株主

2012年02月27日

[カリブ/セント・マーチン島:1] 空と海と、飛行機と。

 
2012年の春節、
カリブ海に浮かぶ ※ある意味 絶景の島セント・マーチンへ旅をしてきた お話です。



この↑ “ある意味” って・・・



sIMG_AA.jpg
つまり、こういうこと。



旅の記事を、時間軸でつらつら書いていくのもいいんだけど、
やっぱりこの島の魅力をご紹介するなら、まずはコレが一番最初でしょ!

空も、海も、そりゃあもう勿論、とーっても綺麗でしたよ。
けれどそれは、全世界でなにもセント・マーチン島に限ったものではないかもしれない。



でも、こんな仰天風景は、ここだけでは?




ssmaho_2.jpg
なんかもう、ぶつかりそうだし・・・。


sIMGP0320.jpg
ホントすごいんです! ありえない近さで!!


趣味が高じて、これまでも色んな絶景ポイント(日本国内外)をまわってきましたが、
ここ以上の迫力はやっぱり無い。。。


沖縄の、タッチアンドゴーを間近で見られることで有名な下地島でも、
同じように美しい海のすぐ真上を横切る旅客機を眺めることができます
けれど、
あそこはコンクリートで固められた堤防からの景色なので、
なんていうか・・・ 砂浜で水着で臨む無防備感と興奮 とはまた違うんですよねぇ〜。


sIMGP0110.jpg

sIMGP0044.jpg sIMGP0065.jpg
こういう感じね。



* * * * * *



ここらで少し、場所の説明を挟みましょうか。


s201201_StM_map.jpg
島の地図(一部)。マホビーチというのが、この仰天風景を体感できるビーチ☆


↑この地図で一目瞭然の通り、
プリンセス・ジュリアナ空港へ離着陸する飛行機を、超間近から臨める立地。


sDSCN0105.jpg
これがプリンセス・ジュリアナ空港の玄関口。


↑ここを出て、空港を背に左へまっすぐ道なりに10〜15分も歩けば・・・


sDSCN0109.jpg
名物看板!(笑) がお出迎えしてくれる、マホビーチへと到着♪


sSANY0001.jpg
そして目の前は青い海〜! ホラホラ、早速来ましたよ。。。



sIMGP0101a.jpg
お約束の真下ショット☆



それにしても、

sDSCN0378.jpg
この看板、本当にあるんだなぁ…(笑)


ウワサでは耳にしていたけど、ちゃんと実在してました。
しかも、ご丁寧に4箇所くらいに・・・。

離陸する飛行機の真後ろにあたる位置にいたっては、
ガードレールにも 『 D A N G E R 』 の文字がペンキで塗られており、
「んな大袈裟な」 と、やや高をくくっておりましたが・・・・・・



その後方気流を甘く見てはいけなかった。



sSANY0046.jpg
離陸もまた、すごい近距離。みんな手を振る(のまで見える)。機長さんも乗客も、ビーチの人たちも…


そして、滑走路の定位置に着くなり、
ジェット機はエンジンをかけ、容赦なく後方気流を全開に吐き出す!!!


と、


smaho_1.jpg


真後ろのビーチで待機していた我々はこうなる。。。


smaho_007.jpg



・・・いや、マジでこれは ひどい すごい!!!!!!


まず、立ってられない。
まさに爆風! 吹き飛ばされます。写真でも、おばさんとか転んでるし。

さらに追い討ちをかけるのが、体じゅうに襲いかかってくる砂嵐。
前が見えないとか、もうそんなレベルじゃない。
ご覧の通り、ワタシ、砂煙に隠れて見えなくなってるでしょ?(笑)


このハンパなく激しい爆風砂嵐・・・ まじめに痛いっつーのw
もうね、一体何の罰ゲーム?としか思えませんよ。
自ら立ち向かっておきながら、途中から大層後悔しましたからねww

看板は決して大袈裟じゃない。これは未体験のDANGER!



sDSCN0383.jpg
な〜んも飛行機いない時は、こんなに穏やかで美しいビーチなんですけどね…



そうそう、着陸機のハイライトにも触れておかなくちゃ。


sIMGP0410.jpg
ここセント・マーチン島は、小さい島ながら4発機やジャンボ機まで来てるんですよ☆


島がオランダ領とフランス領の半々だからか、
KLM と AIR FRANCE が各々それにあたります。
※2012年現在、AIR FRANCE は毎日1便、KLM は週に3便。

その他にも、アメリカンなど米系航空会社の中型機なんかもいくつか来ます。
あとは小型のジェット機、プロペラ機・・・

意外と、思っていたよりずっと頻繁に離着陸のある、盛んなカリブの小島なんです(笑)


中でも、やはり双発機より 4発機のド迫力 たるや圧巻!


sIMGP0127.jpg

ssmaho_3.jpg

sIMGP0128.jpg


大きな機体の、悠々とした堂々たる着陸の様には目を奪われます。
それは一瞬の出来事なのですが。

頭のすぐ上を通り抜ける轟音と、続いて巻き起こる砂混じりの突風。
まさに着陸数秒前、圧倒的な存在感!!



これを・・・
そう、これを体感したいがために長旅したんですよ(涙)

日本や上海からは遠くて、ずっと念願の地でしたが、
今回、たくさん乗り継ぎ30時間もかけて、遥々やってきた価値は十分ありました。

次記事からは、その旅路なんかを、少しずつ。。。



↓しばらく旅話で、上海情報からは離れますが・・・クリック下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 07:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅>カリブ海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セント・マーチン島ってすごいんだね。
飛行機好きの蜜ちゃんには、最高の場所だったんだねw
でも、ちょっと遠いね。
俺も去年の春節ジャマイカ行ったけど、本当に遠かった。
2時間くらいで行けたら良いのにね〜。
つづきのブログ楽しみにしてます(^ー^* )♪
Posted by たー at 2012年02月27日 17:06
おかえりなさい。
更新が無いと思ったら、こんな所で砂に埋もれてたんですね。(違うか)

この光景は一度は生で体験したいものですね。
でも30時間もかかるのか・・・

次回はラウンジと機内をハシゴするお話かな?
それを参考に肝臓くんと相談してみます。
Posted by しうみん at 2012年02月27日 20:13
 
ジャマイカも、今まであんまり意識したことない島でしたが、
たーさんのお話をきっかけに地図とか色々見たら、同じくカリブ海に浮かぶとっても素敵な所なんですね〜!

そう、ただ遠いのが難点・・・。
蜜の東京時代の元同僚が、今赴任でマイアミ在住でして、彼ならおそらく2時間で行ける距離かと(笑)
沖縄の離島レベルでカリブに行けるノリ、羨ましすぎますよねぇ…☆
Posted by >たーさんへ。蜜 at 2012年02月29日 20:29
 
ご無沙汰です〜♪

はぁい。カリブの砂に埋もれてましたぁw
その後は、東京砂漠に埋もれてましたぁ。。。(←さむっww)

30時間かかるのは、上海から日本を経由せずに行っちゃったからです。
アメリカで乗り継ぎの嵐でした。
日本からなら、成田→ニューヨーク→セント・マーチン島とスムーズに行けるので、もう少し時間短縮できますが、
便の時間帯の兼ね合いによっては、どこかで1泊を挟まないといけないかもなので、
そういう待ち時間も含めて考えたら、結局は長旅になるのは覚悟、かも・・・。

でも、ぜひぜひ生で体感してみて下さい!!☆

>> 次回はラウンジと機内をハシゴするお話かな?
はうっ バレてる…(笑)
まさにその通りの予定でした。行動読まれてるなーw
Posted by >しうみんさんへ。蜜 at 2012年02月29日 20:31
nikko81です。

こんな体験ができるところ、
ほかにはないでしょうねぇ・・って
よくぞご無事で、と言いたくなっちゃいます^^;
Posted by nikko81 at 2012年03月01日 01:06
 
ですね〜 他にはない! ここまで行かないと、ないっ!!(笑)

遠かったです。。。
なので、きっと「一生に一度だろう」と思って旅へ向かったわけですが、
あまりのこの島の素晴らしさに感動して、
「やっぱりまた来ちゃおう☆」に心変わりしました。あっさりとw

他では得られない、すごくいい体験になりましたよ〜。
Posted by >nikko81さんへ。蜜 at 2012年03月01日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。