株主

2012年04月30日

世紀公園の桜散りゆく卯月

 
去年の春は、上海のやや郊外 「顾村公园」 でお花見 してきましたが、
今年はもう少し近場で、さくっと桜とか咲いてるの見れないかしら〜? と思って・・・


sP4085798.jpg
出かけてみたのは、世紀公園。


実はですね。。。
なんか、ホント今さら?!って感じなんですが、
(もう約3年も上海に住んでるというのに) 蜜はマトモにこの公園へ来たことがなく… orz

SNSでは、「ここでお花見をした」 などという話題が一時盛り上がっていましたので、
これを機会に、お散歩がてら世紀公園へ Go♪



地下鉄2号線の世紀公園駅を降りてすぐ、公園の入口へ。
なんと 入園料10元 が要るんですネ(笑)


sP4085785.jpg
世紀公園駅側のゲートから入るとすぐに流れている川には、ボート遊びをしている人も。

園内にも、橋がかかるような大きな池があり、そちらでもボートを楽しめますよ。


しかし、ある程度は予想していましたが、
案内マップを見ても、敷地内は かなり!うーーんと広い です!!

そのせいか、レンタサイクルのサービスなんかも用意されていました。
(借りるのに並ばないといけないほど混んでいたのと、乗り捨てOKかが分からず、蜜たちは断念↓)

か・な・り歩き甲斐があることは覚悟しておいた方がいいかもw


sP4085796.jpg
芝生の広場では、それぞれの憩いの形で、皆さんくつろいでますね〜。


sP4085787.jpg
沼の周りを、柳?のような枝垂れた木々が囲み、中国らしい風情もいっぱい。


sP4085790.jpg
そこで、結婚式の記念撮影をしているカップルも。微笑ましい♪




・・・それはそうと、 桜が見えてきません ね・・・ (苦笑)



sIMG_0894.jpg
こんな濃いピンク色の可愛らしいお花なら、辺りにそこそこ植わってるんですが。。。



と、若干思い悩みながらも歩を進めていると、
やっと、それらしき花びらが散り落ちている小路に辿り着きました☆


sP4085801.jpg
・・・が、ちょっともう葉桜 な様相・・・。


残念ながら、やや時期が遅かったかなぁ(涙)
そういえば数日前に風が吹いたりしていたので、あっという間に散ったのかしら。
儚いものですね。。。


でもでも、

sP4085811.jpg
見上げたら、まだ多めに咲き残っている場所もありましたよ!


こうして枝に近寄って愛でると、薄桃色の花びらから春の香りが漂います♪

sIMG_0898.jpg


“ 恋をして 全て捧げ
  願うことは: これが最後の heartbreak
  桜さえ時の中で揺れて やがて花を咲かすよ

  止まらない胸の痛み超えて もっと君に近づきたいよ

  恋をして 終わりを告げ
  誓うことは: 今日が最初の good day
  桜まで風の中で揺れて そっと君に手を伸ばすよ

  好きで好きでどうしようもない それとこれとは関係ない… ”


                         ――『SAKURAドロップス』 宇多田ヒカル



sP4085805.jpg




・・・それにしても、上海の桜って、幹が本当に細いですよねー。
去年、「顾村公园」 でお花見 した時にも、同じことを思ったのですが。
小さく盛り上がった土の上に、挿しこまれたような植わり方w

桜にも色々と種類があるでしょうから、これはこういうモンってことなのかな?
でも、「これをサクラとは認めない!」 だなんて・・・ ねぇ(苦笑)
まぁ普段、日本にお住まいの方なら、そう感じるのも無理ないのかもしれませんけど。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■世紀公園■
上海市浦東新区
地鉄2号線世紀公園駅 または 上海科技館駅出口すぐそば




↓しばらくぶりですが、上海情報に戻ります。応援クリック下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>上海デート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

[カリブ/セント・マーチン島:8] 帰路・・・島からラスベガス、そして上海へ。

 
さて。
移動に片道1日半滞在期間4日間 の、このセント・マーチン島の旅も、
ついに、おしまいの時が近づいてまいりました。。。 (涙)


s001_IMG_0153.jpg
帰路に向け、島の玄関口:プリンセス・ジュリアナ空港 に再び舞い戻って。


s002_DSCN0491.jpg
ここに初めて(やっと)到着した時 と違って、全てが名残惜しく目に映りますね…。


s003_DSCN0494.jpg
滞在中の4日間、感動の連続だったセント・マーチン島 とも、ここでついにお別れ。


本当に、あっという間でした。
アジア圏から出向くにはかなり遠い小さな島だし、
一生に一度でいいから体感してみたいと思っていた願いは叶ったし
ここで数日過ごす前までは、「再訪はないかもしれないな」 とも覚悟していました。

でも。

また必ず来よう! と強く心に誓って、出国ゲートを後にしました。




◆ 1便目:セント・マーチン島 → ニューワーク ◆


s004_DSCN0496.jpg
プリンセス・ジュリアナ空港には、さすがにUAラウンジは無いみたいで(笑) 普通に待機。


s005_DSCN0497.jpg
そして、搭乗。。。

窓から、マホビーチの青い海が見えます。
そしてそこには、たくさんの人たちが飛行機の離着陸を待って並んでいるのです!

丁度、数日前の蜜がそうであったように
今度は、自分たちの乗ったジェット機に向かって皆が見送りの手を振り、
間もなく後方気流の生み出す砂嵐にまみれてゆくのでしょう。

それを想像すると気持ちが高ぶって、
後ろ髪をうんと引かれながら、島を発たねばなりませんでした。


sDSCN0503.jpg
上空から眺めたセント・マーチン島を囲む海の色は、本当に美しい青色で・・・。


それを最後の最後、雲の上に入ってしまって見えなくなるまで、目に焼きつけて。



・・・名残惜しくも、気を取り直し、シートに身を沈めます。

s006_DSCN0507.jpg s007_DSCN0505.jpg
島→ニューワークは、機内食はないけれどビールは無料でもらえました(一応国際線だから?)


約4〜5時間のフライトを経て、

s008_DSCN0509.jpg
ニューワークの上空へ着く頃には、もう夕刻過ぎです。


ニューワークに到着後、今度はアメリカ西海岸へ移動すべく、

s009_DSCN0516.jpg s010_DSCN0517.jpg
ラスベガス行きを待って、ニューワーク空港のUAラウンジへ。


s011_DSCN0519.jpg
行き に寄ったラウンジよりずっと広々とした内装で、リカーも充実! まるでそれなりのバーさながら☆



◆ 2便目:ニューワーク → ラスベガス ◆


時差も手伝って、ラスベガスに到着したのは日付も変わりそうな深夜。

s012_DSCN0522.jpg
それなのに、上空から見てもイルミネーションがこんなに明るい! 砂漠に囲まれた宝石ですね。


s013_DSCN0529.jpg
実は、ラスベガスに立ち寄るのは、蜜にとって初めてのこと。


s014_DSCN0527.jpg s015_DSCN0525.jpg
飛行機を降りたら、待合いスペースにもう早速スロットマシーン等が置いてあるのには笑ってしまうw

s016_DSCN0532.jpg
バゲッジレーンにまで、やっぱりスロットマシーンがww  この地ならではの特徴ですね…


実は今回、乗り継ぎの関係で、
ここから6時間ほど、この街に滞在 しなければならないのです。

つまりそれって、真夜中から明け方までを過ごすってことなのですが(苦笑)、
でも眠らない街なので大丈夫! というわけで・・・


s018_DSCN0533a.jpg
レンタカー借りて、カジノのネオンに彩られた街中まで繰り出してみましょう〜☆


空港から20分ほど走らせたら次第に見えてくる、煌びやかな建物の数々。

s019_DSCN0536.jpg

s020_DSCN0539.jpg

s021_DSCN0540.jpg

s022_DSCN0541.jpg


こういう場所で夜空を仰ぐのは、約2年前に旅行したマカオ 以来だなぁ…。


s023_DSCN0557.jpg
↑このエッフェル塔を模した(笑)カジノで、ちょっと遊んでみることに。

s024_DSCN0542.jpg

s025_DSCN0546.jpg


s026_DSCN0552.jpg
せっかくだからスロットちょっとだけ。20ドルくらい勝ったところでキリ良くやめちゃいましたがw

s027_Las_win.jpg s028_Las_win2.jpg
その、ちょっとだけ勝ったお小遣いで、お土産購入♪ ピンにラスベガスって書いてあるゴルフボール、可愛くない?



カジノの後は、未明のラスベガスの街をお散歩。

s029_DSCN0558.jpg

s030_DSCN0559.jpg


ショッピングモールも、ファーストフード以外のレストランも、ほぼみんな閉まっているけど、
大通り沿いの建物はどれも眩さを失っていません。


s031_DSCN0567.jpg
・・・凱旋門、ふう・・・?ww


そうして間もなく、ラスベガスの夜明け。

s032_IMG_0457.jpg
この太陽が昇りきった頃、ロスに向け出発。そこで機体を乗り継ぎ、ついに上海へと帰ります。


s033_IMG_0458.jpg
ラスベガスの空港へ戻る途中、車の窓から眺めた自由の女神レプリカ。  ・・・う〜ん・・・(苦笑)



◆ 3便目:ラスベガス → ロサンゼルス ◆


とっても近いので、あっという間に着いちゃいます。

ラスベガスではラウンジへ寄っている暇もなかった (ていうか、あったかなー? 覚えてない…)
ので、ロサンゼルスでは 旅程最後 のUAラウンジで朝食を満喫!


こちらは、行き と全く同じラウンジ。

s034_sIMG_0459.jpg s035_sIMG_0463.jpg
朝から元気にベイリーズ!w 引き続きワイン。朝食ベーグル用のクリームチーズが合うんですよね〜♪


午前のうちにはロサンゼルスを発ち、13時間半のフライトを経て上海へ。
いよいよ、長かった旅路の終わり・・・ 行き と合わせたら 8フライト目 です!(笑)



◆ 4便目:ロサンゼルス → 上海 ◆


s036_IMG_0174.jpg


s037_IMG_0466.jpg


到着した上海は、小雨と、相変わらずのもやっとした空。
くっきりと鮮やかなカリブの風景 がまるで夢だったかのような、
そんなアジアでの日常に再び舞い戻ったことを実感する 「ただいま」 でした。。。




長い旅行記にお付き合い頂き感謝です。次記事からは上海情報を。応援クリックが励みです↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅>カリブ海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

[カリブ/セント・マーチン島:7] オリエントビーチ de 一糸まとわぬ海水浴。

 
セント・マーチン島の北側半分:フレンチサイドの海辺で、のんびりホテルステイ
を満喫した翌朝。

001_sDSCN0284.jpg
AM6:00 には気持ちよく目覚めてしまい(笑) 静かな朝焼けの海をぼんやり眺めていると・・・


003_sDSCN0293.jpg 002_scarib_cat.jpg
ベランダにニャンコが〜♪ うっかり窓を開けているとお部屋にまで入ってきちゃう可愛らしさ!


早朝から和ませてもらった後は、

004_sDSCN0332.jpg
朝食を頂きに、Grand Case Beach Club ホテル敷地内のレストランへ。


それが・・・  ↑ここの立地がまたスゴイんです☆


005_sDSCN0331.jpg

006_sDSCN0330.jpg

009_sDSCN0320.jpg


海に面して、というよりも やや突き出すように 建てられたレストラン。。。


ウッディな内装に、風通しももちろん抜群!の気持ち良さ。

007_sDSCN0307.jpg 008_sDSCN0461.jpg
カジュアルで小粋な雰囲気が、ここにいるだけで楽しい気分にさせてくれます♪


010_sIMG_0429.jpg
こんな見晴らしで楽しめる朝食☆ 海風が最高に心地よい。そして、やっぱりパンが美味しい!


011_scarib_morning.jpg 012_sDSCN0470.jpg

013_scarib_bird1.jpg 014_scarib_bird2.jpg
食べていると、小鳥まですぐ傍に寄ってくる・・・という長閑な楽しさ。思わずパン屑あげちゃったw



ゆっくり朝食を摂っていたら、すっかり太陽が昇って、辺りは鮮やかな色合いに。

016_sDSCN0334.jpg

017_sDSCN0335.jpg


018_sDSCN0340.jpg 019_sDSCN0341.jpg
ホテルのお庭を散歩していたら、なにやら面白い看板を見つけました…↑↑

“ ニューヨーク ナイアガラの滝へは、4050km
  インカ帝国 マチュピチュへは、3837km
  インド タージマハールへは、24730km ”


「・・・今、蜜のいる場所は、東京や上海からうんと離れたカリブ海なんだなぁ〜」
ということを改めて実感させられる標識。



* * * * * *



◆ ヌーディストビーチへ行ってみよう!


さて。
今回、この島へ旅しに来た最大の目的は、こんな仰天風景をこの目で見る ため・・・ですが、
なんと、島のフレンチサイドに、ヌーディストビーチで有名な海がある
と知ったのは、旅程を立てるのに色々と情報収集をしている最中の偶然でした。

そして、その存在を知ってしまったら、もはや!
蜜の好奇心はヌーディストビーチにまっしぐら(笑) あんま、恥ずかしい…とか無くw

だってねぇ〜?
いいオトナが、青空の下、裸のまま海で泳げるなんて機会、そうそう無いでしょ?
しかもカリブ海の美しい水の中、ですよ!!
そこに、一糸まとわぬ姿で入っていって遊べる開放感たるや・・・ 想像つかないほど☆



セントマーチン島s地図.JPG
※ ↑画像をクリックすると、別窓で拡大表示できます。

島の地図:上部右(北東側)に位置する、 Orient Beach(オリエントビーチ) の一角に、
Club Orient という施設があり、ナチュラリストの方々が多く利用なさっているそう。
宿泊客以外にもヌーディストビーチを開放しているというので嬉しい限り♪



021_sDSCN0345.jpg
というわけで、またまたドライブがてら、島の北西側の海から北東側の方へ移動しま〜す。

020_sDSCN0344.jpg

022_sDSCN0366.jpg
途中道の、美しい自然の織り成す色鮮やかな風景の数々には、本当に感嘆させられますよね。。。



そうして、 Grand Case から車で20分ほどで見えてきた、 Club Orient の看板。

023_sDSCN0347.jpg
そのまま道標に従って進んだら、敷地入口に駐車場がありました。


そこで車を降り、ビーチの方へ向かって歩いていくと・・・

024_sSANY0096.jpg
ここが! 人生初体験のヌーディストビーチなのね!!

025_sNudeBeach_kanban.jpg
↑確かに、裸 OK みたい(笑)


・・・それどころか、すでに ビーチにいる周りの皆さんがハダカ ですがww
若い方は少なく、年配のご夫婦のバカンスって雰囲気なんですが、
ここまで来ればもう、蜜も着ているものをパパッと脱いで、海へGo〜!☆


026_sSANY0082.jpg
このエメラルドグリーンの海を、一糸まとわぬ姿で泳ぐぞ〜♪♪


・・・と、ノリノリで最初に1枚↑このように写真を撮ってしまったんですが。。。

この場所は撮影禁止× ということを後で知りまして、ごめんなさい! pandaani123.gif
それがたとえ自分を写したものだとしても、ルール違反ですよね。失礼しました。


そして、ここオリエントビーチの海は… というと、
目を瞠るような美しさの Grand Case Beach や、マホビーチ に比べてしまうと、
少し木の枝(?)や海藻などの類が波に混じってしまっていて、透明度は若干劣るものの、
太陽の光をさんさんと浴び、きらめく水面はキレイな色合い!


そんな青い海の中を、何一つ身にまとわずハダカのまま泳ぐ快感。。。


なんだかとっても爽快で、気持ちいいものなんですねぇ。
普段はビキニですから、元々それほど体を覆う布の面積が大きいわけでもないのに、
これが有ると無いとでは、こんなにも 海との一体感 が違うなんて☆

それに、たとえば日本などで大きな露天風呂に入れば、
遮るものなく広がる青空の下、裸で温泉に浸かることには慣れていても、
そこが冷たい海というだけで覚える 妙な違和感から来る高揚感 が・・・ もうたまりません!!



またと無いかもしれない?! そんな新感覚を思いっきり堪能して大興奮した後は、
少し泳ぎすぎて体も冷えてきたので、衣服を羽織り、ヌーディストビーチエリアを出ます。

027_sSANY0101.jpg
ここで初めて目に入った、ヌードな看板。 (先に見つけていれば、さっき撮影しなかったのに… orz)


さてさて、たくさん泳いだからお腹空いたな〜なんてビーチ沿いを歩いていたら、

028_sSANY0094.jpg
海に面したロケーションに、何やらお肉を焼いたジューシーな香りの漂うレストランがあり・・・


029_sSANY0093.jpg 030_scarib_meat.jpg
その香ばしいにおいの正体は、コレねっ↑ ってことで、煙に誘われるがままに席について、早速オーダー♪

032_sSANY0087.jpg
フローズンカクテルも飲んじゃおっと。

031_sSANY0090.jpg
気持ちのいい場所でゴハン食べると進んじゃって・・・ 大好物のバッファローチキンウィングもw



* * * * * *



◆ Grand Case で、この旅最後の海との戯れ


昼下がりには、再びホテルのある Grand Case Beach に戻ってきました。


033_sIMGP0453.jpg
島滞在4日目の午後・・・ もう少しで、この鮮やかな海の色ともお別れになってしまいます。


前日同様、静かなプライベートビーチの前でチェアに横たわって寛いだり していましたが、
最後にここで、思い出を噛み締めながら、そのキレイな水に身を沈めましょう。。。


034_s018SANY0055.jpg
やっぱり、この Grand Case のラグーンは、透明度が違いますね…。


035_s019SANY0078.jpg
そこには蜜しかいない、海。


036_s020SANY0054.jpg
滞在した Grand Case Beach Club 、海からの眺め。


もう、だんだんと、日が傾いてきました。


037_sIMGP0457.jpg


038_sIMGP0478.jpg


039_sDSCN0226.jpg



上海から、約30時間かけて遥々やってきた カリブ海に浮かぶセント・マーチン島。
宵闇に包まれたその美しい風景を、最後にしっかりと目に焼きつけて。




↓スロー更新で長かった島の記事も終わり、次回はようやく帰路へ。応援クリックが励みです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅>カリブ海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

[カリブ/セント・マーチン島:6] フレンチサイド de 海と戯れ。

 
レンタカーして、セント・マーチン島の南側半分:ダッチサイドをドライブ した翌日は、

220px-Saint_martin_map-thumbnail2.jpg
今度は、地図の緑の部分・・・ 北側の フレンチサイド に移動します♪



セントマーチン島s地図.JPG
※ ↑画像をクリックすると、別窓で拡大表示できます。

この島の地図の上部にある、GRAND CASE というビーチ/街に、
滞在後半2泊のホテルを取っているので、まずはそこを目指して再びドライブ。



例の 国境 を越えて、島の西側の海岸沿いをしばらく走っていくと、
MARIGOT(マリゴ) というフレンチサイド一の繁華街に辿り着きます・・・が、
今ここではあえてスルーで(笑)、先に GRAND CASE へ向けて道なりに進んでいくと、
やや内陸部に入っていきまして、

s001IMGP0437.jpg
こ〜んなに広々とした、山の景色が目の前に現れます。

s002IMGP0438.jpg
ヤギとかも放牧されていて、本当にのどか〜な風景。。。


・・・なんて、大自然に見惚れていたのも束の間、その後数分も走らないうちに、

s003IMGP0439.jpg
なにやら街中に入ったようです。そう、ここからが GRAND CASE の一帯。


ダッチサイドの繁華街:PHILIPSBURG や、先ほどの MARIGOT などに比べると、
GRAND CASE の街はお買い物ショップがメインではなく、
ちょっとしたレストランと、あとは一般住民の生活で賑わっている所、という印象。


s004IMGP0440.jpg
島の主な住民であるアフリカ系黒人の住むお宅がたくさん建ち並んでいます。



そんな GRAND CASE の一角、細〜い道を、勘を頼りに(?)グルグルしていたら、

sGCBC_hotel.jpg
やっと見つかりました! ホテルの看板。

s005IMGP0444.jpg
写真左側の建物はフロント。右側の棟が客室の一部になります。お庭の花もキレイ〜♪


島滞在の後半2泊は、ちょっと マホビーチ周辺 の喧騒からは離れて、
プライベートビーチを有する小ぢんまりした静かなホテルでのんびりしたいな… と思い、
フレンチサイドの同ホテル Grand Case Beach Club を選びました。


ここがまた素晴らしく、望み通りのホテルで☆


s007IMGP0447.jpg s006IMGP0445.jpg
玄関を開けると、大きな冷蔵庫にキッチン。 ウェルカムドリンクはアルゼンチン産赤ワインのフルボトル!

s008IMGP0450.jpg
そして、寝心地良さそうなベッドの先には・・・・・・

s009IMGP0451.jpg
椅子とテーブルまで用意されたテラスに、そのまま続くお庭では、ビーチチェアに寝そべって海まで臨める♪


また、その目の前の海というのが・・・

s010DSCN0338.jpg

s011DSCN0336.jpg



こんなに美しい色合いでは、もう歓声しか零れません…。



s012DSCN0337.jpg
こんな風に、プライベートビーチが続いています。波も少なく穏やかな、静かで小さな浜辺。


s013IMGP0454.jpg
いいお天気の午後なので、皆さん優雅に寛ぎながらの日光浴。。。


s014DSCN0362.jpg s015DSCN0478.jpg
・・・というわけで、到着早々、さっそく蜜もゴロンと♪ 贅沢なひと時を満喫させてもらいまーす♪♪

s016DSCN0360.jpg
こんな風に寝そべりながら、かくも美しき海がすぐ目の前っていうお庭・・・ 格別でしょ☆★☆



s017IMGP0484.jpg
ここ Grand Case Beach Club に面する海は、ちょうど湾(と言うかラグーン?)になっている所みたいで。


そして、なんとこちらでも、

sFside_airport.jpg
小型の飛行機やプロペラ機が、時々飛んできては目の前を通過していくんです!


↑実はフレンチサイドにも小さいながら空港が存在し、それはまさにこの場所。
グランカーズ・エスペランサ飛行場といいまして、
カリブ海フランス領の近距離路線の発着が主となっているようですね。

セント・マーチン島といえば、名物の プリンセス・ジュリアナ空港 があまりに有名なので、
もう一方の存在は、ここへ来るまではよく知りませんでした…。
偶然とはいえ、両方の空港の離着陸を目にできたなんて、とってもラッキー(笑)



そうして、あまりの居心地の良さに、ビーチチェアで微睡んだり戯れたりしているうちに、

s021SANY0061.jpg
おもむろに沈みゆく太陽は、ゆるゆると夕刻の海を情緒的に彩っていきます。。。


s022IMGP0462.jpg

s023IMGP0463.jpg

s024IMGP0464.jpg

s025IMGP0465.jpg

s026IMGP0461.jpg



* * * * * *


見事な夕映えにしばらく魅入ってしまった後は、
再び車を走らせ、繁華街 MARIGOT の様子でも覗きに、ちょっと夜のドライブへ。

・・・というつもりだったのですが、
少し来るのが遅かった (と言ってもまだ19時半かそこらの時間なんですけどねw) ようで、

s027DSCN0442.jpg

s028DSCN0443.jpg s029DSCN0444.jpg
もう既に、ほぼほぼお店が閉まっちゃっているという・・・(苦笑)


このカリブ海の島は、繁華街と言えど夜が早いのだ ということを悟った瞬間w


s030DSCN0438.jpg
周辺で唯一、未だ煌々と明かりがついていたのは、↑このリカーショップと、

s031DSCN0447.jpg s032IMG_0444.jpg
いかにも閉店間際といった風情の靴屋さんに飛び込みで、こんなに気に入るサンダルと偶然巡り会えた奇跡☆


そして、MARIGOT からの帰り道は、

s033DSCN0451.jpg s034DSCN0452.jpg
見事に 渋滞 にハマりまくるっていうねww  ※だから意外と混むんだって。他に逸れる道も無いから…


しかも、本当に笑っちゃうくらい、
スーパーだとかホームセンターだとかの類はどこも、もぅ〜とっくに閉まってる!www

辛うじて(コンビニとも呼べないような)小さな商店がたまーにまだ開いているか、
ほんの数軒見かけたファーストフード店はさすがにやっており一安心…。
すかさず、そこで買い込みまして、

s037DSCN0276.jpg s038DSCN0455.jpg
ダッチサイドから持ち込んだフルーツワインと共に、 せっかくの絶好ロケーション:お部屋のテラスで夕食を♪


やっぱり、こういうホテルを選んだからには、これぞ1つの醍醐味でしょ。
外の気持ちいい夜風を感じながら、

s040DSCN0261.jpg

s041DSCN0258.jpg
こんなに静かできれいな海を、独り占めしたかのような気分を味わいながら和める贅沢。。。


s042DSCN0281.jpg
澄んだ夜空に星もよく見えます。目を凝らせば凝らすほど、無数の光が瞬いて。



・・・そうそう、
生暖かい夜のテラスで、ほろ酔いを愉しむのに、これだけは忘れちゃいけない必需品。

s039DSCN0289.jpg
カトリセンコウ。 (笑)

Made in ・・・  フランス?
そこははっきりしませんが、フレンチサイドのスーパーであらかじめ買っておいたのは確か。

ちょっとアジアのものとは香りが違うような気もしたけれど、
おかげでほぼ刺されなかったので、カリブの蚊にはちゃんと効いたのかしら?



↓超スロー更新ですが、応援クリックが励みです♪ 次記事は・・・ ヌーディストビーチw
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 旅>カリブ海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。