株主

2013年02月10日

空爆?! のような春節花火爆竹

 
s168644932_624.v1360491029.jpg



2009年7月から、上海に移り住んで、早3年7ヶ月。

2013年の旧正月は、初めてこの地で過ごします pandaani214.gif



・・・となれば、
まず最初のオタノシミ (?) は、もちろん。。。


sDSC07087.jpg

sDSC07099.jpg



除夕(大年夜)の晩、さぁ始まりました始まりました、あっちこっちと。


昼間までは、アレ?ってくらい静かで拍子抜けだったんですが、
辺りが暗くなるとともに、徐々に周りで賑やかな音が増え始めて・・・
だんだん、だんだん、家で見ていた TV も聴こえづらくなるほどの爆音に(笑)


そして、0時近くになってきた頃には、

もう〜 家の周り、四方八方でスゴイことに!

どんどん盛り上がってくる!!




sDSC07092.jpg sDSC07117a.jpg

sDSC07119.jpg
やっぱり、春節前日・大晦日の夜空を彩る主役は、無数の花火と爆竹でしょう?



あまりに次々と華やかすぎて、落ち着いてもいられませんでした。
いくつもある自宅の窓を覗きに、家の中を行ったり来たり。

辺りは煙だらけで真っ白。
硝煙の香りが、絶えず鼻をくすぐります。


花火と爆竹の音に四方を囲まれて、いっぺんに連続で慣らされ続けると、
なんだかサラウンド?のような臨場感溢れる効果音みたく聴こえてくる。不思議な感覚。


これを、
「まるで空爆みたい! 内戦勃発状態?!」 なんて笑って騒げるのは、
蜜が今まで、日本や上海で平和に暮らしてこられたから… ですよね。
テロが日常茶飯事の国に住んでいたら、この音は怯えるものになるのかもしれない。

鳴り止まぬこの爆音が、新しい年を祝う幸せの象徴でよかった。




sDSC07103.jpg
それにしても爆竹って、なかなか写真としておさめるのは難しいよね。。。



これまでも何度か、目の前で花火があがるのを見たことはあります が、
春節の時期は、いつも旅行や帰国したりしていたので、こんなに激しいのは初めて。
元宵節を祝う花火 には間に合ったことがあります。スゴかった… )


で。
毎度恒例の、家のベランダすぐ目の前ではじける花火の大輪は・・・




sDSC07106.jpg



こんな (笑)



いつものことながら、こうなってしまうとベランダからは避難ですよ、避難!w

誇張表現でなく。。。

だって外へ身を乗り出そうものなら、火傷しそうな近距離ですし、
そうでなくても、火の粉が飛んでくるかの勢いなので、
そのせいで火事になる 方が心配に(苦笑) それ系のニュースを読むならコチラをクリック!



sDSC07107.jpg



真冬の寒い中、打ち上げ花火を見ること。
眺めながら、その火花の熱までも間近で感じられる体験ができること。
「花火は上からでも横からでも丸く見える」 というのは本当なのだ と知ること。

3年半以上になる上海生活の中で、
それらが自分にとって当たり前の出来事となったという、人生の糧。


祝大家新年快乐! 今年也请多多关照。 pandaani14.gif



・・・けれど、上海の爆竹&花火祭りは、この除夕だけでは終わりませんね!
商売繁盛を願う初五、そして元宵節。
まだまだスゴイものをたくさん楽しめそうな、この地で過ごす春節。



↓他の上海ブロガーさん達も、キレイな花火写真をブログにupされていますよ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。