株主

2009年08月14日

新加坡へ行く☆ vol.4

シンガポールの夜です。

sP8080590.jpg
クラークキー(CLARKE QUAY)

運河沿いの夜景が見たい!と言ったら、↑ココへ連れてってもらいました
すてき〜♪
空いていたらテラス席でもゴハンが食べられるのですが、あいにくこの時は満杯。

sP8080589.jpg
友達オススメの、チリクラブ(シンガポール名物カニ料理)が有名なお店へ


『JUMBO Seafood (珍賓海鮮楼)』 です。

sP8080588.jpg skani.jpg
シンガポール料理A ブラックペッパークラブ   この(右図アップ)蟹が、メチャうまっ

蜜は、辛いものの中でも胡椒系の味が特に好きなので、
チリクラブとペッパークラブを散々迷った挙句、今回はペッパーの方にしたのですが、
これがspicyでとっっても美味しい!!

実はそんなにカニ好きではないんです。(どっちかとゆーとエビ派)
取りづらいわりに味が淡白めなとこが、なんか残念な感じで...
でも、これは違う。激ウマなペッパーソースを絡めると、
手や口をベタベタにしながらも食べ進めたくなっちゃう魅力が出るから不思議

そしてなによりも!ビールにぴったり〜


適度にお酒も進んだところで、もうお腹いっぱい。
『JUMBO』を後にし、次のお店で飲み直すその前に、ちょっと夜景散策へ


sP8080594.jpg
マーライオンパークです

sP8080596.jpg
摩天楼を背景に、ライトアップされた元祖マーライオン

よく巷では「世界3大ガッカリ」なんて言われたりしますが、
蜜的には、そんなにガッカリでもなく、むしろ結構うっとりしましたよ
夜景だったからかしら?
なかなかステキだと思うんですけど。
お台場にある、なんちゃって自由の女神よりず〜っといいと思います...


その後は、お待ちかね、

sP8080603.jpg
シンガポール・フライヤーです!!!


世界最大(級?)の観覧車で、設計を担当したのは故・黒川紀章氏なんだとか。

でも、それよりなにより予想外だったのは、
1つのカプセルが最大28人まで乗れる大きさで、基本は相乗り
なこと(笑)

カップルには物足りないかもしれませんね・・・
でもカプセルによっては、中にテーブルがあってお皿やグラスが置いてあったので、
予約すればきっとそういうデートにも使えるんでしょうね。
旦那さまや彼氏に、サプライズで演出してもらえたら幸せですよね〜


sP8080609.jpg sP8080608.jpg
もうすぐ頂上。。


sP8080611.jpg

sP8080612.jpg

sP8080613.jpg


「乗って良かったね〜♪」って友達と言い合うほど、ステキな夜景を楽しめました
1周約30分と、とてもゆっくりまわる観覧車なので、
あまりブレずに写真が撮れるところも魅力かなぁと思います
左側に見える工事現場は、カジノを建設中なんだとか。



さてさて。夜景をじっくり堪能した後は・・・

飲みましょ〜(笑)


sP8090616.jpg
まずは、ラッフルズホテルへ。

エントランスからして豪華ですごく高貴な、由緒正しいホテルへ案内されたので、
こんな所のバーなんて軽装で行っていいの…?って不安になっちゃいましたが、
ここの『ロング・バー』は、そんな心配は無用でした。

とってもカジュアルなバーなんです。
なにせ、床一面にピーナッツの殻が。。
敷き詰められているかのようにビッシリ落ちてるんです!(笑)

このピーナッツは、このバーの名物スナックだそうで、
注文せずとも、最初からテーブルに枡いっぱいに置いてあるのです。
しかもこれが、絶妙な塩気があって美味!あなどれません

そして、ここのシンガポールスリングも…
さすがです。とぉってもおいしい。。
「カクテルで酔っちゃうって、こういうこと?」って思いました。
甘くて飲みやすい。のに、しっかり濃ゆい。ちゃんと喉がトロンてなる、存在感ある味。


  ■後日談■ この時は、
  「おいしい!・・・でも普段カクテルをあんまり飲まないから違いが分からない
  という点で、友達ともまったくの意見の一致をみました(さすが!)
  が。
  この後、蜜はシンガポールスリングにハマり、上海のいくつかのバーで頼みましたが、
  ここより本格的で美味しいお店にはまだ巡り合っていませんよ〜



他にもいくつかオススメといわれたカクテルを頂きつつ。
バンドの生演奏を聴きながら。ソファ席で友達と他愛もない会話を楽しみ。。



私たちは次のお店へ(笑)

sP8090617.jpg
クラークキーへ戻ってまいりました。

この頃すでに時計は午前をまわっていて、
クラークキーの灯火も若干の翳りを帯びていましたが。
この辺りのバーと欧米人はまだまだ元気!(あ、蜜たちもか…

上海でもそうですけど、蜜のイメージとして、
特に欧米人の若者って、クラブとかバーで夜中までハイテンションに賑やかに〜
がお好きなような気がしませんか?



そんな中、蜜たちは、『Hooters』へ。
オープンエアなので、シンガポールの夜風を感じながら、もう何度目かの乾杯
ここで食べたピクルスのフライが、意外な組み合わせだけど結構イケました。
でも、このお店の本来のウリは、
scos.jpg (※画像はお店のHPより拝借しました)
この若いウェイトレスのコスチュームなんだそうですけどもね



そしてこの後、
彼と蜜は、なぜか近くの『朋友(とも)』へ・・・(笑)

なんでなんでしょう?
何故なんでしょうねぇ、まったく。。。

とかお互い言い訳しつつ、
ごくごく自然 に、彼:日本酒 × 蜜:泡盛 で乾杯〜
ここは五○田ですか?
でも、仕方ないんだよネ。
やっぱり私たち、これが1番落ち着いちゃうんだよね
和酒を飲んで、たこわさとかつついちゃう。シンガポールだけど(笑)


そんな『朋友』も、さすがに閉店の時間に。
私たちはタクシーに乗って、オーチャードロードへ帰ってきました。
そして・・・

「旅行先だと、時間を気にせず飲めるのがいいね〜」とか、
「それにしても朋友は余計だったね〜」とか言って笑い合いながら、
2人は仲良く、未明のシンガポールに消えてゆきましたとさ



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner_11.gif
 
posted by 蜜 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅>シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145899806

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。