株主

2011年01月19日

「妃香酒館」なら、上海で屯ちんラーメン!

本来であれば、
2010年末の年越しラーメンになるはずだった 「妃香酒館」 の屯ちんラーメン。

※ 23時L/O の 23時半閉店 なのでご注意を!  ←自戒も込めて…(笑)



この引き続く寒さのせい・・・
ってワケでもないけど、先週はなぜだか蜜の中で深夜 ※一部未明 ラーメン熱が急上昇!

」 ⇒ 「福島ラーメン」 と続き、
日本人も納得とウワサのおいしいラーメンを求めて、古北 22:58 。 (ギリセーフw)


そんな時刻にもかかわらず、
蜜たちはこの夜、やっとありつけた晩ゴハン! で、


sP1160336.jpg
いつもなら紹興酒でもじっくり飲みたいところですが・・・


sP1160341.jpg sP1160339.jpg
それよりも早く、炭水化物を!!! (※ビール含む。写真右は味噌ラーメン。)


って気分で(笑)
入店即L/Oだったしね。。。



「妃香酒館」 は、その名からのイメージ通り、
そしてお店の入口および店内のあちこちに沢山並べられた紹興酒の甕からも分かる通り、
ジャンルは中華料理屋さんで、紹興酒をたしなむ所。


それなのに、食べられちゃうんですね↓

sP1160338.jpg
東京・池袋の有名店 「屯ちん」 の屯ちんラーメンが♪


上海でも、このお店はそういう触れ込みで名が通っているみたいですね。
蜜は昨年末に友人からの口コミで知ったのですが、
上海でいただける東京とんこつラーメンの味というのに興味津々☆


九州の豚骨に比べると、ずいぶんアッサリさらさらスープ。
こってり好きには物足りないかもしれないけれど、飲んだ後の〆なら良いかも。
麺は、なぜか沖縄そばを思わせる太さと食感。。。


パンチには欠けるが優等生的なまとまり感は、
この夜の蜜たちのように(珍しく)シラフで臨んでかかると、
やや単調で、途中ちょっと中だるみ…?


十分おいしいんですけどね!


ただ、素朴でぼんや〜りと優しいタイプゆえの宿命。
オトコと同じね。
結婚には向いてるんだけど、付き合うなら・・・ もっと刺激を… みたいな。
でも、そういう方が長続きするんですよ。最後まで幸せ。大団円。


= 完食 ☆



つまり、なんだかんだ悪くないワケです (笑)

ビールのお供につまんだスープ入り焼き餃子(鍋貼)も好吃♪だったし、
次回は酔った後に癒されに来よう。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■妃香酒館■(古北店)
上海市栄華東道60弄1号 里昴花園1F(×古北路)
Reservations: 021-6278-3535

※ 凱旋路にも店舗があるようですが、そちらは屯ちんラーメンが無いかもしれません(未確認)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


この記事へのコメント
妃香酒館
古北店は自宅のすぐそばですし、凱旋店は会社のすぐそばですし、出席率高いです。
仲間内では「紹興酒場」って呼んでいます。

ラーメンも必ず食べますが、蜜さんと同じ感想です。紹興酒の熱燗は大好きです。
上海に来てから、維心、豚骨ラーメン、福島ラーメンで食べましたが、本場久留米ラーメン(九州ラーメンで一番濃厚)レベルの味にはまだ出合ったことは無いですね。刺激が欲しい。

2月に博多に行きますので、堪能してきます。
Posted by ムーゾン at 2011年01月20日 10:09
屯ちんラーメンは、たまに川崎で残業の帰りに食べてたんですが、それ程好きな味じゃないので、乳化系豚骨が好きなので、あまり興味を持ってなかったのですが、やはり上海で食べても感激の味じゃないのですね。
とても参考になりました。
Posted by ろん at 2011年01月20日 16:20
屯ちん、行きたいです!!
Posted by 棚橋 at 2011年01月21日 10:22
あら、同じご感想だったんですね…。
ラーメンは好みが反映されやすいので、なかなか難しいものですよねぇ。

でも、その中だったら「豚骨ラーメン」のラーメンは、わりとこってり系で満足しません?(安いのも魅力)
ご当地そのまんまの味わいを再現するのは本当に至難でしょうね。

博多、いいですね! 満喫してきて下さい☆
Posted by >ムーゾンさんへ。蜜 at 2011年01月21日 18:29
屯ちんラーメンのタイプがお好みの方もいらっしゃると思いますけどね☆

川崎にもありましたっけ?
川崎で好きだったラーメンは、ラゾーナに入ってる「すみれ」でしたね〜(味噌ですけど…)。懐かしい。

乳化系豚骨・・・って、たとえば「天下一品」みたいなタイプでしょうか?!(笑)
あのタイプは上海ではまだ巡り会えませんねぇ。
Posted by >ろんさんへ。蜜 at 2011年01月21日 18:34
行ってみて下さい♪
そして、『20代未婚男性の支出:食べ盛りのとある男性(1モデル)の例』に加えて下さい!(笑)
Posted by >棚橋さんへ。蜜 at 2011年01月21日 18:41
あら、コメント遅れてしまいました。

あっさりかぁ〜池袋本店も含めてその路線ではない気がするんだけど・・・
味が変わったのか?自分の味覚が変わったのか?
ちなみに私の記憶によると「屯ちん」の名称を使っていたのは提供開始時だけでそれ以降は「東京とんこつ」って言っている気がします。
(食べる側の「上海で屯ちんラーメン」との印象が強いんでしょうね)
Posted by Lingzhi at 2011年01月21日 22:54
いえいえ、コメントはいつでも大歓迎♪

まぁ、「あっさり」というのも個人の指標なんで、分類が難しいところですけどね(笑)
確かに、支那そばや醤油ラーメンと比べたらこってり、でもとんこつと言うにはあっさり。かと。

> 食べる側の「上海で屯ちんラーメン」との印象が強いんでしょうね
ええ・・・
だってLingZhiさんご自身も、蜜に教えてくれた時に「屯ちん」の名を出してましたからネ…w

店内にも、屯ちんのカップラーメンが並べ置かれていましたしね。
Posted by >LingZhiさんへ。蜜 at 2011年01月22日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。