株主

2012年12月31日

すべては、師走の麗江古城に流して・・・

 
ついに、2012年のおしまいの日、大晦日が巡ってきました。


sDSCN1718.jpg


その締めくくりを、蜜は雲南省・麗江古城にて迎えることとなりました。



自分にとって、この一年とは・・・
ここで一言で表しきれるようなものではなく。ただ、どんな年だったかといえば、


あの初詣に、心を込めて祈ったはずの願い は叶わず、
ずっと紡いでいけると信じていた夢も続かずに、
夏が通り過ぎる頃まで、ひたすら忍んできた強い想い すら、届くことなく失われた。


そんな日々をジリジリと見送るうちにも、
あの葉月の終わりに、 “幸福樹” という呼び名にかけて買ったパキラ だけは、
それから数ヶ月のうちに大きく成長し、たくさんの葉を繁らせた。


毎日、すくすく伸びる “幸福樹” を眺めながら、
共にシアワセも育つようにと、じっと語りかけてきた心からの望みもあったのに、
それも、もはや通じないのだ・・・と悟った時、
ふと自分の中で腑に落ちた感情は、こんな台詞に似ていた。


sIMG_3003.jpg


『 ・・・そうかな 人間だって同じだろ?
人間だって 動物だって 植物だって みんな同じだよ

倒れた花や木は ちゃんと起き上がるよ
日の光を向いて 枯れない限り たくましいもんさ

けどね 倒れた跡は残るんだ

立ち上がるけど 折れて曲がった部分は元に戻らない
ちぎれた葉っぱは そのまま成長して
折れた枝は 折れた部分を残して 新しい枝を出す

倒れないで真っすぐ成長できた鉢の花のほうがずっときれいなんだ

傷は癒えても 跡は残る

つらい経験は しなくて済むなら しないほうがいい 』


                              ――『僕等がいた』10巻(第38話) 小畑友紀




†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†




大晦日の晩、麗江古城内を走る小さな川べりで、灯篭流しをしました。

sIMG_2894.jpg sDSC06594.jpg


もう何も言葉を尽くすことはなく。
ただ、むやみに振り返って苦しむのは、これで終わりになるように。
今年の悲しみすべてを水へと送り流して、来年はシアワセでありますように・・・ と。

どうかどうか、 新しい幸せ を。   …それって、何?



sIMG_2923.jpg
古城内の水車の前に所狭しと飾られた、麗江名物の風鈴。

少数民族・納西(ナシ)族の使う東巴(トンパ)文字で書かれた木の板が付いていて、
お願いごとが叶うのだそうですよ。


s165483555.jpg
蜜も、おみやげに買ってみました。1つ10元ほど。




sDSC06613.jpg

sDSC06634.jpg


・・・さて、
そろそろ迫り来るカウントダウンの熱気。
記念すべきその瞬間を、麗江古城にあるどこかのバーで迎えようと、練り歩きます。


sDSC06652.jpg


そして、おもむろに席に着いた頃。
周りのあちこちのお店から、 10, 9, 8, 7, 6・・・ という合唱が聞こえてきて。


・・・3, 2, 1        新年快楽!!        サヨウナラ 2012 。




↓本年も皆さま大変お世話になりました。引き続き、応援クリック下さると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59 | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

この年末年始は中国国内旅行へ

 
・・・すでに旅立っております。


sIMG_2762.jpg
12/29 に、まずは上海から重慶へと向かいまして・・・


sIMG_2796.jpg
重慶で1泊し、12/30 の午後には麗江へ移動。


今現在は雲南省・麗江より、ブログ記事をお届けします。蜜です♪


sIMG_2835.jpg


2012年から13年へと移ろう、この年末年始は、
(いつもながら)急に思い立った中国国内旅行で迎えることになりました。

行き先は、 重慶 → 麗江 → 成都・楽山 の周遊予定。

麗江では玉龍雪山に登って、
成都ではパンダと楽山の巨大仏像を見るのが本当に楽しみです!



そして既に、ここまでの日程でも思い出深いものがたくさんありましたよ〜。


sIMG_2770.jpg sIMG_2823.jpg
ご当地ビールの飲み比べ♪ 写真左が重慶の山城啤酒、右が雲南の風花雪月と大理啤酒。


scho_hinabe3.jpg sIMG_2824.jpg
その地方の名物を食す。重慶の 「外大行火鍋」 と、雲南の米线。どちらも旨辛さが蜜好み☆



それから、観光名所巡り。

sDSC06358.jpg
重慶 : 解放碑   重慶って、坂が多くて細い道なので、香港の街並みに似ていますね。


sDSC06389.jpg

sDSC06391.jpg
重慶 : 洪崖洞   切り立った崖にそびえ立つ趣深い商場と高層ビルのコントラストが圧巻!


sDSC06407.jpg
重慶 : 朝天門   長江と、もう1つの河が合流する地点で、混じり合う水の色が異なるという・・・


sDSC06461.jpg
麗江 : 麗江古城   ものすごく観光地化されてしまっているとはいえ、繁華街はやっぱり楽しい♪


sDSC06469.jpg
麗江古城内 : 水車   このエリアの中の目印にもなる、シンボル的存在。流れる水も綺麗です。



あとは・・・・・・


sIMG_2820.jpg sIMG_2821.jpg


↑麗江でのホテル選びは、観光の利便性を考えて、
麗江古城内の所を探して選んだのですが、これがなかなか愉快で(笑)

まず、かなりディープな狭い路地の奥にあるもので、
自力では探せず・・・ 荷物引きのリアカーおじさんにお願いすることにw

ようやく辿り着いたそのホテルは、とってもクラシカルな佇まい!
部屋に入る扉は両開き、床はミシミシ言う、内鍵もこんな木を差し込むタイプ。。。
だけど、意外と中は整然としているし無線LANも完備◎

こういう宿、味わいがあって楽しいなぁ〜と、只今満喫しております。



それから、

sIMG_2834.jpg sIMG_2791.jpg
今回は、現地調達に頼ることにしていた防寒具。お手頃価格でカワイイのを揃えられて大満足♪


諸々あって、今年は上海では冬物の買い足しをなるべく控えているのですが、
標高4000m以上の地点まで行くことのできる玉龍雪山 に登るのに、
これまで持っていた服飾小物だけでは、寒さに太刀打ちできないだろうと考え・・・

けれど、旅行前に揃える時間の余裕もなかったし、
なんだかたまには地方都市でショッピングしてみたい気分にもなったので、
探すのは必死でしたが、色々見てまわるのはウキウキしましたよ。

白い毛糸の帽子は、重慶の問屋ビル(民族路沿い)みたいなところで。
安いのを手に入れるのに一苦労した、あったかブーツは、
麗江古城を出た先、福彗路の小さくてボロい一軒屋の靴店にて。


これらのニューアイテムを携えて、
2012年の大晦日、蜜は玉龍雪山へ登りに行ってこようと思います☆

そこは一体、どんな世界なんだろう?


今回、麗江を旅するにあたって大変参考にさせて頂いたのは、
この御方のブログ記事 です。


3年以上前から、ブログを通じてのお付き合いのある方で、
その当時、蜜が麗江の美しい風景に羨ましくなりコメントを入れたこともあります。
まさか本当に、その場所へ行く機会に恵まれるなんて考えもしなかった・・・。


せっかくの中国国内旅行、存分に満喫して帰りたいと思います♪



↓ランキングに参加しています。応援クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:54| Comment(12) | TrackBack(1) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

生マッコリに溺れた2012下半期

 
ずいぶん色々なことがあった2012年も、早いものでもう年の瀬。


ss201211Koria_Ma.jpg
現在、あちこちで使用している↑このアイコン画像が示す通り・・・


今年の後半、これまでとはまた少し違う新しい風に身を任せてみてからは、
蜜の傍らには、よくこのお酒がありました。

生マッコリ (生米酒) です。



・・・と書くと、ツイッターなどでよくご質問があったのは、

『 生マッコリとマッコリは違うの? 』

はい。
ビールと生ビールが同じでないように、生マッコリとマッコリも違うんですよ〜。

生マッコリは酵母が活きた状態でボトルに封入されたもの。
マッコリは加熱して麹を殺し発酵を止めたもの。

だそうなので、生マッコリの方が体にも良いし、味も断然おいしい♪

上海で流通している生マッコリは、緑色のボトル入りのものが多いです。
きっと本場・韓国へ行けば、もっと新鮮で濃い生マッコリに出会えるんでしょうね。



そんな生マッコリ。
これまでは、マッコリとの違いなどそれほど気にせず飲んでいましたが、
一度味わいを比べてしまったら、もうすっかりハマッてしまい。

上海の、どこのお店なら生マッコリが置いてあるのか?
が、自分の中で気になって仕方ないポイントになってしまったので(笑)
折角ですから、これまでに見つけたその場所を簡単にまとめておこうと思います。



■ 「マッコリ専門店」 (古北・万科広場)
※ 2013年6月 追記 : 韓国火鍋専門店に変わってしまったそうです

sDSC06262.jpg sDSC06263.jpg

そもそも、生マッコリに夢中になったのは、
古北・万科広場の奥にひっそり佇む、↑この小汚い (失敬w) 韓国料理店で、
友人のススメに従って、同店に3種類あるマッコリを飲み比べたのがきっかけ。


蜜は、ハングル語がまったく読めないので、
唯一日本語で、お店の前に置かれた 「マッコリ専門店」 の看板の文字だけが、
このお店の名前(?)を示す証。

なので、正式な店名は分かりかねますが、場所もこれまた分かりにくく…。
万科広場の突き当たりに、韓国スーパー 「1004」 があって、
その北側すぐ斜め向かいの所に、小さく目立たず存在していますw


sIMG_2469.jpg
ここは何を食べても美味しい! 豚肉を使ったメニューと、各種チヂミがオススメ♪

sIMG_2059.jpg
これがその生マッコリ☆ ボトルをよく振ってヤカンに注ぎ込んでもらうスタイルがいいのよね〜。



■ 「焼肉 萬蔵」 (古羊路451-2号)

sbankura1a.jpg sIMG_2323.jpg


こちらの 「焼肉 萬蔵」 は、もはや言わずもがな。
日本人の間では有名な、いつも賑わっている評判の焼肉店ですよね。
蜜もここ好きです。
コスパのバランスが良いといいますか。値段に対して満足度の高いお肉を頂ける◎


sIMG_2325.jpg
まるで布団のような(笑)分厚くて大きいテジカルビは、注文必須のメニューですね。

sIMG_2326.jpg
そのテジ(豚肉)カルビの旨味と、やかんに入った生マッコリの組み合わせ・・・ 至福です♪



■ 韓国屋台村 (龍柏:虹莘路×虹泉路) ※店名不明

sDSC05941.jpg
※このお店の写真は、韓国屋台村のイメージ画像です。ここに入ったわけではありません。


今度また改めて、別途ブログ記事としてupしようと思っていますが、
龍柏にある韓国人街から程近い、ビニールシートに覆われた屋台の立ち並ぶ一角へ、
連れていってもらったことがありました。
(あれが “韓国屋台村” という呼び名なのかも不明w)


sDSC05947.jpg sDSC05951.jpg
そのエリアの中にある、とある屋台(店名不詳)。深夜に行ってもお客さんでいっぱい!

sDSC05953.jpg
このエリアなら勿論あります生マッコリ☆

美味しいプルコギやチヂミと共に、本場の味と雰囲気を楽しんでみて下さいね♪




※ 以下、2013年1月 追記 : もう1軒、身近なお店で生マッコリ見つけました。

■ 「座・炊鍋家」 (中山公園店・武夷路295弄1号 2F)

stakinabeya_201301zho.jpg
以前、ブログ記事でもご紹介した 「炊鍋家」 でも、生マッコリが選べるようになったみたい!


とある会の顔合わせで、新年明けまして行ってみました 「座・炊鍋家」 。
茅台路にある、あの 「炊鍋家」 の、畳お座敷店です。
(こちらの店舗はわりと空いてました… 偶然かな?)

生マッコリも置いてあることを知らず、最初はマッコリを飲んでいましたが、
 蜜が  みんなで飲みすぎて、お店にあるマッコリを飲み尽くしてしまったところw
「こちら(生マッコリの緑のボトルの絵)も選べますよ〜」 と・・・

なぁんだ、先に言ってよー!! (笑)




※ 以下、2013年2月 追記 : もう2軒、そりゃココにはあるよねって所で生マッコリ見つけました。

■ 「正一品」 (紫藤路店)

sDSC07042.jpg
絶品すぎる カンジャンケジャン (ワタリガニの醤油漬け) と共に、生マッコリを♪


まぁ、この場所(龍柏エリア)ですからね。
別に 「正一品」 に限らず、生マッコリはだいたい置いてあるとは思うんですが。

ちなみに、ご注意いただきたいのは、
同じ 「正一品」 でも、たとえば3号店(伊犁南路111号×古羊路)では、
カンジャンケジャンもサムギョプサルもありませんでした…。

店舗によって、若干お料理のジャンルが分かれているみたい。
生マッコリは3号店にもありましたけどね。
でも蜜はやっぱり、「正一品」 といえば、この紫藤路店が贔屓です☆



■ 「麻浦屋」 (紫藤路店)

sIMG_3059.jpg sIMG_3060.jpg
sIMG_3061.jpg sIMG_3065.jpg


こちらも、先述の 「正一品」 と同様、龍柏エリアですからね。
フツーに生マッコリ置いてありますけど? 的な感じw

「麻浦屋」 は、以前は和平広場にあって 、寄るのが便利でしたよね。
今は、あそこの解体工事に伴い一時閉店していますが、
出来上がったらまた復活するんだろうか?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
マッコリ専門店
※ 2013年6月 追記 : 業態が変わったそうです
上海市長寧区荣华西道99弄6号102室 万科広場内(×水城南路)
韓国スーパー 「1004」 北側すぐ斜め向かい
Reservations: 021-6275-6416

■焼肉 萬蔵■
上海市長寧区古羊路451-2号(×姚虹路)
Reservations: 021-5212-0701

■韓国屋台村■ ※エリアの正式名所、および店名不明
上海市閔行区 龍柏新村付近(虹莘路×虹泉路)
Reservations: ?

■座・炊鍋家■
上海市長寧区武夷路295弄1号 2F(×安西路)
Reservations: 021-5234-1132

■炊鍋家(古北店)■
上海市長寧区茅台路178号(×娄山关路)
Reservations: 021-6212-7751

■正一品(紫藤路店)■
上海市閔行区紫藤路292-294号(×青杉路)
Reservations: 021-3431-7287

■麻浦屋(紫藤路店)■
上海市閔行区紫藤路279号(×青杉路)
Reservations: 021-3431-7717




↓ランキングに参加中。応援クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年12月27日

・・・蜜まみれ。

 
少し前にその存在を知ってから、もう釘付けになって目が離せません。。。



sdanmitsu1.jpg


壇 蜜 という、今話題のこの女性をご存知ですか?


遅咲きのグラビアアイドルとして、30歳も越してなお淫靡な女体に磨きのかかった、
たまらないエロティシズムを醸し出すカリスマ的存在・壇蜜嬢。


sdanmitsu3.jpg sdanmitsu2.jpg


長い黒髪に白い柔肌。
幸薄そうな、なのに神秘的であり、いやらしく光った面立ち。
生々しいエロスの香るポージングには、もはや芸術の域とも思える衝撃の美が。

どれをとっても、壇蜜という存在は実にユニークなのです。
大人の魅力なんて言葉を超えて、
壇蜜には、壇蜜にしか体現し得ない独特の妖艶さが漂っており、見る者を魅了する。



今年、大注目され、一躍ブレイクを果たした彼女、
『私の奴隷になりなさい』 という映画も、秋に公開されたそうで・・・
コレ、上海でもDVDになるかなぁ?

っていうか、あらすじを見る限り、こんな調教モノ…… え、な、なんかそんなトラウマ的な(以下ry





・・・で、 こ れ 何 の ブ ロ グ ですか?




sDSC06261.jpg


↑書きたかった本題は、コチラのネタのはずなんですけど。。。


お友達の きなちゃん が、 台湾旅行のおみやげ を蜜にくれました♪


わーい。きなちゃん、わざわざどうもありがとう☆
と笑顔で受け取ろうとすると、

彼女が わざわざ そこを強調して 言ったのです。



「蜜ちゃん、蜜汁だよ! ホラ、蜜汁!!」



・・・・・・(苦笑)


・・・わ、わかった。わかったよ、お気持ちはありがたく受け取るw



実際、この “蜜汁腰果” は、
鼻血が出そうなほど 揺れるハート

              ・・・袋いっぱいに詰まった蜂蜜味カシューナッツでしたよww



sDSC06260.jpg


ま、 エロは 蜜汁は、↑明日の 『活力』 でありますから♪



↓ランキングに参加中。こんな記事でも・・・応援クリックして下さいますか?(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
※ 壇蜜 さんの画像については、出典の付いたものを選んだつもりですが、掲載に問題があれば恐縮です。
 
posted by 蜜 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>おみやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

上海FF:12月話題の新店・其のニ「モスバーガー」

 
さて、 「大阪王将」 に引き続き、
こちらも、12月の上海在住日本人の関心を一挙にさらったファーストフードの新店。


sDSC06093.jpg

sDSC06095.jpg sDSC06096.jpg


上海に、 「モスバーガー」 が再上陸!
※昔あったという伝説は、蜜の移り住むずっと前のお話…


その1号店は、地鉄3,4,9号線 宜山路駅 5号口から徒歩5分ほど、
中山西路1602号(×徐虹中路)にある、宏汇国际广场というオフィスビルの1階。

緑色の看板に 「MOS BURGER」 の文字。

扉を開けてみると、ずいぶん居心地の良さそうな広々と明るい空間になっていて、
所々に配された木の質感や、いくつかあるソファ席の用意が、
他のFF店とは一線を画す、ゆったりとした雰囲気を醸し出しています。



sDSC06097.jpg sDSC06099.jpg
飲み物とナゲット付きのセットは、いずれも25元。 12/28までは開店記念でプレゼントももらえます。


蜜はフライドポテトが大好物なので、それも +4元 で追加してみました。
選んだセットは・・・
もちろん 焼肉ライスバーガーセット♪


sDSC06100.jpg


・・・個人的には、モスといえばライスバーガーなんです!(笑)

というか、だってね。
上海でライスバーガーが食べられるお店って、他に 「RB108」 くらいでは?
しかも 「RB108」 のはちょっと油コッテリだし… 美味しいですけどね。

なので、貴重な存在がやっと上海へ(再)上陸してくれたってワケで☆


sDSC06104.jpg
この見た目…♪ 食べるの何年ぶりだろう? いただきモス (寒っ)


あぁ〜懐かしの食感! やっぱり、モスの焼肉ライスバーガーって美味しい!!
ギトギト油っぽくなく、重すぎないアッサリ味が女性には嬉しいし、
お米や牛肉の持つ本来の甘みまで存分に感じられて◎


でも、このポテトは NG ですね。。。
作り置きみたいなボソボソ感が全然ダメ。
どうして上海のFF店は、どこもフライドポテトがイケてないんだろう? (泣)



sIMG_2639.jpg
ゆっくり食べていたら、↑こんなものを店員さんから配られました。


顧客満足度を調査するアンケート!
すごい。そういう意識を高く持つFF店を目指すのかなぁ?と思わせますね。
ただ確かに、服務員のサービスはなかなか行き届いていて気持ち良かったです。


「モスバーガー」 って、日本発祥のハンバーガーチェーン なんですよね。
※ だから、記事カテゴリを “和食” にしてみましたw
過去に撤退したはずのこの地へ、再上陸してくれたというのには、
何か新たな戦略があるということなのでしょうか。今後の発展に期待大ですね☆



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■モスバーガー(摩斯汉堡)■
上海市徐匯区中山西路1602号(×徐虹中路) 宏汇国际广场1F
地鉄3,4,9号線 宜山路駅 5号口から徒歩5分
Reservations: 400-8080246




↓ランキングに参加中。応援クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年12月25日

上海FF:12月話題の新店・其の一「大阪王将」

 
上海在住の、日式焼き餃子フリークの皆さま☆ (蜜もたぶんに含まれ)


「上海に、「王将」があればいいのになぁ〜」

なんて、今まで一度や二度は、ぼやいたことがあるのではないですか?
そんなアナタは、この12月に入って衝撃のニュースを耳にし、心躍ったはず。。。



sDSC06061.jpg

上海に、ついに 「大阪王将」 が待望のオープン!!



この地に上陸してきたのは、「大阪王将」 の方で、
「餃子の王将」 とは のれん問題 を経て区別されているらしい・・・
なぁんて事実は、海外で暮らす人間からしてみればゼータクなお話でして。

ホンモノの 「王将」 であれば、もう十分に御の字なのですよ 揺れるハート



今月に入って、開店したらしいという情報を目にして以来、
蜜はもう〜気になって気になって。
休日に、あの辺りでの用事ついでに (いやメインだw) 間もなく駆けつけてしまいました♪


sDSC06060.jpg
場所は、南京西路駅の上、四季坊というモールの1階(123−124単元)の端にあります。


↑以前からここにある、「くくる」 のお隣。

・・・となると、
ついつい、 「くくる」 でタコ焼きをお持ち帰りして、
「大阪王将」 で餃子と一緒くたに食べちゃいたいなぁ〜(もちろんビール片手に☆)
って、チャイナならではの自由すぎる妄想が一気に頭の中に広がりますw


が、この日はその後にゴルフの打ちっぱなし練習が控えていたので、
ビールをぐっと我慢。この際 「くくる」 もガマン(笑)


sDSC06070.jpg sDSC06071.jpg
まずは入口のレジで、餃子およびゴハンものの注文とお会計を先に済ませるスタイル。


焼き餃子は1種類、元祖焼餃子(一皿6ヶ入り 14元)。
それに対して、ゴハンものはラーメンやチャーハン、天津飯などから選べます。

天津飯は、見た目からして卵ふんわ〜りトロトロで美味しそうでしたよ。
この時の蜜は、とにかく餃子にご執心で、フツーにフツーの炒飯選びましたけどねw


本場・日本の 「餃子の王将」 や 「大阪王将」 にある“中華丼”みたく、
いまいちルーツの分からない、なんちゃって中華的メニュー (笑) の類に関しては、
まだ取り揃えるのにもう少し時間を要するとのこと。



sDSC06062.jpg
その他の、おかずや副菜を選びたい場合は、このようなブッフェ形式でお会計〜。


sDSC06063.jpg
開放感のある明るい店内。フードコートっぽいお手軽さも悪くない♪


↑実際、やっぱり蜜と同じような企み・・・
= つまり、隣の 「くくる」 のタコ焼きも持ち込みながら 「大阪王将」 を食すw
という、中国ならではの荒技をやってのける若者カップルも実在しましたよ。うふふ。



てな感じでニヤニヤ待っていると、ついに届きました〜!
念願の焼き餃子が!!☆


sDSC06064.jpg


・・・え?


頼みすぎじゃないですか? って??


これを、(一応人連れですが)ほぼ独り占め状態で食べ臨む気満々ですけど、何か???



sDSC06068.jpg
・・・蜜の、 焼き餃子への底知れぬ愛とこだわり が感じられるでしょう?ww


実のところ、本当に大好きなのです。。。


普段、このようなブログを書いてるので、よく誤解されがちなのですが (苦笑)
蜜自身は、B級グルメも偏愛する、一般小市民でございます。

ハッキリ言いますと、この上海に数多ある飲食店、
餃子さえ美味しければ印象がグッと上がる↑ という単純な思考の持ち主なんです... orz


そして、この 「大阪王将」 の餃子、やっぱり満足な味わいでした♪


若干、焼きが甘いプレートがあったり、全体的に包み方がゆるくない?
なんてご意見も、もちろん同意はします。そういう部分はある。
肉汁だってそんなに溢れ出てくるわけでもなく。むしろ薄皮に、あっさりした具。

でも、 口に入れた時の幸福感 (口福感?) っていうの?
そういうものは、間違いなく兼ね備えていましたねー。この焼き餃子は。
そもそも、これで 14元 なんだしね?



・・・別に、 イマドキ ノ シャンハイ 。
これだけ優秀な日本料理屋さんが続々と立ち並ぶ中、
ちゃんとした焼き餃子を出して下さるお店なんて沢山あります。贔屓の所だってある。

それを 「大阪王将」 というブランド名だけで嬉しくなって、
それが自分の中で十分合格点だったというだけで気持ちも高まっちゃう。
そんなカンタンさを、どうぞ笑ってくれてもいい。


だけど、こんなに気軽に立ち寄れるFF(ファーストフード)的雰囲気で、

sDSC06065.jpg
ここならではの チープな味付け の炒飯やエビチリが、妙〜に舌に馴染むというのは・・・


B級グルメジャンルに属する 「大阪王将」 ならではの特権マジック☆
だと、蜜は個人的に思うのです。



さて。。。

このマジックを、いかに折角の (?!) 中国流に・・・
= つまり、隣の 「くくる」 のタコ焼きも持ち込みながら 「大阪王将」 の餃子にビール♪
・・・満喫するかは、次回へのイケナイ課題ということで♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■大阪 王将■
上海市静安区呉江路169号 四季坊1F商場 123−124単元(×石門一路)
Reservations: 021-5283-3969




↓ランキングに参加中。応援クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2012年12月24日

「紅」⇒「ALWAYS」で乾杯した4年目イヴ☆

 
蜜のブログをご覧くださっている皆さま。


sIMG_2726.jpg
甜蜜的平安夜又来到♪


クリスマス Merry Christmas 2012 クリスマス



上海で過ごすイヴ。蜜は無事、4回目も迎えることができました!
時が巡るのって、あっけない。。。
さて皆さんは、一体どんな素敵なクリスマスの思い出を作られたのでしょうね?  pandaani263.gif



†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



例年、蜜は 12/24 AM0:00 「誰よりも早くクリスマス・イヴを祝おう!」
という、仲間内でのごく小さな飲み会を企画していまして。
※ special thanx! : LingZhiさん

今年も、 なんとか無事にw 精鋭なメンバーを揃えることができ、
「メリークリスマスイヴ〜☆」 と、一番最初に乾杯できそうな準備が整いました。



その前座である1次会・ 12/23 の夜ゴハンの場所は、
「紅」 (万航渡路465号×鎮宁路) という、麻辣料理の路面店。

↑このお店がもう〜
中国人の若者でいっぱい! 行列は絶対覚悟!! の人気店 でして。
(予約不可。 友人が1時間半ほど並んでくれて、蜜たちもようやく中へ…)


けれど、それだけ賑わうのも納得なんですよ。

sIMG_2715.jpg
この串焼きと麻辣烫の、安くて美味しいことと言ったら☆


料理や具材を選んで、注文表に記して頼むシステムなのですが、
野菜もお肉もその他いろいろ、ほとんど2〜5元!
なかなか小洒落た内装のお店にしてこの価格帯なら、お得感ありますよ。
その上、どれもちゃんと旨味が引き立っているのが◎


思わず、ビールもどんどん進んでしまうし、
口直しにオーダーしたマンゴーシャーベット(状の飲み物)がまた、麻辣に合う合う♪
前菜などもイケましたよ。

ちなみに、蜜たちのお気に入り串焼きメニューは・・・


饅頭 でした (笑)


白い一口饅頭が3つ串に刺さって、ほんのり焦げ目もつけながら焼かれたもの。
これが侮れない〜。香ばしく甘い風味に、思わず皆おかわりw



sIMG_2714.jpg
けど、デザート代わりの焼きバナナは。。。 見た目もアレだけど 味もイマイチww


そんなこんなでワイワイ言いながら、
楽しくお腹いっぱい食べて飲んで、4人で250元くらいでした。
このうちの約半分のお値段は、きっと青島ビール大瓶なんじゃないでしょうか?



†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



「紅」 の麻辣料理で、その場もカラダも程よくあったまったところで、
ここからがいよいよ本番☆

sDSC06002.jpg
2次会は、バー ALWAYS (安龙路555号×仙霞路) へ移動。


以前は、洛城広場 「CAFE&BAR SUIREN」 におられたマスター John さんが、
現在はこちらのお店を開かれていて、気兼ねなく立ち寄れるバーとなっています。


この夜のために、 少しだけ…w フードの持ち込みなどを許可して頂きつつ、
お店の赤ワインを1本入れて、みんなでまずは乾杯!

あとは雑談したり、クリスマスソングを携帯で流したりしながら、
刻一刻と、その時が訪れるのを待ちます。


sIMG_8962.jpg sIMG_2741.jpg
カメラ談義や一眼撮影に夢中なサンタ?とか…(笑) 持参の帽子をお店の女の子にも差し上げたり。


それにしても、1階奥のソファ席はとっても居心地が良くて快適ですね〜♪
隠れ具合がお遊び(?)に丁度いいと言いますかw
そんなこんなで、ついに 12/24 AM0:00 に差し掛かる瞬間 がやって来ました!


sIMG_2721.jpg
☆★☆ 2012年のクリスマス・イヴを、一番早くみんなでお祝い ☆★☆



今年は BGM で気分も高まる中、あらかじめ用意しておいたクリスマスケーキで、
これまで とはまた一味違うイヴの乾杯ができたように思います。

毎年こうして、一緒に過ごしてくれる仲間がいてくれることの歓びと共に・・・。


sIMG_8973.jpg
ローソクの炎揺らめく、この小さくて温かな幸せの1コマを目に焼き付けて。



蜜にとって、もしかしたら今回が最後の参加になるかもしれない、
“誰よりも早くクリスマス・イヴを祝う” 会。
大切な人たちと笑顔で迎えられた、2012年12月24日になったばかりの夜の出来事を、
ずっと心と記憶に刻んで、いつの日か懐かしむことでしょう。

いつも本当にありがとう。圣诞节快乐♪



s2012_Xmas_e2.jpg



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■紅 麻辣料理■
上海市静安区万航渡路465号(×鎮宁路)
Reservations: 021-6248-9396

■ALWAYS■
上海市長宁区安龙路555号(×仙霞路)
Reservations: ?




↓ランキングに参加中。応援クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
※ 本記事の一部の画像は、ご一緒した LingZhiさん から写真を拝借・加工しております。
 
posted by 蜜 at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

『SHANGHAI-ZINE(上海人)』 活用中!

 
2012年12月1日より、晴れてグランドオープンを迎えられました、
上海生活情報口コミブログポータルサイト
SHANGHAI-ZINE (上海人) http://www.shanghai-zine.com/ sclick.jpgpandaani235.gif


sshanghai_zine1a.jpg

sshanghai_zine1b.jpg



蜜の知人・友人たちが運営する、まだ開始したばかりのサービスで、
このような、上海に住む日本人 (日本語のできるユーザー) 向けの口コミ型交流SNS。

実は、今までこれほど総合的にまとまったサイトはあまり無かったのでは?


このサイトで扱われるコンテンツの範囲は、飲食店のみに留まらず、
美容・マッサージ、学習、ビジネス、観光、医療、住まいや暮らしに身近なもの…
上海で生活する上で必須の、様々な情報と口コミが今後どんどん充実してゆくでしょう!

※ 『SHANGHAI-ZINE(上海人)』 で出来ること ⇒ 詳しくは コチラ を。



口コミを投稿したり、“イイね!”ボタンを押したりするのには
会員登録が必要になりますが、情報をちょっと覗いてみるだけならカンタン・自由♪

蜜もさっそく活用させていただき、続々口コミしておりますよ〜。


sshanghai_zine2a.jpg

sshanghai_zine2b.jpg



操作に慣れないと少々使いにくい点もあるとは思いますが、
まだオープンして間もないので、これからどんどん改良され便利になってゆくはず◎


お店等のデータを、ただ提供するだけでなく、
そこに口コミ機能を加えることで、ユーザーの率直な意見や感想、
そしていつも新鮮でホットな情報が蓄積され、役立てていく
ことができる・・・

口コミが増えれば増えるほど、情報量も内容も充実するという、
そんな活発かつ有用なサービスを
SHANGHAI-ZINE (上海人) 』 担当者である友人も目指していて、
より良いサイトになるよう、日々、熱心に取り組んでおられます。


この1,2年の、上海でのスマホの普及率を鑑みて、
それに即した情報配信やサービス提供の機能なども、現在検討中とのこと。


今後ますますの発展と拡張を期待しつつ、
蜜自身も、積極的な投稿や利用を行なっていこうと思っております☆ pandaani229.gif



↓ランキングに参加中。応援クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。