株主

2013年03月24日

「CAFE MONTMARTRE」で、仕合わせの意味を。

 
 
『 縦の糸はあなた 横の糸は私
  逢うべき糸に出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます 』



中島みゆきの 「糸」 という歌の一節です。
なんて美しい日本語。
幸せは、仕合わせという運命の巡り合わせから生まれるものなのでしょうね。


上海に住んで3年8ヶ月。
この地で手繰り寄せてきた幾重もの糸のおかげで、
蜜はこうして暮らせているのだし、これから始まる新たな生活も成り立つのです。

どんな糸も大切で、かけがえのないもの。



   sgoen_m.jpg



けれど、数多あるその内の1つに、
「 どうして 、 今 、 結ばれたのだろう? 」 という想いの消えない糸が、
最近になって突然、目の前に現れたのです。


蜜は、あまり信心深い方ではありません。
宗教とか占いとか風水とか、そういうスピリチュアルなものにも関心が薄く。
お寺や神社にお参りくらいはするけど、
神様って本当にいるのかどうかもよく分からないし(苦笑)


でも、どこで誰に定められたのか… ご縁 というものだけは。
縁によって導かれたはずの出逢いには、必ず何か意味があると信じたくなる。

そして、その意味を考えて、噛み締めたくなるのです。



同じ上海に在りながら、もっと早くすれ違っていても不思議じゃない。
あるいは、結局めぐり逢うことなく終わっていてもおかしくない。

それなのに、
(いるのかいないのか分からない)神様から、
何故か、こんなタイミングで、ふと自分に “ 仕合わせ ” が与えられた、その意味を。



†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



sDSC07550.jpg
はじまりは、烏魯木斉中路66-68号(×長楽路)にある 「CAFE MONTMARTRE」 。


↑実はこのお店、蜜のよく出かける通り道にあって、以前から知っていたものの、
看板に大きく 「CAFE」 なんて書いてあるので、
ホントにケーキとコーヒーしか無いカフェかと思い込んでしまい、
これは自分はお呼びでないなと(苦笑)

けれど、本当は なかなか美味しいフレンチレストラン なのだそう!
今まで全く気づいていなかったことが悔やまれます。。。



「蜜さんのお好きなパテがおすすめですよ」

という嬉しい一言を添えながら、その御方は同店を予約して下さいました。
・・・そう、ご一緒することになったのは、
ずいぶん前からずっと当ブログをご愛読いただいていたという、とっても有難い方。

しかも、数年住まれた上海をもうすぐ離れることが決まっていて。
「お誘いするのも気が引けて、お会いするのがこんなに遅くなってしまいました」
と仰る、お優しいシャイな紳士なのです。



sDSC07553.jpg sDSC07555.jpg


ヨーロッパのビールがいくつか揃う中で、
ベルギービール Duvel を選んで、まずは乾杯☆
プチトマトとモッツァレラのサラダは、一口サイズなのでつまむのにピッタリ。



sDSC07559.jpg sDSC07558.jpg
続いて ↑ これがオススメ頂いたサーモン・フォアグラのパテ・エスカルゴの Discovery Plate ♪


そもそも蜜は、サーモンからして大好物なのですが、
それと共にパテまで頂けるなんて。もう笑みがこぼれて仕方ない併せ技!

パテは、期待通りのねっとりと濃い味わいで、
パンに塗るのもお似合いですが、そのまま舌に乗せて自然と溶かすもまた一興。

そして、タマネギを煮詰めて甘苦く仕立てたジャムのような付け合わせ。
これもなかなか◎
あくまで添え物でしょうに、十分に主張が感じられる出来栄え。

このプレート、美味しいものをギュッと詰め込んだ前菜の総合といったところ。


贅沢だなぁ。
こうなると、ワインが恋しくて恋しくてたまらなくなっちゃうでしょ?


sDSC07560a.jpg
気分は白ワインだったので、 BOURGOGNE ALIGOTE などをね♪



共通の友人がいることと、今まで蜜のブログを読んで下さっていたこともあって、
お料理をよく味わう間もないほど、すぐに会話が弾んでしまいました。

ワインを片手に、初めてきちんと色々なお話をする機会に恵まれ、
お互いのことをより深く知っていく時間って、ドキドキして楽しいですよね。



けれど、程なくして・・・ 蜜は気づいてしまうのです。



どうしてこの方と、こんなに馴染むように接することができるのか。
滑らかに自然な笑顔が溢れるのは、
もちろん、穏やかな空気を彼が作って下さっているからに他ならないのに、
膨らんでゆく既視感。

彼のその低い声と、紡がれる言葉遣い。
お顔立ち、細く締まったスーツ姿、スマートな物腰。


・・・それはもう7年も前になる、忘れもしないとある出会いの、まさに再現。


こんな偶然ってあるものなのか、と。
しかも、それが、今。
まだ過去に胸が痛む、このタイミングで、なぜ…? と。



お相手の方には何の関係もない、完全なる蜜自身の事情なのに、
思わず激しく動揺してしまって、彼を少し困らせてしまったかもしれません。

それなのに、お優しい方なんです。目の前の、この方は。
蜜がどんな話をしても、終始やわらかな表情で受け止めて下さいました。

そして時折発されるお言葉は、自分にとって親しみやすい声色で…
何度聞いても、別の誰かによく似ていました。




sDSC07563.jpg
メインには、鴨肉を使ったお料理を。


鴨のお肉を挽いたものの上に、マッシュポテトが重ねられ、
パテ (2度おいしい感じ?w) と生野菜が美しく飾り付けられています。

・・・これを、ケーキ入刀のようにして、頂く。 (笑)

なかなかボリューミーなのですが、
鴨肉らしい香りと脂の旨みがよく引き立って、ワインやパンに合うので、
するすると口に入っていってしまいます。美味しい。



†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



デジャヴはどうあれ、
お食事をご一緒したこのひと時は、とても楽しく、
なんとなく離れ難かったので、食後のお散歩も兼ねて2軒目へ。。。


南京西路2028弄7-104(×延安西路)にあるはずの 「Papaya Bar」 を
目的に歩いたのですが、もしや閉店してしまったのでしょうか?
辺りは暗く、それらしきドアも見つからず。
「Papaya Bar No.2」 (富民路191号×巨鹿路) へはコチラ


なので結局はタクシーに乗り(苦笑)、向かった先は、


sDSC07815.jpg
Constellation No.3」 (黄陂北路251号×江阴路)


ここなら、クオリティに間違いがありませんからね。
毎度おなじみのカウンター席も、運良く空いていたので、お隣に並んで1杯。



sDSC07819.jpg sDSC07564.jpg
お決まりのホワイトレディに・・・ でもフライドポテトは初オーダーだったのですが、このボリューム☆


2軒目でも、ほろ酔いに任せて、なんだか沢山のことをお話しした気もするし、
途中からは、ただ時が過ぎるのを惜しむように、言葉少なに飲んでいました。


もう、暫く触れることはできない、
いや永遠に失ってしまったのかもしれない、記憶の中のあの優しさに似たものを、
同じ声を持つ方から分けてもらうという悦びと哀しみ・・・。


この出逢いは、
今というタイミングでしか、うまく糸を結ばなかっただろうということが
自分でもよく分かっているのに、でも遅すぎると悔やんでしまった。

あとほんの少しだけ長く、肩を貸して頂けたら。

そう思う一方で、
残された時間は足りなくても、これで良かったんだと納得している自分もいる。
こんな形での巡り合わせは、ただの偶然ではなく、
何か目に見えないものに導かれたご縁のような気持ちが消えない。


蜜が、たとえその方の中に、別の面影を見ていたのだとしても、
そこには意味があったのです。
過去に向き合い続け、だいぶ張り詰めていた心が本当に和らいだのだから。

しあわせは、ひとつじゃない と。
生きていれば新たに得られてゆくものなんだ と、やっとちゃんと分かったから。


それを越えて初めて、
蜜は、彼ご本人にきちんと向き合うことができたように思っています。
これ以上ない安らぎで包んで下さった束の間に、心からの感謝を。

・・・そうしてお役目を終えて、その方は上海を後にされたのです。




    “ なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない
      いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない

      どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語

      縦の糸はあなた 横の糸は私
      織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない


      なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ
      夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ

      こんな糸が なんになるの 心許なくて ふるえてた風の中

      縦の糸はあなた 横の糸は私
      織りなす布は いつか誰かの 傷をかばうかもしれない


      縦の糸はあなた 横の糸は私
      逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます ”


                                  ――『糸』 中島みゆき



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■CAFE MONTMARTRE■
上海市静安区烏魯木斉中路66-68号(×長楽路)
Reservations: 021-5158-9377

■Constellation No.3■
上海市黄浦区黄陂北路251号(×江阴路)
Reservations: 021-5375-2712




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


この記事へのコメント
人生、いろいろですね。
この店、ボクの同僚もおいしいって言ってました。そのうち行こうと思ってたら蜜さんに先を越されちゃいましたね。(いや、競っているわけではないのですが)
さりげなくリンクも貼っていただいてありがとうございます。
Posted by chinausa at 2013年03月26日 13:32
 
chinausaさん。 えぇ、本当にそうです・・・
いろいろ。
どんな風が自分に自然と吹いてくるのか、分からないものだと思いました。

1の次に2が来たから3に進める、なんていうほど単純には行かなかったですが(苦笑)
これはこれで意味があるものだったんだと、自分自身を納得させているのかもしれませんね。

chinausaさんと、最近は大人数で飲む楽しい機会も増えましたが、
どこかで、また今度、久しぶりに2人でゆっくり飲んだりもしたいです〜☆

蜜のは偶然、評判のお店をご紹介いただいただけです。
chinausaさんのデータベース・幅の広さには敵うべくもありませんよ!
いつもいつも参考にしております。

こっそりリンクしたのも、さすがお気づきになられましたね(笑)
毎度ありがとうございました♪
Posted by >chinausaさんへ。蜜 at 2013年03月28日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。