株主

2011年11月23日

[江蘇路小吃巡り] OLYMPUS PEN E-P3 と散歩 <19>

 
sPA222471.jpg



なんだか長く続いている、
OLYMPUS PEN E-P3 を片手に上海の風景を切り取るシリーズ記事 も、
19幕目にもなってくると、もはや通り一遍のアテンドコースからは外れ始めてまいります(笑)


というわけで、本当にお散歩気分で、
蜜にとっての“その辺” ―― 【江蘇路】 あたりで、のんびり小吃巡り♪




1. 「爽利」 (江苏路495弄×东诸安浜路)


sPA222473.jpg


この、ほんの小さなスタンドの存在を知ったのは、こちらの御方のブログ記事 から。。。
蜜ってば、2年半弱、付近にずーっと住んでいるのにね orz
それでも ちょっと分かりにくい、奥まった小道にひっそり在る んです!! (強調w)


生煎/鍋貼が、4個2.5元で味わえるリーズナブル感は、まぁ喜ばしくも当然として、
いずれも期待を裏切らない、旨味満載の肉汁いっぱい〜♪
気をつけても溢れちゃうほどですよ!

お肉の甘みすらしっかりと感じ取れるほどのジューシーさと、
熱々サクサクで香ばしい衣のバランスは、思わず何度も笑顔で頷いちゃう出来。


「あの 「小杨生煎」 よりウマイかも! 」
なんて、OLYMPUS PEN E-P3 撮影者は感動してましたけど(笑)
※好みには個人差があります。

大きな鉄鍋で焼きたての生煎と鍋貼は、どこも、それぞれの味で美味しいもの◎
その中でも、蜜的には初体験だったので目を瞠ったのは、

sPA222474.jpg
牛肉煎包(1.5元)の中身って、こんなに好みなカレー風味そぼろだったとは♪


↑スパイシーに仕上げられた挽肉が、たまらなく食欲を誘う一品。
これは・・・ 懐かしいね。
かの 五反田の名物たい焼き屋さん 「ダ・カーポ」 の鯛うどん を彷彿とさせる味に、涙。。。
※非常に内輪ネタですが、撮影者とはこれで言いたいことは互いに通じ合ってますw

やばい。
生煎/鍋貼以外にも、リピート必至のローカル小吃決定だわ。牛肉煎包。




2. 「巴西烤肉」 (江苏路521号×延安西路)

sPA222476.jpg
・・・たぶん、「巴西烤肉」 ってお店の名前じゃないと思うんですけど・・・許して(笑)


↑目印は、この四文字の赤い看板と、
明らかにケバブを売っていそうだと一目で分かる、お店の入口でグルグル回る大きな器械。

先ほどの 「爽利」 から 50m も離れていませんが、ここは以前から蜜のお気に入り♪


1個10元をやや超えるような、意外といいお値段だったような?(うろ覚え)
ちょうだいと言うと、店員さんがレタスなどの野菜とお肉をササッと巻いてくれるんですが、

sPA222479.jpg
これがまた、香辛料がよく効いてて、すっごく美味しいのよ〜☆


ケバブ。
東京の渋谷・原宿なんかのスタンドで食べたら、5-600円はするんですよね?
そう考えたら、10元ちょっとでも十分お値段以上の価値あるわ◎




3. 「重庆鸡公煲」 (武夷路79号×延安西路)


sPA222493.jpg


さて、先ほどの 「爽利」 → 「巴西烤肉」 から道路(江苏路)を渡って、
安化路もしくは利西路を歩くなり、分かりやすく延安西路まで出てしまっても構いません。
ちなみに、安化路辺りはわりとド・ローカルで、見物するには楽しいかも。

とにかく、武夷路へと入って下さい。 ※安西路まで行き過ぎてしまうことなく…

場所としては、
武夷路×延安西路のバー 「shanty」 の向かい辺り
なのですが、このバー自体が外観からでは分かりにくいですからね・・・(苦笑)


まぁ、そういうわけで、目的地は 「重庆鸡公煲」

なんでココなのか? というと・・・
以前、すぐ近くのショットバー 「La' Peace」 で深夜のオタノシミ を見つけてしまった、
あの 熱々&辛旨ッの鉄鍋煮込み料理 に、再び挑んでみたかったんですよね。

・・・挑戦っていうか、単に、
前回のバーでの対面では、店内が暗すぎてよく正体が分からなかったので、
それをちゃんと見極めた上で、もう一度シラフの時に(笑)味わいたかったっていう。。。



sPA222487.jpg
まずはビールなんか飲みながら、メニューを選ぶわけですが…


「La' Peace」 の時 は、
ご一緒した常連の方と女性スタッフが 「これが美味しいのよ」 と言って、
自動的に差し出されたものをそのまま頂いただけだったので、

sPA222482.jpg
↑この中のどれだったのかが全く分かりません!ww


・・・でもまぁ、あの夜に感じたお肉の歯ごたえは間違いなく鶏肉だったし、
お店の名前がそのまんま付いてるものが看板メニューなんだろうから、これかな?
みたいなノリで、“重庆鸡公煲”を選んでみました。
(あとは辛さのレベルとか、トッピングの具材も自由に追加できます)


まもなくすると、各テーブルに置かれた小さな電気コンロの上に、


sPA222489.jpg
お鍋がセットされます。重庆鸡公煲、大サイズ(38元)。


これが、ぐつぐつと煮込まれてゆくのを、じーっと見守りますが・・・



sPA222490.jpg



・・・なんか、 選択をミスった気もする。 (爆)


いや、まぁ、別に↑これはこれで辛くて美味しいんですけどw
鶏肉はこんなプリプリのじゃなく、もうちょっと揚げられたっぽい食感だった記憶がww

前回とっても魅了されたスパイシーなタレと、よく炒められたタマネギの味は、
ほぼ一緒なんですけどね。ただ、
こんなに つゆだく じゃなかったと思うんですよ?(笑)


そう考えると、メニューは “蒜香排骨煲” の間違いだったんだろうか。。。


真実は、暗がりでホロ酔いだったあの晩 の闇の中ですが、
上海の街を歩けばわりとよく見かける 「重庆鸡公煲」 、なにげに初入店だったのでした☆



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■爽利■
上海市長寧区江蘇路495弄(×東諸安浜路)

■巴西烤肉を売るスタンド■
上海市長寧区江蘇路521号(×延安西路)

■重庆鸡公煲■
上海市長寧区武夷路79号(×延安西路)




↓まだまだ続くこんなシリーズですが、応援クリック下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
# 記事中の写真はすべて、OLYMPUS PEN E-P3 にて撮影したものを、縮小以外の加工を一切せずに掲載。
 


posted by 蜜 at 22:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>上海デート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた耳寄りな情報、ありがとうございます

そろそろお築きかと思いますがnaochang,、
こういうローカル食にも激しく反応いたします (笑)

>長く続いている 
>通り一遍のアテンドコースからは外れ始めてまいります
どちらも大歓迎です(笑)

ちなみに江蘇路の交差点には最近引っ越した友人宅が有り、時々訪問するので
まさしくJust in timeな情報です

さらにじつは23日も訪問し、家の近くでケバブをお土産で買っていきましたしがこの情報先に知っていれば・・・

重&#24198;&#40481;公&#29042;は泰賢路×石門二路にも小さいけどいつもお客が一杯のお店が有りますよね
いつか入ろうと思っているけどお鍋みたいな物?なので一人で入るのもつまらないと思いなかなか入れません 涙;

明日からまたロードですが今日は予定も無く少し時間がありそうなので
天気もよいし自己練に飽きたら散歩がてらに
まずは湯包、牛肉煎包、ケバブ、食しにいってきますね


Posted by naochang at 2011年11月27日 10:31
 
えぇ、naochangさんのお好みの傾向、存じておりますよ(笑)

あら。江蘇路にもご縁があったとは☆
> まずは湯包、牛肉煎包、ケバブ、食しにいってきますね
あ・・・えっと、「爽利」にあるのは、生煎と鍋貼、それから牛肉煎包ですね。(揚げ物ばっかし;)

もし湯包を召し上がりたかったら、
すでにご存知かもしれませんが、江蘇路にローカル人気店があります。
■「富春小籠」(愚園路650号×鎮寧路)
http://shanghai32.seesaa.net/article/145899959.html
↑ココ、美味しくて大好きです〜。肉汁が甘い!

あと最近、2号線江蘇路駅2番出口の上にも、あの「小楊生煎」がオープンしたのも驚きでした。。。
まぁ、「爽利」とかぶっちゃいますが(笑)

重慶料理のそのお店のお鍋は、小/中/大とサイズが分かれていたので、
おひとりでも、小だったら全然いけると思いますよ〜。
これからの寒い時期、辛いお鍋であったまるのがいいですよ、やっぱり♪
Posted by >naochangさんへ。蜜 at 2011年11月28日 06:08
牛肉煎包、ケバブは昨日、食べに行きました
おかげで練習に遅れちゃいましたけど〜 (笑)

湯包は以前ご紹介の上海蟹のやつを次回に挑戦したいです 「富春小籠」も美味しいのですね 

小揚が江蘇路に出来たのですね
ここは結構使えるかも
呉江路の本店は上海に来た当時は毎週食べにいっていました
最近は行列見てめげますが支店はすいているので
コンビニエンスですね

お鍋の情報もありがとうございます
一人でつつくのは寂しいので今度だれか
辛い物好きの連れを見つけ行ってみます
Posted by at 2011年11月29日 00:38
 
コメントにお名前なかったでしたけど、naochangさんですよね?

早速、「爽利」で召し上がられたとは! 早い(笑)
お口に合いましたでしょうか?

「小楊生煎」は、江蘇路のはまだ見ただけで行っていないのですが、
中山公園の龍之夢の地下の店舗は、食べるスペースが非常に広くゆったりしていて、驚きました。
買うところは時間によっては多少並ぶことはあっても、あれなら席の奪い合いをせずに(笑)ゆったり食べられそうです。
Posted by >naochangさんへ。蜜 at 2011年11月29日 18:18
すいません
名前忘れましたね

牛肉煎包はちょっとパキスタンあたりのカレーを思わせる味で、冷めていたのはちょっと残念でしが美味しく頂きました

カバブは普通が6元、肉多めが10元のようです
今回は牛肉煎包も有ったので6元の方を買いましたが十分美味しかったですよ

小揚も含め友人宅へのお土産でまた利用したいと思います
Posted by naochang at 2011年11月30日 23:58
 
いえいえ、すぐに分かりましたし、
そもそも名前がブランクでもコメント投稿できてしまう、このseesaaブログの仕様がちょっと…と思います(苦笑)

あら、冷めてました?
それはよくない。残念ですね。。。
パキスタン辺りのカレーですか、なるほど。ああいうの、蜜好みの味です♪

え、ケバブ、そうなんですか?!w
蜜たち、何にも言われず聞かれず、「ほいっ」て手渡されて10元前後でした・・・
2人でシェアして食べるだろ、と勝手に判断されたのかなww

もし、naochangさんにも、オススメの小吃がありましたら是非教えて下さいね!
Posted by >naochangさんへ。蜜 at 2011年12月01日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。