株主

2013年02月06日

麗江 続編:中国人ツアーに混ざって、その後

 
前記事 でも触れました通り、
麗江・玉龍雪山の観光は、この中国人ツアー に参加して楽しみました。


↑上記の URL のツアー内容紹介を見ますと、

『 玉龙雪山、东巴谷、冰川公园、白水河、甘海子、玉水寨、束河古镇
  を遊覧して、丽江に戻ります 』


的なことが書いてある。



・・・が、結論から言いますと、
おそらく 甘海子 と、明らかに 束河古镇すっ飛ばされました (笑)


甘海子はともかく、束河古镇は自分が立ち寄りたいリストに入っていたので、
ガイドさんに 「行かないの?」 と訊いたら 「はい」 と…
中国ではよくあることなので、あえて理由までは問いませんでしたw

ちなみに、
中国ではよくあることですが、ツアーの最後は土産センター強制連行でした。
中国ではよくあることなため、土産センターで自主的解散をしてタクって帰りました。
上海では足りませんが、タクシー乗って10元そこらで麗江古城まで戻れました。



話が逸れましたが(笑)

とりあえず、束河古镇は麗江古城からも近いので、
翌日の行程に混ぜ込んで自分で行くことに。 (それはまた次記事にて)

ツアーは、すでに 玉龙雪山 と 冰川公园 での観光を終えて、
シャトルバスに乗り込み、標高 3,356m のロープウェイ乗り場から下っていきます。
バスの向かう先は・・・



◆ 白水河

021_DSCN1638.jpg
どんどん山を下り、少し走ったら見えてくる 白水河 と呼ばれるこの場所。


022_DSCN1668.jpg

023_DSCN1685.jpg 024_IMG_3124.jpg
山をバックに、川の美しい色合いも見てみたくて、楽しみにしていました。こちらも抜群の景観☆


白水河は、玉龍雪山の下の雲杉坪のそばに位置している、雪解け水が流れる清流。
雪解け水ってことは、やっぱ玉龍雪山には雪があるのか…? でも残雪は見えずw

河床、台地はすべて白色の大理石、石灰岩の小石なので、
水はまるで白になって、だから白水河と呼ばれるとのこと。 コチラ 参照


025_DSC06546.jpg
白水河は、棚田のように広く段々になっている、特徴的な川の地形も魅力のひとつ。


026_DSCN1642.jpg
そこではヤクに乗ったり、貸衣装の民族服をまとって記念写真を撮るサービスもあります。(有料)


027_IMGP0085.jpg
石灰石が台状になってできた小さな滝を流れる水は、なんて透きとおって綺麗なんでしょう!!


028_DSCN1692.jpg
白水河は、観光名所である小滝の辺りだけでなく、一帯が鮮やかな美しさに包まれていました。




◆ 东巴谷


玉龙雪山 だけでなく、白水河でも絶景を満喫した後は、
適当な昼食後、ツアーバスに再び乗り込んで、その他の観光地へと向かいます。


029_DSC06564.jpg
まずは、 东巴谷


雲南省には、古くから、数多くの少数民族が集うエリアが点在し、
その中で、主に麗江とその周辺区域に集中的に居住しているのが、纳西(ナシ)族。
东巴(トンパ)というのは、彼らの言語で祭祀者を意味するようですね。


030_DSC06558.jpg 031_DSC06562.jpg
ガイドさんの案内に従って、东巴谷にあるその村を舞台に、纳西族の独特な文化に触れたりします。


032_DSC06565.jpg
↑見覚えのある風鈴♪ これは、願いごとが叶うとして、麗江古城内でも沢山飾られていましたね




◆ 玉水寨


东巴谷での見学を終えた後は、またツアーバスで少し移動した先にある、
玉水寨で、30分ほどの自由散策の時間になりました。


033_DSCN1710.jpg

034_DSC06569.jpg


玉水寨でも、やはり水は綺麗な透明で、周りの風景も色とりどりで美しいですが、
先ほど観光した白水河のそれに比べると、感動は少なかったですかね…。
整った庭園の中で、金色の像がひときわ異彩を放っていました。



さて、前述の通り、
本ツアーでは (一体なんの都合なのか?w) 束河古镇へは立ち寄らないとのことで、
玉水寨を出発して後は、よくある 地方のおみやげセンター へと誘なわれ。。。


そこには蜜はさすがに興味がないので、
土産センターでバスを降りた際に、ここでツアー参加を終えようと。
ガイドさんに別れを告げ、自分でタクシーに乗って麗江古城エリアまで戻りました。




◆ ここからは、おまけ (ツアー外の内容)

035_IMG_2875.jpg 036_DSC06570.jpg


旧市街(麗江古城)に帰ってきたのは、夕方4時半くらい。

まず即行で直行!だったのは・・・  足裏マッサージ ですよぉ〜☆ (笑)

玉龍雪山登山 と、その後の散策で疲れた体に、めっっっちゃ効きます。
これぞ極楽。もうホント、中国旅行のココがスキ♪



のんびりマッサージを受けて、すっかりリラックスした後は、
麗江古城内を練り歩いて、写真を撮ったり買い物したりと楽しい時間を満喫。

麗江のやや遅い夜も更けてきた頃、空腹ながら、古城内のとあるレストランを探します。
それは、(お店はどこでもいいのですが…) 雲南特色菜である汽鍋 のメニューがある所。

すでに、上海の 「Lost Heaven」 では頂いたことはあるのですが、
せっかくここまで来たのだし、やっぱり本場の汽鍋を味わっておきたいじゃないですか☆


・・・が、
特色菜のわりに何故だか付近であまり見かけなくて、困って探しあぐねたら、

037_DSC06617.jpg
古城内に、やっと汽鍋を出している↑こちらの 「秋月閣餐吧」 に出会えました!


038_DSC06622.jpg 039_IMG_2892.jpg


ご当地ビールである “風花雪月” を飲み干しながら、
世界最古のスチーム調理法の料理と言われる汽鍋 を、本場で食す。
ついでに、もう1つ 雲南といえば名物であるキノコ鍋 も、一緒に愉しむ。
これぞ旅の醍醐味。


・・・つゆ物ばかりでお腹タプタプになりましたがーw 美味しかったですよ。


ただ、時間が遅かったせいもあると思いますが、
店員さんたちが接客そっちのけでカラオケ大会を繰り広げている (苦笑) のも、
ある意味、中国ならではの趣深さ?? と、つい生温かい目で見てしまう蜜なのでした。



↓ランキングに参加しています。応援クリックして下さると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 06:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
前回からの記録、素敵ですねー(*´ェ`*)
中国人ツアーに交じれる自信がまだないのですが、こちらのブログ参考にしてぜひ白水湖いってみたいです。また遊びに来ます★
Posted by Yummy at 2013年02月08日 13:18
白水河も!・・・きれいですねー(*´ω`*)
九寨溝のような碧さ・・
碧さと山々のコントラストがまたいいですね。
行ってみたい・・・(*´ェ`*)
Posted by まるお at 2013年02月09日 00:00
まるおさんも書かれていますが、白水河って九寨溝みたいな色で台状石灰岩は黄龍みたいだし、ぜったいいつか行こうと思いました。
玉龍雪山にも行ったことないし。
Posted by chinausa at 2013年02月09日 11:22
1日で結構周ってますね。
东巴谷と玉水寨は寄ってないので、蜜さんの写真で満喫させてもらいました。
(印象麗江を見るより、こっちの方がよかったな)

この夕食。
店の雰囲気といい、鍋の形といい、
もしかして自分たちと同じ店でしょうかね?
見たことのないキノコ出てきませんでした?



Posted by しうみん at 2013年02月09日 14:51
 
当ブログにまでいらして頂き、コメントありがとうございます。
旅行記、お付き合い下さって嬉しいです。

もう Yummy さんなら、中国人ツアー全然いけますよぉ〜☆
お値打ちだし、言葉の勉強にもなる(ホントか?w)ので、是非トライしてみて下さいね。
Posted by >Yummyさんへ。蜜 at 2013年02月11日 09:45
 
九寨溝があまりに素晴らしい(だろうと思う)ので、
白水河は、それには及ばないでしょうけど、同じような気持ちになれそうな景勝地でした♪
まるおさんが、いつか玉龍雪山に行かれる際には、併せてお立ち寄り下さいませ。
Posted by >まるおさんへ。蜜 at 2013年02月11日 09:48
 
すでに中国各地の様々な場所へ、ディープに足を運ばれている chinausa さんが、
麗江はまだ未体験、というのが意外なほどです…。
絶対お気に召されると思うので、次回の旅行に計画してみて下さいね(笑)

蜜の方こそ、九寨溝と黄龍には早く行ってみたいです☆
Posted by >chinausaさんへ。蜜 at 2013年02月11日 09:52
 
選んだ中国人ツアーが、たまたま盛り沢山だったのですが、
蜜自身の目的としては、やっぱり氷河公園と登山と白水河だったので、あとはオマケですw

印象麗江は、しうみんさんのブログを読んで、
「これは… 寒空の下で、じっと1時間観るのは厳しそうだな?(苦笑)」
と判断して、特に希望しなかったのですが、冬ならそれがやはり正解でしたね。。。

本当に、この度は、しうみんさんのブログに大変お世話になりました!
ありがとうございます。
(この一連の旅行記の記事に、リンクも多く貼らせて頂きました。それにも感謝を☆)

夕食のお店は、
しうみんさんが仰っている所は、ブログにあった↓こちらのことですか?
http://xiumingtravel.blog91.fc2.com/blog-entry-90.html

だとしたら、雰囲気は似ていますが、少し違うようです。
珍しいキノコがふんだんに入ったお鍋が美味しかったのは同じみたいですが〜。
ジャガイモIN! がお気に入りなのも、蜜と一緒です(笑)
Posted by >しうみんさんへ。蜜 at 2013年02月11日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。