株主

2013年01月13日

鏡開き & 年越しは麗江にて

 
「上海大夜総会」 をご覧くださっている皆さま。

ご挨拶が遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます!


     pandaani264.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


2013年も、心を込めて綴ってまいりたいと思いますので、
どうぞ今後とも、蜜のブログを温かく見守って応援して頂けたら嬉しいです☆



†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†


鏡開き・・・ と称して、1月11日の夜は、

sIMG_3052.jpg
いちおう、お餅なんぞを焼いてみました。。。


↑え、お餅にワイン?! って?

このお餅には、バターと粗塩を加えておりますので、合うんです♪
サラダ煎餅みたいな味わいに。オススメですよ。

緑のボトルの色合いに惹かれて買ってしまった、この白ワインは、
「しんせん館」 のネットスーパー で、89元。のわりに、いい仕事します〜。


・・・それにしても、丁度2年前の、
2011年の鏡開きには、バー 「水土木」 で、こんな美味しいものを飲んでいたのねw
※ このお店は、残念ながら現在はありません。


†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†


2012から2013へ、年が新たになる瞬間は、
皆さますでにご存知の通り、蜜は雲南省の麗江で過ごしておりました。


2012年12月31日。

前日までドキドキしながら冬山支度を整えた 明くる朝、
かねてから憧れだった、 玉龍雪山 の 4680m 地点まで登る ツアーに出発。


sDSC06525.jpg
蜜にとって、人生初の高山体験。それはもう・・・ 感無量の絶景 でした!!


空は澄みきった真っ青。
空気は、ちょっと薄いけれどすごく新鮮で、おいしい。
雲は、遥か見下ろす位置に一面広がる・・・


sDSCN1628.jpg
雲海、という単語の意味を初めて実感した気がしました。


玉龍雪山の、ここまで辿り着く道のり等については、
次記事にて改めてご紹介させて頂くことにして、ここでは割愛しますが、
本当に素晴らしい経験ができた、2012年の締めくくりでした。



2013年1月1日、元旦。

sDSC06662.jpg
2013年は 麗江古城 で迎えました。上海や重慶などと比べると、ずいぶん暖かい気候で嬉しい。


ま、元日ですからね? ここは景気づけに・・・

sDSC06661a.jpg sDSC06670a.jpg
明けおめビールは、ご当地・大理ビールでグイッとねw  麗江古城内に数ある屋台の小吃をつまんだり。。。


↑昼間っからのアルコールに、たこ焼きとかクレープとか♪
なんだか日本の初詣っぽい気分になるでしょ。肝心のお参りはできてないけどー(笑)



午後には、麗江古城エリアから外れて、束河古鎮と黒龍譚(玉泉公園)へ。
こちらも詳しくは次記事以降で触れようと思いますが、

sDSCN1766.jpg
黒龍譚(玉泉公園)から臨んだ、麗江の夕べ。


水面に映る上下対称の景色があまりに綺麗で、息を飲むほどでした。
池の向こうに望むのは、前日に登った玉龍雪山。
その厳かな佇まいに、納西(ナシ)族の崇拝する山だという神聖さを感じました。


こんな年越しと、新年の幕開けを慶べたこと。
旅に出かけて本当に良かった・・・ と、しみじみ感謝の絶えない貴重な数日間でした。



↓2013年も、どうぞ応援のクリックをして下さると嬉しいです♪ (ランキング参加中)
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 23:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すご〜い!。
この風景は感動ものですね。
晴れ渡った空は何事にも代えがたいと思います。
今年はこんな澄んだ気分で過ごせたらいいですね。
それにしても、高山病大丈夫でしたか?
Posted by 玉龍雪山 at 2013年01月14日 22:39
冬の玉龍雪山の景色、すごいですね。
私はシャングリラ、麗江、大理を路線バスで巡る計画を立てているので、スリップ事故を考えると「冬は無し」という前提でしたが、この景色を見ると冬に行きたくなりますよね。チベットの山々も冬の方が綺麗だというし。
来週お話を聞かせて下さい。
Posted by ムーゾン at 2013年01月15日 09:50
わ〜凄いステキですね〜
いつか行ってみたい憧れの地です
空が見えない上海でこの記事を見ると今すぐ飛んで行きたい気分になっちゃいます〜
続きを楽しみにしています♪
Posted by ろん at 2013年01月16日 09:38
 
写真だけでお伝えするのもなかなか難しいほどの、圧巻の景色でしたね。
こんな青い空が、中国にもあるんじゃん(笑)って思いました。

> 今年はこんな澄んだ気分で過ごせたらいいですね。
本当にそうですね。。。
そっか、そういう風に思えばいいんだ。だからあの風景を年末年始に見たのかなぁ?ワタシ…。

高山病にならないで済んだのは、自分でも不思議なのですが、
おそらく前日から麗江古城に1泊してて、
多分すでに、あそこでも2000mくらいありますよね?
一気に行かず、ゆっくりゆっくり慣らしていけたからかな?と思ってるのですが。
Posted by >玉龍雪山・・・っていうか、chinausaさんへ(笑)。蜜 at 2013年01月16日 17:51
 
春節の時期のことは分からないのですが、
年末でありながら麗江はかなり暖かで、驚いたくらいですよ。。(重慶・成都は寒かったー!)
行ったことないので、シャングリラや大理は同様でないのかもしれませんけど…。
バスツアー、実現されたら素敵ですね。

山には疎い人間ですが、
やはり山は冬が一番キレイという、その意味がなんだか分かった気がしました。
来週、おみやげ片手に色々お話しましょうね〜♪
Posted by >ムーゾンさんへ。蜜 at 2013年01月16日 18:00
 
自分にとっても、ずいぶん長いこと憧れの地でした。
中国で、こういう景色を見るのが初めてだったので、余計に感動しましたね。
そう、上海のような都市部では決して見られないような濃い青の空…。

続きも、少しずつ書いていこうと思います。
引き続き読んでいただけたら嬉しいです☆
Posted by >ろんさんへ。蜜 at 2013年01月16日 18:35
玉龍雪山も黒龍譚も、すごくきれいですね。
続きが楽しみ!



Posted by しうみん at 2013年01月17日 21:44
 
続き・・・ 早く書きたい!と思いつつ、まだ写真選びの段階です(苦笑)
旅行のって、枚数多いから悩んじゃいますよね〜。
少しずつですが、綴っていきますので、どうぞご覧いただけたら嬉しいです。
それにしても、しうみんさんのウケウリだらけの麗江観光ですよw
Posted by >しうみんさんへ。蜜 at 2013年01月18日 17:52
なんかサイバラに似てるね
いわれま?
Posted by まるお at 2013年01月21日 02:05
 
はじめまして。コメントありがとうございます。

サイバラ・・・ って、西原理恵子さん??
それしか思いつかなかったんですが(ごめんなさい 笑)、
似てるってどこが似てるんでしょう。。。
Posted by >まるおさんへ。蜜 at 2013年01月22日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。