株主

2010年02月04日

だから水曜夜に「JZ CLUB」

 
sfP2040915.jpg


これまで蜜を何度かジャズバーに誘ってくれた知人が、
この2月上旬で長期日本出張となり、帰国日未定… というので、
行き納めに、彼の大好きな 水曜夜の「JZ CLUB」 へ再びご一緒しました。



sfP2040908.jpg
フロアの奥に、1週間の出演者の案内が。水曜日はボーカルメイン♪

水曜日はやはりかなり人気が高く、1階も2階も、22時過ぎですでに満杯。
2階はテーブルチャージが必要になります。
また土曜日だと、入場料がいるんだとか。(平日はありません)



sfP2040899.jpg
今回は、第2ステージ(22:30- START)が黒人男性ボーカル。


ジャズ好きの知人曰く、「スティービーワンダーに似た声色」という彼の歌声。
スローなナンバーで始まったかと思いきや、
途中からエレキギターを先導に盛り上がるアップテンポに変調し、
会場を一気に沸かせていきました♪

前回 も披露されていた曲があり、
こうやってライブで少しずつ覚えて慣れてゆくのも楽しいものだな、と思ったり。



sfP2040906.jpg
選んだカクテルは、『Between the sheets』。

イメージは、The Isley Brothers の同タイトルのナンバー。

あるいは、久保田利伸 『JAM WIZ ME』。

・・・何故かここに来ると必ず思い起こされる、この2曲。
どちらも最高にセクシーで大好きな歌。気分に合わせて頼んじゃった。

ちなみに、この「JZ CLUB」で出されるカクテルは、結構ちゃんと美味しいですよ!



sfP2040922.jpg
ブレイクを挟んで続く第3ステージ(23:30- START)は、白人女性シンガー。


少し細めの硬質的な声ですが、先ほどの温かみある黒人男性ボーカルの後に
クールダウンして、軽やかなジャズナンバーを楽しめます。
寒色系のブルーに変わったステージのライトも、それを演出しているかのよう。



考えてみると、
偶然ここには3ヶ月に1度くらいのペースで訪れているのですが、
音楽に身を委ねながら馳せる想いは、毎回違っているような気がします。

次にまた「JZ CLUB」に立ち寄る時、
今の自分は、どんな自分に変わっているんでしょうね・・・?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■JZ CLUB■
上海市徐匯区復興西路46号
Reservations: 021-6431-0269

※お店のHPは コチラ。(このリンクは音が出ます)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif 中国関連ブログランキングへ


この記事へのコメント
TITLE: 久保田利伸
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
に反応してしまいました。
ああ、懐かしい〜。久しく聞いていない。

日本に帰ったらCD買ってこようっと。
Posted by 石井 at 2010年02月04日 20:18
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 45938ef63673f633cbe4848f612f2fc3
心地よくジャズが聴ける所あったら教えて下さいな。
足を運んだ(拉致られた)お店のほとんどが、ドラムがガンガン、ボーカルがあキンキンンとやかましいとしか印象がなくて・・・。
Posted by LingZhi(鈴木) at 2010年02月04日 23:49
TITLE: 音楽
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
いい音楽を聴きながら飲むお酒って特別だと思います。
同じ席に座って同じお酒を飲んでても、静かな時と演奏中では全く別に感じますよね。
音楽が止んで現実に戻った時に感じる、充実感と寂寥感が入り混じった感覚に、ショートカクテルなんかの強いお酒が合うんですよね〜

田舎ではそういう店が無いので、数年間こういう店には行ってないです。
親父連中との居酒屋飲みばかりでなくて、たまにはこういうお洒落な店で飲んでみたいですね。

さて、もうすぐ旧正月。 久々の日本帰り準備はできてますか?
友達に合って、どれだけ中国に感化されてるか見てもらってくださいね。
帰国時のレポートも楽しみにしてます。
赤兎馬が故郷中国に帰ってどう変わったかとか? (←って書いたら怒られるかな)
Posted by しうみん at 2010年02月05日 00:32
TITLE: >石井さんへ
SECRET: 0
PASS: 27d1d8bacd723c9dc248f2a94db457f2
わ。そこに反応した?反応して下さった??

[絵文字:e-349]♪

蜜は久保田利伸、かなーり好きで、特に昔のアルバムならほとんど揃えてますよ!
上海にも持ってきてますので、なんならお貸ししましょうか?(笑)
Posted by at 2010年02月05日 08:02
TITLE: >LingZhiさんへ
SECRET: 0
PASS: 27d1d8bacd723c9dc248f2a94db457f2
> ドラムがガンガン、ボーカルがあキンキンン
う〜ん・・・
この「JZ CLUB」も、水曜日はドラムもボーカルもありますが、
ちゃんと上手な演奏なのでそんなにガンガン・キンキンはしませんけれどね…?

ここはまた、曜日によってもラインナップが異なるので、印象違うかも。

でも確かに、蜜はジャズピアノが大好きなので、
ジャズピアノだけが静〜かに流れ続けるジャズバーなんかもちょっと探してみたいな♪
と思っています[絵文字:i-179]
Posted by at 2010年02月05日 08:06
TITLE: >しうみんさんへ
SECRET: 0
PASS: 27d1d8bacd723c9dc248f2a94db457f2
> 音楽が止んで現実に戻った時に感じる、充実感と寂寥感が入り混じった感覚
なんて素敵な表現でしょう!
しうみんさん、やっぱり文才もありますって[絵文字:i-189]

ここに「ショートカクテルなんかの強いお酒が合う」って評せるところがまた素晴らしいです。
蜜も確かにそう実感しているのに、そこまで掘り下げて自覚していませんでしたよ。
さすがです。これ、盗ませて下さい(笑)

> どれだけ中国に感化されてるか
ほんとそうかもー。。
日本にいる日本人の感覚や中国イメージとは、ちょっとズレちゃったかもなぁ。
また色々と心境や考えが揺さぶられる日々になりそうです[絵文字:i-227]

「赤兎馬」言わないでー![絵文字:v-217](笑)
日本でもよく飛ばしてたんで、「中国行っても相変わらずだね」って言われると思います、きっと[絵文字:i-229]
Posted by at 2010年02月05日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。