株主

2010年04月17日

[香港澳門旅遊 : 4] 香港へ、献花とともに「M Bar」で

 
sLeslie_3.jpg

この、かつての香港の大スターをご存知ですか?

彼の名前は、レスリー・チャン(張国栄)
1993年の第46回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『さらば、わが愛 覇王別姫』、
ストーリーの素晴らしさもさることながら、そこで程蝶衣役を名演した彼に魅了され、
映画俳優としてのレスリーチャンに、蜜は心惹かれました。

彼はその流し目ひとつに、横顔に、仕草に、色気の溢れる俳優さん。


・・・大好きだったその彼が、
投身自殺を図って亡くなったという衝撃のニュースを目にした夜のことは
今でも忘れられません。

2003年4月1日。
彼は、香港のマンダリン・オリエンタルホテルの24階から飛び降りたのです。


マンダリン・オリエンタルというと、
7年半前に蜜が香港旅行した際に、アフタヌーンティを楽しんだ場所で...
それが2002年の9月だったのですが、まだ記憶も鮮やかなその半年後に、
自分の大好きな俳優がそこで自殺をしたというショック。

エイプリル・フールの悪い冗談か、映画の宣伝用のブラックジョークだと思いたかった。
けれどそれが本当だと。彼が帰らぬ人となってしまったと分かった時、
ただ呆然とし、悲しみと虚しさがこみ上げました...。


sLeslie_2.jpg


それ以来、蜜はずっと
「次に香港へ訪れる時には、必ずそこへ花を手向けに行こう」
と想い続けていて、今回やっとその機会に恵まれたことになります。

奇しくも、レスリーの命日に近い4月4日。
3日遅れにはなりますが、彼を追悼したい気持ちでいっぱいで
複雑な心境の中、マカオから香港へと向かいます。


* * * * * *


s201004Macau-HongKong112.jpg
シンセンからマカオへ来た時と同じ、マカオのフェリーターミナル。

ここから、今度は香港行きのフェリーに乗り込みます。
またイミグレが混んでいたら… と不安だったのですが、今度はすんなり通過。


s201004Macau-HongKong207.jpg
乗船したのはファーストフェリー。

ジェットフォイルもターボキャットも、発着所が上環(香港島)となる中、
このファーストフェリーは尖沙咀(九龍)に到着してくれるため、
尖沙咀の近くのホテルを取っていた蜜としては、このフェリーの方が移動が便利。

途中、少しだけ大きく船が揺れましたが、概ね快適な乗り心地。
そしてマカオから1時間ほどで、香港の尖沙咀へ到着。



ホテルに荷物を置いたら、早速向かう先はマンダリン・オリエンタルです。
このホテルは香港島の中環にあるため、地下鉄に乗って中環駅で下車。

改札口を出ながら最も気になっていたことは、
「さて献花をしようにも、そのお花はどこで買おう?」ということ…。

旺角の花墟道(フラワーマーケット)と呼ばれる花屋通りでも行けば、
安く色んな種類のお花が手に入ったでしょうが、そこまで足を伸ばす余裕もなかったし・・・


とその時、蜜は、鼻でその存在を感じ取ったのです!

skenka_a.jpg
駅の地下街にある花屋さんを!!(笑)

丁度そこで見つかる、なんて本当にラッキー。
どんなお花にしようか悩んだ挙句、
やはり気品ある白い大輪が特徴のカサブランカが、レスリーチャンのイメージと
献花には向いているかな・・・と思い購入。蜜も愛するお花だし。


s201004Macau-HongKong211.jpg
そのカサブランカとともに、マンダリン・オリエンタルへ。


7年半前、アフタヌーンティを満喫した中二階のカフェラウンジを横目で見ながら、

s201004Macau-HongKong224.jpg
今回向かう先は、25階の「M Bar」。

因みに、↑写真に映っている24階のフィットネスセンターのバルコニーから
レスリーは身を投げたと言われています。
その場面を想像すると、エレベータでここを通過する時にも胸が痛くてつらかった。。。


s201004Macau-HongKong214.jpg
マンダリン・オリエンタル25Fのバー「M Bar」へ、17時のオープンと同時に入店。

当然まだ他にお客さんもいないので、窓際に面した奥のソファ席という
一番居心地の良さそうな場所に通してもらえました。


s201004Macau-HongKong215.jpg
大きな窓からは、香港のビルの摩天楼が臨めます。

s201004Macau-HongKong217.jpg
真下を覗くと、この高さ...

s201004Macau-HongKong218.jpg
ここから躊躇なく身を投げてしまうほどの精神的な疲れとは、どのような苦しみなのだろう......


それでもレスリーチャン、あなたは自殺なんかすべきじゃなかった。
そう悔やんでしまうのは、1ファンとしてでしかない蜜の傲慢なのでしょうか。

享年46才。
人気も実力も絶頂の中にあって、『カルマ(異度空間)』を遺作に逝ってしまった。
その稀有な才能と余韻ある佇まい、中性的な魅力と男らしいセクシーさ
併せ持ったアジアンスターなんて、きっともう現れないだろう。


s201004Macau-HongKong219.jpg s201004Macau-HongKong220.jpg
MANDARIN SPRING PUNCH(右)というシグニチャーカクテルを傾けながら、

s201004Macau-HongKong222.jpg
彼に捧げる花とともに、彼の最期の場所で、
彼が出演した数々の名作へ想いを馳せ、彼の死を悼む。



sLeslie_1.jpg


* * * * * *


その後、「M Bar」を出て、ホテルの周りで献花に適した場所を探します。
ホテルの正面玄関から向かって右側の通りに、
毎年4月1日に限って献花台が設けられるのだそうです。

亡くなってから早7年も経つわけですが、
レスリーチャンを偲ぶファンが変わらず存在し続けるという事実、
それだけは嬉しいことと言えるかもしれません。


命日の3日後だったので、もう献花台はありませんでしたが、
その通りの一角にひっそりと、

s201004Macau-HongKong225.jpg
「M Bar」で共に時を過ごした一輪の花を、様々な想いを込めて手向けてきました。


新たなレスリーチャンの演じる姿を観ることは二度と叶わないけれど、
遺されたフィルムを繰れば、いつでも彼の名演に陶酔することができる。

7年経ってやっとこの場所を訪れた、
特別な2010年4月4日の記憶を、自分の胸に深く刻み込みました。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■M Bar■
香港 中環千諾道5号
マンダリン・オリエンタルホテル 25F
Reservations: 852-2522-0111




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 22:50| Comment(6) | TrackBack(2) | 旅>香港・マカオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
密さま、はじめまして。TBありがとうございます。
私は香港に住んでいますが、このマンダリンの上のバーには行ったことがありません。4月4日だともう道路脇の献花は撤去されてしまっていたようですね。綺麗な花もすぐに枯れてしまうのだろうと思って、一生懸命写真を撮りましたが、写真を撮っておいてよかったと思っています。ところで、前日は私もマカオに行っていました。しかもエスカーダにも行きました。その記事はTBしておきます。
Posted by 南の国の会社社長 at 2010年04月19日 13:03
こちらにまでご訪問頂き、コメントやTBまでありがとうございます!

普段からバー巡りが趣味なため、
今回はレスリーに手向ける花とともにこのマンダリンのバーで飲むのが悲願でした。
貴ブログで献花の様子を拝見できたのは本当に幸せでした。

ところで、南の国の会社社長さんのマカオの記事も読みましたよ☆
というか全く同じ日にマカオにいたということになるんですよ、奇遇ですね(笑)
南の国の会社社長さんがランチに入った「エスカーダ」に、蜜がディナーで入ったと。。
セナド広場ですれ違っていたかもしれません!

これを機会に、これからもどうぞ仲良くして下さいね♪
Posted by >南の国の会社社長さんへ。蜜 at 2010年04月20日 15:44
蜜さま、さっきコメント入れようとしましたらエラーになってしまいました。TBのほうが先に入ってしまいましたね。香港にもいろいろとバーがあるのですが、私が以前おりましたシンガポールのラッフルズホテルのバーの記事がありましたのでTBさせていただきました。私のブログのアドレスもこのカクテルの名前が入っています。
Posted by 南の国の会社社長 at 2010年04月22日 20:12
そんな過去の記事までご覧下さり、ありがとうございます☆

けれど・・・
過去記事は、大変お見苦しい状態だったはずです。申し訳ありません。

実は(プロフィール欄にも記載しているのですが)、
中国国内ではこの4月よりFC2ブログへのアクセスがブロックされる状態が続いていて、
泣く泣く今のこのseesaaブログへまだ移行したばかりでして。

過去記事のテキストデータのみ復旧したものの、文章への改行や写真の挿入は、
まだ手直しが及んでいない状態なのです(泣)

大変恐縮なのですが、しばらくは、
よろしければ過去の記事については、FC2ブログ↓の方をご覧下さいますか?

「上海大夜総会」(09年7月〜10年3月)
http://shanghai32.blog85.fc2.com/

※きっと香港からでしたらアクセス可能です!

ところで、ラッフルズホテルのシンガポールスリングは、やはり本当に最高でした♪
さすが発祥なだけあります。あんなに美味しいのは他では巡り会えない…。
貴ブログのアドレスにお名前が潜んでいたの、気付いていましたよ☆(笑)
Posted by >南の国の会社社長さんへ。蜜 at 2010年04月23日 14:52
蜜さま、FC2のほうには無事にアクセスできました。シンガポールに行かれたのは去年のことですね?
私がTBしたラッフルズホテルのシンガポールスリングの記事は2006年のでした。ラッフルズは、ロングバー以外にも、バー&ビリヤードルームという名のバーがあり、静かで大人の世界です。マティーニのメニューがすごく充実していたのを覚えています。
Posted by 南の国の会社社長 at 2010年04月23日 19:58
FC2へのアクセス、お手数おかけしました。ありがとうございます!

蜜も貴ブログのシンガポールスリングの記事、拝見しました。コメントはそちらに入れますね。

シンガポールへは友達の案内に従うばかりだったので、バー&ビリヤードルームという名のバーもあったことなど全然知りませんでした…。
またロングバーとは一味違った雰囲気、とても良さそうですね!

ところで、貴ブログをリンク一覧に追加させて頂きました。
どの記事も読み応えがある内容ばかりで、南の国の会社社長さんはすごいですね〜。
これからも楽しみにしています♪
Posted by >南の国の会社社長さんへ。蜜 at 2010年04月24日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

レスリー・チャンはみんなの心の中で生き続けている
Excerpt: 今日の4月1日は、レスリー・チャン(張國榮)の命日でした。 2003年のあの日からもう7年になるのですが、レスリー・チャンは 未だにアジアを代表する俳優であり、偉大なスターとして 生き続けています。..
Weblog: 南の国の会社社長の「遅ればせながら青春」
Tracked: 2010-04-19 13:06

ラッフルズのシンガポール・スリング
Excerpt: ラッフルズ・ホテルのシンガポール・スリング。このホテルの ロングバーというバーで生まれたカクテルは、世界に行き渡り、 今やカクテルの定番となっています。 ロングバーのバーテンダーが初めてこのカクテ..
Weblog: 南の国の会社社長の「遅ればせながら青春」
Tracked: 2010-04-22 19:30

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。