株主

2011年01月30日

恍惚の週末、南京カユマニス -3-

 
そもそもカユマニスって、シナモンという意味のインドネシア語なんですって。

確かに、リゾート内の至る所にシナモンが配されていたこのプライベートヴィラは、
南京以外には バリ島に3箇所 あるんですね。


バリ島のカユマニスは、
写真を見るだけでも、南国での優雅なひとときに酔えそうな雰囲気が十分に伝わります。
本来のカユマニスの持つ素晴らしさを最も発揮できるのは、
もしかしたら、やはりバリの風景の方が適しているのかもしれません。



でも。



sP1090280a.jpg


中国の南京という、

冬はしっかり寒さが訪れる、こういうロケーションだからこその最上の愉しみがある。



南国の、どんな高級リゾートホテルのプライベートヴィラだって、


ssP1080246.jpg
こういった夢を満たしてくれる幸せには出会えないから。


ずっとずっと憧れだった、露天風呂で雪見酒

本当は、
残念ながら、雪だけはちょっと望めなかったんですが、そんなことはもう気になりません。
いつ雪が舞い降りてもおかしくないくらい、ここは十分に寒かったので・・・



そんな夜に、露天温泉。
芯から温まってゆく身体に、そこだけは冷たい頬と耳たぶ。

視界を遮るものなど一つもない空には、満点の星。
ジャグジーの音と、時おり風で揺れる木々のざわめきしか聞こえない、静寂。
時間も何もかも忘れてしまえる、格別に極上なくつろぎ。

そして、立ちのぼる湯気に煙る、美酒。



Kayumanis_3.jpg
こうして、盃を唇にあてて含むたびに、


ひんやりとした器がまず触れる瞬間が、たまらなく心地いい。

その感触は湯で火照った顔を一瞬だけ冷ましていくのに、
舌に絡まり喉を通っていった日本酒が、また再び、蜜の頬を赤く熱く染め上げる。

それを繰り返し、繰り返し…。



これは・・・ 酔う。

でも、ものすごく気持ちいい。
この時、この小さく丸い天国の中で、一体何を楽しく語り、はしゃいでいたのか、
その後眠りにつくまでの記憶すらも断片でしか残っていないけれど、

それでも、
夢のように幸せだと感じた恍惚感を覚えている。

そして、
キンキンに冷えたこの銘酒が、
辛口の奥に甘露のようなまろやかさを秘めた、あまりの美味で、
「これ旨いっ!」 って感動しながら何度も交わしあった笑顔を、覚えている。



ssP1080248.jpg


南京カユマニスという、
まるで世俗から切り離されたようなプライベート感と静寂に癒される楽園にて。

年が改まったばかりの最初の月に、すでに
もしかしたら2011年最高の思い出になってしまうかもしれないくらい、
贅沢な時間を、極上の気分を、味わってきちゃいました。。。


こんなに最高に甘美で刺激的な週末、
こんなふうにステキな出来事に、今年はあと何回、巡り会うことができるでしょうか?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■南京カユマニス(Kayumanis)■
南京市湯山鎮寺庄村
南京香樟華苹温泉度假別墅
Reservations: 025-8410-7777




↓南京カユマニスの魅力が少しでもお届けできたなら、クリックして下さいますか?♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ



posted by 蜜 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり雪見酒はいいですね。
サービスカットもありがとうございました。

先週末に新潟県で雪見露天風呂には入ってきたんですが、岩肌に積った新雪を眺めながらの温泉は最高ですよ。

でも、肝心のお酒が飲めなかったんです。
やっぱり、雪見酒は絶対にやってみたい。

ご一緒することは、日本と上海の距離以上に実現不可能だと思うので、単独で実行して証拠写真をアップします。

えっ! 誰もそんなの見たくないですか?
Posted by しうみん at 2011年02月01日 22:52
コメントのお返しが遅くなり、ごめんなさい。
(ハワイから帰ってきました!)

常夏の場所から帰ってすぐに、このシチュエーション(真冬の雪見酒)をまた想像するのに、若干の戸惑いがありますが…(笑)

>> ご一緒することは、日本と上海の距離以上に実現不可能だと思うので
え、そうですか?
「露天温泉で雪見酒やるよ〜 来る?」なんてお誘いがあったら、蜜ならきっと、
つまらないことなど気にせず二つ返事でご一緒させてもらっちゃうような気がしますけれどw♪

サービスカット・・・ のつもりは全然なかったのでお恥ずかしい限りですが;
しうみんさんのサービスカット(笑)はぜひぜひ見てみたいです☆
Posted by >しうみんさんへ。蜜 at 2011年02月08日 03:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。