株主

2013年10月27日

不慣れなランチ「BURDIGALA」で自らのミスを呪う

 
先日、 夜光虫が珍しく昼間に活動して、
「Bébémamie」 のバザーに潜入し陽の光を浴びて、買い物を楽しんだ後。


「どこかランチに連れてってほしい!」
という蜜の願いを、がんもちゃんが叶えてくれてステキなお店を選んでもらいました♪


sDSC00065.jpg
「BURDIGALA」 (武定路550号 101室)


「BURDIGALA」 へは以前、夜の一杯を求めて訪問した ことがありますが、
ワインバーとしての印象が強くて、まさかランチの時間から開いているなんて驚き!
しかも通し営業なんですよ〜。これは使い勝手がいい。



入店するやいなや、

sbu_beer.jpg
席に座ると、メニュー見る前から 「ビール!!」 とオーダーする蜜・・・

・・・に、がんもちゃん & おさきちゃん 失笑ぎみww
それでもこの2人はオトナで優しいので、見て見ぬフリをしてくれます。
それをいいことに、何杯もおかわりする蜜(苦笑)



14時までのランチタイムに行けば、ランチセットメニューがあって、
メインのみ、もしくは前菜 + メイン or メイン + デザートなどが選べます。
いずれも100元以内で、ソフトドリンク付き。


蜜は、前菜 + メインのセットにすることにして、
前菜(Starter)としてサラダかスープをチョイスできたので、

sDSC00054.jpg
カリフラワーとベーコンのスープを選択。これ美味しい♪


・・・と、ここまでは良かった。
大正解だった。

ランチにはパンが付く、というので、
これまた香ばしいバゲットにバターを伸ばして舌鼓を打っていた。

ビールを飲みながらおしゃべりして、
メインに選んだ “ Beef Tartare ” なるものが届くのを待って。



すると、

sbu_meet.jpg
店員さんが、ふと蜜の目の前に ↑ こんな 生肉盛り を差し出した。


“Beef Tartare” なるお料理が如何なるものを指すのか、
この時まで全く知らなかった蜜
は、

(これから焼くのであろう挽肉をわざわざ見せてくれるなんて、
 肉質にこだわりとかあるお店なんだな)

と解釈した。本気で。



けれど、店員さんが、
「スパイシーなのが好きか?」 的なことを訊いてくるので、
辛いのがいい・・・ と答えるやいなや、


sDSC00055.jpg
目の前でマスタードドレッシングを作って、 生肉とかき混ぜ始めた!


店員の、その行動を訝しむ我ら3人。。。

焼くんだよね? この後にソレ焼いてくれるんだよね??
という必死な願いも届かず、



sbu_meet1.jpg

混ぜ生肉、ドーーーン!!



・・・・・・。


・・・このブログを書くにあたり、
自らがオーダーした “Beef Tartare” なるものをググってみて
初めて分かったのです。


「BURDIGALA」 に罪はない。

すべては、己の無知によるミスであった…
 と。




タルタルステーキというメニューは、

『 生の牛肉または馬肉を、粗いみじん切りにし、
  オリーブオイル・食塩・コショウで味付けし、タマネギ・ニンニク・ケッパー・
  ピクルスのみじん切りなどの薬味と卵黄を添えた料理。
  全体を均一になるように混ぜて食べる。 』
  ( by. Wikipedia

のだそうで。。。
「BURDIGALA」 のそれは、 このレシピを非常に忠実に再現 していました。



でも、ペディ○リーチャムにしか見えない・・・  ← ゴメンナサイ!



も、もう、こうなったらね、

sDSC00058.jpg
ワインでも飲まなきゃやってらんないわよねー! ってことで(笑)


自らの無知ゆえに、図らずも大量の生肉を食さなければならなくなった
わけですが、これはこれで始めの一口・二口くらいまでは美味。

お味自体は決して悪くない。
ワインのおつまみに、ちょっと添えられていたとしたら大いにアリだ。
でも、

こんなに大きなお皿一杯の生肉を平らげるのはキツイよ、ママン (涙)



sDSC00057.jpg
付け合わせのサラダとポテトが、唯一の救われる味w



・・・まぁ、こんなミスチョイスも、
友達3人で一緒にランチしていれば単なる笑い話になるから、いいよね♪
1人だったら絶対凹むわー。


そしてそして、
ランチタイム過ぎても通し営業なのをいいことに、
飲み物をおかわりしながら、ずーっとおしゃべりに花を咲かせていましたら☆



sIMG_5053.jpg
突然、 キティちゃんがボンッ 黒ハート と。。。


何かと思ったら、
この日のために、がんもちゃん & おさきちゃんきなちゃん (今回はあえなく欠席) が、
蜜の誕生日プレゼントを用意してくれてたそうで!!



sIMG_5052.jpg
お風呂上がりに丁度いい、キュートなルームウェアと♪


sIMG_5024.jpg
ローズの麗しい香りで心も華やぐハンドクリーム♪♪


という、
オンナ度上がりそうな素敵アイテム 黒ハート を頂いてしまいましたっ。

いやーん。本当にどうもありがとう!!  pandaani55.gif
めっちゃ嬉しかったよぅ。
大事に使います。


sIMG_5059.jpg
がんもちゃんの手つきが、何故に 『にんじゃりばんばん』 風なのかは不明だけど…ww



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Burdigala Bordeaux Wine Bar■
上海市静安区武定路550号 101室(×陝西北路)
Reservations: 021-6217-0377




↓上海ブログランキングに参加しています。 応援の1クリック すごく励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
おめでとうのキス(笑) まで頂きました☆ わーい★
 



この記事へのコメント
にんじゃりばんばん(笑)

いやいや、あの生肉ドーンの衝撃たるや!
ほんと一人ランチであの状況だったら
後悔と孤独におしつぶされちゃうよねー。
ある意味、私の上海ベストランチのうちのひとつになるわっ

お風呂上がりのネグリジェ
個人的に着画待ってます☆
Posted by がんも at 2013年10月28日 01:14
こんにちわ。楽しく拝見しています。
このタルタルステーキの話、昔「ミスター・ビーン」で同じようなコントがありましたね。
ビーン氏が入ったレストランで、メニューの内容が分からないままオーダーして、四苦八苦するというお話です。w
日本では見たこと無かったんですが、上海でも食べられるという事は、向こうでは一般的なメニューなんですねぇ。
Posted by JB。 at 2013年10月28日 07:06
 
折角くれたコメントのお返しが遅くなってごめんねー!(汗)

っていうか、この節は本当にどうもありがとう♪
生肉の衝撃も、みんなで受け止めてくれたから笑けたわっ。そうでなければ、やさぐれてたわっw

着画ーーー!!!(笑)
えっと…恥ずかしいので…それはこっそりLINEで送るね。
今月遊びに行く予定のインドネシアでデビューさせようと楽しみにしております。ムフフ☆
Posted by >がんもちゃんへ。蜜 at 2013年11月01日 16:09
 
いつもご愛読頂き、本当に感謝しております。
せっかくコメント下さったのに、お返しが遅くなって申し訳ありません。

ま、まさか『ミスター・ビーン』のコントを地でやることになろうとはっ!(笑)
そんなシーンがあるのですね。
食べ物の名前が読めなかったり、知らないと想像が先行して、
全然違うものにありついたりして面白いですよねw
ある意味、最初の頃は中国語の食べ物名すらマトモに読めなくて、
写真もないメニューだと選ぶのに四苦八苦した記憶があります。
今となっては、なんか懐かしいです〜。
Posted by >JB。さんへ。蜜 at 2013年11月01日 16:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。