株主

2010年11月23日

湖を見ない陽澄湖上海蟹ツアー

 
sPB204083.jpg

旬な秋のうちに、本場で食べてこなくちゃ☆

去年、やり逃したし。
ていうか、なにげに今年まだ蟹食べてなーい!


・・・と、11月半ばにいきなり思い立ち、
陽澄湖で上海蟹を食べに行けるツアーをバタバタ手配することに。

なんかね、
日帰りでもいいから、どっかにちょい旅とか
しばらく行ってないと体がウズウズしちゃう性質でして。

で、
今の時期なら紅葉狩りか上海蟹でしょ。
ってことで、

コチラ (上海東和旅行社) の、
陽澄湖上海蟹と古鎮・千灯 〜昆劇の故郷で2500年の歴史にふれる

を友人から紹介してもらい、さっそく申し込み → 参加。


* * * * * *


sPB204080.jpg
市内から高速で約2時間。バスを降りたら、もうそこはズラッと蟹屋だらけ。


にしても、このツアー、
最少催行人数10名からなんですが、ゆうに30名は超えてました。
朝、集合場所に着くまでマイクロバスを想定していたら、大型バスですよ!
ちょっと予想外。人気なんですねぇ。


sPB204081.jpg
このツアーに組み込まれている蟹屋さんは、↑ココ。


2階の円卓に着くや否や、各自飲み物を注文します。 ※別途料金


上海蟹! と来たらば、蜜は、

sPB204082.jpg
よくあっためた紹興酒に限りますよ〜♪


でも周り、誰も注文してなかったけどね。(笑)

ホントは石庫門が良かったのに、残念ながら在庫がなく。
それで頼んだ↑コレは、うーん・・・ なんかちょっと水っぽくて薄い・・・。



sPB204085.jpg
オス&メス1杯ずつの上海蟹。キター☆


さすが、旬のオス。
蟹味噌、旨ッ!

時期がもう過ぎてしまったメスと食べ比べたら、その差は歴然。

そして、大好きな 「138蟹宴館」 のコースで出る蟹よりも、もちろん大きい。
なので1杯の食べ応えは十分◎
でもそのぶん、オス&メス両方と格闘したらもう、指がヘトヘト。。。


それに、
(これは最初から分かってたことだけど)
蟹の身と蟹味噌を使った料理ばっかりがどんどん出てくる 「138蟹宴館」 は
コスパ & 満足度ともにやっぱり偉大☆

ってことを改めて実感(笑)



・・・ん? 陽澄湖くんだりまで来て、この感想オカシイ?



さて、
上海蟹を食べ尽くしたところで、再びバスに乗り込むよう指示が。

「さぁ、これから陽澄湖畔へ向かうのかな〜♪」

なんて楽しみにしていたら、



そのまま素通り。



・・・え?

ちょっと待って。

どれが陽澄湖だったんですか? (笑)

湖、見てないんですけど。。。

なんかバスの車窓から一瞬だけ覗いた、
そこは特に養殖をしている風でもなかった湖? 池? の端、
あれが陽澄湖の一部だったんでしょうか…?


結局、分かんなかったし!



sIMGP0117.jpg
そのままツアーバスは一路、水郷古鎮・千灯へ。。。


陽澄湖は残念ながら見逃してしまいましたが、
昆山の千灯は、
朱家角や 七宝 を彷彿とさせる、風情ある水郷古鎮でした。


sIMGP0090.jpg



昆劇・昆曲の発祥の地なのだそうで、

sIMGP0111.jpg
ライブ鑑賞もできます。 (有料/今回のツアー料金には含まれています)


古鎮内の狭い路地には、

sPB204087.jpg
よくある、こういったお店が両側に立ち並んでいますが、


古鎮の外(周り)は、
一般的な服飾店や飲食店、携帯電話ショップなんかもあり、


sPB204092.jpg
歯医者さんまであることに、ちょっとビックリ!

撮ってないけど、2軒ほどお隣にも内科?がありました。
観光地としてだけじゃなく、庶民の生活があることを感じた一瞬でした。



そして、再びバスで上海市内へ帰る頃には、すっかり外は夜の色に。
と言ってもまだ夕方5時過ぎなんですけどね。
最近、日が落ちるの本当に早くなりましたよね〜。冬が近づくのを実感します。

上海の秋らしい1日を過ごせて概ね満足です♪

でも、
来年こそは、
ちゃんと陽澄湖を眺めるくらいはしてから上海蟹を食べたい・・・ かな?(笑)



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 19:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上海には何度か行ったんだけど、上海蟹は一度も食べた事が無い、自分にとって憧れの食べ物なんです。
美味しいんだろうな。特に紹興酒と一緒だったら(涎)

しかし、蟹料理店がずらりと並ぶ通りは圧巻ですね。
新潟の能生ではズワイガニの直売所が並ぶカニヤ横町なるものがあるけど、その直売所が巨大店舗になったみたいですもんね。
海の蟹ですら漁獲制限してるのに、こんなに大勢で押し掛けて、湖の蟹が無くならないのかが心配。
せめて自分が食べるまでは、一匹でいいので残しておいてください。
(紹興酒も一瓶でいいので・・・)
Posted by at 2010年11月23日 23:42
上の名無しコメントは私です。m(_ _)m
失礼いたしました。
Posted by しうみん at 2010年11月23日 23:47
私は今年、陽澄湖と太湖に行きましたよ〜
陽澄湖の方が、蟹が大きくて美味しかったです*

そして私ももちろん!
しょうがを入れて温めた『石庫門』を、
誰も注文していない中でいただきました(笑)

上海蟹には、お茶でもビールでもなく、紹興酒ですよね〜
紹興酒を美味しくいただくための蟹というか・・・!
やはり行動パターンが似ていて、思わずコメントしてしまいました☆
Posted by イラスティガール at 2010年11月24日 09:18
いいなぁ〜
僕は行ってもいないし
食べてもいません
(蟹自体好きな方ではないんですが…)

今年行こうかなぁ〜
と思いながらこんな時期まで…
また来年ですね〜 僕は…
Posted by ずんたろ at 2010年11月24日 09:23
上海蟹以外にも、上海にはいっぱい美味しい食べ物がありますからね。
食べ損なってしまうのも分かります。(でもしうみんさんに限って、ちょっと意外でした)

他の方もコメントに下さった通り、
本当〜に!上海蟹と紹興酒の併せは絶品です☆
これが、その新潟の能生であれば日本酒、といったところですね。
あぁ・・・ それも美味しそう・・・。

日本の蟹の魅力とはまた違った楽しみがありますよね、上海蟹って。
Posted by >しうみんさんへ。蜜 at 2010年11月24日 12:43
両方行かれたなんて、すごいですね。
でもやっぱり大きさの軍配は陽澄湖に上がるんですね!(笑)

しょうがを入れて温めた石庫門、蜜も大好きです〜♪
ちょっと甘口になるけど、さらに旨味が増しますよね!

> 紹興酒を美味しくいただくための蟹
↑もう、まさにまさに!!
なぜ他の方が紹興酒を召し上がらないのか不思議なくらいでした・・・
(って真っ昼間だからですよね。笑)

イラスティガールさんとは、お酒の趣味がとっても合いそうです☆
Posted by >イラスティガールさんへ。蜜 at 2010年11月24日 12:52
蜜もまぁそこまで上海蟹!上海蟹!ってほどじゃないんですが(笑)、
まぁ秋の風物詩だし・・・と、どっかへ小旅行したいのにかこつけて行ってきたのでした。

本場の陽澄湖、に興味もあったし。
なのに湖をまったく見られないんじゃ、どうしようもないんですけどね〜。あは。
Posted by >ずんたろさんへ。蜜 at 2010年11月24日 13:01
お!そんな大勢だったんですね。

素茹で蟹限定かと思いますが・・・
「本場で食べたら市内では食べたくなくなる」
って話もそんな大げさでないでしょ?かなぁ〜?どうでしょ??

私の方はこれで2年上海蟹食べ損ね決定みたいです。
Posted by Lingzhi at 2010年11月24日 23:17
ええ、予想以上の大人気ツアーでしたよ!
これでは、最も旬の10月頃はさらに大勢だったかもしれませんよね〜。

蟹の大きさも含め、確かにやっぱ本場に限るのかも(剥く手間も考えると尚更… 笑)
それがでも、今年は市内で蟹食べてないもんで〜・・・ 比べるにも、1年前の記憶なので忘れてしまったという↓

なにはともあれ、
ホント、湖をちょっとも見せてもらえないのは意外だったんだってば☆
Posted by >LingZhiさんへ。蜜 at 2010年11月25日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。