株主

2011年05月29日

[台湾旅情:4] 台北・第三夜(市内観光)

 
前日の 「皇池」 温泉効果? で、ぐっすり眠れた台北3日目の朝・・・


sP4171401.jpg
残念ながら、雨。


でも台北の市街地って、思ったより結構たくさん、歩道に屋根がついてません?
お店が並ぶ通りには大体あるので、意外と雨でも難儀しない。


この日は、朝ごはん (つってももう昼近い…) に、台湾小籠包を堪能することに♪

でも、さすがに 「鼎泰豊」 は遠慮します。(笑・上海にもあるしね…)
11年前に来た時、本店に立ち寄ったこともあって。その時は、あの美味に感動したなぁ。
それで今回は、

sCIMG1782.jpg
「鼎泰豊」で修行された陳シェフが独立して創業された、「京鼎樓」 の方へ♪


sTW_Beer3.jpg sP4171396.jpg
ビールとか飲んで、しじみとか食べて、小籠包が蒸されるのを待ちます。

↑この、しじみ。一度体験してみたかったんですよねぇ。
さっとひと茹でだけした、ほぼ生の食感に近いしじみをニンニク醤油で漬け込んだもの。
台湾の特色菜だと聞いていたので、興味深々で頼んでみたのですが、
実は蜜の友人はこれが大の苦手で(笑)、この量をほぼ一人占め状態・・・


・・・大喜びでたいらげましたw


そして、

sP4171392.jpg
来た来た〜♪ 小籠包がいっぱいテーブルに並ぶと幸せ♪


写真手前の一般的な小籠包の他に、
奥の小さめサイズのは付け合せのスープに浸して食べるもの、
あと緑のは、なんと烏龍茶小籠包!


sP4171398.jpg
皮はめっちゃ薄いのに、餡はズッシリ&モッチリ…


上海の代表 「南翔小籠包」 の、皮が厚めでお肉はキュッと! といった小籠包と、
まるで正反対の食感。

スープと餡の重みに、繊細なまでに薄く震える皮。
中には、ちょっと荒々しいほどの肉団子。
その密度がすごいんですよ。噛むと少しネチャッとするくらい、よく練られた挽肉。
それでも全体的にしつこく感じないのは、出汁があっさりしているからなのかな。

これは、食べ応えのある小籠包ですねぇ〜。
上海の小籠包とは、本当に全然違うのがよく分かるのが、また面白い☆

ちなみに、
烏龍茶小籠包は、皮の緑は緑茶で、餡に烏龍茶が混ざっているということでしたが、
少し風味がするかなという程度でした。さっぱりと頂けます。



小籠包を食べ過ぎて、いっぱいになったお腹を紛らわすため、市内をお散歩。
と、その途中に、

sCIMG1838.jpg sP4171389.jpg
ありがちだけど、オモシロ看板を見つけてしまって(笑)


上海でも見慣れてるから、ちょっとやそっとじゃ笑わないんだけど、

『 神のグリコールは 神から派生した飲む 』

・・・なにやらとっても宗教的チックで、壮大なお酒が振る舞われそうですな。



雨がなかなか止まないので、隻連の駅から地下街に入ってしまいました。
MRTの駅に沿って、台北車站まで地下にお店がズラリと並んでいるので、これはいい!
隻連站〜中山站までの間は、本屋街になっているようで、
繁体字なので少し読みにくい中国語の本を、色々めくって楽しんじゃいました。


雨が上がりかけた頃、

sCIMG1807.jpg
迪化街という、乾物を中心としたレトロな問屋街へ。

sCIMG1805.jpg
こういうのが、道いっぱいにズラッと並んでいる一角。

いたるところに、台湾特産品・カラスミもぶら下がっていました。


sCIMG1809.jpg
これはなんと、サメの顎の骨!

乾物の他にも、お茶の葉や漢方なども置いてあって、
蜜は、華やかな花の香りがつまったハーブティーのような袋詰めを買いました。
A5サイズで80NTD(=約240円)。おいしかったですよ。



sCIMG1827.jpg
その後は、おやつを食べることに。

友人は、どうにもマンゴーかき氷が食べたかったようなのですが、
あれって夏季限定なのね・・・ 5〜6月くらいから出回るみたい。なので、


skakigoori.jpg stofu.jpg
諦めて小豆かき氷と、豆花に近いあったかスイーツを。


蜜は、あんまり甘いモノが得意じゃないもので…ね (苦笑)
甘さが控えめそうな豆花っぽいのを選んでみたけど、うん、悪くない。
でも上に乗っかってる茹でピーナッツがだんだん重くなって、、、 完食は断念↓



そのうちに雨はすっかり止んで、

sP4171415.jpg
夜にはもう一度、士林夜市 へ。


ふたりで台北の街並みを観光に出歩けるのは、今夜が最後になるので、
まるで一秒一秒を惜しむように、思い出のひと時を噛みしめながら歩きました。


士林夜市の中ほどに、車屋台で、

sCIMG1831.jpg
台湾名物・麺線を売っていたので、食べてみることに。

麺はそうめんに近い感じで細く、煮詰めたみたいにドロンドロン。
おつゆは、かつお出汁のような優しい味。そこにモツとパクチーが少々。
箸はいらなくて、スプーンだけですくって食べます。

麺線が初めての蜜にとっては、これでも美味しいなと感じたのですが、
一口食べた友人曰く、

「これより、俺の知ってる屋台の方が絶対うまい!」 と。

その屋台は、朝の早い時間だけにしか車で現れるのを見かけないらしく、
なら、明朝の朝ゴハンはぜひそれにしよう、と決めました。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■京鼎樓■
台北市長春路47号
Reservations: 02-2523-6639




↓台湾旅行記もそろそろ終盤。上海情報はこちらをクリック♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 13:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅>台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その台湾にいる友人にまた今日から会いにいくらしいですねぇ!すごい!
Posted by gaoxiong45 at 2011年06月02日 19:07
好久不見。台湾はどうでしたか?(ブログを見れば様子はわかりますけど)台湾はウエルカム日本人って所がなかなかイイですね〜 私も例によって就活を兼ねて貧乏旅行で台北〜台中〜高尾に行ってきましたので、月内にアップしたいと思います。では!
Posted by マキチンチャイナ主 at 2011年06月02日 23:11
 
また台湾を旅していたもので、コメントのお返しが大変遅くなって恐縮です…。

えぇ、まぁ、そういうワケで・・・ うふふ♪
また会いに行ってきましたよ。
台湾はもう南国の風情。とっても楽しかったです♪
Posted by >gaoxiong45さんへ。蜜 at 2011年06月09日 19:20
 
また台湾を旅していたもので、コメントのお返しが大変遅くなって恐縮です…。

で、お久しぶりですねぇ〜!
ごぶさたしておりましたが、え、マキチンさんも最近、台湾へ行かれてたんですか?!
奇遇ですね。蜜も今回の6月の旅行では、新幹線で高雄には行ってきましたよ。
マキチンさんの記事も楽しみにしていますねぇ♪
Posted by >マキチンチャイナ主さんへ。蜜 at 2011年06月09日 19:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。