株主

2012年08月15日

ブランコから外灘を臨むバー「羅斯福」

 
6月はじめのお話ですが。 (どんだけ前…)

いつも、お互いのブログを通して情報交換をさせていただいている、
九州にお住まいの Sonnyさん が、ご旅行で上海にいらっしゃるということで、
初めて!実際にお会いしてまいりました〜♪


1次会のお食事では、リクエストにお答えして 「永興餐庁」 へ
その後は、河岸を変えまして、
やはり観光でいらしている方をお連れするならば・・・と、外灘へ。

実は、かのエリアで、蜜自身もまだ訪れたことのない注目のバーがあったのです。
それは、外灘27号の 「羅斯福」(THE HOUSE OF ROOSEVELT)


sDSC04426.jpg
その名から連想される通り、アメリカの名家・ルーズベルト家に縁のある建物。 ※沿革については コチラ


sDSC04427.jpg
「羅斯福」(ROOSEVELT) の三文字が光る、格式高いエントランスを抜けて・・・


1階・2階は、アメリカの上流階級が好む家庭料理を愉しめるレストランになっている
そうですよ。(特に2階の巨大なワインセラーは圧巻のようです!)

蜜たちがこの夜に目的としていたのは、9階にあるルーフトップラウンジ☆
エレベーターを8階でいったん降り、レストランのフロアを横切って、
9階屋上まで続く別のエレベーターに乗り換えます。



sDSC04428.jpg sDSC04432.jpg
エレベーターの扉が開いたら、もうそこには夜空と浦東の摩天楼が180度にわたって広がっています♪


sDSC04434.jpg


sDSC04429.jpg


sDSC04443.jpg



特筆すべきは、
まず、このルーフトップラウンジはかなり広々としていて、席にも余裕があること。
流されている音楽も控えめな音量で、落ち着いたムードであること。
そして何より、 意外なまでに空いている! ということ… (笑)


特に↑3番目の利点、これ、この辺りの立地を考えたらあり得ないくらいですよ。
蜜が行った日がたまたまなのでしょうか?

でも、日曜日だったんですよ。
金・土に比べたら少なめな可能性はありますが、
休日の夜9時台で、ほっとんどガラガラ・・・ っていうのは貴重☆


平素の混雑具合はよく分かりませんが、
とにかくこの夜は数組しかお客さんがおらず(しかも欧米人でなくほぼチャイニーズ)、
「席はどこでもお好きなところをどうぞ」 と店員さんが言うほど。

正直、お客様をお連れしている身でしたので、
賑やかすぎたり混んでいたりして、あまりゆっくり場をご満喫できないようでは恐縮だな…
なんて心配をしていたので、この 穴場っぷり にはホッとしましたw



ところで、
この 「THE HOUSE OF ROOSEVELT」 のルーフトップラウンジには、

sDSC04439.jpg
何故か、こんなブランコのカップルシート? まであるという・・・(笑)


↑あるらしい、というのは事前に仕入れた情報で知ってはいたのですが、
実際に目にすると・・・ 肩の力が抜けるような、ちょっと魅力的なような、複雑な気分にw

けれど、ちゃんとブランコの前にテーブルまで用意されているし、
目の前は煌びやかな浦東の摩天楼!という素晴らしい位置に置かれていますから、
れっきとしたベストシートの1つと言えるのでしょうね♪



そんな一風変わったタイプの席を横目に、蜜たちが選んだのは、

sDSC04444.jpg
外灘側の、クラシカルな金色の夜景までもが視界に入る、フロアで一番東側の奥の一角。


籐の椅子に腰掛けて、どのカクテルにしようかメニューをじっくり拝見。


sDSC04461.jpg
蜜としては、やはりここはシグニチャーカクテルである Roosevelt Martini を。

一般的なマティーニに、ローズシュガーを加えているところが特徴でしょうか。
グラスに浮かんだ赤い花びらが美しい。お味もなかなか良かったです。



sDSC04454.jpg

sDSC04451.jpg

sDSC04453.jpg


それにしても、本当に、ここ
「THE HOUSE OF ROOSEVELT」 ルーフトップラウンジの景観は素晴らしい。

外灘でも27号という、やや北よりな立地が功を奏して、
浦西側の金色のネオンも、黄浦江を挟んだ対岸である浦東側の彩りも、
その両方が楽しめるという点において、このバーへの印象がぐっと上がりますね。

しかも、割りあい静かに、ゆったり広々と。
(日によるかもしれませんが)混雑や喧騒に悩まされることもなく…。



浦東と浦西の夜景を一度に! という地の利でいえば、
もはや定番である、HYATT ON THE BUND(上海外灘茂悦大酒店)の 「VUE BAR」
もしくは、南外灘からの眺望を Hotel Indigo(外灘英迪格酒店)の 「char bar」 から。

というのが、これまでの蜜のアテンド概念でしたが、
期待と予想をはるかに上回った形で、
「THE HOUSE OF ROOSEVELT(羅斯福)」 のルーフトップラウンジにも、
心の中で大きな一票が投じられたことは言うまでもありません☆


ただ1つ、心残りなのは・・・


sDSC04442.jpg
ブランコ席で、ゆらゆら揺られながら、想い入れ深いこの景色を前に乾杯したい。


蜜がこの席に座るべくして座る時。
それを・・・ いつかの、ささやかな願掛けにしてもいいでしょうか?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■羅斯福(THE HOUSE OF ROOSEVELT)■
上海市黄浦区中山東一路27号(×北京東路)
9Fルーフトップラウンジ
Reservations: 021-2322-0800




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


この記事へのコメント
いやあ、本当に素晴らしい所でした。
今まで、上海で行った中で一番の景観です(o^-')b

一軒目のお店も前評判通りのディープな所で、ワクワクでした\(^_^)/
本当にありがとうございましたm(u_u)m

今年の夏は、ボートで点々とする生活を送っております。
今日は福岡で花火見物です(^_^)v
秋になったら、また旅行を開始しようかと思いますので、また宜しくお願いしますね('-^*)/
Posted by Sonny at 2012年08月15日 19:54
 
早っ。記事をアップした途端、すぐさまコメントを下さいましたよね?(笑)
ありがとうございます。

その節は、こちらこそ楽しくて・・・ いい思い出になりました♪
本記事を綴る際、Sonnyさんのブログもいくつかリンクさせて頂きました。
蜜にとっても、このバーの素晴らしさは予想以上で、ご一緒できて本当よかったです。

Sonnyさんのご生活、いつもなんだかとってもラクジュアリーで驚いてしまいます☆
少し前にお伺いした、出島ワーフのボートといい、素敵すぎ!

日本は花火大会真っ盛りの季節ですね〜。キレイでしたか?
Posted by >Sonnyさんへ。蜜 at 2012年08月16日 19:54
そんなに大きな花火大会ではありませんでしたが、マリーナに停めたボートから見られたので、なかなかイイ感じでした(o^-')b

小さな船なので、ラグジュアリー感はないのですが、アウトドア感は味わえるので、それで良しとします。
ブログ掲載は、まただいぶん先になると思います(^o^;)
Posted by Sonny at 2012年08月17日 00:26
 
マリーナに停めたボートから見る花火!!
そんな体験、したことありません・・・ 羨ましいなぁ☆

ボート遊びだなんて、ある種、究極のアウトドア感だと思いますよ。
ブログにいつかアップされるのを楽しみにしていますね〜♪
Posted by >Sonnyさんへ。蜜 at 2012年08月17日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。