株主

2010年06月30日

水無月夢想

 
   午睡の浅い夢の中に君が現れて、本気を冗談に混ぜながら2人で笑っていた。

   どうでもいい一言と、
   その生意気に可愛くて狡猾な笑顔で
   いとも簡単に心は絡め取られ、たまらない気持ちで目が覚める。


   ・・・いいよ、会えるというのなら。
   君のワガママになんて、いくらだって付き合ってあげる。

   このどうしようもない恍惚ももうすぐ夢幻と消える哀しみに涙ぐみながら、
   相反してその涙は同時に、今この瞬間だけは君と繋がる歓びの涙でもある。


   あぁ、君のカケラを見るたびに、強く強く思うんだ。
   こんなにも心の奥底をずっと湿らせてくれた引力に
   もうこの先、めぐり逢うことはないだろうと。


   それでも、

   すべてが奪われ根こそぎ持っていかれるほどの、強引な一撃を。
   縛られていた過去が一瞬で吹き飛ぶような、新しい嵐を。

   まだ続く未来にちゃんと光を見い出せるように、
   きっとありえない、そんなスペシャルが再び訪れる奇跡を夢想する。



        awa06_2.JPG




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。