株主

2013年09月05日

気心知れた殿方たちに救われた「地蔵」

 
なんだか、またちょっと体調を崩しています・・・。
先月の長引いた夏カゼ がやっと治って、落ち着いた頃だと思ったのに(泣)


今回、バイオリズムが低下した原因は、
実はある程度、自分自身でも 『きっかけ』 が分かっていて。
(日頃の不摂生じゃないよ!ww)

あの時、確かに足の震えが止まらなくなって、悪寒がしたからな…。
さらにそんな過敏な心理状態の時に、
アレとかコレとかソレまで舞い込んできて、もうなんでこのタイミングなのー!!

って感じ。



・・・さっぱり分かりませんよね、ハイ(苦笑)




もう何もかも捨てて、南の島とかに逃げたい
↑ コレ、蜜に限ってあんまり比喩になってないような気がするw

なんて思ったりすることは何度もあるけど、
泣いても笑っても、どうせもう少ししたら多分行くことになるのだし、
行ったら行ったで今度は、
「上海生活はよかったよな〜」 なんて懐古の涙を流すのは目に見えている。


自分で、ここまでやる!
って決めたことを途中で放り出すことのできない性格だし、
でも、それらに縛られすぎて、
かえって自分のカラダをわざわざ窮屈に痛めつけてるような気がするから・・・


やっぱ M なのか? (爆)



いえ、おかげさまでね、
もうホントこれ以上ないよ! ってくらいお気楽な身分で暮らさせてもらってるのにですね、

思うほど、華やかな快楽ばかりでは済まないよねー
せっかくの環境を満喫しきれないなんて、自分の感受性に問題あるよねー
本末転倒だよねーーー


と、すぐ自虐的になるから、なお宜しくない。  pandaani206.gif





・・・でもね、そんな時にね、

もう、かれこれ3年以上もプライベートにお付き合いさせて頂いている、
とっても気心の知れた殿方たちと、
お酒を囲みながら、ゆるりゆるりと優しく楽しく過ごせた一夜

が舞い降りて、なんだかすっごく救われました〜♪



sDSC09565.jpg
随分ご無沙汰してしまっておりました 「地蔵」 (古北路555弄 B2楼101室) にて。



蜜はですね。
基本、スタンドプレーをそれほど厭わない性格なのです。
(一人っ子だからでしょうか?)

それによって、今までに沢山の良い思い出や出会いを作ることもできたけれど、
よくよく振り返ってみれば、
独りゆえに、些細な出来事で心に小さな負担や傷を受けても自分だけで抱え込むしかない
ような、そんなデメリット(?)も、そういえば幾つもあったような気がするw


物事には、必ずイイ面もワルイ面も両方あるのが普通ですから、
それを承知で、リスクも覚悟した上で行動しなければ、
痛い目にも合うのをサラッと流してかわせないのも当然なのかもしれませんが。

蜜は、残念ながら、防御力が弱くてタフではない…。



sDSC09557.jpg
芋焼酎 『 三岳 』 ロック



けれど、
こういった、なんかもう、どーーしょーーーもないコトに悩まされてる時に、


お互いのことを大体は分かっていて、
仲良くして下さって積み重ねてきた年数も長くて、
変に気を遣いすぎることも、自分を飾ることもなく自然体で、笑って語って飲める。



そんな親しい間柄の方々に、
(偶然の経緯でですが) 蜜を一人囲んでもらって・・・

もう言葉にできないくらい、それは貴重なひと時だったように思います。



こういうの、いいもんだなぁって。



伸び伸びと、さりげなく癒されて、
今こうして記事に書いて記憶を蘇らせるだけでも、弱りきった心に、ちょっと勇気が灯る。

世の中、こんな蜜のことを許してくれる人たちもいるんだな、と。
初対面だからとか、刹那的なものじゃなくて。
普遍的にお付き合いしていく中で、
存在をずっと尊重し続けて下さる人もいてくれるんだ、という有難さ。






sDSC09561.jpg
斎藤さんからオススメを受けて、2杯目は ↑ こちらをロックで。


この芋焼酎 『 六代目百合 』 が、また なんとも斬新な味わい!!

甘い芳香の中に鋭さがあって、
なかなか主張の強い後味を鮮烈に残し、喉の奥を通りすぎてゆきます。
そして芋独特の香りが、舌に長く残るけれど、くどくない。


「地蔵」 で頂く先付けがまたオツな美味なのも、以前から変わらぬ定評ですが、
この晩のそれ・・・ ひじき煮だったのですが、
まるで塩昆布のような深みのある旨味が利いており、さすが!
と唸ってしまいましたね◎



おかげさまで、久しぶりの 「地蔵」 参り も叶ったことだし、
いい夜でした。
本当に、ありがとうございました☆



sDSC09569.jpg
古北路555弄の入口。。。  今、すんごい工事してて一見分からず通り過ぎちゃったw



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■地蔵■
上海市長寧区古北路555弄 B2楼101室(×仙霞路)
Reservations: 136-3646-3490




↓上海ブログランキングに参加しています。 元気づけに1クリック 下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
 




2013年09月04日

魅力は“通し営業”と雰囲気 - 「EL CAMINO」

 

sDSC03747.jpg
季節のよいシーズンには、風通し良くオープンエアになるダイニング・バー 「EL CAMINO」 。




淮海中路という場所は、ショッピングするには長けているものの、
大通り沿いには、意外にオシャレで気の利いたレストランやカフェバーが少ない。


先日、当ブログでもご紹介した 「Brick」 をはじめ、
思南路などのように、ちょっと1本道を曲がれば話は別なのですが。


そして、今回記事に起こします 「EL CAMINO」 もまた、
淮海中路をほんの少しだけ逸れて、成都南路に入るとすぐに看板が見えてきます。


sDSC08810.jpg sDSC08812.jpg
「こ熊や」 の手前、と表現すると分かりやすいでしょうか。 「EL CAMINO」 (成都南路105-107号)



オープンしたのは、確か2012年になったばかりの冬頃だったような記憶が・・・。
出来たばかりにすぐ足を延ばして、
寛げる空間としての雰囲気の素晴らしさに感動して、一時期は何度かお邪魔しました。


それからちょっと個人的な事情で (ツッコまないでw)
随分ご無沙汰していた期間もまた1年ほど続いてしまったのですが、
この存在は、以後もずーっと気になっており、
とうとう我慢できず(笑) 今年の春から再び、度々お世話になっています♪



 ・ ランチ以降、 深夜までの通し営業 なので、いつでも立ち寄れる
 ・ 開放的かつ居心地の良さがクセになるほどの雰囲気
 ・ 淮海中路を歩き通して、ちょっと一休みするのに絶好の立地
 ・ 日本人店員が常駐 し、サービスレベルが常に凡そ一定に保たれている



個人的には、これらの点が、
他の、日本人が親しみやすいダイニング・バー系に無い、同店の特徴かと思っています。



sDSC08813.jpg
大きな窓が、大胆に開け放たれているのが見えますでしょうか?


↑ これが、 「EL CAMINO」 をつい贔屓にしてしまうほど好きなポイントの1つ。

特にこれから秋にかけてのシーズン、
今、オープンエアを楽しまないで、いつ楽しむの?
という気持ちになってきますからね。こういう建て構えは重宝するでしょう?


sDSC03743.jpg

sDSC03744.jpg


お店を入って右側にある、ゆったり大きなソファ席も、
目の前に小ぢんまりと広がるバーカウンタースペースも、
左側のテーブル席も、どこもかしこも TPO に合わせて寛ぐことができます◎

お客様がそれほど多くない日であれば、
お食事はテーブルで、その後まったり飲むのにソファへ移動して・・・
というワガママをお願いすることも可能ですよ。



そして、ここはフードもなかなか気が利いたお値段のわりに美味しい!

sDSC03736.jpg
バッチリ蜜好みの味わいだった、パテ・ド・カンパーニュ♪

elCamino_winejpg.jpg sDSC03741.jpg
白ワインを傾けながら、いただいたカツレツも良い口当たりで。


メニューは随時変わっているでしょうから、
もしかしたら ↑ 上の写真のメニューは今もあるかは定かではありません・・・。
(2012年3-4月のもので。ごめんなさい!)



最近行った時につまんだお料理ですと、

sDSC08085.jpg sDSC08086.jpg
食べ応えのあるリッチなサンドイッチに、サーモンの前菜を添えてみたり。


sDSC08809.jpg
カマンベールチーズフライ! ビールやワインに好相性すぎるでしょ?


夕方、カフェの時間に訪れた際には、
テーブルに焼きたてのアップルパイなども置いてあって、
蜜は試しておりませんが、一緒に行った友人は美味しかったと言っていました。




写真がありませんが (なぜ撮り損ねているのだろう…w)
「EL CAMINO」 は何時からでもカクテルまで飲めます☆


本格的にそれのみを専門としているバー / ショットバーには及びませんが、
食事に合うような、もしくは
昼下がりに何か爽やかな味わいのカクテルを愉しみながら寛ぎたい時なんかには、
申し分ない程度のレベルのものを飲むことができます。

ビールやワインといった既製品だけでなく、
オリジナルのお酒を片手に午後を過ごせる なんて、蜜にとっては貴重な一軒♪




↓ 開け放たれた窓際の特等席は、こんな感じでとっても気持ちいいのです〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑上海ブログランキングに参加しています。 応援に1ポチッ 下さると嬉しいです♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■EL CAMINO■
上海市黄浦区成都南路105-107号(×淮海中路)
Reservations: 021-6386-5178
営業時間: AM11:00〜深夜

 


2013年09月03日

「大都会」ゴルフ練習場のショートコース体験

 
今週・来週と、なぜかオソロシイほどに夜の予定が目白押し! なもので、
( いやいや、楽しい宴が多いことは素晴らしいこと☆ )
ちょっとブログが駆け足になります。ごめんなさい。



お誘いを頂きまして、
「大都会」 ゴルフ練習場のショートコースをまわってみました☆

平日ですと、 『ゴルフトゥデイ』 掲載の割引ページ持参 で 120元/9ホール
※ 割引ナシなら 平日150元、休日260元・・・ 割引価格は随時変更アリ
と、なかなかお得です。



sIMG_4704.jpg
打っていると、虹橋空港を離発着する飛行機がひっきりなしに通るのが楽しい!



9ホールあるコースの、詳しい設計のご説明は、
ムーゾンさんのブログ に、それはそれは事細かく(笑)
記載があって、とっても重宝しますので、是非そちらをご参照下さい。


※ ここは手抜きしてるわけじゃなくって、ホントにすごい記事なの!w



sIMG_4705.jpg



なので、蜜は補足だけしますと、

 ・ クラブ、手袋、シューズ、ボールはご持参下さい (キャップは必須ではない)
 ・ 一番長いホールでも 160y なので、それに合わせてクラブをお持ち下さい
 ・ シャワールームはありません
 ・ ロッカールームもありません

 ・ 貴重品を入れた鞄と、クラブを持ち歩きながらのラウンドになります
 ・ キャディーが(何故か一応)いて、手押しの小さいカートを運んでくれます
 ・ 貴重品以外の手荷物なら、開始前に事務所へ預けることも可能
 ・ キャディーチップは基本不要  ※ 倍の 18h まわったらお願いされたので20元ほど支払い

 ・ なにげに池が多いので、ボールは多めにご用意された方がいいかも?
 ・ 一打目(ティーは刺せない)のマットがやや微妙な状態
 ・ バンカーの砂は固め&草ぼうぼう、グリーンの芝も… ゼータクはいえないw
 ・ それでも、ドライバー以外のいい練習になるし、なかなか楽しいコース設計ですよ!!



これは、今後の蜜の寄せ練習にとって、絶好の場所になるかもしれません♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■大都会ゴルフ練習場■
上海市中春路9988号(×沪青平高速公路 / ×沪星路)
Reservations: 021-6479-1565




↓上海ブログランキングに参加しています。 応援の1クリック がいつも嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

「Bubba’s」のNo.2ハンバーガーより気になるコレ☆

 
先月、上海 No.1 ハンバーガー? と (欧米誌では) 言われる、
田子坊の 「NEW YORK STYLE STEAK & BURGER」 をご紹介しましたが、


20130705005135_2.jpg


↑ このトーナメント・ランキングで 第2位 につけている、
「Bubba’s」 の記録も、備忘録がてらサラッと残しておこうかと思いまして。


・・・というのも、実は、
「Bubba’s」 には、ハンバーガーよりも蜜の愛する、あるモノがあるから♪

※ フライドポテトじゃないですよw



sDSC04045.jpg
「Bubba’s Texas-style BBQ」 浦西店 (虹桥路2262号 ×剑河路)


虹桥路の大きな通り沿いにデーンと佇む、2階建ての建物。
ドアを開けると、見るからにアメリカ〜ン! な雰囲気の内装に出迎えられるのですが、


sDSC04042.jpg
テラス席もちょこっとありますので・・・


このところ急に涼しい風が吹いてくるようになった上海、
お外で飲んだり食べたりが、また楽しいシーズンがやって来ましたね♪



sIMG_0961.jpg


これが、例のトーナメントで、
NEW YORK STYLE STEAK & BURGER」 に次いで2位となった
「Bubba’s」 バーガー。


・・・正直、それほどこれら1位2位のハンバーガーに、差なんて無い気が(笑)

どちらも、両手で持つとズッシリ食べ応えのありそうな重量感。
パテも、肉汁ジューシータイプというより、赤味のギュギュッと詰まった系。
香ばしい焼き具合が、バンズに潜むバターとの調和を生んでいます。


アメリカ西海岸に3年住んでいたことのある方曰く、
「これぞ、まさしくテキサス風って感じ」
なバーガーらしいけど・・・
ねぇ、ほんまにキミ、分かってそう言ってる?(笑)




蜜にとって、 「Bubba’s」 で印象深いのは、
ハンバーガーよりも、もっと別のサイドメニューにあるのです♪


sIMG_0959.jpg
青唐辛子? が混ぜ込まれた、ペッパーマフィン!  ※ 正式なメニュー名を失念…


その名の通り、
ぜ〜んぜん甘くない、スパイシーなマフィン☆

これがかえって嬉しいの・・・ なんて、
ホント単なる蜜の偏った味の好みによるものかもしれませんがw


こんなマフィンは、おそらくきっと 「Bubba's」 でしか食べられない(?!)
かなーり貴重な逸品だからこそ、
蜜は、他のハンバーガー・レストランを横目に、ここを訪れたくなるのです。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Bubba’s Texas-style BBQ■(浦西店)
上海市长宁区虹桥路2262号(×剑河路)
Reservations: 021-6242-2612




↓上海ブログランキングに参加しています。 応援の1クリック がいつも励みです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑ 「Bubba’s」 にはピザもあって、サーバーから注ぐビールも美味!
  ちょっとした貸切パーティもできますよん◎

 


2013年09月01日

ひとりになりたかった夜「Brick」

 
もう、早3ヶ月も前の夜の出来事ですが、
フラッとなにげなく立ち寄った、 「Brick」 という思南路30号に佇む小店が、
なんとも小気味好いワイン・ジャズバーでした。


sDSC08843.jpg



淮海中路で (珍しく) ショッピングをした後、
少し疲れた体を休められるような、気の利いたカフェバーを探していて、
流れ着いたのが、思南路に立ち並ぶいくつかの灯りの群れ。


sDSC08837.jpg

sDSC08844.jpg

sDSC08840.jpg

sDSC08842.jpg


思南路は、なにか別のお店へ向かう時に横切るくらいで、
今までそれほどアンテナを張って注視してこなったエリアでしたが、
なかなか趣きのあるレストラン・バーが寄り集まっている一角なのですね。


欧米人がひっきりなしにドアを行き来するお店から、
中国人の若者が道路に列を作って並んでいる、人気のローカルフード店まで!
日本人にとっては、その名に馴染みがあるだろう、
田子坊の 「En Shanghai Dining&Bar」 の 2号店 もありましたよ。



さて、どこに入って落ち着こうか・・・?
迷ってしまうほど揃う選択肢の中から、なんとなく一番惹かれたのが 「Brick」 。


sDSC08845.jpg sDSC08846.jpg
というのも、ドアに記されたライヴ・パフォーマンスの時間帯と丁度かぶっていたから。


sDSC08867.jpg
1週間のスケジュールも貼ってあって、なかなか本格的みたい。


この夜は、一人きりで考えたいことを抱えていて、
かつ気持ちが少し沈んでいたので、心地よい音楽でも聴きながら元気を出せれば… と。

結果的に、そのチョイスは非常に正しかったのですが。



sDSC08848.jpg
店内は、入口からの印象よりも広い。奥に向かってフロアが伸びています。



sDSC08851.jpg
まずは、カクテル (ロングアイランドアイスティー) を一杯。


店員から渡されたメニューを見る限りは、カクテルの数は少ない。
しかし、ふと薄暗い壁際に目をやると、
意外にも、木箱いっぱいに詰められた沢山の種類のワインが、ズラリ!!


ここはジャズバーなだけでなく、ワインバーでもあるのだ。


そう悟って、周りをよく見渡してみると、

sDSC08862.jpg
黒板にはギッシリと、フードやデザート、お酒のオススメが書かれて。  ※ 画像クリックで拡大表示


sDSC08853.jpg
サラダに前菜、メインが10品ほど。デザートは特に充実。  ※ 画像クリックで拡大表示


このメニューがワインリストのページ入ると、すごい。
ちゃんと産地ごとに分けられて記載されたものが何枚にもわたって続き、
取り揃えの豊富さを物語っている。


sDSC08854.jpg
そこで、ワインにも合いそうな Greek Salad でもつまみながら。



間もなく、ジャズの演奏が始まる。

sDSC08858.jpg sDSC08866.jpg


正直、感動した。

一体何に、かと言うと、
蜜が最も愛する、ピアノを中心としたジャズ演奏だったことに。
※ ちょうど、この夜がそういうプログラムだったのかもしれませんが…


上海で、これまでいくつかの有名なジャズバーを訪れたことがありますが、
それがこの土地柄の好みなのか、バンド形式のジャズがほとんど。

それはそれで盛り上がって楽しいですが、
個人的には、ピアノのみが華麗に切なく流れるタイプのジャズを、ずっと聴きたくて・・・。
そこに、シンガーの美しい歌声が乗るならば、さらに最高。


そんな蜜の4年越しの念願を叶えてくれる場所が、ここ 「Brick」 にあったなんて!



sDSC08856.jpg



このバーは、おそらく食事はむしろ脇役で、
ピアノに乗せて奏でられるライヴの歌声をメインに、グラスを傾ける空間なのだろう。
数多あるワインに似合うフードを少しずつつまんだり、
たとえば何処か一軒目では物足りなかったデザートなどを補いつつ。



sDSC08857.jpg



日々の暮らしに少し疲れてしまって、
なんだか誰ともあまり上手く顔を合わせられない・・・ 合わせたくない夜だった。

時々巡り来る、そんなどうしようもない憂いの晩には、
こんな気の利いたバーに、ひとり身を寄せ、静かに音楽へ耳を傾けながら、
いかなるものにも邪魔されることなく、
気を紛らわせたり、何かを心に決めたりするのがいい。



そのまま、ライヴの演奏が終わってからも暫くずっとそこに居続けて、
ついには閉店時刻となり、店を出た。


道端に植わったプラタナスの翳りが濃い26時だった。
あとはもう、流れのままに・・・ なるようになるのだろう。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Brick■
上海市卢湾区思南路30号(×淮海中路)
Reservations: 021-6093-2005




↓上海ブログランキングに参加しています。 励ましに1ポチッ を下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  中国関連ブログランキングへ
↑ その思南路で、ふと見かけた看板に和んで。
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。