株主

2011年12月22日

[大境閣〜「西施豆腐坊」] OLYMPUS PEN E-P3 と散歩 <30>

 
sPC094656.jpg



上海の市内中心地のド真ん中に、
こんな城壁が残されていることをご存知でしたか?




sPC094658.jpg
場所は、黄浦区の大境路×人民路の交差点。豫園から西へ約1kmという近さにあります。


その名は、道路の名称そのままで、 【大境閣】
OLYMPUS PEN E-P3 を片手に上海の風景を切り取るシリーズ記事 、30幕目は、
この知る人ぞ知る、ガイドブック等にはまず載っていない史跡をご案内しましょう。



sPC094661.jpg



そもそも、何故こんなマイナーな存在を知ることになったのかと言うと、
いつもブログやツィッターを通して交流させて頂いている nikko81_fsi さん
上海へいらした今年の秋に、お酒をご一緒する機会があり、
その際、建物好きで各地にお詳しい nikko81_fsi さんが、ここを紹介して下さった のです。


↑上のリンク(下部)は、大境閣に行かれた nikko81_fsi さんのブログ記事ですが、
そもそも蜜は上海に住んでいながら、市内の地図を見て、
豫園を含む一角が人民路と中华路に丸く囲まれているのは、旧上海城の名残を示す円
だなんて、意識したことも想像を巡らせたことすらありませんでしたよ・・・。


けれど、そんな風に地図を改めて眺めてみると、色々と推測されて面白いものなんですね。
人民路と中华路の円の中に、あの 風情残る文庙 も入っているわけですよ…!
そしておなじみ 豫園と上海老街 も。



sPC094664.jpg
城壁(大境閣)の中へ入ってみましょう。拝観料は5元。

小さいながら非常に手入れの行き届いた庭です。時節柄、紅葉が美しかった。


sPC094666.jpg

sPC094674.jpg sPC094668.jpg
1階部分は展示室のようになっていて、“老城廂” なるものについての説明とパネルが並びます。


“老城廂” についての解説は、コチラ をご参照。
※このリンク先の 『エクスプロア上海』 の記事は、
 上海の城壁と大境閣について 大変詳しく紹介されていますので必見!




2階へ上ってみると、

sPC094680.jpg sPC094682.jpg
意外と低い(ように感じられる…)城壁の間から、近代的な建物が覗くのがとても対比的。


sPC094697.jpg
城壁の上にある大境閣へと歩を進めていきます。


sPC094692.jpg

sPC094699.jpg sPC094689.jpg
『信義千秋』(『信義は不滅』の意) の文字の前にあるものは、井戸だったそうですよ。


sPC094707.jpg sPC094687.jpg

sPC094704.jpg
左右一面石造りの壁は、そのレンガが積まれた年、その度ごとに印を残していったそうです。



エクスプロア上海』 の記述によれば、
上海を取り巻く、時代ごとの様々な状況を経て、
ここだけひっそりと城壁と大境閣が残された今に至るようです。

歴史的な建物という観点では同様のように思えるのに、
豫園 と比べれば、現在におけるその知名度は歴然とした差があるんですね…。

あまりガイドブック等には縁のないマイナーな史跡ですが、
知れば、何か新たな発見があって、上海のまた違った一面を垣間見れるかもしれません。




* * * * * *



さて。ちょっとシーンは変わって、余談に。。。


地図で確かめたら、
人民路と中华路に丸く囲まれていることには納得の経緯がある
ということが分かって、ひとつ利口になった (笑) その豫園エリア。

大境閣から1kmほど東へ、なかなかローカルチックな街並みを道なりに歩いていけば・・・


ssP8270528-thumbnail2.jpg
豫園への玄関口・上海老街へと辿り着きます。


今さら豫園観光でもないのに、↑ここまで来た理由とは、
上海老街の西門を入ってすぐ右側 に、


sPC094747.jpg
実は、ぜんっぜん目立たない 名物豆腐店 「西施豆腐坊 がありまして。


豫園とその周りなど、もう飽き飽きするほど何度となく通っているはずなのに、
今までまったく存在に気付かなかったという不覚 orz
こちらのお店もまた、ある方の随分以前のつぶやきから知ることになったのでした。
ツィッターって本当に有用ね…



sPC094735.jpg
これが 「西施豆腐坊」 の看板メニューである、豆腐花。


お店の入口の床にデンと置いてある大きな釜から掬い上げられたばかりで、ほっかほか。
まるでおぼろ豆腐みたいな懐かしくホッとする舌触りに、
トッピングされているのは、特製(?)醤油ダレに桜えび、ザーサイ、あさつきという贅沢!
数元そこらでこの美味しさ・・・。胃にも優しい逸品です☆


sPC094734.jpg
ちょっと味が甘辛濃い目だけど、重ねた湯葉を揚げてサクサク食感のこれも好吃◎


そして、蜜たちといえば2人して好物で素通りができない、

sPC094739.jpg
揚げた臭豆腐・・・(笑) も加えて、「西施豆腐坊」 の素朴な味を満喫したのでした♪




*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■城壁/大境閣■
上海市黄浦区大境路239号(×人民路) ※交差点付近


■西施豆腐坊■(上海老街店)
上海市黄浦区方浜中路454号(×河南南路)
上海老街内 ※西門を入ってすぐ右側
Reservations: 021-5383-1733




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
# 記事中の写真はすべて、OLYMPUS PEN E-P3 にて撮影したものを、縮小以外の加工を一切せずに掲載。
 


posted by 蜜 at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>上海デート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた、タイムリーな情報ありがとうございます〜

最近、出張続きでなかなか家に居ないけど
めっきり寒く成ってきたのでこたつで湯豆腐がちょっとしたマイブームです

豆腐好きにはたまらんお店ですね
揚げ湯葉、臭豆腐もおいしそう
金陵路の楽器街に行った際に立ち寄りたいと思います

できたて豆腐とおから、生湯葉が入手出来る所を探していますがここはどうかな・・・

でもおいしい豆腐が食べれればそれだけでも十分OKです

昨日は出張先の天津でミニ・クリスマス・セッション、
今、上海に戻りましたがこの土日はいずれもWヘッダーでLIVEが有ります

年末までこの勢いで遊びまくります〜
そのうち倒れるな・・・ (笑)
Posted by naochang at 2011年12月24日 13:14
 
メリークリスマス。

naochangさんのご自宅にはこたつがあるんですか?!
上海ですよね・・・それはかなりレアです(笑)
いいなぁ〜湯豆腐。大好物です。
日本に居た頃は、そこに鱈と春菊を入れて彩るのがさらに好きでした。
(まぁ上海でも材料的にできなくはないけど…)

この「西施豆腐坊」は、
もしかしたら時間帯によっては、できたて豆腐を頂けるかもしれませんね!
でも、おからと生湯葉は… どうなんだろう… 無いかも?(しゅん)

天津でもセッションなさるんですか♪
本当にすごいですねぇ。
クリスマスは、そりゃあライブに大忙しでしょうね。。
いつもご趣味にアグレッシブなnaochangさんで憧れます。またお話聞かせて下さいね〜。
Posted by >naochangさんへ。蜜 at 2011年12月25日 23:51
実は古北あたりのリサイクル店で手に入るらしいのですが一式そろえると結構高価らしいので・・・自作しました

備え付けの古い木のテーブルにブランケットを掛け、そこら辺で売っているセラミック温風ヒーターで脇から温風を入れています

名付けてテーブルこたつ
...そのまんまですね
でも結構ぬくくて快適です〜&#9836;

上海は取りあえず仮の住まいなので極力物を増やさないようサバイバル生活?かな (笑)
Posted by naochang at 2011年12月27日 00:20
 
なるほど〜 おこたは自作だったのですね。スゴイ!(笑)

> そこら辺で売っているセラミック温風ヒーター
確かに、蜜もコレ↑持ってますけど、
あとは木のテーブルとブランケットさえあればこたつ代わりになるなんて、
思いつきさえしなかったです。素晴らしい☆
(でも、こたつあったら絶対そのままそこで寝てしまいそうです〜w)

サバイバル生活?とまではいかなくても、
それくらいの逞しさがあれば、上海(中国)での生活を積極的に楽しめそうですよね!
蜜もその姿勢を見習わなきゃ。。。
Posted by >naochangさんへ。蜜 at 2011年12月28日 03:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。