株主

2013年08月27日

何の苦労もなく絶品担担面にありつく「南小館」

 

sDSC09484.jpg
上海尚嘉中心・・・ 俗に言う、ヴィトンビル。 (あるいは長靴ビル)


オープンして一時期は、 ブログ村 上海情報 を賑わせていた建物でしたが、
そのブーム(?)の頃には、蜜はまったく用事もなくw


っていうか、実は 未だに高島屋すら行ったことないし(笑)


皆さん、信じないかもしれませんが、基本的には出不精なんです。。。
ショッピングというものをあまりすることがない。
しても、1回で一遍に全部済ませたい!

昼間はあまりウロウロできる時間が長くとれないし、夜?


夜とは飲むためにあるのです。



夜なら、たまにはこんなショッピングモール系にも出向くことはありますよ♪
けれど大変残念ながら、この日は、
煌びやかなブランド品の数々を買って下さるような殿方とご一緒ではなかったので・・・


sDSC09485.jpg


ブランド街を華麗にスルーし、
そそくさと地下へ潜って、 B2F にあるという目当てのお店を探しあぐねる。


南小馆


目的はただ1つ!

あずきさんが、ついに先日 5ツ★ を出された絶品担担面 を食すため!!
+ 鮮肉小籠包 の出来栄えを確認するため…



訪れた時間が悪かったのか(19時過ぎくらい)、
中国人の夕飯時をかすってしまったようで、入口で10分くらい待たされました。
なかなか人気店 なのね?
※ でも空いてるテーブルもちらほら。。。 要は オペレーションの問題?


sDSC09491.jpg
店内は、なんだか全く中華料理店とは思えないようなインテリアやディスプレイで一杯。


場所柄なのか、こういった雰囲気だからなのか、
やはりお客様は中国人の若者を中心に賑わっているという感じですね。

「南小館」 は、なんとなくその店名からも想像できる通り、
上海の 「小南国」 と何らかの関連があるらしい。  ※ あずきさんブログより



sDSC09488.jpg sDSC09490.jpg
左 : メニューは写真が無く、字面のみで選ぶので、中国に慣れていない人には少しハードルが高いかも?
   ※ 追記 : 店員さんに言えば、写真つきメニューも出してもらえるそうです。
右 : あずきさんの召し上がっていた 老重庆担担面 が食べたい ので、ここは間違えないようにチェック!



sDSC09489.jpg
そして、蜜的にココは外せない!  美味しいという話だったので・・・

しかしながら、 自分には无锡風スタイルが味覚に合わない ので(笑)
ここは当然ながら、鮮肉小笼包を選択。



sDSC09492a.jpg
ビールでも飲んで待っていましょう。なんか珍しく気分的にバド(百威)。


・・・と思ってたら、来るの早ッ! w


sDSC09493.jpg

本日の真打ち ・ 老重庆担担面(28元) のご登場〜☆


わくわく。
担担面にそれほど経験値のない蜜が、いきなりこんな5ツ★を食していいのだろうか?

あずきさんのご苦労の賜物。
ついに出会ってしまわれたという逸品が今、目の前に。


sDSC09494.jpg


まず感じたこと。

めっちゃ食欲をそそる、いい香りがする〜♪


スープを頂こうと、口元にスプーンを近づけた瞬間、
フワッと鼻をくすぐるのは、芝麻醤が醸し出す豊かなゴマと麻辣の芳香!

これだけでも、この担担面が美味しいのだろうと容易に想像がつく。


正直、この一品は、ある意味 とてもお上品な味の仕上がり となっている。
ゴマが前面に出すぎているわけでもなければ、
重庆という名を冠しながらも、それほど辛さはなく、むしろマイルド。



丁度この2日前に、四川料理の 「黒三娘」 でも重辣の担担面を頂いていたので、

sDSC09454.jpg
「黒三娘」 の荒々しくガツンと猛々しい麻辣たっぷりの担担面

↑ こういったタイプと比べると、
いかに 「南小館」 の担担面が、柔らかな印象をまとった担担面 かが分かり、
かつ優しい風味だからこそ、それ本来の持つ奥深く芳醇な味わいが、より強く舌に残る。


担担面とは、
必ずしも麻が利いてビリビリ激辛であるだけが必要条件ではない、ということを知った。
今までの蜜の評価では、それが第一の基準だったが、
芝麻醤の持つ威力を存分に活かすことが、こんなにも満足度の高い出来栄えに繋がるとは!

言わずもがな、麺も固茹でで、望み通りの食感。
挽き肉とスープが程よく絡みつき、一口ごとに感嘆しながらペロリと完食☆



蜜は、比べてモノの言えるほど担担面を食べ尽くしていない。
けれどもこれは、
一度はお試しされると、もしかしたら今までの価値観が変わるかもしれない、
こういう美味しさもあるのね〜と思える一品。




最後に、蛇足ながら・・・

sDSC09495.jpg
鮮肉小笼包 (1份5只 22元)


逆に蜜は、
小籠包だけは、ちょっとは自信もって 「食べ歩いてます」 って言える から、
畏れながら忌憚なく申し上げますと・・・


悪くはないけど、22元の価値はない。


いまひとつ、何か盛り上がりに欠けるのです。

きちんと上海風な、雑味のないスープで、鮮肉の甘味も効いているのは◎
あずきさんも仰る通り、1粒に潜んだスープの量も適切。
皮も、分厚すぎることはない。
(若干モチモチというよりはボソボソという食感なのが -1  ←偉そうで失礼… )


1つ1つは大して劣る点もないのに、
ただ、どうして、それほど強く心惹かれる小籠包ではないのだろう?



小籠包も、もしかしたらオトコやオンナと一緒なのかもしれない。

仮にそう置き換えてみて、
この記事をご覧下さっているアナタは、ご自分のこれまでの人生経験と照らし合わせてみると、
・・・蜜の言わんとしている意図、伝わります??




↓ 「南小館」 で待っている間に渡された紙。。。
『世通だ』  って、一体ナニを表したかった日本語なんだろうww

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑上海ブログランキングに参加しています。 応援の1ポチッ いつもすごく励みです♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■南小馆■
上海市长宁区仙霞路99号 尚嘉中心 B2F(×遵义路)
Reservations: 400-820-9777

■黒三娘■
上海市长宁区安龍路515号(×仙霞路)
Reservations: 021-6242-1177

 




この記事へのコメント
密さん、はじめまして!
じつはずっと隠れファンとして、このブログを楽しみに読んでいました!
私はまだ上海生活も長くはないのですが、蜜さんの艶やかで華のある文体に、すっごく癒されているいちファンです。
いつも、あっぷでーとを首をながーくして待っております!
Posted by さや at 2013年08月27日 22:41
あ、ボクも先日食べに行ってきましたよ。
小龍包は食べなかったけど。
担担麺は、、、確かに辛くなかったですね。
Posted by chinausa at 2013年08月28日 00:54
なんだか毎度毎度リンクいれていただいてありがとうございます。
私は黒三娘(実は七宝にもあるのです!)の担々麺は認めないクチなんで...w
(黒三娘の方が本場っぽいのでしょうが)
日本で食べられるような担々麺というとコノお店(南小館)だな!と私は思っておりマス。
あと、オトコとオンナに置き換えた場合...なんとなくわかるー♪
私の場合は逆で「一つ一つは大したことないのに総合点が高いオトコ」も存在するってことですけど。(何様?...w)
Posted by あずき at 2013年08月28日 04:07
:追記:
連コメすいませーん...
こちらのお店、通常の写真も入った冊子メニューも言えば出てきますよ。
とだけ、先ほどのコメントに書き忘れました...
Posted by あずき at 2013年08月28日 04:09
はじめまして。
いつも地下二階に行くのですが、ここはまだ入った事ありません。同僚がどんどんココイチ方面へ進んでしまうので。w
今度トライしてみます。小龍包にパンチが無いなら、なにをサイドに持ってくるかが重要ですねぇ。
Posted by JB。 at 2013年08月28日 07:57
 
はじめまして。
いつも当ブログをご覧いただき、
またこの度は、とても励まされるコメントを下さいまして、ありがとうございます。
そんな風に仰っていただけて、とても嬉しいです。。。

艶やかさや華や、ましてや癒しのある文章だなんて、
自分ではまったく至らない… と思ってしまっているのですが、
そうお感じ頂ける方もいらっしゃるということは心強く、すごく光栄です。
最近は、頻繁にブログアップを続けておりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いします♪
Posted by >さやさんへ。蜜 at 2013年08月29日 19:20
 
さすが(笑)
同じものに、つい惹かれ合っちゃってますねぇ〜。
chinausaさんのご感想を記したブログ記事も、楽しみにしておりますよ。
辛くはないけど、味わい深い担担面に(蜜には)思えました。
こういう時、小籠包ほど経験値がないと言葉に含蓄がないけどw
Posted by >chinausaさんへ。蜜 at 2013年08月29日 19:26
 
いえいえ… なんだかこちらの方こそ、
どんだけあずきさんフリークよ?!(笑) ってくらいリンクしまくってましてスミマセン。。。w
※ この記事に限らずお世話になってます♪

なるほどー。
担担面を、雨ニモマケズ極め続けられた結果、
行き着いた場所は 『日本で食べられるような担々麺』 に5ツ★ なのですね。深い!

本場の四川風・バリバリ荒々しいタイプばかり求め続けてきた蜜には、
ちょっと新鮮な、おいしい驚きでした☆
他人様のお好みを教えて頂く楽しみって、こういうものなんだな〜と。

メニューの件は、ありがとうございます。
その旨こっそり追記しちゃいましたw


> 私の場合は逆で「一つ一つは大したことないのに総合点が高いオトコ」も存在する

あ、あずきさんって。。。
すごく男性に対して寛容な、優しい女性だわ〜♪
ん?
でも、恋に落ちるオトコとなると、別??

蜜も、<オトモダチ止まりのイイヒト> なら総合点の高さもアリですけど、
何かに突出して好きー!!って気持ちが生まれないと恋に落ちない・・・

・・・って、何の話w
つか、こんなところでそんな熱く語らんでもww
また飲みながら♪
Posted by >あずきさんへ。蜜 at 2013年08月29日 19:43
 
はじめまして。
コメントありがとうございます。
JB。さんのブログも、よく拝読しておりましたので、当方をご覧下さっているなんて光栄です☆

蜜なんて、ヴィトンビル自体初めてでしたが・・・(苦笑)
でも仮によく行っていたとしても、
知らなければ素通りで、このお店を試してみようとは思わなかったかもしれません。
地下に、日本人が好むような所が、もっと他にもありますからねぇ。

サイド、悩みます・・・。
無難に、冷菜系が美味しいみたいなので、そちらがベターかも?

ちなみに、
担担面の方も、辛味のパンチはあまり無いですよ(笑)
でも総合的に、満足できる一杯だと思いましたので、宜しければ是非。
Posted by >JB。 さんへ。蜜 at 2013年08月29日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。