株主

2010年01月31日

睦月の幻

 
     oiran_0131a.JPG


 始まりの夜のように優しく髪を撫でられたのが、けれど別の人の指先だった時、
 それでもあの幸せな感触が反芻されて、ふと涙が滲んだ。


 目の前で伝えたい気持ちを、けれど別の人の肩越しで口にする時、
 なるべくなら返事を声に出さず、ただ黙って抱きしめていてくれれば、それでいい。



 「人は言葉では嘘をつけるが、行動で嘘をつくことは難しい」

 真意とは巧みな言葉になど無く、一貫した行動を見て推し量るものならば、
 “この結果” こそが本音の感情であり本心からの言葉によって成されているのだ、と
 簡単に導き出せるはずなのに。


 「わからないのは見えないからじゃなくて、見るべき場所を見ないから。
  それで大切なものを見落とすのさ」

 その目を曇らせているのは、いつだって
 悔しいぐらい一瞬にして、強引に、陥れられてしまう “完全降伏態勢” 。


 制御不能の自然な心の反応は、刷り込みのように厄介で、
 まずは理性を奪い、正しい判断を狂わせてから、
 思考を掻き乱し、冷静さを失わせて、言うべき台詞を間違えさせる。


 もはや流し目ひとつ、艶やかな微笑みひとつ、演じられなくなってしまった。



 ・・・言い訳かもね。




     oiran_0131.JPG




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TITLE: 最後の一言
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
演じられなくなった、ということは・・・???

文法的に。で終わっているから、
いいわけかもね、は何に対する言い訳なんだろう?

楽しいですね〜文章から意識の流れを想像することって。いろいろな可能性が考えられる。

これが文学の楽しみ。
でも、ロマンチストでない私はすぐに構造論で、
文章を因数分解しちゃうんだな。
良くないなぁ。もっと心象を大事にしなければ。
Posted by 石井 at 2010年02月01日 20:15
TITLE: >石井さんへ
SECRET: 0
PASS: 27d1d8bacd723c9dc248f2a94db457f2
こんな散文雑記みたいなものにまでコメント頂きありがとうございます(でも、なんだかちょっと恥ずかしい… 笑)

読まれた方がどう解読するかはそれぞれですよ!
だからこそ、こういうのを書いた本人が補足するのも無粋な話かもしれませんが・・・

演じるには、
『内部での感情の起伏を押さえて、外部へはその時必要と思われる感情を表現する』
ために心の余裕と鍛錬が求められるのですが、
相手によっては心酔してしまってそれができないなんて、そんなの言い訳にすぎないよね…という自嘲と、
もう1つは単純に、そんな言い訳言ってないで素直になれば?という両方の意味を込めています。

ちなみに、参考イメージは花魁です(笑)
Posted by at 2010年02月02日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。