株主

2013年04月10日

「老盛昌汤包馆」が残念だったハナシが本題

 
・・・はい。本当は、こっちの小籠包屋さんの記事を書きたいがために、
昨日は、 あんまり掘り起こさない方がいいような記憶を蘇らせてみました (笑)


うーん。でもまぁいいんじゃない? ちょうど1年の節目だったと思えばさ… pandaani267.gif



さあさあ、さっそく本題へ。

sDSC07907.jpg
「老盛昌汤包馆」 (茅台路290号×古北路)  ※ 他、多数の支店あり


ガイドブック 『歩く上海』 などでも取り上げられているローカル店。
小籠包には、と・に・か・く目がない蜜としては、
そこに視線が止まったからには、お味をも体験しておかねば気が済みません☆


「老盛昌汤包馆」 は、または 「老盛昌苏州汤包馆」 とも表記され、
どうやら 上海市内にこれだけ支店がある ようです。 多っ!w



sDSC07908.jpg
※ 画像を右クリックして別窓表示にされますと、メニューを拡大できます


↑入店したら、まずレジで食べたいものを選んで先にお金を払って、
食券(整理券?)をフロアの服務員に渡してから席で待つ・・・ というスタイルは、
昨日の記事でご紹介した 「珊珊小笼馆」 と同様。

というより、
麟笼坊」 も 「富春小籠」 も 「佳家汤包」 も、そこらへんは皆同じ。
思えば、小籠包のローカル店ですと特に、どこもこのようなスタイルが主流なような…



数あるメニューの中で、小籠包はたったの2種類。
苏州汤包(1皿6コ 6元)蟹粉汤包(1皿5コ 10元) のみ。

フツーの鮮肉汤包が無い。。。
という、このレジの時点で、ちょっとまずイヤな予感はしたんです。


蜜にとって至福のはずの小籠包タイムが、やや残念な運びとなる序章が・・・。




数分待っていると、蒸したてホヤホヤの苏州汤包がドン!と来ましたよ〜。

slaoshengchang.jpg
箸でつまむと、こんなに美味しそうにたわむ、肉汁いっぱいの皮!!


期待に胸膨らませて、いざ一口目♪




・・・ああぁぁああ・・・  また このタイプ のだ。。。 orz




sDSC07911.jpg
コレはコレでアリなんだけど、スープが蜜の好みと合わないのよ…


↑ 上の写真のような例が、まさに前記事で述べた、
肉汁は、ダシを利かせた醤油のような風味をまとったスープ
の色合いなんです。


こういうタイプ、実は意外に多い。
今回の苏州汤包や、「珊珊小笼馆」 の无锡小笼 のそれよりは、
もう少し薄味な出汁つゆのような気もするけど、台湾系の小籠包は大体こんな感じ。
かの 「鼎泰豊」 の鮮肉小籠包を上海で食そうとも、それは変わらない。


だから、蜜は断固として 南翔饅頭店」 派 なんですよね〜…



いつでも手軽に、お安く、色んな小籠包を食べ歩ける!
という、フリークの蜜にとってはこの上ない環境に身を置けているからこそ、
個人的に行き着いてしまったワガママな嗜好なのですけれど。

上海風のスタンダードなタイプ を存分に頬張れる小籠包♪
の方が、やはりどーーーしても贔屓になってしまうのは否めませんねぇ。

美味しいけど、期待外れでした・・・
蜜は、無錫スタイルも、蘇州スタイルも合わないみたい(笑)



それにしても、この 「老盛昌汤包馆」 。
店舗は、上海市内の至るところに沢山あるみたい なのは分かったけれど、

sDSC07912.jpg
すでに、めっちゃすぐ近くで見つけた別の支店(古北路445号)。。。


↑ っていうか、さっきの茅台路のお店から 200m も離れてないんですけどーw
どんだけ競合?ww



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■老盛昌汤包馆■
上海市長寧区茅台路290号(×古北路)
Reservations: ?

※ その他、支店については コチラ




↓ブログランキングに参加しています。皆さまの応援クリックが励みです♪
↓入れ替わりの激しいこの4月、 旬の上海情報 なら コチラ から!

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ


2013年04月09日

1年越しの小籠包バナシ、「珊珊小笼馆」

 
非常に個人的なお話ですが。  (いつものことでしょ?)


楽しかった、あれが一番最後の記憶。
・・・それからちょうど1年が、ようやく過ぎたわけでして。
そろそろ大丈夫だろうか? と、おそるおそる封印を解いてみることに。



なぁんて仰々しく言っておりますが、今さら掘り起こしたのにはワケがあって。
それは、完全なる ブログの次記事都合 です!ww




2012年の春先、もう遠いような淡い思い出。


sDSC03964.jpg
康定路749号(×胶州路)にある、ローカル小籠包のお店 「珊珊小笼馆」 。


世紀公園でのお花見 へ出かける前に、軽くお腹に入れておこうよと。

出発地点から近く、適当なところにフラッと立ち寄ったつもりが、
なかなか美味しかったので印象に残ったんです。



sDSC03963.jpg
※ 画像を右クリックして別窓表示にされますと、メニューを拡大できます


↑入店したら、まずレジで食べたいものを選んで先にお金を払って、
食券(整理券?)をフロアの服務員に渡してから席で待つ・・・ というスタイル。

 ・蟹粉小笼 1皿6コ入り 15元
 ・南翔小笼 1皿6コ入り 6元
 ・无锡小笼 1皿4コ入り 6元
 ・葱油拌面 5元
  ※すべて 2012年4月時点の価格

うん。ローカル店万歳!! な納得の低価格ですな♪



sDSC03953.jpg sDSC03958.jpg
南翔小笼。皮がモッチリとして少々分厚いのも、南翔タイプならではの特徴ですからね〜。


たとえば 「鼎泰豊」 で味わうような、仕上がりの繊細さなどとは程遠いものの、
無骨な皮の中に潜む、粗々しい肉餡の食感と優しい甘み漂う肉汁。
まさにこれこそが、上海風の小籠包になくてはならぬ最大の特色なのです☆


蜜に小籠包を語らせると長いよー(笑)  ← メンドクサッ


そう、皮から溢れ出す肉汁は、
透明で、お肉本来の持つ甘みが妨げられることなく前面に引き立った素朴な旨み
を有することが、鮮肉汤包の美味には最も重要だと蜜は思っているのです。


だから・・・


sDSC03961.jpg
残念なことに、こちらの无锡小笼は、ちょっと好みから外れちゃう。。。


これが無錫スタイル、なんでしょうか?

南翔のものより二回りほど大きな包み。
そして肉汁は、ダシを利かせた醤油のような風味をまとったスープ。

これはこれで、確かに完成された一品です。
決して不味いなどということはありません。けれど、
蜜にとっては、これでは 小籠包の持ち味が台無し… なのです。



実のところ、台湾を旅して、いくつもいくつも食した小籠包でも、
同じような軽い失望を感じていまして。
(その筆頭である有名店 「鼎泰豊」 にしてもしかり)
そして今回の無錫風といい、悪くはないんだけれど好みとは違うという微妙な線。


ようは、
蜜の舌には上海風が一番合ってる!
ってだけのことですがねw
麟笼坊」 とか 「富春小籠」 とか 「佳家汤包」 とか、ベタに 「南翔饅頭店」 とかね〜♪



さて。
「珊珊小笼馆」 の繰り出す、タイプの異なった小籠包を楽しんだ〆には、
お決まりの(?)葱油拌面をツルッといきましょ。


sDSC03954.jpg


うーん。
個人的には、ちょっとパンチが足りないかなぁ。
麺と混ぜ合わせるおつゆの濃さは十分なはずなのに、そう感じるのは、
焦がしネギの量が少ないからなんだろうか?

麟笼坊」 で味わう絶品のそれには、負けてしまいます。
っていうか、 「麟笼坊」 が小籠包も葱油拌面もそろってデキすぎるの☆



おおよそ、こんな具合の 「珊珊小笼馆」 。
どうやら 店舗は上海市内に他にいくつかあるみたい ですね。
近くを通った折には、また立ち寄ってみてもいいかなぁ〜とは思っています。
今度は、南翔小笼6元だけを満喫しに、ね(苦笑)



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■珊珊小笼馆■
上海市静安区康定路749号(×胶州路)
Reservations: 021-6253-2858

※ その他、支店については コチラ




↓ランキングに参加しています。いつも皆さんの応援クリックが励みになってます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年04月06日

Lay'sのアレが気になって・・・

 
アレ、っていうのは?


ポンコツさんが以前召し上がってたコレ のことでーす。



sIMG_3476.jpg
蜜も、マネっこして買ってみました♪



なぜなら蜜は、もともと Lay's (乐事) のポテチが大好き。
しかも絶対! 原味 (オリジナルの塩味) ね!!
あれは限りなくフライドポテトに近い口当たりで、ほんとデキる子。
家ビールの必須おつまみ 揺れるハート


日本ではカルビー派なんだけど…



さて、フタを開けてみましょう。  ← お約束のように開けにくいってゆーねw



sIMG_3479.jpg



・・・てか、 量少なっ! ww




商品の雰囲気が似ていると思われるコチラと比較してみましょうよ。
  ↓  ↓  ↓

sjagabee04.jpg ※ 日本で買った、某カ○ビーの Jagabee
ホラ普通これくらいは入ってなきゃね?



食感については、 “ 真脆 ” と銘打ってある通りサクサクッ。
悪くないんですけど、ちょっと油っぽい後味がもたついた感じで残るかも。。。


でも、どうやら これの類似品はもっと油っこいらしい ですが。笑
ポンコツさん、さすがの素晴らしきご検証力!☆



うーん。個人的には、スティックタイプのポテトスナックなら、
じゃがりこかジャガビーに軍配上がってしまうかなぁ。
これらは、じゃがいもらしい味がしっかり前面に出ていて、塩加減も絶妙ですから。
最近は上海の日系コンビニ等ですぐ手に入るし、ありがたいものです。



sIMG_3482.jpg
Lay's なら、やはりポテチの原味に勝るものなし!◎



↓ランキングに参加しています。いつも変わらず皆さんの応援クリックが励みです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 22:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

真相確かめに「一風堂」再訪!

 
なにやら不穏なウワサを耳にしていました。。。


その昔、一度は上海から消えた(らしい)あの 「一風堂」 のラーメンが、
去年の秋、浦東のifcモールに再出店した際には、
さすが日本のと遜色なく美味しい! というのが話題になりましたね。

蜜自身も、オープンしてすぐに食べに行きました。大満足でした。

ところが今年に入ってすぐ、
ごく近しい人から、こんな話を聞いてしまったのです。


「あそこ、なんか前より味落ちたような気がする」


上海において、このような事象は枚挙に暇がないので、
今さら驚いたりはいたしませんが、
「一風堂」 よ、お前もか・・・ となるとやっぱり残念なわけです。

これは自分で足を運んで、確かめてみなくちゃ。


いつやるか? 今でしょう! (笑)



sDSC05729.jpg
行って毎回思うけど、ifcモール地下の 「一風堂」 の場所、分かりにくいですよねw


ホントにここにあるの? って、途中でめげたくなるほどモールの端っこ。
国金中心の地下1階、LG1-79〜80号 にあります。


sIMG_2368.jpg
看板が見えてくれば、字も大きくて目立つんですけどねー。


sDSC05726.jpg
店内は、相変わらずの盛況っぷりでした。 ※休日比


以前来た時(10月末)は、日本人の店員さんがフロアを見回ってたけど、
この日はいらっしゃいませんでした。
偶然かな? それとも、もう手を離されたのかな??

いずれにせよ、接客は別段問題もなくスムーズでしたよ。
“ ハリガネ ” も通じたし☆ (笑)
蜜は硬いのが好きなの…



sDSC05727.jpg
さぁお待ちかね。来ました♪ 赤丸新味(45元)


食欲がそそられる盛り付けも、以前と変わらず。
いただきまーす!


まずはスープから一口・・・
うん。上海によくありがちな ぬるい っていうのもない し、
赤丸ならではのコクの深さも相変わらず◎

麺の固さも申し分ない。そりゃあハリガネですからねw
ま、実際はバリカタ程度なのかもしれないけど、それくらいは没問題。
噛み応えのある長細い麺が、豚骨スープに合うのは鉄板!

チャーシューもトロットロで溶けちゃうほどだし、
自分で潰して加えるニンニクも (ちょっと面倒だけど…) フレッシュな風味で、
紅ショウガと共に、最後まで飽きずに完食できる良いアクセントに。


・・・なぁんだ。


上海 「一風堂」 しっかり健在じゃない。



心配して損しちゃった(笑)
でも、もしかしたら、出来にバラつきがある時も実際なくはないのかも。

あとは、最大級の嗜好品であるラーメンですから、
その日のご本人のコンディションとか期待値に左右されちゃったり。
慣れや、相性の善し悪しなんかもありそう。

それでも 「一風堂」 には、
この地において、いつまでも、確実に安心して味わえるクオリティを保ってほしい
と、切に願いますね。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■一風堂■
上海市浦東新区世紀大道8号
国金中心(ifcモール)地下1F LG1-79-80号
地鉄2号線 陸家嘴駅 直結
Reservations: 021-2028-0328




↓ランキングに参加しています。前と変わらず、皆さんの応援クリックが励みです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2013年04月03日

東京の サクラを見つつ 上海想う

 
sIMG_3506.jpg



日本へ帰ってきております。


東京に戻って最初のお花見は、成田空港から乗ったリムジンバスの車窓から♪

上の写真は、バスが出発してからすぐの信号待ちで撮ったので、
ちょっとボヤけていますが(苦笑)

あいにくの雨で、しかも到着が夕方の便だったため、
まだ立ち止まってゆっくりサクラを愛でる余裕がないものの、
都心へ向かうバスの道中で、左右の窓から覗く景色の中にはピンク色だらけ!

日本にはやっぱり、桜の木がたくさんあるんだな〜と再認識。


そして、あの淡くほんのりした色合いには、なんとも心和みますねぇ。




蜜の実家の最寄駅でバスを降りた後は、駅ビルにある 「成城石井」 を物色。

sIMG_3505.jpg sIMG_3510.jpg
スゴイ! なんなのこの圧巻の真澄祭りは!!(笑)  季節感ある甘口ワインも気になるけど…。


蜜は、日本酒の中でも特に真澄が好きで、 上海でもたまに飲んでます
外国であるアチラでも味わえるだけ恵まれてるわけですが、
当然ながら、帰国すればこれだけの揃いっぷり!

本場・長野まで足を運んだら、きっともっと凄いラインナップなんだろうなぁ。



でも結局この夜は、さらっと棚を見るだけ見て、早々に実家へ。
母が手料理を、父がお酒を、それぞれ用意して待ってくれてますので(笑)


sIMG_3509.jpg
食卓の上にも、春は到来していました♪


新じゃがの季節ということで、旬のそれと桜エビのソテー。
そして、シーズン限定・サクラ缶キリンラガービールで、まずは乾杯☆

母の作るお料理は、いつも見た目にも美しく尊敬しています。
父と一緒に、毎度お酒が進む進む。。。  当夜は、ビール → 白ワイン → 日本酒w

親子3人水入らずの晩餐は、蜜が帰国する度に賑やかになりますね。




・・・さて、日本のハナシはこれくらいにして、
次記事からは、上海の情報を引き続きお伝えしていこうと思います。

これまでと変わらぬご愛読を、今後ともどうぞよろしくお願いします! pandaani162.gif



↓上海情報のブログランキングに参加しています。
↓これからもずっと、皆さんの応援クリックがブログ更新の励みです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 05:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅>日本一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。