株主

2013年09月08日

・・・そして誰もいなくなった。  ※閲覧やや注意

 
昨日は(も?)夕方から飲んでいて、
その後、友達の家で朝まで語ら・・・ いや、ひたすら見ていました。

ついに、禁断の扉を開けてしまったのです。
え、何のって?



『 半沢直樹 』 という、底無し痛快エンターテインメントの♪ (笑)
ミッチー萌えw



いえね、そりゃあ、とっくにあれだけブームですし、
周りの人たちからも口々に、面白いよと勧められてきてましたよ、これまでも。
ハマるの、遅いくらいだとは重々承知。

でも、何故かなかなか見始めるきっかけがなかったので、
んじゃ放送終了したら一気見しよう!
と企んでいたところに・・・ 友人宅の PC で流されているという不意打ち!!


(この蜜が) 飲むのも忘れて見入ってしまったw


もう〜結局そのまま、これまでの7話分を、一挙にガン見ですよ。
え? だから今さらソレが何なのかって?



ブログ更新できなかった正当な理由ですよぉ 黒ハート




†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†




…失礼しました。 ここからはちゃんとマトモに書きます(笑)


さて、
前記事 彼女はなぜ花市場「曹家渡花市」へと急いだか? の、続き。
結論からいうと、哀れな末路に至るまでの顛末・・・ です。



わざわざ花市場まで出向き、

sDSC08872.jpg
これまでのものより一回り大きく、手頃な鉢と。

sDSC08874.jpg
店員のおばちゃんにキチンと指導されて買った 肥料(栄養土)。


↑ ココ重要。
蜜は、特に動植物に関しての知識はほっっっとんど無いため、
ありのままを話し、おばちゃんの指示通りの土を買いました(2元だか4元だかくらい)。



さぁ、パキラ植え替え大作戦、遂行!



ss201305a_mu.jpg  【Before】 元々の小さい鉢

     

sIMG_3832.jpg  【After】 やや大きめの鉢



・・・ね、 ちょっとイイ感じな気がしません?♪

見た目にも、心なしかパキラちゃんも伸び伸びしたような?
(あくまで人間側の勝手な主観)



shua_comment2.jpg
けれど、コメントでアドバイス頂いたように、皆様これで成功しているようですし☆


かなり自信と期待を持って、
パキラがまた昔のように元気に蘇り、重そうなくらいの葉を茂らす様を想像しました。



目に焼きついている ありし日の雄姿 を思い起こしながら。


あまりにも精神的に苦しい日々を泳いできた去年の夏・・・
その名にかけて、ささやかな願いを込め大事に育ててきた “幸福樹” を、
このまま枯らしてしまいたくはない一心で。




■ 植え替えから1〜2週間ほど経過 ■


sDSC08992.jpg


・・・。


目を疑った。


・・・・・・ なんか、微妙に もっと枯れてきた? ような。。。


現実を認めたくない気持ちが大きすぎて、
目の前の奇怪な実像を、いまいち上手く捉えられずにいるのですが。


いや、だってでも、そんなはずはないでしょー!
だって、ちゃんと植え替えたもん!!
鉢も大きく、肥料も入れて。
何も悪い点など思い当たらない。これは何かの間違いだ…




→ そうだっ☆
一度、弱ったものが淘汰されて、新しく生えてくるんじゃない?♪




植物の生態に無知ゆえ、
一体なんの根拠をもってこのような考えに至ったかは不明ですが、
希望だけは捨ててはいけないと思ったのだ。

ただ必死だった。
それだけのことなのだ。


(つっても、何もできることはないw
 ひたすら根腐りしない程度に、お水をあげて眺めるくらいしか。 歯がゆい…)




■ 植え替えから3週間ほど経過 ■


sDSC08999.jpg


・・・・・・・・・。



・・・さすがにね、これは、小学生でも分かる。
これはね、


枯れた  っていうんだよね?



もう 死亡フラグ 立ってるよね・・・? (泣)




sDSC08997.jpg
でもでもっ! ココ ↑ に 一縷の望みがぁー!! (涙)


ここからまた再生してくれるのかもしれないっ☆
この、今は指先の大きさほどでしかない、かわいらしい5枚葉が愛しくて仕方なかった。
芽吹いた若い緑が、蜜の心に最後の明かりを残してくれた。

それは風前の灯火だった・・・
のかもしれないが。




■ 植え替えから1か月経過 ■


※ 苦手そうな方は閲覧ご注意下さい。



mu_after1.jpg


キ ミ は だ れ ーーーーーー!!



見たところ・・・
(あまりにも歪で、生理的に恐ろしく、よく直視してないのだが)

カビ か キ、キノコ・・・・・・?

↑ どっちも似たようもん



相変わらず植物のことは何も分からない蜜でも、
なんだかこれは本能的に著しくダメな事態のような気がした。

そもそも、肝心の樹の方は、いっこうに葉も出てこない。
最後に残っていた小さい芽も、そのまま大きくもならず力無く垂れ下がる一方。。。



打てる手は尽くしたつもりだったが ( ← つっても大したことはしてませんけどー orz)
もはやこれまでか… という無力感に打ちひしがれる。

+ 正体不明のキノコ? こわすぎっっ



因みにですが、
コイツはその後、1〜2日ほどの間に、
まるで蜜を脅かすかの如く急速にその身を伸ばすと・・・


mu_after2.jpg

まもなく自滅した。





■ 植え替えから・・・ 現在 ■


mu_after3.jpg



そろそろお弔いをしなければならないことを覚悟しています。
さすがに・・・ ね。

あえなくも “幸福樹” は、
その後もう、一度たりとも、緑の葉を見せてくれることはありませんでした。
※ キノコ? も、もう生えてはこなかった (セーフ)



一体なにが悪かったのか、実は今でもあまりよく分かりません。
肥料に問題があったのでしょうか?
植え替え、失敗しちゃったのでしょうか?

何も手を加えなければ、もう少しマトモに生き長らえたのかもしれないなぁ…
なんて、結果論ではあれど、遣る瀬無い気持ちになります。



【 格言 】
蜜は、樹の世話もシアワセも、望みすぎてはならない。




どうぞ、皆さまのお宅に潤いをもたらしてくれているであろう木々たちは、
すくすくと元気に、末永く育ちますように。




↓上海ブログランキングに参加しています。 励ましの1クリック を頂くと救われます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑ 去年の冬ごろの記録。その立派な雄姿を、せめてバナーに残しました☆
 




posted by 蜜 at 19:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっこのたびは残念でしたね・・・(´ω`||)
なんだか責任を感じます・・・。
たぶん植え替えたあとの土が原因だったんじゃないでしょうか。
土の種類か・・・肥料か・・・水の量か・・・。
植物を育てるのって難しいですね。(´ω`;)
Posted by まるお at 2013年09月08日 23:40
半沢さんまではよかったものを。。。。
彼は寂しかったのだろうなぁ!
彼は辛かったのだろうなぁ!
彼は一瞬の輝きに満足したのだろうなぁ!

直樹くんを見ていると、他人には見えない。。。(笑)
Posted by LingZhi at 2013年09月10日 00:49
肥料焼けですね〜。
「過ぎたるは及ばざるが如し」

普通の土で良かったのではないかと思いますが、上海って普通の土が難しい。(笑)
Posted by あQ at 2013年09月10日 16:19
なんかよけいなことを言ってしまったのか、
残念です。
元気に育って欲しかったのになあ。
Posted by chinausa at 2013年09月10日 22:43
そうきましたか(-_-;)
うちのもきっとそろそろ植え替え時なんでしょうが、、
こうなりそうで怖いです。
どうしよう、諦めて(努力もせず)新しい子、買ってこようかな(笑)

Posted by まーちゃん at 2013年09月10日 23:19
 
コメントのお返しが遅くなってしまい、ごめんなさい。
えぇ、もう〜ホント、責任とって下さいよーっ!w
(冗談ww)

敗因は、おそらく土なんでしょうね…。
なにか空恐ろしい白い物体まで生えてきたところを見る限り。。。

樹を、ビョーキにして殺しちゃった?
のかと思うと、大事にしてた 『幸せの木』 だったのに、悲しくなります。
・・・ですが、3か月前の記事から含め、ご相談に乗っていただき、
本当にありがとうございました☆
Posted by >まるおさんへ。蜜 at 2013年09月11日 09:31
 
うん。この木のハナシと、半沢直樹は何も関係ないのに、
つい冒頭に書いてしまいたくなるくらいハマッてる(言い訳してる)のよw

パキラは、すくすく育っていた時は、それはもう驚くほどの生命力で、
蜜を楽しませてくれていたのに、今回救ってあげられなかった…(涙)

え、LingZhiさんも、倍返ししちゃうの?
やられたら、やりかえす… かぁ〜。
Posted by >LingZhiさんへ。蜜 at 2013年09月11日 09:48
望みはある・・・かも

どうかな・・・。まだ生きてるかもしれんよ。
仕立て直してごらん。バキラは環境さえマトモであれば、そう簡単には死なないっす。枝・幹どこで切っても脇から新芽が出てくるっす。蜜んとこのバキラが両手(枝)をあげてるじゃん。ちょうどその下あたりのラインをざっくり切ってごらん。幹の中央がまだ緑色であれば、コノ子は生きてる。もし中央部分まで茶色くカラカラな状態であればOUTです。

おばちゃんに言われて買ったのは肥料だね。
葉の色あせ具合から想像・・・

葉が落ちた原因は、
1 土と肥料の割合を間違えた
2 水のあげすぎ
3 直射日光に当たりすぎ

この三つかな。がんば蜜!
Posted by 姐 at 2013年09月11日 22:46
 
肥料焼け。
・・・そんな言葉があることすら、思いつきもしませんでした。
無知な者が植物を育てると、いざという時の判断を誤って
可哀想なことをしてしまうんですね。。。

でもでも、そうなんですよー!
(言い訳をしますとw) 普通の土っていうのが却って難しいですよね? 笑
Posted by >あQさんへ。蜜 at 2013年09月13日 00:00
 
よ、余計だなんて、そんな!!
あの3ヶ月前の悩みの時、皆さんとっても親身になって下さったことに
変わりはありませんもの。

そのお礼と、顛末のご報告と、お弔いの意味を込めて、
今回は(残念な内容でしたが)記事にしてみました。
自分の中でも、1つの区切りにしようかと…。
Posted by >chinausaさんへ。蜜 at 2013年09月13日 00:09
 
なんか出鼻をくじくような結果をお伝えすることになってしまい、
かえって申し訳なく思います・・・。

でもこれは、あくまで植物オンチな蜜の場合だけの話ですので、
まーちゃんさんは、(肥料焼けにだけはお気を付けになりながら)植え替えられても
宜しいのではないかしら、と。

大切なものだからこそ、環境を変えるのが怖いお気持ちは、痛いほど分かります(涙)
Posted by >まーちゃんさんへ。蜜 at 2013年09月13日 00:15
 
姐さん、わざわざご丁寧にありがとうございますー!

> バキラは環境さえマトモであれば

どうやら・・・ 相当マトモじゃなかったみたい?(泣)
アドバイス通りに、ちょっとザクッと切ってみましたが、
見た感じ、カラカラで茶色い。。。

一縷の望みも持ちましたが、さすがに諦めざるを得ないみたいで、
可愛がってたものをダメにしてしまい、皆さまにもご意見を頂いたというのに、
本当に残念なのですが。

2と3には、気をつけてたつもりだったけど、
1は全く気づいてなかったもので、本当に肥料プールに漬けちゃったんでしょうね…。

いい勉強には、なりました。
親身に考えて下さって、姐さんありがとう〜☆
Posted by >姐さんへ。蜜 at 2013年09月14日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。