株主

2012年12月30日

この年末年始は中国国内旅行へ

 
・・・すでに旅立っております。


sIMG_2762.jpg
12/29 に、まずは上海から重慶へと向かいまして・・・


sIMG_2796.jpg
重慶で1泊し、12/30 の午後には麗江へ移動。


今現在は雲南省・麗江より、ブログ記事をお届けします。蜜です♪


sIMG_2835.jpg


2012年から13年へと移ろう、この年末年始は、
(いつもながら)急に思い立った中国国内旅行で迎えることになりました。

行き先は、 重慶 → 麗江 → 成都・楽山 の周遊予定。

麗江では玉龍雪山に登って、
成都ではパンダと楽山の巨大仏像を見るのが本当に楽しみです!



そして既に、ここまでの日程でも思い出深いものがたくさんありましたよ〜。


sIMG_2770.jpg sIMG_2823.jpg
ご当地ビールの飲み比べ♪ 写真左が重慶の山城啤酒、右が雲南の風花雪月と大理啤酒。


scho_hinabe3.jpg sIMG_2824.jpg
その地方の名物を食す。重慶の 「外大行火鍋」 と、雲南の米线。どちらも旨辛さが蜜好み☆



それから、観光名所巡り。

sDSC06358.jpg
重慶 : 解放碑   重慶って、坂が多くて細い道なので、香港の街並みに似ていますね。


sDSC06389.jpg

sDSC06391.jpg
重慶 : 洪崖洞   切り立った崖にそびえ立つ趣深い商場と高層ビルのコントラストが圧巻!


sDSC06407.jpg
重慶 : 朝天門   長江と、もう1つの河が合流する地点で、混じり合う水の色が異なるという・・・


sDSC06461.jpg
麗江 : 麗江古城   ものすごく観光地化されてしまっているとはいえ、繁華街はやっぱり楽しい♪


sDSC06469.jpg
麗江古城内 : 水車   このエリアの中の目印にもなる、シンボル的存在。流れる水も綺麗です。



あとは・・・・・・


sIMG_2820.jpg sIMG_2821.jpg


↑麗江でのホテル選びは、観光の利便性を考えて、
麗江古城内の所を探して選んだのですが、これがなかなか愉快で(笑)

まず、かなりディープな狭い路地の奥にあるもので、
自力では探せず・・・ 荷物引きのリアカーおじさんにお願いすることにw

ようやく辿り着いたそのホテルは、とってもクラシカルな佇まい!
部屋に入る扉は両開き、床はミシミシ言う、内鍵もこんな木を差し込むタイプ。。。
だけど、意外と中は整然としているし無線LANも完備◎

こういう宿、味わいがあって楽しいなぁ〜と、只今満喫しております。



それから、

sIMG_2834.jpg sIMG_2791.jpg
今回は、現地調達に頼ることにしていた防寒具。お手頃価格でカワイイのを揃えられて大満足♪


諸々あって、今年は上海では冬物の買い足しをなるべく控えているのですが、
標高4000m以上の地点まで行くことのできる玉龍雪山 に登るのに、
これまで持っていた服飾小物だけでは、寒さに太刀打ちできないだろうと考え・・・

けれど、旅行前に揃える時間の余裕もなかったし、
なんだかたまには地方都市でショッピングしてみたい気分にもなったので、
探すのは必死でしたが、色々見てまわるのはウキウキしましたよ。

白い毛糸の帽子は、重慶の問屋ビル(民族路沿い)みたいなところで。
安いのを手に入れるのに一苦労した、あったかブーツは、
麗江古城を出た先、福彗路の小さくてボロい一軒屋の靴店にて。


これらのニューアイテムを携えて、
2012年の大晦日、蜜は玉龍雪山へ登りに行ってこようと思います☆

そこは一体、どんな世界なんだろう?


今回、麗江を旅するにあたって大変参考にさせて頂いたのは、
この御方のブログ記事 です。


3年以上前から、ブログを通じてのお付き合いのある方で、
その当時、蜜が麗江の美しい風景に羨ましくなりコメントを入れたこともあります。
まさか本当に、その場所へ行く機会に恵まれるなんて考えもしなかった・・・。


せっかくの中国国内旅行、存分に満喫して帰りたいと思います♪



↓ランキングに参加しています。応援クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:54| Comment(12) | TrackBack(1) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年快楽!
お久しぶりです〜

Twitterで雲南省麗江旅行されていることは、こっそりと見てたんですが(←ストーカーじゃやないよ)

麗江古城、白水河、玉龍雪山に、灯篭流しで・・・「懐かしいルートだな〜」って思ってたら、過去記事を見ててくれてたんですね。
ありがとうございます。

玉龍雪山も晴れてたようで良かったですね。
山登りが終わったとはいえ、まだまだ標高が高いので、飲み過ぎにはご注意を。

それでは、今年もよろしくお願いします。
Posted by しうみん at 2013年01月01日 09:42
重慶、麗江、楽山と盛りだくさんな旅行ですねえ。玉龍雪山は寒くなかったですか?夏でも雪が残っていましたから。でも冬山はきれいそうですね。
Posted by chinausa at 2013年01月03日 12:18
 
昨夜、旅から帰ってまいりました♪
新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

そうなんですよ〜。今回の麗江では、しうみんさんのブログを大変参考にさせて頂きました☆
3年前、「行ってみたいなー」なんてコメントしたことが現実になりまして。
旅先が麗江と決まった瞬間から、もう、しうみんさんの過去記事を熟読しまくりでした(笑)

玉龍雪山の4680m地点も、白水河も、灯篭流しも、東巴文字の風鈴も・・・
しうみんさんのご経験が羨ましくて、おかげさまで大満足な麗江旅行ができました!
本当にありがとうございます。

ツィッターご覧になって下さってたんですね♪
(…えー だったらたまにはリツイートとかして下さいよぉ〜・笑)
Posted by >しうみんさんへ。蜜 at 2013年01月04日 17:24
 
明けましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願いします。

時間の都合で、結局は楽山へは辿り着けなかったのですが、成都を楽しめました。
でもやはり、旅行の目玉は麗江だったかもしれません。初めての高山経験。

・・・え、でも、雪ありました?(汗)
白く見えるところは、岩肌かと思ってたんですが・・・もしくは霜?氷??

自分たちの歩く道は、霜がおりていて少し滑りましたが、
寒さは(対策が効いたのか)それほどでもなく、むしろ階段続きで汗ばみましたw
玉龍雪山は、11月〜2月がキレイに見えるということで、景色は抜群でした☆
Posted by >chinausaさんへ。蜜 at 2013年01月04日 17:39
玉龍雪山から無事帰られたようですね。
私のチベットでの経験から4,000mオーバーの真冬って超危険と思っていたのですが。
4,000m級を汗ばむほど歩ける体力もすごいです。高山病、大丈夫でしたか?
またお話を聞かせて下さい。
Posted by ムーゾン(蜜さんへ) at 2013年01月07日 10:17
蜜ぅ。
上海戻り次第至急メール見てちょ。
Posted by 姐w at 2013年01月07日 20:37
 
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくです☆

仰る通りでして、かなり寒い&ツライ高山病のことを心配しながら行ったんですが・・・
ある程度、防寒には気を払ったとはいえ、
意外とそれほどでもなかったのは、雲南省自体が暖かいから??(自分でも不思議)

幸い、頭痛は全くなくて済みました。でも酸素ボンベは使いましたよ〜。
ロープウェイを降りた後は、4680m地点まで行くのに、
あとは自力で階段を登り続けるしかないのです。。。
なので、休み休み行っても、空気も薄いしハアハア疲れながら上へ上へ…
・・・確実に汗ばみますw

でも、蜜にとっては初体験で、本当に楽しかったです!
限りのある中国生活の間に、望みを1つ叶えることができました。
もっと色んなご経験されているムーゾンさんには敵いませんが、またお話ししましょうね〜♪
Posted by >ムーゾンさんへ。蜜 at 2013年01月08日 17:43
 
姐さん〜!!
ごぶさた & あけおめ & 今年もどうぞよろしくです☆

メール拝読しました。ありがとうございます。
また改めてお返事させていただきますね〜♪
Posted by >姐さん!wへ。蜜 at 2013年01月08日 17:46
初めてコメントします。麗江古城いいですよね。夜のライトも趣きがあり、清潔なトイレが町に沢山あり、落ち着けたのが記憶に残っています。旧市街の宿に泊まられたの面白そうですね。私は春節のときでしたが、玉龍雪山は非常に寒くて、自分のコートのうえに借りたレンタルコートを着たのを覚えています。上海には2010年までいましたが、楽しいブログですね。ときどき今後も覗かせていただきます。
Posted by MITSU at 2013年01月09日 20:48
 
MITSUさん、コメントありがとうございます。
折角くださったのに、お返しが大変遅くなり申し訳ありません。

麗江古城の中の宿に泊まるのは、利便性を考えて計画したことですが、
実際に行ってみて、味わいのある宿で、もちろん地の利も生かされていて、
この場所を選んで本当に良かったと実感しましたねぇ。

春節のシーズンだと、もっと寒いのでしょうか?
蜜も覚悟して向かったのに、意外と大した寒さではなくて拍子抜けでしたw

でも着て行ったのが、上海で作ったダウンコートで…
これがやたらと綿の入った厚くて暑いダウンでして…(笑)
だから余裕で乗り切れたのかもしれません☆
Posted by >MITSUさんへ。蜜 at 2013年01月15日 19:50
麗城古城は寒かった記憶が全くないので、春節の頃が寒いというより、山へ行った日が寒かったのかと思います。あと、小雪が舞うなかでみた野外劇も寒かった。
新しくアップされた写真も、同じアングルで景色をみたなととても懐かしいです。お泊りになったタイプの宿は空調や水周りなどが心配で、中国赴任中に泊まらずじまい。お写真をみると綺麗で機能面もしっかりしていそうで後悔です。
Posted by MITSU at 2013年01月20日 15:19
 
麗城古城ですでに2000mくらいある(?)ようですが、玉龍雪山はさらに標高ありますもんね〜。

> 小雪が舞うなかでみた野外劇
↑それって、もしや「印象・麗江」では??
蜜もそれにちょっと惹かれたんですが、野外に約1時間ほど居続けなくちゃいけないと思うと、
さすがに冬場はやめておこう・・・と(苦笑)

泊まったホテルですが、
旅の始まる前日?2日前?とかにギリギリで選んだもので、あまりよく考えませんでしたw
一応、ctrip(で取りました)の紹介写真を見る感じは内装フツーだったので、
行ってみたら、実際の方が予想以上にフツーではなかったですww

部屋の鍵は、南京錠と木の板?(笑)とかいうレトロさですが、
意外と水周りなどは清潔で、気になる不備もそれほど無かったですね。いい思い出です♪
Posted by >MITSUさんへ。蜜 at 2013年01月22日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310772479

この記事へのトラックバック

中国国内旅行
Excerpt: 上海大夜総会 -Annex-: この年末年始は中国国内旅行へ sIMG_2796.jpg 重慶で1泊し、12/30 の午後には麗江へ移動。 今現在は雲南省・麗江より、ブログ記事をお届けします。蜜です..
Weblog: 旅行 はおまかせ
Tracked: 2013-03-28 08:45

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。