株主

2013年03月08日

ウマイ!の一歩先をゆく「薩摩酒場 竿屋」

 
ssaoya1301.jpg
福々しい笑顔がとっても印象的な 「薩摩酒場 竿屋」 の名刺。


まさに、このイラストそっくりそのままの 名物大将・竿山さん
が織り成す、九州鹿児島料理のお味は、感動とワクワクの連続!☆




sDSC06985.jpg
そのお店は、ここ程家橋支路213号(×虹梅路)に 2012年11月リニューアルオープン。


SHANGHAI-ZINE 』 などでも、すでに話題のお店。
上海情報ブログ においても時折目にすることはありますが、
なにより、九州出身の友人らからの評判もすごぶる良い!!


蜜は、移転前の同店を存じておりませんでしたが、
リニューアルオープンを聞きつけ、2013年が始まってすぐの頃に行ってみました。
虹梅路からはちょっと(だいぶ?)奥まって、
小さな川に架かった橋も越えた先、ファミリーマートが見えたら、その横になります。



sDSC06988.jpg
カウンターに並べられたおばんざいの数々は、思わず手が伸びそうになるほど美味しそう!


お店へ入った瞬間から、日本人・中国人の店員さん皆が気持ちのいい挨拶で、
テーブル席・お座敷ともお客様でいっぱい。まず活気があります。


席について早々、ビールで喉を潤しながら・・・

sDSC06990.jpg sDSC06987.jpg
メニューに目を通そうと思うのですが、どれもこれも 心惹かれる逸品が満載 でして♪


中でも最も、蜜たちのハートをつかんだのが、

sDSC06989.jpg
日一日ごとに替わる(もちろん毎日書き替えもされる) “ 本日の竿屋オススメ ” メニュー。


演出が、細部にわたってよく出来ているなぁ〜と。
こういう字体で、こういう見た目で、こういう日替わりメニューを見たら、
絶対今日はコレ食べとかなきゃ! っていう気持ちに自然と誘導されるものでしょ。

手間を惜しまないお店の姿勢は、きっとお料理の味にも反映されているはず。

そういう期待を抱かせてもらえる。
まだ何も頂いていなくても、おそらく美味に違いないという確信を持ちながら、
食べたいものを選んでゆける時間は、貴いサービスの一環ですよね…。



sDSC06993.jpg sDSC06995.jpg
まずは、魚の南蛮漬けと手作りさつま揚げなどをつまみながら。


一口で、その勘はやはり正しかったと実感しました。
これは美味しい。


続く、チキン南蛮。

sDSC06998.jpg
「薩摩酒場 竿屋」 で、絶品!と評判のメニューの1つだそうですが。


鶏のジューシーさ、味つけ、フワフワなのにサクサクの衣。
そして上に乗っている、手作り感満載タルタルソースの甘酸っぱさとのバランス。
すべてにおいて素晴らしい!

多くの方が絶賛されるの、よく分かります。
それほどチキン南蛮に経験値のない蜜ですが、おそらく上海一の出来栄えでは?



感動醒めやらぬまま、個人的に大興奮だったのは、

sIMG_3041.jpg
一体なんなのでしょう・・・ この見た目にも美しすぎる肉ジャガコロッケ(20元) ☆


魅せる逸品、とは例えばこういうものを指すのでしょうね。
しばらく見惚れてしまうほど・・・ でもホクホクあったかいうちに箸を入れねば。

カラッと揚げられたそれは、中身の旨味たっぷり肉ジャガと相まって、
「あぁ、コロッケというものは、なんて人を幸せにしてくれる食べ物なんだろう」
と、思わず顔をほころばせながら再認識してしまうほどの美味。


この満足度で、1ケ 20元 なのですから。
これからもコロッケが恋しい時には、迷わず 「薩摩酒場 竿屋」 を訪れるでしょうね。

コロッケに限らず、
同店に人気の集まる理由の1つに、コスパが良いことが挙げられます。
全体的に、これだけ質の高い品々を愉しめるのに、リーズナブルと感じられるお値段設定。



sDSC07001.jpg
おでんも。盛り合わせでなく単品オーダーでも、それほど高くなくて◎



(なぜか写真に残っておりませんが・笑) 芋焼酎ロックを片手に、想うこと。

久しぶりに、これだけ満足ゆく和食居酒屋に来られたな・・・ と。
上海で、すでに飽和状態に陥っているであろう “ そこそこフツーに旨い店 ” からは、
何か 一歩二歩秀でた魅力 が 「薩摩酒場 竿屋」 には確実にある。 

それは、
冒頭に述べた大将・竿山さんの愛嬌あるスマイルとお人柄、
気持ちのいい接客をして下さる店員さんの方々、
充実した品揃え、丁寧な味わい、見た目の美しさ、かつ、納得の価格帯。。。

「薩摩酒場 竿屋」 を築くすべてから、溢れ出ているものなのでしょう。


なかなかウマかったねー、だけでは終われない。
どれもあまりに心くすぐられるオツな逸品ばかりで、つい、
全メニュー味わってみたい! とワクワクして再訪したくなるお店なのです♪




sDSC07000.jpg
蜜の人生初体験☆ 鶏飯(けいはん)で、〆も上々。お腹いっぱい!



芋焼酎を飲みきって、同店を後にしたのは、24時近く。
しかも、この時はまだ1月の初旬。
上海の夜はとってもとっても冷え切っています。

・・・なのに、
大将自ら、トレードマーク(?)の、白い半袖・短パン・前掛け姿で、
お店の外、寒空の下、蜜たちの姿が見えなくなるまでお見送りして下さいました(涙)


「薩摩酒場 竿屋」 が、多くのお客様に慕われるヒミツは、
ウマイ!の連続だけに留まらぬ、いくつも重なった心遣いから成るものなのですね。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■薩摩酒場 竿屋■
上海市閔行区程家橋支路213号(×虹梅路)
Reservations: 021-5484-7852




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


この記事へのコメント
このお店、地元鹿児島でとってもお気に入りの『焼酎バーS.A.O』の系列店なんです!
鹿児島にいた時は、珍しい焼酎が安く飲めるし、雰囲気も良いしで、よく行っていました。

で、昨年の夏、上海の友達が一時帰国の際に鹿児島に遊びに行くと言うので、
是非『焼酎バーS.A.O』に行ってみて!と薦めたところ、
その友達が行ってみたらとても気に入り、しかもなんと上海にもお店を出しているとのこと!
さっそく上海店にも行ってみたら、まもなく閉店すると聞き、悲しんでいたのですが・・・
リニューアルオープンしてたんですね!
こりゃ、友達に知らせなきゃ☆

このお店、私が上海に住んでいた時は、全然知らなかったんです。。。
もし知っていたら、絶対行ってたし、蜜さんにもお勧めしてました(笑)
ということで、これからもごひいきに(^o^)/
Posted by イラスティガール at 2013年03月11日 16:49
 
せっかくコメントを頂きましたのに、お返しが遅くなり申し訳ありません…。

貴重な情報をありがとうございます。
なんと。鹿児島に『焼酎バーS.A.O』というお店もある、幅広い人気店なんですね〜。
確かに、相当の実力を感じる素晴らしい居酒屋さんでした☆

リニューアル前は、蜜自身もよく知らないお店だったんですが、
偶然、友人(福岡出身)がここを超オススメしていたので行く機会に恵まれました。
これだけ和食の溢れ(すぎ)ている上海の中でも、間違いなく上位です!
もちろん今後も通わせていただきます〜♪
Posted by >イラスティガールさんへ。蜜 at 2013年03月17日 07:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。