株主

2012年03月28日

[カリブ/セント・マーチン島:5] 国境と、ダッチサイド・ドライブ。

 
以前にも載せましたが、セント・マーチン島は、
北側がフランス領(フレンチサイド)、南側がオランダ領(ダッチサイド)
という具合に、だいたい半分くらいに分割されている場所なのです。

220px-Saint_martin_map-thumbnail2.jpg


今回の記事では、地図の下半分:ダッチサイドをドライブして見た風景を中心にご紹介。


* * * * * *


◆ セント・マーチン島でレンタカー


sDSCN0184.jpg
まずは、車を借りましょう♪


レンタカーにあたっては、こちらの方のブログ を参考にさせて頂きました。
大変分かりやすく、詳しくまとめて下さってます。 (ありがとうございました!)

蜜たちは、結果 dollar で借りることに。
(ちょっとうろ覚えですが)確か、1日60ドル(保険料込み)くらいだったかな?

この方 も仰ってる通り、
カーナビはありません。ていうか、必要ないんだろうなw
昔行った沖縄・西表島でもそうでしたが、基本、道なりに行くしか道もない というww

地図も、レンタカー屋さんや空港に置いてあるのをもらえば十分♪


セントマーチン島s地図.JPG
※ ↑画像をクリックすると、別窓で拡大表示できます。


空港に dollar のカウンターがあって、そこからレンタカー屋さんの車で近くの営業所まで。
手続きを済ませたら、さぁ出発です!

まずは・・・

やっぱ国境でも見に行きたくない?



◆ 国境を見よう


sDSCN0183.jpg
Welcome to the French Side〜!☆


↑この国境の看板は、マホビーチ からはすぐの所にあります。

上図(拡大できる地図)下側の一番左端っこ、SIMPSON BAY LAGOON の辺りですね。
小高い丘を登ると、あっという間に出会えてしまった国境(笑)


ここでは、ダッチサイドを中心にドライブする計画のため、
そのまま北側へはグーッと行かず、フレンチサイドとの国境付近を軽くグルグル・・・

sDSCN0191.jpg

sDSCN0197.jpg


sDSCN0185.jpg
↑ちょっと高級そうな家? 別荘? コンドミニアム? があるかと思えば、、、

sDSCN0202.jpg
↑セント・マーチン島で暮らす一般の方々のお宅は、こんな感じの建物が並んでいます。


sDSCN0194.jpg
ダッチサイドへの戻り道にも、また別の国境が。こちらには碑も建てられてますね。



◆ ダッチサイドを道なりにドライブ


上図(拡大できる地図)下側の一番左端から、右(東)へ向かって進んでいくので、
プリンセス・ジュリアナ空港の横を通り抜けていくことになります。

sDSCN0209.jpg
そこへ、ちょうど着陸したばかりの KLM ジャンボ機が滑走路を走っているのに遭遇!!


・・・となると、ついつい・・・


sDSCN0211.jpg

sDSCN0218a.jpg


わざわざ引き返して、大興奮の併走!
とかしたくなるマニア。  ※完全にムダな行程です…(苦笑)



さて、気を取り直して、ダッチサイドを東へ向かってドライブw
PHILIPSBURG(フィリップスバーグ) という繁華街を目指して進みます。


sDSCN0204.jpg
島の滞在初日の晩からお世話になってるローカルビール Carib のCM看板♪

sDSCN0199.jpg
そしてやはり、こんなカリブの小さな島にも、中華料理店 は数件見かけました(笑) さすがだ。

↑ちなみに、日本料理店はおそらく1軒もありませんでした。


sDSCN0399.jpg
ドライブの途中、ザーーッとスコールが!! でも、20分くらいですぐ止む(毎日そう)。

sDSCN0400.jpg
通り雨が上がった頃、車窓にステキな景色がひらけてきました☆

sDSCN0402.jpg

sDSCN0403.jpg
おそらくカリブ海クルーズの豪華客船でしょうね。大きい〜!



◎ 島を走っていて興味深かった点 ◎

sDSCN0205.jpg
@ 島の面積や人口の割に(?) 動物病院が多そう なこと ※人間の病院より沢山見かけたw


sDSCN0206.jpg
A レンタカーだけでなく、島民の乗る車にも、日本車の数 が結構目立ったこと


sDSCN0435.jpg
B この島、おそらくほとんど 信号がない? こと  ↑滞在中唯一出会った信号


sDSCN0436.jpg sIMGP0151.jpg
C 意外にも、時折あちこち 渋滞する こと (逸れたくても他に道も無いからだろうな…)



◆ PHILIPSBURG の街並み


ダッチサイド一の繁華街に着きました。
このエリアに入ると、急に道が狭くなり、両側に小店が増え、渋滞しだすのが特徴です(笑)


sDSCN0410.jpg


PHILIPSBURG の商店街は、歩行者オンリーの散歩道になっているので、
付近の駐車場で車を停めて、散策に繰り出しましょう〜。


sDSCN0406.jpg sDSCN0409.jpg
やや田舎風のショッピング街って感じで、垢抜けすぎないところがまたイイのかも。

sDSCN0434.jpg
でも一応、有名ブランドショップもいくつか並んでいましたよ!

sDSCN0418.jpg
控えめながら、カジノ店。(そういえば、ソネスタ・マホビーチのホテル周辺 にもあったな…)

sDSCN0419.jpg
ちょっと脇道に逸れると、急に寂しくなって、ローカルっぽくなる雰囲気。。。

sDSCN0408.jpg sIMGP0154.jpg
なかなか渋い品揃えの電化製品ショップに、やっぱりこんな所にもあった中華料理店の看板(笑)



◆ PHILIPSBURG で見つけたお土産


sDSCN0412.jpg sDSCN0417a.jpg
散歩していて、偶然入ってみた↑コチラのお店で出会い、一目惚れしたネックレス♪

これぞ、ご当地しかないお土産でしょ〜。色もお気に入り。
しかもダッチサイドっぽく、オランダ語で島の名前の刻印!
“St.Maarten(シント・マールテン)”


このショップでは、島ならではの特産品なども取り扱いがあって、

ss119574921.jpg

↑手前のおじさんのはダッチサイドのオリジナルブランドらしく、
調味料やお酒のラベルでよく見かけました。(ドライブ中に看板とかもあったような…)
フレーバーティーはカリブ仕様。絵がエキゾチックですね。



◆ PHILIPSBURG(フィリップスバーグ)から臨む湾


ショッピングモールから海側の道を抜けると・・・

sIMGP0157.jpg sDSCN0425.jpg
ヤシの木のトンネルをくぐって、

sDSCN0431.jpg
とても穏やかな風景の広がる湾沿いを散歩できるようになっています。


sDSCN0432.jpg

sIMGP0167.jpg sIMGP0166.jpg

sIMGP0172.jpg

sIMGP0173.jpg
また豪華客船が停泊していますね。(さっきと同じ船?)


なんとなく・・・
PHILIPSBURG という街は、横浜の元町や山下公園の辺りを彷彿とさせるような風情。
異国情緒漂う (って異国ですが・笑) 華やかすぎない、のんびりした開放感に満ちた港町。


sIMGP0174.jpg



◆ ダッチサイドで夕食


さて、陽も落ちてきたところで、そろそろ ホテル へ帰りがてら晩ゴハンでも。。。

PHILIPSBURG から西へ、プリンセス・ジュリアナ空港に戻るまでの道の間に、
多国籍な料理のレストランがいくつも並んでいるエリアがあり、

sDSCN0154.jpg
そのうちの1軒に、適当に入ってみることに。

sDSCN0153.jpg sDSCN0152.jpg
カジュアルなこのイタリアンレストランは、前日のお店と違い (笑) 結構賑わっていました。


パスタはそこそこでしたが、具の海鮮はゴロッと大振りで食べ応えがありましたよ。
島の滞在中、ずっと感じていたことですが、
大体どのお店でも、最初に出されるパンがすごく美味しい!
ただ、やはり欧米人向け仕様なので量が多く、すぐお腹いっぱいになっちゃうのが惜しい…。



↓次記事からは、島のフレンチサイドに移ります。引き続きの応援クリックが励みです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅>カリブ海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの写真を見せていただいて
「あぁ〜セントマーチンだぁぁぁ!」って胸ぱんぱんです。
私も車から日産撮ったなぁ〜。
また行きたいなぁ〜。

私のサイトを参考にしていただいて本当に嬉しかったです。
私がセントマーチンのことを調べてたときに情報が少なくて
誰かの役に立てればいいなぁと思って開設したブログだったので。
これからも楽しみに読ませていただきますね。
Posted by さくらこ at 2012年04月23日 00:33
 
わざわざ、当ブログまでお越し頂いてのコメント、本当にありがとうございます!
お返しが遅くなってしまい申し訳ありません…。

さくらこさんのセントマーチン島の記事は、熟読した上で、
実はプリントアウトして現地まで持って行ったほどにお世話になりました(笑)

やはり情報の少ない島だし、ガイドブックもあるわけではないので、
ブログで書き残す(残して頂く)のって大切なんだな〜と改めて思いました。

蜜自身も、超スロー更新でしたが、ついに島滞在の全てを書き終えることができました。
フレンチサイドのヌーディストビーチにも、さくらこさん行かれてましたよね?
もしよろしければ、ご覧になってみて下さい。
楽しかった思い出をまた振り返っていただけたら光栄です♪

とってもお世話になりました。今後ともよろしくお願いします☆
Posted by >さくらこさんへ。蜜 at 2012年04月28日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。