株主

2011年08月21日

「char bar」なら外灘の夜景を主役に

 
sDSC01615.jpg
オープンエアで、この夜景に包まれながら、お酒を愉しむことのできるバー です。



こちらは前回、降り注ぐ雨に阻まれ、階下のレストラン利用のみで諦めざるを得なかった、

sDSC01617.jpg
外灘・南側の中山東二路×東門路に位置する、Hotel Indigo の、

sDSC01641.jpg
ダイニングのあるフロアの1階上、30Fの 「char bar」 。


8月の半ば、お天気の良いタイミングを狙ってリベンヂ! してまいりましたが・・・



sDSC01629.jpg

sDSC01631.jpg



橙色に浮かびあがる外灘、華美な遊覧船に彩られた黄浦江、そして浦東の摩天楼。。。

まさに夜空の真下といったオープンテラスから180度以上にわたって、
上海を代表する夜景を見下ろすことのできる絶好の立地♪




また、それを南側から臨むがゆえ、

sDSC01624.jpg
豫園と豫園商城周辺の明かりまでもが目に届いてきます。



これまで、外灘沿いを一望できるオープンエアなバーとしては、
HYATT ON THE BUND の 「VUE BAR」 や、浦東リッツカールトンの 「FLAIR」 、
あとは、低層階ながらその雰囲気を味わえるのは、
Bar Rouge」 や 「NEW HEIGHTS」 、 「M on the Bund」 辺り。


それらと肩を並べる… いや、凌ぐほどの素晴らしさを有しているかもしれません!


なぜなら、まだ 穴場感がある というのも大きい理由の1つ。
まぁ、それもいつまで続くかは分かりませんが、
今のところ、欧米人で賑わいすぎることもなく・・・というより、全体的に客足は控えめ(笑)


*** 2011.8.28 追記・訂正 **************************************
すでにコメントでもご指摘を頂いていますが、
↑上記で述べました、『穴場感がある』 『欧米人客で賑わいすぎることもなく』 は、
※ 平日の場合 ※ と思われます、と追記・訂正させていただきます。

週末の夜、実際に蜜自身がこの目でも確かめてまいりました。。。
夜更けまで、欧米人のお客様で大変盛り上がっていました。
ゆっくり飲むどころか、景色を楽しむことすら難しいほどに・・・↓(涙)
**********************************************************



そして、

sDSC01618.jpg sDSC01619.jpg
まさに夜景に直面しやすい形で、テーブルが横長〜〜〜に並べられている配置がまた嬉しい◎

スツールからちょっと身を乗り出せば、もうそのまま吸い込まれていってしまいそうな…。


VUE BAR」 のちょっと狭めなテラススペースの感じや、
FLAIR」 ほど凝った設計になっていない分、
とにかく純粋に、パノラマなその景色だけを一番の主役に、
夜風に吹かれながらのバーでの一時を落ち着いて楽しめるよう、演出されているかに思える。



sDSC01621.jpg
カクテルのお味の方は・・・  ちょっと脇役かな?(苦笑)

けれど、気持ち良くこの夜景に酔うための添えものと考えれば、そう悪いものでもなく。
だってカクテルグラスの背面に映るのがもう、煌めくネオンですからね!


このシチュエーションなら、
ドライなジンの風味より、少し甘めなくらいの方が似合っていたかもしれない。
この次はぜひそうしよう。
「char bar」 で再びスイートな夜を過ごす晩夏の予定は、おそらくもう決まっているので。



sDSC01640.jpg



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■char Restaurant / Bar & Grill■
上海市黄浦区中山東二路585号(×東門路)
Hotel Indigo Shanghai On The Bund / 外灘英迪格酒店
Reservations: 021-3302-9995




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。