コスパが良いことが挙げられます。
全体的に、これだけ質の高い品々を愉しめるのに、リーズナブルと感じられるお値段設定。



sDSC07001.jpg
おでんも。盛り合わせでなく単品オーダーでも、それほど高くなくて◎



(なぜか写真に残っておりませんが・笑) 芋焼酎ロックを片手に、想うこと。

久しぶりに、これだけ満足ゆく和食居酒屋に来られたな・・・ と。
上海で、すでに飽和状態に陥っているであろう “ そこそこフツーに旨い店 ” からは、
何か 一歩二歩秀でた魅力 が 「薩摩酒場 竿屋」 には確実にある。 

それは、
冒頭に述べた大将・竿山さんの愛嬌あるスマイルとお人柄、
気持ちのいい接客をして下さる店員さんの方々、
充実した品揃え、丁寧な味わい、見た目の美しさ、かつ、納得の価格帯。。。

「薩摩酒場 竿屋」 を築くすべてから、溢れ出ているものなのでしょう。


なかなかウマかったねー、だけでは終われない。
どれもあまりに心くすぐられるオツな逸品ばかりで、つい、
全メニュー味わってみたい! とワクワクして再訪したくなるお店なのです♪




sDSC07000.jpg
蜜の人生初体験☆ 鶏飯(けいはん)で、〆も上々。お腹いっぱい!



芋焼酎を飲みきって、同店を後にしたのは、24時近く。
しかも、この時はまだ1月の初旬。
上海の夜はとってもとっても冷え切っています。

・・・なのに、
大将自ら、トレードマーク(?)の、白い半袖・短パン・前掛け姿で、
お店の外、寒空の下、蜜たちの姿が見えなくなるまでお見送りして下さいました(涙)


「薩摩酒場 竿屋」 が、多くのお客様に慕われるヒミツは、
ウマイ!の連続だけに留まらぬ、いくつも重なった心遣いから成るものなのですね。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■薩摩酒場 竿屋■
上海市閔行区程家橋支路213号(×虹梅路)
Reservations: 021-5484-7852




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年03月05日

六厘舎を懐かしむ「麺屋 毘沙門天」つけ麺

 
つい先日も、
「麺屋 毘沙門天」 のこってりラーメンが天一に及ぶかのように美味しい!
とかいう記事を上げたばかりと思うのですが、



ssDSC07025.jpg
実は昨夜も、また再訪・・・。 「麺屋 毘沙門天」(仙霞路345号×古北路)



でもですね、
今度は ↓↓ コチラを食べてみたくて来たのです。

ssDSC07027.jpg

つけ麺 をね♪



1303bishamon_t.jpg
毘沙門天つけ麺(40元)



特に 「あつもりで」 とか頼んでいないのですが、あつもりで出てきました。
蜜はそれが好きなので嬉しかったですが、
これからの季節、冷たいのが宜しい方はオーダー時に一言つけ加えた方がいいのかも。


それにしても、
このつけ麺、なかなかの実力派ですよ☆
スープ(つけだれ)からは、魚介系のダシの風味がかなり色濃く利いていますし、
麺もモチモチとして美味しいのは、もやは製麺所ならではのお墨付きです。

つけ麺としての完成度が、全体的に高い!!



上海でも、これほどのものが頂けるようになったんだなぁ〜と。
レベルが上がって、本当にありがたいことですよね。

蜜は、東京で働いていた頃には五反田〜品川が主な生活圏だったので、
大崎発祥の、有名な 「六厘舎」 が懐かしいつけ麺の味でして。
まるで、かのお店を彷彿とさせるような・・・ 


なーんて言ったら、さすがにダメかしら(笑)


でも、そもそも、何かと比べるとかってちょっと偏ってますしねぇ。
もちろん比較して優劣を決めることもあるけど、
そのお店にはそのお店なりの良さや、特徴的なこだわりの味があるわけで。

「麺屋 毘沙門天」 は、こってりラーメン もつけ麺も、かなり蜜好みでありました♪



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
↑こんな七福神のイメージのように、支店も増えていくのかな?


さっそく、「久光百貨」(南京西路1618号) の地下1Fフードコートにも、
新しく開店した模様ですものね。
どうか質を落とすことなく、どんどん拡がっていってほしいところ。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■麺屋 毘沙門天■
上海市長寧区仙霞路345号 東方世紀大厦1F(×古北路)
Reservations: 021-6228-7225

※ 久光百貨(南京西路1618号)地下1F フードコートにも開店




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年03月02日

ウワサの「頑固親父」で鶏刺しを

 
上海情報 のサイトでも、最近その名を見かけることの多い 「頑固親父」
そもそも ムーゾンさん から、オススメと聞いていたんです。
「安くて美味しい上に、鶏刺しや希少部位なども味わえるお店」 だと。


場所が、栄華東道にある屋根の連なった飲食店の並びなので、
ちょうど寒い時期は、名都城地下で室内ゴルフ練習をしている 百切隊 の仲間で、
「頑固親父」 に行ってみることに。


sDSC07543.jpg
「頑固親父」 (南側の栄華東道19弄1号×水城南路 上海雲古酒店公寓1F3号D室)


↑ここって・・・
つまり、元 「からあげ屋」 そして 「勝山」 と、よくお店の変わるアソコね?(笑)
「からあげ屋」 も 「勝山」 も、個人的にはイマイチだったのですが、
今度の 「頑固親父」 は評判も高いし期待が持てそう♪


「頑固親父」 の店長さんは、
「鳥膳」 ⇒ 「鳥の巣」 から同店のオープンだそうで。



「鳥の巣」 は、以前伺った時に正直それほど… というところでしたが、
あちらは、店内の雰囲気がちょっと焼き鳥屋さんに合ってないのが残念だったのかも。

「頑固親父」 は、カウンター数席、テーブルが数卓とかなり小ぢんまりとして、
いかにも居酒屋です!って感じの敷居の低さが良いです。
テレビが置いてあって、日本の番組が流れているのを見ていると、
ここが上海であることを忘れてしまいます。



sIMG_3336.jpg

sIMG_3335.jpg



せっかく 「頑固親父」 に来たのですから、
名物の鶏刺し は、ぜひ味わってみないとね☆

というわけで、レバー(25元)・砂肝・ささみ(38元)のお刺身を。
残念ながらハツは売り切れちゃってました。人気ですね〜。

薬味と一緒にお醤油で、まずは一切れ口に入れて・・・ あ、美味しい!
新鮮でプリプリ、お肉の味が濃い!!

品質の優れた地鶏の部位でなきゃ、こんな風に出せませんよねー。
「頑固親父」 さんの自信を感じる鶏刺しでした。




さて、そんな主役(?)をよそに、何気なく際立っている一品が。

sganko_ks.jpg
↑写真では、ささみの奥に隠れてしまった(笑) 塩キャベツ 20元☆


このお店の塩キャベツは、よーくタレが揉み込んであってクタクタのキャベツ。
さりげなく添えられた刻み海苔とのハーモニーも抜群で、オツなんです!
これは、頼まなきゃ損しちゃうおつまみだわ♪



sIMG_3337.jpg


そして、↑スモークには目のない蜜が一気に心奪われたのがコチラ。
白板に書かれたメニューだったので、常時あるかは不明ですが・・・
燻された鶏の風味が、高級なスモークハムのそれを思わせるような薫り高さ。



他にもいくつか、焼きものや串などを頂きました。 (写真が及ばず失敬)
串は、大体どれも8〜10元というリーズナブルな価格帯。
一品一品の量が若干少なめなので、手軽に色々とつまんでみるのに向いています。

鶏刺しが新鮮で、とにかく安心して食すことができる点や、
苦手な方も多いであろうレバーの焼き鳥が、すっと口に入りやすい舌触りだったりと、
つい、かの 「鳥重」 (打浦路22号2F / 南京西路1959号) の好印象と重なりますね。




さて、そろそろ宴もたけなわでして。

sIMG_3338.jpg
〆にはやっぱり、コレですよね? 鶏塩ラーメン(35元)。


レ、レモンが入っている。。。(苦笑)

というのはちょっと気になりましたが ←脂っこさをサッパリさせるためなんでしょうけど…
スープの鶏塩味は、濃い目で、自分の好みには合いました◎
一緒にいたみんなは 「ちょっとしょっぱいかな〜」 とも言っていましたが、
蜜には丁度いいぐらいw  ほら、お酒飲みですからww


実際、この時には、ハイボール(25元)と日本酒熱燗を交互に頂いてました♪
ハイボールには、おかわりがあって、
1杯目で余った炭酸にウィスキーのみが追加できて -5元引き という。



いかにも、焼き鳥居酒屋の〆に相応しい、バランスの取れたラーメンでしたよ。
ちなみに 焼き鳥丼がオススメ だとも聞きました。
最後までしっかり美味しいのは、満足感につながりますよね。


お店が手狭だというのもありますが、
この夜も、夜11時半をまわってもお客様の途切れる様子はありませんでした。
蜜たちも含め、わりと遅い時間から訪れる方も多いようで、
いつでもすぐ満席になってしまうことだけが 「頑固親父」 の玉に瑕 と言えるかも。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■串焼酒場 頑固親父■
上海市長寧区栄華東道19弄1号 上海雲古酒店公寓1F 3号D室(×水城南路)
Reservations: 021-3201-0335




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年02月25日

「焼肉 六甲」へ行くのであれば・・・

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2013年9月 追記
    本記事でご紹介する 「焼肉 六甲」 は、閉店しました。
    現在は 「KING大志」 という別の焼肉店 に変わっています。

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



蜜にとっては、すこーし残念だったかなぁ… という印象のお話です。
「六甲」 さんを贔屓になさってる方ゴメンナサイ。



sDSC05995.jpg
仙霞路×安龙路の日本料理店激戦区に、去年の秋ごろオープンした 「焼肉 六甲」 。


↑外観は、なかなか良いですよね。惹かれるものがある。
品があって、落ち着いて上質のお肉を堪能させてもらえそうなイメージ。


実際にその扉を開けて、中へ足を踏み入れてみても、

sDSC05994.jpg sDSC05993.jpg
まるで焼肉屋さんではないみたいな、さっぱりと綺麗な店内。 所々に水の流れが配されてあるおかげかしら?


sDSC05988.jpg
整然とした感じが、確かに好感は持てるのですが。。。


隅々まで明るい照明に、これまた色の明るい広々としたテーブル。
ただ、そんなお店に、
蜜たち一組しかお客様がいなかった というのも、敗因の一つなのかも・・・。
(去年のある日曜日の夜8時頃です。 その1回のデータなので何とも言えませんが)


あまりにガラーンとしすぎて、ちょっと肌寒いくらいのところに、
やっと鉄板が温まってきたので暖を取りながら、頼んだお肉を待ちます。



メニューにも、これといった特徴はあまり無く、

タン塩・ネギタン塩・上タン塩 (いずれも100元前後)
上カルビ・壷カルビ・中落ちカルビ・上ハラミ (いずれも100元前後)
和牛カルビ・和牛ロース・和牛特上カルビ (188〜280元)

ホルモン系は、大腸・上ミノ・センマイ・レバー・ホルモン盛り合わせ。
その他は、豚トロ・豚バラ・骨付きソーセージ・海鮮など (いずれも40元前後)


といったラインナップと価格帯なので、
それほどお値打ちでも、高級な焼肉屋さんでもない ってところでしょうか。

雰囲気は、ちょっとお高そうな感じなので、気分はいいかもしれませんが。



sDSC05990.jpg
お肉を持ってきてくれた服務員が、そのままテーブルに付いて焼いてくれます。



大変シーーーーーンと静まり返った店内に、ここだけジュージューという音が。。。


しかし、服務員が非常にお上品に、1人1枚分ずつを焼いていくので、
鉄板に沢山のお肉が一度に並ぶといった賑やかさはありません。



↑ここは、好みの分かれるところでしょうね。
一概にそれが良いとも悪いとも。

本当はこの方が、ゆっくりと味わえるはずなのでベターなのかもしれませんが、
すんごい上等なお肉をシェフがフランベとかしながら鉄板焼きを披露して下さる
わけでもない限り、蜜はこのような焼き方をあまり好みません・・・。

(お店の方針を否定するようで、恐縮だったのですが、
 途中から自分たちで好きに焼かせてもらえるよう頼んだら、対応して頂けました◎)




sDSC05992.jpg
お肉の質や味に関しては、特に申し分ありませんでした。


うーん・・・

決して悪くないんです。
でも、感動がないと言いましょうか。
盛り上がりとか迫力に欠けるというか。いまいち満足感に結びつかない。


外観もいいし、品もあって静かな店内で、接待向きとは言えるかもしれませんが。
ただ、もしこれだけ他のお客様が少ない場面に出くわしてしまうと、
服務員もすぐ傍に控えているわけで、
なんだか会話が筒抜けのような気もして、かえって落ち着かないような(苦笑)



こうなると、個人的には、
「焼肉 萬蔵」(古羊路451-2号) の方に軍配が上がってしまうかな。

タイプが違うので、ちょっと比べるのもおかしいかもしれないけど…。
でも焼肉屋さんって、そういう風にも選ぶと思う。


それに 2012年 といえば、あちこちに、
他にも美味しい焼肉屋さんが続々とオープンしたじゃないですか☆


イマドキの上海の焼肉事情については ⇒ コチラ


「焼肉 六甲」 は、残念ながら、
蜜にとって焼肉に求めるスタイルなど、様々な点において相性が良くなかったわけですが、
そもそも高水準の日本料理店がどんどん立ち並んで、
自分の好みでお店を選べて当然だなんて、海外に在りながらホント恵まれた話よね…。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■焼肉 六甲■
上海市長寧区仙霞路693号(×安龍路)
Reservations: 021-6208-6955


   ※2013年9月 追記
    「六甲」 は閉店。現在は、 「KING大志」 という焼肉店に。




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年02月22日

天一に及ぶかの「麺屋 毘沙門天」

 
天一、とは言わずもがな日本のラーメンチェーン 「天下一品」 のことですが、
あの独特の超ドロドロこってりスープを、愛してやまない方もきっと多いでしょうね〜。

今や、 「大阪王将」 も上海上陸した のだから、
何故かこの地に未だ進出されていないのが不思議なくらい・・・
なんて言ったら、ちょっと傲慢でしょうか(笑)

ていうか、ハワイには支店がある のね!ww



けれども、去年の暮れに、どうやら出来たらしいのですよ。やっと。
何が?

上海にも、天一に及ぶかの呼び声高いラーメン屋さん が☆



sDSC07025.jpg
それがコチラ。 古北の東方世紀大厦1F 「麺屋 毘沙門天」


↑以前は別のラーメン居酒屋さんだったのが、替わりまして。
洛城広場にある 「麺屋 七福神」 から、“七柱の神”がついに姿を現した
のだそうで。  ※ らくらくプレスより



・・・って、そんな風に聞いちゃうと、

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ ← こんなイメージで続々と支店増えちゃう?!w


なぁんて想像を膨らませたりする方が、他にもいらっしゃる ようで(笑)
でも実際のところ、洛城広場もそろそろ建て直しですから、今後どうなるんでしょうね?



sDSC07033.jpg sDSC07032.jpg


それにしても、
味にはわりと定評のある 「麺屋 七福神」 の姉妹店ということになれば、
自然とこちらへの期待も高まってしまいますよね。


sDSC07027.jpg
※ このメニューは 2013年1月 のもので、予告なく変わることがあります。価格も含め、参考としてご覧下さい。


天一を彷彿とさせるかのような食感を味わいたい場合には、
【 こってり系 】 を選んで下さい。


他に、あっさり系・魚介W系・ちゃんぽん・つけ麺・油そば
などなど、なかなか魅力的なラインナップが揃っていて興味をひかれますが、
ここはまず基本を。初志貫徹で行きましょう!



ハイボールでも飲みながら待っていると、

sDSC07029.jpg
来ました♪  【 こってり系 】 毘沙門天らーめん (38元)


蜜にとってラーメンは、麺よりもスープが命!派なので、
さっそく、噂のドロドロスープを一口・・・



・・・あ、ホントに こってり濃厚 heart_dRR.gif



舌を通って喉にまとわりつくかのような、自己主張強めな後味でございます。
煮詰めたみたいにとろみのある口当たりは、上海では新鮮ですね。

風味という点では、天一とはまた異なる旨味が凝縮されているように思います。
あれはあれでジャンキーに (失礼? 笑) おいしいんですが、
「麺屋 毘沙門天」 のは、鶏のダシが色濃く利いた、馴染みやすい味。


製麺所ならでは、麺の感じや茹で加減も上々。
箸で上げる度にドロンとしたスープがよく絡まって、
けれど、名前や見た目ほど脂っこすぎることもなく、スルッと入ります◎

こうしてブログに書いていると、また食べたくなってきてしまうほどの好印象でした。




sDSC07030.jpg
ただ、ここの餃子は。。。   正直、イケてない(苦笑)


蜜は餃子フリーク なので、これはちょっと残念でしたね〜。
なんだかスーパーのお惣菜コーナーで買ってきたのをチンした時みたいな
シナシナ…とした皮の具合がよろしくないのかも。
餡の味は悪くなかったので、これでパリッと焼きあがっていたら良いのになぁ。



ラーメン以外にも、居酒屋のような一品メニューも一通り揃っているお店なので、

sDSC07028.jpg sIMG_3079.jpg
ハイボールおかわりのアテに、頼んでみたパリパリチーズポテトフライは・・・ 想像していた姿と違うけどw

↑こちらは、意外となかなか悪くなかった。
本当にパリパリサクサクで。ブラックペッパーを加えると、旨味 up ☆



ラーメンとは、本当にこれ以上ない嗜好品だと思うので、
一概にオススメ!とご紹介するのも難しいものなのですが、蜜の好みには合いました。

あまり、天一天一・・・と期待しすぎると無意識に比べすぎてしまうので(笑)
『 これは 「麺屋 毘沙門天」 ならではの、オリジナルの美味しさ 』
と受け入れられれば、ご満足いただけるのではないかと。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■麺屋 毘沙門天■
上海市長寧区仙霞路345号 東方世紀大厦1F(×古北路)
Reservations: 021-6228-7225

※ 久光百貨(南京西路1618号)地下1F フードコートにも開店した模様




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。