株主

2011年07月02日

3年目の夜の幕開けは「Constellation No.3」から

 
2011年7月1日、上海3年生として迎えた最初の夜は、


sDSC00976.jpg
黄陂北路×江阴路、JWマリオットの陰に佇む 「Constellation No.3」 にて、


「これからもよろしく!」 の、 ・・・乾杯?♪


こちらは、もっぱら、
甘やかな2軒目として重宝させていただいている、永嘉路の 「Constellation No.2」
の、3店舗目。

・・・この場所といえば、
あの贅沢な午後を過ごしたガーデンワインバー 「NAPA」 が自ずと想起されますが、
本当に、まさにそのすぐ近く。。。


外観はわりと控えめで、シックな構えになっているので気づきにくいのですが、

sDSC00961.jpg
一歩中へ足を踏み入れれば、「星座バー」 らしい格調高く開放的なフロアが。


sDSC00973.jpg sDSC00964.jpg
この、どことなくデジャヴを感じるカウンター。 プロとしてのプライドに安心感すら覚える凛とした接客。


sDSC00971.jpg
・・・あぁ、このメインのロングテーブルの設計や配置具合は、確かに 2号店 のそれとの一貫性を思わせますね。


どの店舗でグラスを傾けようとも、感じられる印象が高い水準で同質であること。

それが、こちらのバーを展開していらっしゃる金さんの素晴らしい御志であり、
また実際に、こうして店舗が拡大されようとも、
各店で醸し出される雰囲気や、接客・サービスに対する満足度が損なわれることもない。

こうした精神が、連日、国籍を問わず多くのお客様で大盛況な理由に繋がるのでしょうね。



もちろん、カクテルのお味の方もそれと同様なのは、当然のこと。

sDSC00963.jpg sDSC00968.jpg
もはや 2号店 でもお馴染みのライチマティーニに、2杯目は珍しくトム・コリンズなどをチョイス。 (右写真奥)


ご一緒した友人が1杯目に選んだのに、すっかり触発されてしまって(笑)
乾杯の後、試しに一口いただいたところ、
思っていたよりもずっとドライでキレのある風味が、この夜の気分にぴったりで。
トム・コリンズって、もっと甘〜いカクテルのイメージでしたが… それは蜜の勘違い?

カウンターの目立つ辺りで、
まるで主役のように堂々と吊るされたイベリコ豚のブロック
その存在を主張しているのも、 「Constellation No.2」 に相通ずる特徴で微笑ましい。


ここを訪れたら、その後は 取り揃え豊かなモルトでも色々と愉しみながら
次第に更けゆく長い夜を、ゆるりと語り合って過ごすのもよいかも。
いつもよりも少し、近い距離で。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Constellation No.3■
上海市黄浦区黄陂北路251号(×江阴路)
Reservations: 021-5375-2712

■Constellation No.2■
上海市徐匯区永嘉路33号1-2F(×茂名南路)
Reservations: 021-5465-5993

■BAR CONSTELLATION■
上海市徐匯区新楽路98号(×襄陽北路)
Reservations: 021-5404-7719




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


この記事へのコメント
金さんの店は本当に良いBarですね。1〜3号店には時々出没しています。
Posted by umeda at 2013年01月15日 17:21
 
コメントありがとうございます。
蜜も、ここには絶対的信頼を置いていますね。
美味しいカクテルを静かに味わいたい気分の時には、ここか、
あるいは、「MARSHAL」(仙霞路416-1号)というバーに行きます。

(「MARSHAL」は、いつかブログ記事にしようと思っているのですが…未だ書けていない…笑)

いつか、「Constellation」で umeda さんに偶然お会いできたら嬉しいですね♪
Posted by >umedaさんへ。蜜 at 2013年01月16日 18:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。