株主

2013年10月23日

男ならもっとガツンとね「大福屋」ラーメン

 

sDSC00043.jpg

野郎ラーメン なるものを食べてきました。



聞いた話によれば、

syaro_05.jpg ← 東京・秋葉原などでお馴染みのラーメンチェーンらしく…

『 野郎ラーメン 』 は、
あの せたが屋グループの(株)大ふく屋さんが打ち出されているブランド のようですね。



そんな 骨のあるラーメンをご披露してくれそうなお店 が、
なんと新天地・南里のファッションビル 1F にオープン!!


sDSC00049.jpg
ずいぶんとオシャレなスポットに進出なさったのですね・・・(笑)


10/8 に出来たばかりというのですから、まだ新しい。
ビル 1F のエスカレーター付近に佇む 「大福屋」 。


sDSC00037a.jpg
教育が行き届いているようで、店員さんの接客態度も丁寧だと感じられました。


sDSC00038.jpg sDSC00040.jpg


上海の 「大福屋」 では、ラーメンを主に大きく2種類に分け、

・ 野郎新味 (男性向け、野郎ラーメン)
・ 濃厚原味 (女性向け)


という風にオススメしているようです。
(他に、野郎拌面やつけ麺、海鮮ラーメン等もありました)



sDSC00048a.jpg


場所柄なのか、日本人のお客様よりも中国人率の方が高く。
まだオープンしたばかりで知れ渡っていないのか、
あるいは我々の入店した時間が遅かった (21時くらい) からなのか、人は少なめ…。
※ 同店は23時まで営業



sDSC00042.jpg
野郎新味 (46元)


蜜は、紛れもなく正真正銘のオンナですが(笑)

女性向けと謳った濃厚原味の方は、魚介ダシを全面に打ち出したスープ
だそうで、そんな穏やかな味わいのものより、
この夜は ガッツリ濃いのを食べたい気分♪ だったの。



そう。だったのよ。
だったのに・・・・・・ッ!



男性向け・野郎新味でも、パンチが足りないぃ〜 ↓↓



“豚骨醤油” スープで “野郎” なんて名前を冠していたら、
もっとズシーンと重くて、コクもあって濃厚そうな舌触りを連想しませんか?


sDSC00045.jpg
麺は太麺で、オーダー通りきちんと固めに茹でてあるのは◎  だけれど・・・


蜜にとって美味しいラーメンとは、ほぼ9割スープの良し悪しで決まる!
という個人的嗜好の観点から述べさせて頂くと、
この野郎新味は、ちょっと期待外れ。


思っていたより、 スープの風味が生易しい んだもん。。。


ただ、 「想像していたよりパンチが無かった」 というだけで、
これはこれで全体的には調和の整ったラーメン…
とも言えるのかもしれない。

ガツンと感の不足ゆえに、単調な味わいで途中ちょっと飽きてくるのですが、
チャーシューのトロトロ具合と、もやしなどの野菜のシャキシャキした食感はナイス☆
だったので、
これが半ラーメンくらいだったら、ちょうど美味しく頂けたりして。


もしくは、それほど体調がすぐれない時とか。
優しさに包まれたい時 とか・・・。
(そんな時に野郎ラーメンなんて食べに来ないって?ww)



sDSC00047.jpg
餃子 (自家制20元 / 特制韮菜22元) は、なかなかの歯ごたえで満足♪


お皿にもよりますが、焼き目の色のキレイな方はパリッと焼けていました。
皮も薄めで、餡も少なすぎることもなく、これは悪くない。

パンチを求めない気分の時に、
次回は、 (ここは乙女らしく…w) 濃厚原味の方を素直に選んで食べてみたら、
また違った新発見があるのかもしれませんね〜。




↓上海ブログランキングに参加しています。 応援の1クリック が励みになっております♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑ 10元ショップの台所掃除用品コーナーに並んだ 『 オトコのためのカラダ洗い 』 ・・・ 場所違くない?w



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■大福屋■
上海市黄浦区兴业路123弄(×马当路)
新天地南里6号楼 1F 102单元
Reservations: 021-6315-1293

# 日本の 「野郎ラーメン」 の写真は コチラ から拝借

 






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。