株主

2012年10月30日

過ぎ去った「Paulaner Brauhaus」オクトーバーフェスト

 
・・・実は、オクトーバーフェストというものの存在を知ったのはつい最近 です (笑)
※ オクトーバーフェストとは? ⇒ wikipedia

恥ずかしながら、国慶節の日本帰国中に、とある経緯があって今さら覚えました。
けれど、それをまさか上海でも味わえる機会があったとは☆


というわけで、
これまた、とあるスジからの 「10月20日までならやってるよ!」 という、
急なお誘いのもと集ったのは、きなちゃん &(蜜と共通の友人である)男性の3人組。
・・・つーか、 『リー様』 って誰だ 『リー様』 ってww



sDSC05609.jpg
その会場は、ドイツビールのバー 「Paulaner Brauhaus」


「Paulaner Brauhaus」 は、上海に4店舗あるようでして、
蜜は今まで、新天地店と陸家嘴エリア店には行ったことがあったけれど、

sDSC05632.jpg
汾阳路店を訪れたのは初めて。こんなに立派なお庭とお屋敷に、ついウットリ。。。



しかし、建物内の賑わいは、外観の比ではなく、

sDSC05611.jpg
こんなに奥行きもあって広〜い1階スペースも、オクトーバーフェストを楽しみにきたお客さんで満席!!


部屋じゅうに鳴り響く生演奏の陽気な音楽と、たくさんの人たちの話し声。
会場の熱気はすでにムンムンで、蜜たち3人組の気分も自然と盛り上がっていきます♪


sDSC05631.jpg
イベントの協賛企業と思われる広告が、吹き抜けの縁に所狭しと並べられて。


sDSC05617.jpg
結局、2階席も埋まっていたようで、なんとか3階に通してもらえて良かった…。


(行ってみて初めて分かったことですが)予約しておいた方が無難だったのかも。
本当に大盛況なんですね〜! オクトーバーフェスト@上海。


sDSC05627.jpg
3階席から吹き抜けを見下ろして1階の様子を覗くと、大きなビールタンクも見えたり♪ (写真左上)


sIMG_2295.jpg
メニューは、オクトーバーフェスト期間中の特別仕様になっていた様子。


このイベントにお誘いして下さった方 (りー様?w) 曰く、

「228元で飲み放題とコース料理(食べきれないほどの量らしい)がある
 との情報だったけれど、それは日曜日から水曜日までの価格で、
 それ以外の曜日は338元になるみたい。でも、それも入口で頼まないとダメっぽい」


・・・とのことなんですが、
きなちゃん と蜜は、あんまりその辺をよく理解もせず、とにかくお任せ(笑)
とにかくビール!ビール!! みたいなww


sDSC05618.jpg
ってことで、まずはラガーを3人分オーダーして、早々に乾杯〜☆


↑このバゲットとパテ盛り合わせは、最初のテーブルセット時から用意されたもの。
これだけでも美味しく、結構お腹いっぱいになっちゃいそうなのを
なんとかセーブしながら、アラカルトで頼んだお料理が続々と届けられるのを待ちます。



sDSC05622.jpg sDSC05623.jpg
メインが肉肉しいとのことなので、前菜くらいはサッパリとね♪ ということで、サラダとスープ。


↑サラダは、まぁ普通のサラダなんですが、
このスープ・・・ これは完全に中華料理の汤の風味ですよ・・・(苦笑)
ビールと共に嗜むには、西欧人の口に合うのだろうか?


とか何とか、どーでもいいおしゃべりをしながらワイワイ飲んで食べていたら、

sDSC05615.jpg
楽団が、ちゃんと3階席まで上ってきてくれて、生演奏を披露してくれるサービス♪


上階にいても、会場一体がオクトーバーフェストを楽しめるように、
色々と工夫してありました。専用の衣装を身につけたカワイイ売り子さんがいたりね♪
・・・当然ながら、どの子が良いか品定めの止まらない、く○ってる3人ねw


そんな中、ついに 真打ち登場〜!!


s201210_meat.jpg
☆★☆ めちゃくちゃドーーーンと、肉肉しいプレートが ☆★☆


sDSC05624.jpg
タバコと比べてみて? このお肉たちの量と大きさを!!


ちなみに、これで 2人前のプレート です。。。 (笑)
味わいの異なるソーセージや、皮をカリカリに焼いたグリル肉、
中にはロールキャベツ的な加工がしてあるミンチもあったりと多彩な盛り合わせ。

どれも美味しかったのですが、
ビールも、ラガーの他にホワイトビールにも手を伸ばしたりして飲みすぎてしまい、
3人でもさすがに途中でお腹いっぱいになってしまった…。

これで2人前分だという話ですから、恐るべしドイツ人の胃袋! (?)



のんびり食休みをしていると、美人の売り子さんが周ってきて、
「食後にいかがですかぁ〜?」 みたいな感じのお商売に見事ノってしまったリー様w


sDSC05626.jpg
薬膳酒のようなもの? 薬臭い感じの、クイッと一気にいく系のお酒。


すかさず蜜も一口いただいたのですが、
「アブサンを彷彿とさせるような味だね〜」 と。   ※ アブサンと蜜の関係については コチラ

ま、イベントごとなので。
こういう余計なモノまで、ついつい買ってしまうのもご愛嬌ってことですね?♪



ビールも食事もすっかり大満足した蜜たちが、
おもむろに 「Paulaner Brauhaus」 を後にしようと席を立ったのは、10時ぐらい。
それでも、このオクトーバーフェストの会場は、

sDSC05630.jpg
まるで夜が更けるのも忘れたかのような、まったく衰えぬ盛況っぷり!!


ライブの音と共に踊る人々の群れ。
音楽に合わせて帽子をまわす(?)ゲームに興じるひと時。
鳴り止まないビールグラスを傾けあって乾杯する声。

本場・ミュンヘンのお祭りの様子は、きっともっと圧巻なのでしょうけれど、
ここ上海の地でも、十分にその雰囲気を味わうことができた、楽しい夜の一幕でした☆



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Paulaner Brauhaus■
上海市徐匯区汾陽路150号(×太原路)
Reservations: 021-6474-5700

上記の他、上海に3店舗あり(新天地・陸家嘴・南外灘)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


2012年10月29日

「MERCATO」では外灘夜景を愉しむ間もなく

 
前記事 2012.10.10 上海バースデーも4度目 の続き、その晩のお話。

特別な日に行きたいディナーのために、少しの間、温めておいたレストラン、
外灘3号 「MERCATO」 (By Jean Georges) へ。


sDSC05533.jpg
今年の 10/10 は、すごく空気の澄んだ上海の夜空で。お目当ての外灘3号近辺の夜景もクッキリ☆


sDSC05537.jpg
外灘3号のビルの前で、結婚写真の撮影をしているカップルを横目に・・・


sDSC05538.jpg
広東路沿いにある、上階のレストランフロアへ続くエレベーターに乗り込みます。


あの 「Jean Georges」 と同じビルになります。
(そもそも、「MERCATO」 が、「Jean Georges」 プロデュースなわけですが…)
「Jean Georges」 は4階、今回の行き先 「MERCATO」 は6階。


sDSC05539.jpg
6階到着。コンクリート打ちっぱなしのモダンな入口の奥には、広々とウッディな空間が。


sDSC05543.jpg

sDSC05542.jpg


・・・なんだか、「MERCATO」 の店内の様子は、
南外灘・老码頭エリアに佇むレストラン 「TABLE No.1」 を彷彿とさせる ような、
全体的に華美すぎずシックで、ややフランクな雰囲気のオシャレ感が印象的。

最近は、こういうフロアデザインが流行っている傾向なのでしょうか?
木の温もりを漂わせながらも、コンクリの柱がその場をモダンに引き締める、といった風の。

(意外にも)周りの声や音は、割合ほどよく賑やかなのですが、
こういった空間には丁度似合うような気さえしてきます。


sDSC05541.jpg
窓際からは、煌く東方明珠塔が垣間見えるというのも、この立地のお約束


・・・前回 (もう2年以上も前ですが) 「Jean Georges」 を訪れた時
蜜は、 『あと何年、蜜はこの景色を当たり前に見続けられるのだろう?』 と。
そう書いたのですが、
その終わりがチラチラと見え隠れし始めているような今日この頃。。。


上海の愛すべき景色に、雰囲気に、居心地の良さに、
思う存分囲まれながら、2012年・一年に一度の誕生日の夜を過ごそうかと☆




s_Mercato.jpg
さぁ、そのひと時は、泡モノからスタートです☆


↑手前に写っているコロッケのような揚げ物からして、まず美味しい。
これはサービスで最初に差し出されたもの。
メニューをひとしきり眺めて注文を終えた後は、パンとスパークリングワインを頂きます。


・・・という、このスタートダッシュから蜜が何を気に入ったかって、

sDSC05545.jpg
真っ赤なコレ。 (笑)

パンにオリーブオイルや岩塩を織り交ぜて食す合い間に、
酸味の利いたこの赤唐辛子を そのままアテに ワインを飲むのが蜜流ですw
※ 一般的な使い方ではありません。


そうこうしているうちに、

sDSC05547.jpg
来ました〜! ハムや冷菜の盛り合わせプレート・モッツァレラチーズ付き。


↑このね・・・ “ with Mozzarella Cheese ” という名前の一言に惹かれて、
このメニューを頼むの即決! だったんですが・・・

もう 大正解 でしたね。

フワフワ・トロロ〜ンと溶けそうなモッツァレラチーズの食感と濃い味わいが、
ハムやサラミも旨味たっぷりで大満足だというのに、それらも霞むほどに秀逸で!!


これは絶対、ワインも進んじゃうでしょ。ってことで、

sDSC05558.jpg
沢山のリストの中から、トスカーナ地方の白ワインを1本チョイス♪


sDSC05553.jpg sDSC05554.jpg
続々とメイン系のお料理が並びます。。。


写真左のパスタは、メニューでは “イカ墨の海鮮パスタ” 的な名前だったのですが、
服務員曰く、「本日はイカ墨ができなくて・・・」 とのこと。
蜜は、イカ墨よりもアサリやムール貝が一杯であれば何でもよかったので(笑)、
その旨を伝えたら、大好きなオイルパスタで作って頂けました♪

写真右の牛肉ステーキも、下にほうれん草が敷いてあって、くどくない後味が◎
横に薄く伸ばして添えてあるポテトは、なんとコーンポタージュの味!


・・・と、
このようにいずれも美味しいメイン料理の傍ら、蜜を一際惹きつけたのが、

sDSC05555.jpg
牛肉ステーキの副菜として別途注文した、ガーリックフライドポテト。


こんなレストランに来ていて、
感動したのは、やっぱりまたジャガイモなんですか? (苦笑)   ※参照 → 「char
というようなお声が聞こえてきそうなんですが・・・w

だってね、やっぱり大好物なんだもの。
それが想像通り、もしくはそれ以上の出来栄えだったら、気分もさらに盛り上がるでしょ?
ガッツリ来るガーリックの風味、ワインに合わせるのに丁度いい塩味、サクサクの衣。
思わず独り占めしたくなるような逸品でございました♪



ずっと訪れてみたかった 「MERCATO」 で、誕生日のお祝いをしてもらって、
なんだか随分と久しぶりに、気持ちよく酔って笑って、おしゃべりに興じることのできた、
そんな夜だったような気がします。

そこに一緒にいるのは、心の中を装わずに晒け出す相手だからこそ、
最近しばらくの間、精一杯の作り笑顔すら見せられない日々が続いていた中、
周りからの色々な助けもあって、
少しずつ元通りになりつつある蜜を、きっと間近で感じているはず。


せっかくの外灘の夜景をも、
しみじみと見つめて感じ入り黙り込んでしまうようなこともなく、
ワインと美味しい食事に楽しく酔いしれる蜜に、かけてもらった一言はこうでした。

「今年は、リラックスできる年になるといいね」



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■MERCATO■
上海市中山東一路3号 外灘3号 6階 (×広東路)
Reservations: 021-6321-9922




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年09月08日

「Dr.Beer」が・・・ハジメノ一歩?

 
それは、心機一転? 「EXY」 で 10cm 髪を切った 後の、夜のハナシ。


心機というか、新規というか・・・
お食事をご一緒するのは今回が初めて、という方と約束をした待ち合わせの場所へ。
そこが、


sDSC04648.jpg
富民路83号(×延安中路) に、いつの間にかオープンしていたビアバー 「Dr.Beer」 でした。



↑いつの間にか、と書いているのは、
確か、ココって以前は club でしたよねぇ?
個人的にかなり好きなタイ・レストラン 「COCONUT PARADISE」 の、ほぼ斜め向かい。


そうでなくとも、この界隈は他にも、
湖南料理 「古意」 や、バー 「人間」 、地中海料理 「Antoni」 、
ネパール料理 「NEPALI KITCHEN」 、日本食の 「誠」 や 「Q太郎」 、
ベトナム料理 「PHO REAL」 、そして上海家庭料理 「保羅酒楼」 などなど…

お気に入りのお店や、蜜の普段の生活圏とかなり近いこともあって、
富民路×巨鹿路近辺のエリアは、わりとよく通っている自負もあったのに、
それなりに外観も目立つ 「Dr.Beer」 の存在を、何故か見逃していたという不覚! (苦笑)



そして、この名前から、もうお気づきの方も多いでしょう・・・
2〜300m 南下した富民路177号(×巨鹿路)にあるワインバー 「Dr.Wine
の系列店
になります。



その 「Dr.Wine」 よりも座席数は多めで、フロア全体が広々としている 「Dr.Beer」 。

sDSC04640.jpg
スツールのような、背もたれのない椅子がほとんどという、フランクな感じがビアバーっぽい♪


この夜は平日だったので観られませんでしたが、
ステージもあって、週末(金・土曜)の21時以降はライヴも催されるらしいです。


sDSC04644.jpg
カウンターの奥には、 とっても大きなビールタンク がいくつも並んでいて、かなり圧巻!!


↑こういうのを目にすると、ビールの味への期待もいっそう高まりますよね〜。
ってことで、席につくなり最初にチョイスしたのは、


sDSC04639.jpg
専用のグラスとケースに入った、5種類の自家製ビールのお試しセット☆


こちらは、メニューに紹介されている常備5種類の自家製ビールを、
ちょこっとずつ、いっぺんに楽しめちゃうぞ。
 という…

各々のグラスは小さくて、3〜4口くらいの量なのは若干物足りないですが、
まずは一気に全部を飲み比べてみて、アレコレ感想を語りながら、
次に自分好みの風味のビールを、ラージサイズのグラスで頂くのも面白いものです。

ちなみに、写真手前のレモンの乗ったものから奥の黒ビールにかけて、
どんどん味わいもサッパリから濃い方に変わっていく具合。



sDSC04635.jpg
そしてビールのお供に、やっぱフィッシュ&チップスは欠かせないでしょ♪


また、これがかなり美味しいんですよ〜!
特にフライドポテトが!! ← 蜜的に超大事なポイントw
サクサクのフィッシュフライの方も1つが大きくて、食べ応えもばっちり。


sDSC04642.jpg sDSC04643.jpg
引き続き、ビールとの相性を考えると、どーにも食べたくなってしまう鉄板メニュー (よね?) を。。。


ソーセージの盛り合わせ、これだけ太いのが何本もあれば2人で頂くのに十分。

ピザにいたっては、想像以上の食感の良さに、目を瞠るほど。
厨房に、ちゃんとした石釜があるんでしょうか・・・?
これだけの パリパリ感の活きた薄い生地に、香ばしい焼け具合 なのは◎


ビアバーでありながら、おつまみのレベルもしっかり高いのは、
さすが、あの粋なワインバー 「Dr.Wine」 の系列だけあるかも… といった印象で、
なかなかやるなぁ〜、「Dr.Beer」 。 ここは良い。



sDSC04641.jpg
後半、ビールに少し飽きてきた後は、モヒートに切り替えてスッキリ〆ましょ♪


・・・と言っても、会話はすっかり盛り上がり、モヒートもおかわりでしたがw

「Dr.Beer」 は、モヒートもなかなか侮れない仕上がり でしたよ?

「Le Petit FRAnCK」 のそれ ほど生々しいミントの風味には及ばなくとも(笑)、
他店に比べれば、かなり爽やかな香しさの利いた飲み口が好みでした。



ビアバーですから、本来それほど長居する場所でもないのかも?
けれど 「Dr.Beer」 は、なにげにとても居心地が良く、
2人きりで一緒に飲むのは今回が初めてながら、話題は次から次へと移って止まらず、
楽しいひと時を過ごしているうちに、気がつけばもう12時をまわって・・・


・・・今思えば、ずいぶんと久しぶりに、
再び、蜜らしさを取り戻し始める1つのきっかけとなったような、
そんな夜の出来事だったかもしれません。

それ自体はとても小さく他愛ないものでも、きっと後につながる新たなハジメノ一歩に。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Dr.Beer■
上海市静安区富民路83号(×延安中路)
Reservations: 021-5468-1077




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
※ 記事中の一部のレストラン紹介のリンクに、chinausa さんのブログ記事 を拝借しております。
 

2012年08月26日

ココロでも目でも愉しむ「elEfANTe」

 
8月初旬の、とある金曜日。

きなこちゃんが 『目で判断するな!心で感じてくれ!!』 という 名記事 を残した
上海ブロガー3人オフ会♪
それを、近ごろ話題のスペインバル 「elEfANTe」 で行なった時のお話。



sDSC04942.jpg
東湖路20号で、ゾウさんのオブジェがお出迎えしてくれる小門をくぐって・・・


sDSC04943.jpg
以前の 「el willy」 と何ら佇まいには変わりのない 、ただ店名が違う綴りになっただけの見慣れた外観。


sDSC04944.jpg
気持ちのいい中庭テラスも同様に健在☆  (けれどこの夜はちょっと蒸し暑くて屋内の席で…)



・・・と、ここで少し話を巻き戻しますと。


先月、chinausa さんと 「秘密花園 Le Jardin Secret」 で食事をご一緒した 際に、
蜜が最近、ブロガーのきなこちゃんと 「Bar SiS」 で出会って
「Antoni」 で仲良くなった という一連の話題で、ちょっと盛り上がりまして。

chinausa さんも 「きなこさんには前から是非お会いしてみたくて」 と仰られたので、
それでは蜜を仲介(?)に、3人で仲良く飲もう! ということで、今回のオフ会を計画。


・・・したつもりだったのですが。


夕方の所用が長引いて、「elEfANTe」 への到着が少し遅れた蜜。
店内入口すぐ傍の、丸テーブルの席で すでに会話を弾ませている男女おふたり。

それが chinausa さんと、きなちゃんでした。。。



もやは蜜の仲介、いらなくない? (笑)



でも、まぁそれはそれということでw
人数増やしてゴハン食べるって、色々つまめるし楽しいですからねっ。
ということで、まずは乾杯〜!


sDSC04945.jpg sDSC04948.jpg
ピッチャー大の、可愛いケトルに入った自家製サングリアは、赤と白が選べます。オススメは絶対、白☆★☆


白いサングリアには、とびきり目のない蜜。  ←店名のとおり、今やクローズしたレストランですがw
それをよ〜くご存知でいらっしゃる chinausa さんですから、
蜜がお願いするまでもなく、すでにちゃんと白をオーダーして下さっていました。


それにしても、評判は耳にしていましたが、
「elEfANTe」 の白いサングリア、か・な・り美味しいですね〜♪

ケトルに入った方だけでなく、それを注ぐ各々のコップの中にも
色んなフルーツの果肉が詰まっているので、より味わい深くなるんでしょうね。
そして随分とシナモンを利かせてあって、飲み応えもありました☆


「elEfANTe」 はスペインバルですから、
以前の 「el willy」 だった頃のようにワインと共に料理を愉しむ のも1つのテですが、
赤でも白でも、こんなサングリアならずーっと片手に、ゆるゆる歓談していたくなります。



sDSC04947.jpg
目の前に盛られたイベリコ豚の生ハム。これがまたとっても旨みが凝縮されてまして♪


↑なんとなくそう思っただけで勘違いかもしれませんが、
「el willy」 の頃に頂いたイベリコ豚より、もっと良い塩梅になってる気がします◎



そして、なんと言っても蜜たち3名が虜になったのは・・・

sDSC04956.jpg
このサラダ☆ (chinausaさんが コチラ をご覧になってリコメンドされた品)


↑見た目だけですと、その奥に潜んだ美味しさのヒミツに気づけないかも?

グリーンリーフの群れの真ん中、トリュフがオンされているその下には、
ドーム型をしたモチモチのチーズ が隠れていまして、
これが超フレッシュな柔らかモッツァレラチーズ?のような食感で、もぉ〜たまらないの!!

しかもそれだけに終わらず、リーフと同系色なので見落としがちなんですが、
グリーン色をしたミニトマト? といった感じの、
あまりお目にかからないジューシーで甘いお野菜までインされた、驚き満載のサラダ♪



sDSC04953.jpg sDSC04957.jpg
続いて、左はタコの・・・マリネ?(名前忘れw) 右は、イカスミソースいっぱいのイカ料理(やっぱり名前忘れww)


いずれも、chinausa さんにオーダーをお任せしちゃっているもので。。。 ←言い訳
タコもイカも、それぞれの持ち味がふんだんに活かされた、手の込んだ品々でした。
1つ頬張ると口の中いっぱいに、海の恵みの香りが広がります。



さて、そろそろ〆の方へと参りましょうか。
ここはやっぱりスペインバル。パエリアを頂きたいところ!
せっかく3人おりますので、量もきっと丁度いい具合でしょうし。

・・・ということで、メニューを よく読んだ上 で、
“海鮮の パエリア ” 的な説明のある一品を chinausa さん と一緒にチョイス。


sDSC04960.jpg


・・・出てきたのは、見た目からしても海鮮の リゾット だよねコレ・・・(笑)


確かに、ここは 「el willy」 の頃から、わりと柔らかめのパエリアではありました。
が、以前はちゃんと平たいパエリア鍋で焼かれて出てきてましたよw

でも、これは明らかにリゾットでしょー。
実際に食してみても、やはり歯応えや舌触りはリゾットそのものでした。。。


とはいえ、
この リゾットそのもの がめちゃくちゃ美味しいっていう反則ワザね? (笑)


目に映る限りでも、エビや貝類がゴロゴロッと入って豪華さが伝わりますが、
口に入れれば、それ以上の、海鮮のギュギュ〜ッと凝縮された旨みでいっぱいに◎

パエリアな気分はまったく満たされないけど、
お米の芯もしっかり感じられる、リゾットとしてはかなり素晴らしい仕上がりと思います。



・・・と、ここまでは、3人ともひたすら、
白いサングリアのピッチャーをおかわりまでして飲み続けていましたが、

sDSC04964.jpg
最後は、1つ別のカクテルを頼んでみたりもして、L/O までまったり。



sDSC04950.jpg sDSC04962.jpg
「elEfANTe」 の名の通り、店内にはいくつもの愛くるしいゾウさんが、いたるところに象られて♪


食器がステキで女心をくすぐられるところも、「elEfANTe」 の楽しみの1つですよね。
お店の外観は同じでも、色んな点が、以前の 「el willy」 とはちょっと違う。
思い出して比べてみながら、今現在のこの雰囲気に酔いました。

そして蜜たち3人は、明るい気持ちのまま 「elEfANTe」 を後にして、
次なる場所へと向かうのです。。。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
elEfANTe
上海市徐匯区東湖路20号(×淮海中路)
Reservations: 021-5404-8085




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年07月25日

「Antoni」へはお早めに・・・

 
・・・お早めに、というか 蜜が早く記事にすればよかった んですが (苦笑)


元・フレンチレストラン 「La Grange」 のあった場所に、
最近(?)オープンしたのでしょうか。いつの間にか新しいお店ができていまして。


sDSC04690.jpg
地中海料理レストラン 「Antoni」 (巨鹿路794号×富民路)


↑ここに何故、お早めに! かというと・・・

7/28 までの期間
金・土以外は、ビールとカクテル・グラスワインの一部が 买一送一
金・土にも何か飲み物系でサービスがある
(と言っていたが複雑でヒアリングしきれなかったw)

ということで、かなりお得に飲めますので、
今週いっぱいのうちに、夜は 「Antoni」 へお試しに出かけてみるのがオススメ☆


* * * * * *


そういう蜜は、早くも7月の2週目には、
(前記事にも書いた通り) 「Bar SiS」 で運命的に出会った きなちゃん と、
さっそく一緒にお出かけした際に、偶然見つけた 「Antoni」 へ入店した… と。

※ 偶然そこへ行き着くことになった詳しい経緯は、きなちゃんの記事 をご参照下さいませ(笑)


巨鹿路を歩くと目につく、とっても感じのいい小ぢんまりした2階テラス席が、
このお店に飛び込みでも入ってみたい♪ と強く惹かれた理由。

これがそのテラス↓↓

sDSC04663.jpg
ちょっと蒸し暑い夜だったけど、それも悪くよねって思わせちゃうステキさが◎


sDSC04686.jpg sDSC04667.jpg
ちなみに、1階は写真左のようなカウンターとテーブル席、2階の室内は右写真のようにシックな雰囲気。


メニューを見せてもらうと・・・
確かに地中海レストランということで、スペイン風のお料理が並んでおります。

若干残念だったのは、レパートリーがそれほど多くはないこと。
それから、炭水化物のメニューがほとんど無いこと!

本当に、パンを頼む以外にないんですよ・・・(笑)
唯一、パエリアはあったのですが、前日予約が必要らしく量も多いみたい。
あとはパスタもリゾットもございません。
これでは、男性は少し物足りないかもしれませんよね。

ま、蜜たち女性2人なら、飲んで飲んでチマチマつまむ方が大好きなので没問題〜w


sDSC04670.jpg
↑こちらは、オーダーしたものではなく最初から付いてる(お通し的な?)セットみたいなもの。

sDSC04675.jpg sDSC04680.jpg
(スペイン料理の定番)エビのニンニク炒めと、 豚肉をベーコンで巻いたガッツリなメイン料理を☆


パンのおかわりはしました (28元くらい) が、
これだけあれば、ゆっくりまったり語り飲みしちゃう女性同士なら十分な量◎
お料理の味は、どれもなかなか良かったですよ〜。



sDSC04668.jpg sDSC04685.jpg
なにより、アルコールの大部分の類が买一送一キャンペーン中だったのは大きい♪

なにせ、1杯飲んだらもう1杯ついてきますからね。
それなりに飲みましたよー。瓶もグラスも結構〜重ねましたよーー。
写真にはありませんが、ラズベリー入りジントニック(だっけ?)が2人のお気に入り。

あと、きなちゃんは、 ドリア…じゃなくてw サングリアにハマッた ご様子。
うん、やっぱスペイン料理の〆はコレかもね。


あらかじめ狙ってたお店が期待通りなのも嬉しいけれど、
インスピレーションに従ってフラッと入ってみた所が穴場だと、喜びも倍増!!


上海4年目の夏のはじまり。
・・・そして、今、というこのタイミング。
そんな時に、不意に出会ってしまった気の置けないオンナトモダチと、
心ゆくまで語って飲めたこの夜と 「Antoni」 を、蜜はいつまでも忘れないでしょう。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Antoni■
上海市静安区巨鹿路794号(×富民路)
Reservations: 021-5204-9879




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年06月20日

「TABLE No.1」からまた始めよう。

 
・・・またまた、少しの間ブログを更新できずにおりましたが、戻ってまいりました。
(お気遣いや励ましのメッセージ等を下さった方々、本当にありがとうございます!)


さて。
久々の記事は、どのネタから始めようかな〜と思案したところ、

毎年 6/15 の個人的な記念日に、
その時気になる小洒落たディナー (笑) へ行ってるんですが、
そのご紹介から再開してみようかしら、と。


※ ちなみに、
  2010/6/15 は、新天地 「T8」 ← 蜜的にはココは失敗…
  2011/6/15 は、南外灘 「Hotel Indigo : char Restaurant / Bar & Grill」 でした。



今年、2012/6/15 は・・・


sDSC04493.jpg
南外灘のさらに南、老码頭エリアに佇むレストラン 「TABLE No.1」 (毛家園路1-3号×中山南路)へ。


TableNo.1_ent.jpg
英国人スターシェフ、Jason Athertonさんのプロデュースなんだとか。


コンクリートがむき出しの、倉庫のような建物だと聞いて向かいましたが、
そこまで荒々しい感じではなく、むしろさすがスタイリッシュ!といった外観でした。

そもそもが、デザイナーズ系ホテル1階のレストランという位置づけなので、

sDSC04522.jpg
「TABLE No.1」 の入口ドアを開けると、正面はこんな ホテル ロビー。


入って左が、レストランスペース。

sDSC04496.jpg
全体的にウッディな印象の、華美すぎないシックで落ち着いた感じが、とても安らげます。


sDSC04500.jpg
偶然ですが、窓際の席! これはラッキー☆


メニューは、創作フレンチ系? と言ったところでしょうか。
『ほぼ地元の食材を使用している』 というのがウリの1つだそうですよ。


TableNo.1_menu.jpg
↑こちらのコースは、アラカルトから何品かを集めた構成。 ※画像クリックすると、別窓で拡大表示します。


食べたいメニューが結構含まれていたので、2名用である↑上記コースをオーダー。
それともう1品、どうしても食べたい!と思ってしまった、
TERRINE OF HAM HOCK (78元) を別途追加w



それでは早速、コース開始。

sDSC04501.jpg sDSC04503.jpg
まずはスナック(野菜チップ&オリーブ)とブレッド。各々に添えられた色んなディップが嬉しい♪


今回はコースなのであまり関係なかったですが、同店ではパンが別料金になります。
お好きな方にはちょっと残念な点かもしれませんね。
それはさておき、付け合わせのミニパテとバジルペーストにワインが進み、蜜は上機嫌(笑)


sIMG_1410.jpg sIMG_1411.jpg
続いて、前菜のハマチとエビのマリネ。 それから、メイン1種目:ホタテとチキンのロースト、リゾット添え。


写真左のお魚が、また白の起泡酒に合うんですよね〜♪ ←さっきからそればっかりw
写真右の緑色の粒々、それがリゾットなんですよ。濃いお豆みたいな不思議な味わい。



そして、来ました! 蜜的に、今夜一番のメインディッシュ!!

sDSC04506.jpg
TERRINE OF HAM HOCK。


もう、テーブルにサーブされた瞬間、目が釘付けになってしまうほどの大好物。
パテ・ド・カンパーニュ(テリーヌ) ⇒ この時 も食べてます。
みっちりと固められたお肉が、口の中でホロホロとほぐれて旨味を醸し出す至福・・・。
別途オーダーした甲斐のある満足度でした◎



sDSC04512.jpg sDSC04513.jpg
こちらは、コース内のメイン2種目:
ソースがなかなか美味なサーロインステーキに、ボリューミーなマッシュポテト。



↑このステーキが、どこか和風にも感じる後味なのは、巻かれた長葱(?)の効果?
おかげで、コースの後半になっても割とサッパリ頂ける、日本人にも優しい口当たり。
それに相反して、マッシュポテトの重厚感たるや。。。
けれど、これがまたしっかり美味しいものだから、最後までスプーンを繰る手は止まらず。


もう、パンのおかわりしなくて正解〜と思えるほど、お腹はいっぱい。


・・・と、そこにすかさず、

sDSC04517.jpg sDSC04518.jpg
食後のデザートが来るわけですね(笑) ヨーグルトゼリーのラズベリーがけと、ホットチョコレートケーキ&アイス。


写真左は、ホントお口直し的な軽さで、程好い酸味が良いアクセントに。
チョコレートケーキの方も、楊梅の実とソースのおかげもあってか、くどくない甘さ。
でも、ちゃんとチョコの濃厚さは堪能できる、バランスの素敵なスイーツでした。


sDSC04519.jpg sDSC04515.jpg
そして最後に、ちょこんと出される可愛らしいオマケと共に、今宵のスパークリングワインを空けきる…。



* * * * * *



ホテル 1階の 「TABLE No.1」 で、十分に胃が満たされた後は、
ちょっと場所を変えまして。


sDSC04524.jpg
同じく1階の、入口ドア右手側にも、バーカウンターは見えるのですが・・・

せっかくなので、もうちょっと奥へ。

sDSC04525.jpg sDSC04528.jpg
中庭を横目に、1階突き当たりのエレベーターに乗って、3階(客室フロア)まで上がってみると、

sDSC04532.jpg
4階ルーフトップへと繋がる階段がありまして・・・・・・



sDSC04533.jpg


sDSC04537.jpg



なかなか広々と気持ちのいいオープンエアのバースペース に辿り着けます♪



sDSC04538.jpg
すぐ横は、老码頭エリアで輝くネオン。


sDSC04541.jpg
向かいには、ゆるやかに流れる黄浦江と、川沿いに並び建つマンション群の灯り。


sDSC04542.jpg
そして、陸家嘴エリアにそびえる高層ビルと東方明珠塔の煌めきまでもが、きちんと目に届きます。



上海に移り住んで、もう間もなく、丸3年の時が過ぎようとしていて。
去年のこの夜 も、似たように南外灘の辺りでディナーを愉しんだのだけれど、
その心持ちは随分と異なったものになってしまった。

1年目、2年目、3年目・・・ みんな、違う。
未来なんて勿論わからないまま、良くも悪くも、それだけ幾つも移ろってきた。

けれど、ずっと変わっていないことが、本当はすぐ傍にちゃんと1つあって、
だから毎年この日を祝う。その温かい事実には、素直に感謝を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
TABLE No.1
上海市黄浦区毛家園路1-3号(×中山南路)
The Waterhouse at South Bund 1階
Reservations: 021-6080-2918




↓これからまた更新していきますので、クリックでの応援が励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年05月29日

風を感じて「BISTRO BURGER」

 
またまた、テラス de ゴハンした夜のお話。

なにせこの季節ですからね〜。今のうちにたくさん楽しんでおかないと♪


sDSC04246.jpg sDSC04245.jpg
というわけで、富民路×长乐路 「BISTRO BURGER」 へ。


なぜ↑このお店かというと、
つい先日、蜜の所属するゴルフ練習サークル(上海百切隊)の友人から、
「ここのハンバーガーめちゃ美味よ! 特にパテが」 とススメられたもので、早速。


到着すると、なんと入口の前にテラス席 (4つくらいですが…) もあるじゃない〜。

sDSC04248.jpg sDSC04249.jpg
偶然空いていたので、もちろん外で。 あの 白熊ビール を見つけて、喜んで乾杯☆


メニューを見るとバーガーの種類は豊富にあり、トッピングもできるようになってます。
まずは初めてということで、蜜は一番シンプルなオリジナルバーガー(65元)をチョイス。
これにはチーズが含まれていないので、チェダーを追加(10元)。


sDSC04254.jpg
来ましたよ〜。予想していたより、盛り付け具合などもそれほどボリューミーではないのね。


おもむろに、一口。
持ち上げると、肉厚パテからポタポタと肉汁が垂れてきます・・・

・・・うん、 正統派かつ繊細。

口当たり、後味、かなりあっさりです。
最も基本のスタイルを選んだせいもあるでしょうけど、全然ごてっとした重さがない。
その分、美味しいと聞いていたパテ本体の確かな旨味がさらに引き立っているように感じます。


たとえば、銅仁路の 「MALONE'S」 はもう少し豪快かつ大味ですし、
復興西路の 「Boxing Cat Brewery」 は、バターの風味が際立つコッテリ系です。
いずれのお店の特徴とも、それぞれに良さがありますけれど。

おかげで、「BISTRO BURGER」 のバーガーは、
全然お腹に溜まりすぎず、途中で飽きることもなくペロッといけちゃいました☆
これは日本人にも好まれるのも納得。



そうそう、

sDSC04250.jpg
平日PM6〜8:00には、嬉しいハッピーアワーなんかもあるみたい♪

↑これ、お仕事帰りでもあんまりムリのない時間帯と言えますよね? 良心的〜。
次回はそこを狙って、カクテルと共にバーガーを頂こうっと。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■BISTRO BURGER■
上海市徐匯区富民路291号1F 4A室(×长乐路)
Reservations: 021-6170-1315




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年05月20日

「M on the Bund」青空ランチでリフレッシュ。

 
午前中にちょっと大きな用事を終えて、なんかすっかり脱力モード。。。
午後は特に予定も無く、の〜んびりできる時間もあるから、
たまにはフラッと外灘にでも足を延ばして、広い景色を見ながらランチとかしようかな?


まさに、そんな気分の週末に、行ってみることにしました。

sDSC03979.jpg
外灘5号(広東路20号)の7F 「M on the Bund」。


・・・本当はですね、
6F 「The Glomour Bar」 での週末ランチ の記事をこちら で読んで以来、
ホットサンドを求めて約1年、ずーっとタイミングを狙ってたんです。が、毎度やってない…。

この日も、まずは6Fに押しかけてみましたが、やっぱりクローズでした(泣)
6Fランチはきっと不定期開催なんですね。。。
と諦めて、案内されるがまま大人しく7F 「M on the Bund」 に入り、テラス席を希望。


sDSC03984.jpg
オープンエアなスペースに足を踏み入れれば、早くも気分は切り替わってテンション上がる蜜!(笑)


s130479432.jpg
さらに、ランチコースには食前カクテルが1杯付いてくるとあって、益々ゴキゲン♪


↑ま、付いてなくてもどうせアルコール頼んじゃいますけどね〜。
やっぱりこの後に足らなくてビール追加しちゃったしw
因みにランチはコースのみでアラカルトはなく、数ある前菜とメインを各々1品ずつ選択。


sDSC03994.jpg
蜜は前菜に、迷わずパテ・ド・カンパーニュを。最高☆ (最近マイブームが再燃中…)

sDSC03989.jpg sDSC03997.jpg
パンもハーブを効かせたものがあり、美味しい〜。 メインはお肉の色々盛り合わせ、ボリューミー!


200元を越えてしまうランチコースですが、これだけ充実していれば満足度も高いです。

sDSC03986.jpg
なにせ、この景観を存分に眺めながらの優雅なひと時ですからね・・・。たまにはいいかなって。


食事の後は、コーヒー/紅茶がサーブされます。

sDSC03998.jpg
あ、このティーカップ↑ 6F 「The Glomour Bar」 のと同じもの だ♪


午前中の疲れも一気に落ち着くような、とてもリラックスできた昼下がりでした。
いいお天気の中、テラスで外灘の風を体いっぱいに受けたのも良かったんでしょうね…。
こういう気分転換って、やっぱり大切。時には青空ランチも必要ね。


sDSC04001.jpg
つい長居しすぎて、帰る頃には日も陰り始め…。 すっかりリフレッシュできた週末の午後に感謝。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■M on the Bund■
上海市黄浦区中山東一路外灘5号(広東路20号) 7F
Reservations: 021-6350-9988




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年05月19日

先入観より感動ピザ「Meraviglia」

 
古北二期の遊歩道沿い、というちょっと意外(?)なロケーションに、
本格ピザを楽しめるお店があるらしい・・・ と耳にして、ずっと気になっていた蜜。


ssDSC02860.jpg
それが↑ココ。黄金城道721-723号(×銀珠路)の 「Meraviglia」 。


なんか外観が。。。
そして、小ぢんまりと簡素な店内へ足を踏み入れてみても、
やはり見た目の印象が、そんなちゃんとしたピッツェリアには思えない カフェ風…w


しかし、

ssDSC02854.jpg
まずはビールでも飲みながら、何気なくメニューを開いてみると、、、


なんと、サラダすらおぼつかないほど、ピザピザピザピザ!のオンパレード。
パスタなんか勿論ありませんけど何か? くらいの自信ありげなピザ専門店っぷり☆


そう来るなら、こちらも期待して臨みましょー?
ってことで白ワインも追加しながら、オーダーした2種のピザの焼き上がりを待ちます。



ssDSC02857.jpg ssDSC02859.jpg

ホントに本格石釜ピザ が来たよ・・・ (笑)


いやぁ、御見それしましたと申しましょうか。
素朴な甘みと香ばしさを十分に味わえる生地は、パリパリッとクリスピー。
蜜好みのローマスタイルといえど、薄さの中にもモチモチ感が生かされてる◎


なにより、

ssDSC02855.jpg
Pizza Bianca まできちんと揃っている、というのが嬉しいでしょ♪


ピザの赤と白。まったく持ち味が異なる2枚だから、
大きめサイズがテーブルいっぱいに並んでも、余裕でペロリとイケちゃいます。

上に乗せられた具も、どちらも程好い塩気やアクセントが効いていて、
ワインを片手にあっという間に無くなってしまう・・・


・・・とね。
やっぱりそこはあまりに簡素な軽食レストランっぽい雰囲気なせいか、
食べ終わったら、あとは飲みながら長居しよ〜って気にもあんまりなれないという。。。
お腹一杯になったし、さぁもう出る? 的な(笑)
別に追い立てられるわけじゃないけどw


2軒目にバーなどでゆっくり過ごす前哨戦としては、これ以上なく良いと思う。
美酒に酔うその前に、古北二期の遊歩道で本格ピザでも… というのは、いかがですか?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Meraviglia■
上海市長寧区黄金城道721-723号(×銀珠路)
Reservations: 021-6270-7822




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年11月22日

[「DOLCE VITA」] OLYMPUS PEN E-P3 と散歩 <18>

 
sPA222547.jpg



OLYMPUS PEN E-P3 を片手に上海の風景を切り取るシリーズ記事 も、18幕目に・・・
長くなってきてしまったなぁ。
しかし、ここからは季節が移ろって、秋。10月下旬〜11月初頭までの記録。



sPA222543.jpg
イタリアン食べに来たので。ここは MORETTI で乾杯♪



もう1ヶ月ほど前の出来事ですが、この日は、
秋も半ばだというのに、昼間は半袖どころかキャミ1枚(!)でも汗ばむほどの陽気でした。

そんな生暖かい夜なら、当然、テラス席で飲みたくなりますよね〜
しかも、なんか薄くてパリパリのピザでもサクサクッと食べて、ワインを流し込みたい気分!w
↑つまり、超ゴキゲンで楽しいテンションだってことなんですが…


そういう欲求の時、真っ先に思いつくのが、
なにげにこのレストラン → 富民路×長楽路 「DOLCE VITA」


結果的には、
急に行くと決めたので、予約の時点でもうすでにオープンテラスは満席(泣)でしたが、


sPA222552.jpg


上海に美味しいイタリアンはいくつもある けれど、
いわゆるミラノピッツァ系で、その中でも一番パリパリッのクリスピーなもの
を食べたい気分の時は、迷わず 「DOLCE VITA」 をチョイス☆

こんなに蜜好みピザが味わえるって、1年前のこの時再確認しちゃいましたしねー・・・。



sPA222550.jpg
メインのグリルも、

前菜のサラダ (牛肉のカルパッチョでした) も、
そもそも最初にサーブされるパンの付け合わせ・パテのような食感のディップも、
取り立てて言うほどでもないですが、いずれもソツなく美味しい◎ ですし、


sPA222545.jpg
こちら、シチリアの白ワインは・・・

やや若めの味も、明るく前向きなものに感じられ、
パリッパリの薄生地アンチョビピザの小気味よい塩加減との相性は抜群♪



「DOLCE VITA」 = 甘い生活。



なんとなく、これまでのいくつかの幸せな思い出が詰まったレストランで、
こうしてまた新たに、甘く楽しい乾杯の記憶を重ねられる悦び・・・

一緒に刻んでゆく、このひと時が、どれだけ蜜にとって貴いか。

そんな胸いっぱいの愉悦感とアルコールで、ほろ酔いになりながら笑顔で迎えた、
再び “DOLCE VITA” な日々の幕開け。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■DOLCE VITA■
上海市富民路291号2楼(×長楽路)
Reservations: 021-6170-1318




↓まだまだ続くこんなシリーズですが、応援クリック下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
# 記事中の写真はすべて、OLYMPUS PEN E-P3 にて撮影したものを、縮小以外の加工を一切せずに掲載。
 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。