株主

2011年10月17日

「響家」はこの竹薮の奥に

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2012年秋 追記
    本記事でご紹介する 「響家」 は、業態が変わりまして、
    現在はバーではなく、(店名は同様のままで)高級焼肉店となっております。

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



sDSC02411.jpg
仙霞路の東方世紀大楼の裏手、かなり奥に入っていくんですが・・・。


情報誌などで見かける度に、静かでセンスの良さそうな店内の様子が印象的で、
ずっと気になっていたのに訪れる機会を逃していたバー 「響家」 に、
先日、やっと足を延ばすことができました。


仙霞路345号でタクシーを降り、東方世紀大楼の背面を目指して進むのですが、
左手にある居酒屋 「Hiryu」 を横目に通り過ぎて駐車場が見える、そのさらに先です!
しゃぶしゃぶ 「御香海」 の赤提灯しか目に入らないので、
?と思われるかもしれませんが (蜜もそうでした・笑) 、そこは臆さずに奥へ・・・

すると、

sDSC02410.jpg
静謐な竹藪に囲まれた石畳に誘なわれて。


この入口の雰囲気だけでもう、落ち着けそうな安心感が漂います。
照明に浮かび上がるようなドアを開ければ、


sDSC02409.jpg
川の流れを想わせるゆるやかな曲線を描いたシックなカウンターに、

sDSC02404.jpg
ゆったりを幅を持たせた配置のテーブル席。


日本人オーナー(マスター)の柔和で上品な物腰と、
店内に静かに流れる軽快なジャズの音色にすっかり癒されながら、


sDSC02408.jpg
「響家」 オリジナルのカクテルを頂きました。


ジンに葡萄の甘みが印象的なこの味に舌が慣れてしまったら、
せっかくの 「響家」 だというのにウィスキーに手を伸ばす気持ちもやや失せてしまって、


sDSC02402.jpg
2杯目には、ディタ・グレープフルーツに心惹かれ。。。


たまには、こういうライトで爽やかなものが飲みたい夜もあるんです。

日本から上海へ戻ってきて、少し体に疲れが出てきた頃だったのでしょうか…?
そういう折、密やかに佇むこのようなバーで、
気の置けない人と静かに語り合いながら飲む時間は、本当に心から落ち着けるもの。

やはり、喧騒から逃れるようにしてお酒を愉しめる場所は、蜜にとって不可欠なのですね。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■響家■
上海市長寧区仙霞路345号1階 東方世紀大楼裏(×芙蓉江路)
居酒屋 「Hiryu」 を過ぎて、しゃぶしゃぶ 「御香海」 のさらに奥
Reservations: 021-5206-2050


   ※2012年秋 追記
    店名はそのままに、現在はバーから高級焼肉店に変わりました。

    ■響家■
    上海市長寧区仙霞路335号 栄博商務楼1F(×古北路)
    Reservations: 021-5204-7256




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。