株主

2009年11月29日

上海で、紅葉?

最近のように少し暖かさも戻って陽気がいいと、つい外を散歩したくなりませんか?

蜜は、中国語を教えてもらっている先生を中山公園にお誘いして、
一緒にお散歩しながら言葉の勉強をしました


そんな最中、公園内の一画で出会ったこの景色に、

skouyou0003.jpg
蜜はとっても感動して、思わず立ち止まってしまいました。


上海でこんな、まさに紅葉の色を眺めることができるなんて!


この木が年中こういう紅色の葉をつける種類のものなのか、
秋だから色づいて今このようになっているのかは
蜜にはよく分かりません。植物そんなに詳しくないもので…。

それでもね。上海で、こういう景色はめったに見たことなかったんです。
紅葉(のようなもの)を見るなんて、今年は諦めてました。

だからこんな、ほんのちょっとしかない色づきでも嬉しくて
蜜はしばらくここに立ち止まって、見入ったり写真を撮ったりしていました


sIMG0122A.jpg


でも先生は、なんだか
蜜がそこまで感動しているのが、ちょっと不思議そうでした(笑)
だから、先生にはこう説明したんです。

「日本人はね、四季を味わうのが好きなんですよ、きっと。
 春には桜を愛でて、夏は海辺で遊んで、
 秋には紅葉狩りをして、冬は雪を見ながら温泉に入りたい。
 そう思って、それを求めて日本全国を巡ったりするんです
」 …と。


蜜は、自分でそう言いながら、ちょっと泣きそうになりました

一瞬込み上げた郷愁?というか、、去年までの自分の習慣を思い出して。
もちろん、四季を楽しむのは日本人だけではないし、
逆に日本人みんなが、これらをしてるわけないんですけど、
少なくとも蜜は、こういうことを1つ1つ愛して、季節ごとに旅してきました。



ちなみに、昨年の今頃は、日本三景・宮城の松島

s200811 Sendai014
五大堂と紅葉。(あ、なんか背景の青空が鮮やかで眩しいぞ…笑)


s200811 Sendai072
見事な色に染まった2本の大樹。


あー。なんかホント、懐かしいです
これを撮った頃、まさか1年後には上海にいるなんて想像もしてなかったなぁ!
写真を掘り起こしながら、なんだか感傷に浸ってしまいました

やっぱり季節の風物詩は、ちゃんと感じていかないとダメですね☆



・・・あ、上海の秋と言えば!
蟹は、ひとまず食したことを忘れちゃいけない
う〜ん... でもじゃあ来年は、本場である陽澄湖にでも行ってみるかな?

春の桜は、「9号線の松江大学城にある学校のキャンパスに、
日本から寄贈された桜が植わっている」と先生が言うんだけど、本当かなぁ(笑)


その前に冬はどうしよう。
写真で見た周荘の雪景色は美しかったので、一度見てみたい。
でも温泉は…
露天とかまずムリですよね…
よく地下鉄の広告で見る「恐竜谷温泉」(常州)も、コレたぶん趣向違うよな。。。


夏の海は、、、
これはもう 海南島しかないですよね!!!

来年ぜひ行ってみたい。その時はもっちろん、
春秋航空  ・・・でね[emoji:e-348] (微笑)



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif blogram投票ボタン
posted by 蜜 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。