株主

2013年02月25日

「焼肉 六甲」へ行くのであれば・・・

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2013年9月 追記
    本記事でご紹介する 「焼肉 六甲」 は、閉店しました。
    現在は 「KING大志」 という別の焼肉店 に変わっています。

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



蜜にとっては、すこーし残念だったかなぁ… という印象のお話です。
「六甲」 さんを贔屓になさってる方ゴメンナサイ。



sDSC05995.jpg
仙霞路×安龙路の日本料理店激戦区に、去年の秋ごろオープンした 「焼肉 六甲」 。


↑外観は、なかなか良いですよね。惹かれるものがある。
品があって、落ち着いて上質のお肉を堪能させてもらえそうなイメージ。


実際にその扉を開けて、中へ足を踏み入れてみても、

sDSC05994.jpg sDSC05993.jpg
まるで焼肉屋さんではないみたいな、さっぱりと綺麗な店内。 所々に水の流れが配されてあるおかげかしら?


sDSC05988.jpg
整然とした感じが、確かに好感は持てるのですが。。。


隅々まで明るい照明に、これまた色の明るい広々としたテーブル。
ただ、そんなお店に、
蜜たち一組しかお客様がいなかった というのも、敗因の一つなのかも・・・。
(去年のある日曜日の夜8時頃です。 その1回のデータなので何とも言えませんが)


あまりにガラーンとしすぎて、ちょっと肌寒いくらいのところに、
やっと鉄板が温まってきたので暖を取りながら、頼んだお肉を待ちます。



メニューにも、これといった特徴はあまり無く、

タン塩・ネギタン塩・上タン塩 (いずれも100元前後)
上カルビ・壷カルビ・中落ちカルビ・上ハラミ (いずれも100元前後)
和牛カルビ・和牛ロース・和牛特上カルビ (188〜280元)

ホルモン系は、大腸・上ミノ・センマイ・レバー・ホルモン盛り合わせ。
その他は、豚トロ・豚バラ・骨付きソーセージ・海鮮など (いずれも40元前後)


といったラインナップと価格帯なので、
それほどお値打ちでも、高級な焼肉屋さんでもない ってところでしょうか。

雰囲気は、ちょっとお高そうな感じなので、気分はいいかもしれませんが。



sDSC05990.jpg
お肉を持ってきてくれた服務員が、そのままテーブルに付いて焼いてくれます。



大変シーーーーーンと静まり返った店内に、ここだけジュージューという音が。。。


しかし、服務員が非常にお上品に、1人1枚分ずつを焼いていくので、
鉄板に沢山のお肉が一度に並ぶといった賑やかさはありません。



↑ここは、好みの分かれるところでしょうね。
一概にそれが良いとも悪いとも。

本当はこの方が、ゆっくりと味わえるはずなのでベターなのかもしれませんが、
すんごい上等なお肉をシェフがフランベとかしながら鉄板焼きを披露して下さる
わけでもない限り、蜜はこのような焼き方をあまり好みません・・・。

(お店の方針を否定するようで、恐縮だったのですが、
 途中から自分たちで好きに焼かせてもらえるよう頼んだら、対応して頂けました◎)




sDSC05992.jpg
お肉の質や味に関しては、特に申し分ありませんでした。


うーん・・・

決して悪くないんです。
でも、感動がないと言いましょうか。
盛り上がりとか迫力に欠けるというか。いまいち満足感に結びつかない。


外観もいいし、品もあって静かな店内で、接待向きとは言えるかもしれませんが。
ただ、もしこれだけ他のお客様が少ない場面に出くわしてしまうと、
服務員もすぐ傍に控えているわけで、
なんだか会話が筒抜けのような気もして、かえって落ち着かないような(苦笑)



こうなると、個人的には、
「焼肉 萬蔵」(古羊路451-2号) の方に軍配が上がってしまうかな。

タイプが違うので、ちょっと比べるのもおかしいかもしれないけど…。
でも焼肉屋さんって、そういう風にも選ぶと思う。


それに 2012年 といえば、あちこちに、
他にも美味しい焼肉屋さんが続々とオープンしたじゃないですか☆


イマドキの上海の焼肉事情については ⇒ コチラ


「焼肉 六甲」 は、残念ながら、
蜜にとって焼肉に求めるスタイルなど、様々な点において相性が良くなかったわけですが、
そもそも高水準の日本料理店がどんどん立ち並んで、
自分の好みでお店を選べて当然だなんて、海外に在りながらホント恵まれた話よね…。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■焼肉 六甲■
上海市長寧区仙霞路693号(×安龍路)
Reservations: 021-6208-6955


   ※2013年9月 追記
    「六甲」 は閉店。現在は、 「KING大志」 という焼肉店に。




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


この記事へのコメント
決して悪くはないんだけど、とりたててここがいいっていう決め手がないっていう感覚、ボクもよく感じます。
それにボクもどちらかというと焼肉は豪快に焼く方が好きなので、蜜さんの感じ、なんとなくわかる気がします。
Posted by chinausa at 2013年02月25日 23:02
 
今の上海には、一定のレベル以上のお店が沢山できすぎてしまって、
ここに住む我々の舌もずいぶん贅沢になってきているのかもしれませんよね(苦笑)

比べられる・選べるほどの数があるからこそ、「決め手がない」なんて感じてしまう…。
ある意味、ありがたいことです。

そういえば、chinausaさんに焼肉のイメージってあまり無いのですがw
実は豪快に焼かれるのですね!
ワーッて食べると、なんか満足して美味しいですよね♪
Posted by >chinausaさんへ。蜜 at 2013年02月26日 03:35
この店も一度だけ行きました。
結論としては“接待用”。
お客さんと会話している時に、肉の焼き具合を確認するのも失礼ですし、お客さんに焼かせるのはもっと失礼ですし。

このお店のメインディッシュは「会話」で「焼肉」はサイドメニュー。
少しお腹が満たされたら「そろそろ行きますか」って、近くのKTVに。
(ということはこのお店自体が“サイドメニュー”?)
Posted by ムーゾン at 2013年02月26日 09:57
 
あぁ、やっぱり。接待用かなーという印象だったんですよね。
だから、服務員が1枚1枚焼いてくれるというスタイルなのかと思うのですが、
あれだけお店が静かすぎると、お客さんとの会話の方が目立っちゃいそうで(苦笑)
話しにくそうです…。普段はもうちょっと賑わっているのかしら?

お腹を満たしたところで、近くのKTVへ・・・ ってところが、
このお店が、このエリアにある真の理由かもしれませんね?(なーんてw)
Posted by >ムーゾンさんへ。蜜 at 2013年02月26日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。