株主

2011年12月20日

[「c'est la vie(流年)」] OLYMPUS PEN E-P3 と散歩 <28>

 
上海博物館 を後にした蜜たち。
適当なカフェを求めて、人民大道を右折 → 黄陂北路も右折 → 南京西路へ。

上海美術新館のそばまで来れば、
その屋上のレストラン 「KATHLEEN's 5」 や 「BARBAROSSA」 があるけれど、
そういう気分でなく・・・ 夕暮れ時にちょっと寄りたいカフェがいい。

並びにスターバックスもあるんですが、あいにくの満席。
となると、付近にはもう ↓ このお店しか見当たらなかったんですよね。


sPC104932.jpg
プランターに植えられた木々の奥にまるで潜むかのような入口…



正直、あまり期待せずにその扉を開けたものの、中へ足を踏み入れた途端、
「これはステキなカフェかもしれない」 という確信に変わりました。

小さいながら随分とクラシカルな雰囲気にまとめられた店内は、
1階はカウンターがあるので数席しかありませんが、2階へとのぼると、


sPC104919.jpg

sPC104909.jpg

sPC104921.jpg



もう言うまでもないでしょう・・・
このレトロな装飾品に囲まれた、ハイカラ風で寛げそうな空間♪
素敵すぎます。カフェというより、喫茶店と呼ぶのに相応しい風格すら感じる。



sPC104890.jpg
抹茶ラテ・・・ みたいな色具合に見えますが(笑)カフェラテです。20元ほど。


sPC104885.jpg
緑色がコーヒーに映っているのは、テーブルにこんな洒落た照明があるから。



そして蜜は、メニューを開いたら目に留まった、見慣れない品をオーダー。
その名はビールの銘柄。 『白熊啤酒』

白熊ビール?
初めて耳にしますが、白熊と言ってるくらいだしホワイトビール系なんだろうか?
それになんだか可愛らしいラベルを想像させません…?



sPC104891.jpg



↑これが表ラベル。 (笑)


クマじゃなくて、 おっさん じゃん!! ←失敬;
しかも、瓶をどれだけグルグル回そうとも、ラベルはこれのみ。
まるで裏面のようなラベル。。。


sPC104900.jpg
キミは白熊じゃなくてパンダね。


てな具合で、名前から連想されるラベルアートは見事に裏切られましたが、
白熊ビール。正式名称は、Vedett Extra White というそう。


※ググったら、なんと公式ページまでありました(笑)
それで分かったことですが、蜜が飲んだこの見知らぬ おっさん 顔写真のラベル、
オリジナルボトルとして作成された裏ラベルみたいですよ…orz
本来の白熊ビールには、ちゃんと正式な表ラベルもあるようです。これは一体? ま、いいけど。。。



味はおいしかったですよ〜。
やはりホワイトビールでして、アルコール度は5%弱。フルーティーで軽い飲み口♪

思いがけず珍しいビールとも出会えて、このカフェへの印象もさらに上がったところで、


sPC104901.jpg
小腹満たしに、ピザ・マルゲリータも頼んじゃいました☆


確か2〜30元くらいだったかな?
釜があるわけではないので、パリパリ本格ピザ!とはいかないけれど、
喫茶店でちょっとつまむには程よく、大袈裟すぎないのがホッとするような食感でした◎



ここ、本当にいい。
穴場といえるのか、よく分からないけれど、有名になりすぎないでと切に願う。
小ぢんまりとして居心地のいい、今のままが素敵なお店。

Wi-Fi まできちんと完備されているのでネットに興じるのも良し、談笑するのも良し。
ひとり静かに物思いに耽るのも、この雰囲気だったら似合うだろう。
もちろん、大切な人とのデートのひとやすみにも。


sPC104929.jpg



ふたりで歩いていてたまたま見つけたというのもあるし、
あまりにも気に入りすぎて、本当はちょっと秘密にしておこうかとも思ったくらいの、
そんな 「c'est la vie(流年) 咖啡/酒吧」 。
・・・印象深いカフェでした。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■c'est la vie(流年)■
上海市黄浦区南京西路205号(×黄陂北路)
Reservations: 021-3366-5846 / 189-3020-9657




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
# 記事中の写真はすべて、OLYMPUS PEN E-P3 にて撮影したものを、縮小以外の加工を一切せずに掲載。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。