株主

2012年01月02日

[年越しOsaka逆回し!弐] 摩耶山からの夜景。

 
sPC315454.jpg
六甲山系・摩耶山からの1000万ドルの夜景。



日本三大夜景 のひとつだそうですね。
北海道の函館山、長崎県の稲佐山、そしてここ兵庫県の摩耶山。
「この夜景を見せてあげたいよ」 って言われていたので、本当に楽しみにしていました。



sDSC02930.jpg s2012_MayaBus.jpg
梅田からJRあるいは阪急電車にのって、六甲の駅へ。そこから神戸市バス18系統に乗って・・・


sPC315440.jpg
摩耶ケーブル駅に到着。ここからは、まやケーブル線に乗り換えます。


sPC315442.jpg
摩耶山・六甲山の全体マップ。 ※クリックすると画像拡大します。


ちなみに、
六甲山から望む夜景より、摩耶山からのそれの方がよりキレイに見えるそうなのですが、
こちら、火曜定休 (祝日の場合は翌日) だそうなのでご注意を(笑)


さて、急な傾斜で摩耶山をグイグイ登っていくケーブルカー。
すでに美しい港のイルミネーションが目に飛び込んできて、早くも感動しちゃいます☆

なんだか 香港のヴィクトリア・ピークのピークトラム を思い起こしますね〜。
だから 「いつか一緒に行きたいね♪」 って無邪気に言っただけなのに、なぜか怒られるし…w



sPC315448.jpg sPC315450.jpg
途中、虹の駅でケーブルカーを降り、今度はロープウェーで摩耶山山頂の星の駅へ向かいます。


ロープウェーの窓からも、また見事な夜景が眼下に!!
ケーブルカーから覗いたものよりさらに視界も開けてきて、期待が高まります。
それにしても、結構標高が高いように感じる。。。
微妙に高所恐怖症な蜜は、ロープウェーの高さにちょっとドキドキ。


星の駅に到着すると、展望広場になっている掬星台までは歩いてすぐです。
そこに広がる景色は・・・


sPC315456.jpg

sPC315464.jpg



見渡す限り、180度を埋め尽くすイルミネーションの帯!


筆舌に尽くしがたいとは、まさにこのことでしょうか…。
光の絨毯というか、まるでぎっしりと敷き詰められた宝石箱のような。
この美しさは、本当に圧巻です。


数年前に函館山の夜景も楽しんだことがありますが、
摩耶山の方が灯りの量も多く、もっと煌びやかな感じがします。
なにせ大阪と神戸といった大都市の電飾を眺めているわけですから、当然ですね。


sPC315458.jpg
山の端と湾が、ゆるやかな曲線でうねって闇を演出しているのが、また素晴らしい!


それでこそ、散りばめられた眩い光の群れがいっそう映えるのでしょう。

一方で、夜空を仰げば、こちらもまた満天の星・・・
山頂の寒さは厳しいものの、きりっと冴えた空気に、景色はとてもよく澄んでいます。


ちょっと気を緩めたら涙ぐんでしまいそうに綺麗なイルミネーションと、
シャッターを切るのを止められず、すっかりかじかんでしまった手の冷たさ、
そして一緒に、この1000万ドルの夜景を見下ろした歓びを、
蜜は一生、大切に憶えているだろうな。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅>日本一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/244061590

この記事へのトラックバック

神戸の夜景
Excerpt: この方のブログで神戸の夜景が紹介されていました。 キレイですね。 函館山の夜景も良かったですが やっぱ神戸の方がキレイだと思います。 神戸大学が僕の母校なのですが 六甲台の学食の裏あたりから見え..
Weblog: hungrytiger's blog
Tracked: 2012-01-03 23:58

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。