株主

2013年10月18日

ドロッと濃い目がお好き♪  …つけ麺「家康」の話ね。

 

bIMG_4942.jpg

まず、その盛り付けの美しさが食欲を誘うつけ麺。



昨今の上海、ラーメンにおいては、
なかなかの出来栄えを楽しませて下さるお店が一気に増えてまいりましたが、
こと、つけ麺となると・・・
それを 看板メニューとして 打ち出してくる所はまだまだ少ないのが現状。


これまで、主だったものは 「大勝軒(たいしょうけん)(仙霞路460号A) くらい?
個人的には 「麺屋 毘沙門天」 のつけ麺 も好みだったけど、
あくまでラーメン屋さんの副メニューだしなぁ…




そんな中、今年の9月はじめ(?)にオープンした、こちらの・・・

sDSC09778.jpg

「つけ麺屋 家康」 (兴义路48号-4 新世纪广场 1F)


かなり評判いいですよね〜♪


巷から聞こえてくる好評の他に、
つけ麺にはちょっと好みウルサイ風を装っている ますかけ氏の感想 を読むと、
「美味しいけど、ちょっとドロドロ感・濃さ・辛味・絡みがイマイチ」 とありますが・・・

はたまた、ご友人でいらっしゃる 大将さんのブログ記事 では、
これに対し、 「十分にドロドロで濃厚かと」 と。。。



ほう、これは面白い。



ラーメン・つけ麺の類は、とかく個人の嗜好が強く印象を左右しますからね。
どちらの感想が正しいというのはありませんが、
蜜自身にとっては、どのような味わいと感じることができるのか?


ワクワクしながら 「家康」 の入口ドアを開け、1人席に座ります。


sDSC09785.jpg
女性おひとりさま でも全然気にならないシートのご用意がちゃんとあるのは嬉しい☆


・・・え?
↑ つけ麺屋おひとりさま (女性) でもかまわないのは蜜の方だけで、
男性グループ客の目線からご覧になったら、やっぱりちょっと異端なのでしょうか??

ジロジロ視線を感じたような気もするけど… 思い過ごしよね、きっとw



sDSC09781.jpg
席に着いたらまず、こんな小さなドリンクがサービスで振舞われました。


・・・グラッパ? 黒ハート


なわけあるかーい(笑)
イタリアンレストランでもないのだから。
何かと思って口に含んだら、甘くてノンアルコールでした。
「家康」 の隣には台湾スイーツのお店が併設されており、どうやらそちらの試飲みたい。



sDSC09790.jpg sDSC09784.jpg
可もなく不可もないお味の鶏の唐揚げをおつまみに、ハイボールを傾けながら・・・


sDSC09782.jpg sDSC09783.jpg
つけ麺は、ど・れ・に・し・よ・う・か・な〜? みたいな。 種類も多くて、しかもラーメンまである。


つけ麺のバリエーション、なかなか豊富です!
写真ではあえてお値段を伏せましたが、いずれも45〜48元ほど。  ※ 2013年9月時点


・・・どれも美味しそうで、悩む。
悩むけど、やっぱり初来店ならオーソドックスな基本路線を試してみたく、


sDSC09786.jpg

『 辛味噌つけ麺 全部のせ 』 をチョイス。


黒い器に彩りも美しく盛り付けられた太麺は、
簀の子が敷かれて少ーしだけ上げ底になっているので、女性には嬉しい分量。
(男性だとちょっと物足りないのかな? であれば大盛りをどうぞ♪)


では早速、お箸で麺をすくって、つけ汁に浸けて・・・
いただきまーす☆



sDSC09791.jpg

・・・ ドロッと濃い味のスープ が、

めっちゃ 麺によく絡む んですけどww




確かにね、ドロドロか? って言われたら、 「ドロ」 ぐらいだとは思う(笑)

けれども、豚骨・鶏・魚介のトリプル素材による、
なっかなか濃厚なお出汁と塩気の効いた辛味噌スープ ゆえ、
これ以上の粘着性があったらちょっと食べにくい、と敬遠されるお客様も出るかも…。


1つ1つの特徴は抜きん出て目立ち過ぎるものはなくとも、
辛味、ドロッと感、濃さ等がそれぞれ合わさった総合的な印象が、ガツンと力強い!!
十分に主張性もありながら、くどいこともなく・・・
バランスの取れた逸品かと◎



bieyasu_29.jpg
それから、特筆すべきはチャーシューかしら。


↑ すっごく分厚くスライスされたチャーシューで、食べ応え満点☆
それほど脂っこい仕上がりではないので、
つけ麺の味の濃さに少し飽きてきた頃に箸休めとして頂くのもアリな食べ方ですよ。




さて、麺を全てたいらげた後には・・・
いやいや、残ったスープを割っちゃうのは、ちょっと待って!


sieyasu_ball.jpg
おこげボール なる、最後のオタノシミが残っているのですよ♪


このおこげボール自体に、あらかじめカレー味みたいな味付けも施してあるので、
実はそのまま口に入れても美味しいのですがw


お店のオススメとしては、

sDSC09793.jpg
このように、つけ汁によく砕いて溶いて、スプーンで食すという変わり種。



ここまでたどり着くと、お椀の中のスープは ある意味ドロドロ (笑)

全部食べきった頃には、一貫した味の濃さにだいぶ舌も痺れてきて、
残りのスープを割らずに飲むのはやめました。。。


普段あまり (おつゆもお酒も♪) 割って薄めることを良しとしないクチなのですが、
この時ばかりは、最後にサラッと〆たくなったのね。自然と。


蜜にとっては、それくらい ドロッと濃厚 でした、ということで。
でも、これくらいのパンチ、大好きです 黒ハート




↓ 自らタイトルつけといて、何故だかこういう口元が連想され・・・(笑)
↓ 「リーガルハイ2」 小雪さんの1シーンから拝借!

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑上海ブログランキングに参加しています。 応援の1クリック すごく励みになってます♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■つけ麺屋 家康■
上海市长宁区兴义路48号-4 新世纪广场 1F(×娄山关路)
Reservations: 021-5489-5411 / 156-1870-7894

 





この記事へのコメント
ども〜。
値段を隠すってどういう考えでの行為なのですか?店側も公開されたくないものでもないだろうし(そういう店も一部あるだろうけど…)、ブログ読んでる人は金額を知りたい人も多いのではないかなと思いました。

ここ、ごっちゃんのところで働いていた元スタッフさんが出したお店のようですね。
Posted by ぽんぽこ at 2013年10月19日 22:24
 
コメントありがとうございます。
お返しが遅くなってしまい、ごめんなさい。

いえいえ、それが・・・
このお店のことではありませんが、
「メニューを写してお値段を出すのを控えて頂きたい」
(自分の食べたもの等の値段を一部載せるのは構わないが全体を公表するのは支障がある)
と、お店側から直接ご指摘いただいたことが、これまで何回かあったのです。。。

そういうお店も一部あるのは事実で、
蜜自身も毎度各お店に確認を取っているわけではございませんので、
掲載ごとに注意を払うようにしております。
(和食のお店は特に)

・・・お店側にも、きっと色々と事情があるのでしょうw

読まれる方が金額をお知りになりたい気持ちも分かりますので、
○元くらいだったと補足を入れる場合もあります。分かる範囲で。

「家康」、そうそう!
蜜も、ごっちゃんさんのつぶやきから、同店の存在を知りました。いい店です。
Posted by >ぽんぽこさんへ。蜜 at 2013年10月22日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。