株主

2011年07月07日

「名軒」を満喫する至福

 
sDSC00886.jpg


こんな素敵な庭園の中にある高級レストランで広東料理を堪能する至福。



今回お誘い下さったのは、東京からご出張でお越しになられた この御方
蜜のブログをご覧下さって、以前から何度かご連絡を取らせていただいていましたが、
お会いするのはこれが初めて。ご一緒できるのを楽しみにしていました。


庭園内の別の建物からクラシックまで聴こえてくるような、
そんな高貴な気分に背中を押されながら、「名軒」 の中に足を踏み入れると、


sDSC00890.jpg
こちらもまた、グランドピアノの気品ある演奏がお出迎え。


せっかくなので 「名軒」 が繰り広げるヌーベルシノワを余すところ無く味わいましょう、
ということで、 IRIS.EXPさん のご厚意に甘え、豪華なコース料理を頂くことに。



sDSC00887.jpg sDSC00888.jpg

ますが前菜ですが、その前に・・・
写真左手前に映っています、蟹の身とXO醤を併せたような先付けからして美味しく、
これだけでビールが進んでしまい、すぐさまフランス産白ワインをお願いすることに(笑)



sDSC00889.jpg sDSC00892.jpg
そして、すでにメイン級の高級食材を配したお料理が続きます。


フカヒレのスープは、決して途中で冷めたりすることのないよう配慮されたサーブで、
最後の一滴まで熱々の美味を損なわず頂くことができます。
鮑の方も、歯応えは良く舌触りは滑らか。盛り付けもこの通り美しく、目でも楽しめます。



sDSC00893.jpg sDSC00896.jpg
続いては、野菜が施されてあっさりと頂ける品々。


海老は見事に身が大きくプリプリで、塩味もさっぱりと箸休めに。
右の白菜と干し貝柱のスープの方には、もう唸ってしまいました・・・。
一見素朴なようでありながら、先ほどのフカヒレスープとはまた違った、奥深い旨みに感動。
すでにお腹はだいぶ満たされているというのに、これを口へ運ぶ手は止まりません。



そして、

sDSC00895.jpg sDSC00897.jpg
牛肉の黒胡椒ソースと蟹味噌の小籠包。これら2品の目の前にして・・・


ワインが気持ち良くまわっていたことも手伝って、
蜜は、ここのところ個人的に夢中な台湾話を、つい楽しく語りすぎてしまうことに…(笑)
IRIS.EXPさん、お優しく聞いて下さってありがとうございました。


いえ、何故かって、
この牛肉の黒胡椒ソース。こんな高級な広東料理の名店で申し上げるのも憚れますが、
台湾の屋台や夜市でよく見かける、あのステーキ の味に、とても似ていまして。

もちろん、美味しいんですよ!
ただ、なんだか意外な記憶の接点に自分で可笑しくなって、ふと肩の力が抜けてしまい。

「名軒」 は格調高いレストランでしたので、
やはりそれまでは、やや緊張が続いていたのかもしれませんね。。。

ただ、そうなると、
蜜自身の中でそれなりにこだわりのある小籠包についても、
上海で振る舞われるそれらと、台湾で味わうものとの違い なんて熱く語ってしまい(笑)



・・・とまぁ、それくらいお話にも花が咲いてしまったお食事の後半、
そのラストを締め括るのは、

sDSC00899.jpg sDSC00900.jpg
ツバメの巣入りマンゴープリンと、最後まで美しく飾られたフルーツの数々。


同店を後にする時間が思いのほか遅くなってしまい、
気がつけば周りのお客様はみな帰られていたのですが、さすがは 「名軒」 。
IRIS.EXPさんも仰る通り
『 遅い時間まで最高のサーブをしてくれました。
  本来の食事の楽しみ方を、今さら、知りましたね。』



優美な雰囲気やお料理の出来栄えのみに限らない、
その全体を包む、まさに 「名軒」 という気品を満喫するひと時を過ごしたように思います。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■名軒■
上海市徐匯区安亭路46号 安亭路別荘1号楼(×衡山路)
Reservations: 021-6433-3666




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


この記事へのコメント
今日は名前を変えての登場です.お薦めの店を紹介するとき予算額も一緒に書いてもらえると店選びのときもっと参考になります。ここで紹介された店には数軒いったんですが、どこも全てサラリーマンの財布事情ではちょっと高めな店が多いかな。行ってから変な緊張するよりも店選びのときに把握しておきたい。ご同行のお相手さんが全て支払いしてるのであれば蜜さんには予算額は分からないと思いますが、割り勘で支払ったときはその金額書いてもらえたら。よろしくお願いします。
Posted by しがないサラリーマン at 2011年07月11日 18:02
 
貴重なご指摘、ありがとうございます。
真摯に受け止めさせていただきます。

実のところ、価格については、これまでも蜜自身、付記するかどうかについて悩んできた経緯があります。
仰る通り、お店選びのご参考に重要な要素だと承知しておりますので。

ですが、ご推察の通り、
ありがたくも、ご一緒した方からご馳走して頂いている場合も多々あり、
また、その方も当ブログをご覧になっていることもあるので、あまりお値段について細かに触れるのも・・・と思い、控えさせて頂いておりました。

(総予算額がはっきり分からない、というケースもあります。
ワインやカクテルなど、選ぶのもお任せしていることもあるので、稀ですがメニューを見ないことも…)

ですが、ご要望については善処させていただき、
何か1品でも、参考価格帯としてなるべく書き添えるよう、今後は改善を考えていきたいと思います。

ちなみに、本記事の「名軒」は、ずば抜けて高級なお店です・・・。
お料理だけで、確か888元のコースでした。(食材が食材ですからね…)

PS:
> 今日は名前を変えての登場です
とのことですが、
では、きっと今までもブログをご覧下さりコメントを頂いている方でいらっしゃるのですね。
いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
Posted by >しがないサラリーマンさんへ。蜜 at 2011年07月12日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。