株主

2011年08月31日

葉月夢花火

 
        1108_yumehanabi1.jpg



  『 この夏、君と線香花火をしたかった。
    君は浴衣姿で、結い上げたうなじから石鹸の香りがして、
    線香花火のゆらゆらした光に、ふたりの顔が照らされて・・・
    一緒に儚い火花を見ながら、時々笑いあってキスをする。

    ・・・すぐ傍に、いられたらいいのにな。 』


  素直な気持ちをしたためながら、そこでふと僕は筆を止めた。


  “ 来年の夏は、叶うといいね。 ”


  手紙を読み終え、ほろりと呟くだろう君の、少し涙ぐんだ笑顔を思い浮かべる。

  僕たちに、「来年の夏」 というものがあるならば・・・
  そんな淡い心許なさは彼方へと追いやって、
  しみじみと、夢物語でも聴かせるように誓い合うだろう、きっと。

  そう想うと鼻の奥がツンとして、夜空を仰ぎ瞳を閉じて、封をした。
  コトバでなど伝えきれない慕情を乗せて、君の元へと届けばいい。




        s1108_yumehanabi2.jpg






にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59 | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

「南外灘布市場」で作る200元ワンピース♪

 
上海に2年ちょっと住んで、
今やここで手に入りにくい日本のモノなんて、本と薬と地酒と谷中しょうがくらい
だと分かって、大変居心地よく生活させていただいておりますが・・・


“お気に入りの品” が見つからない、センスが合わないといった問題が残るのは、
ある意味仕方ないのことですが、でも買えなくて困りますよね?
# 以前、ゴルフ関連グッズ探しでも難儀しました… → 『上海「つるやゴルフ」を覗いたものの


蜜は、とにかく・・・


上海で売られているワンピースの趣味が合わない!! (涙)



大型ショッピングモールはもちろん、街角の小売店も、七浦路だって覗きましたよ?
それでもなかなか、自分好みのデザインのワンピースには出会えない。

蜜は、色・柄はともかくとして、わりとシンプルな形のワンピースが好きなんです。

でも上海での流行や人気のタイプはきっと違うんでしょうね。
その大きなリボン要らないよ… とか、
なんでここにポケット付けちゃったの…? とか、
なんかこう、余計な一工夫が凝らされちゃってるものが多い気がする(笑)

そして、丸襟を非常によく見かける。これもブームなのかな。
でも蜜は、完全なるV字型ネック派なのです!
もし丸襟なら、めっちゃ胸元がえぐれていてスッキリ見えるのなら許すw


ここまで上海のモード(?)とかけ離れた趣味だと、探すのも困難。
かと言って、H&M や ZARA といった欧米系ブランドにもあまり惹かれるものがないので、
日本への一時帰国時にまとめ買い。これが、今までのパターンでした。。。



けれど!



sDSC00052.jpg
せっかくの上海なら、 布市場で 【作る】 という方法 があるじゃないですか☆



・・・いえ、今までもその存在自体は知っていましたけれど。

まさかそれが、この長きにわたる問題の最良の打開策だった なんて、
ある日、友人が実際に着てきたワンピースをこの目で見るまでは思いもしませんでした。。。

とても蜜好みの、素敵なお召し物で現われた彼女が言うには、


「あ、これ、作ったの〜。南浦大橋の布市場で。
 好きな形と布だけ選んで、その場で採寸したら1週間でできるよ。1着200元くらい♪」



それ聞いたらもう、行かないワケがありません!



sDSC00053.jpg


「南外灘布市場」 と俗に呼ばれていますが、
正式名称は、「南外灘軽紡面料市場」。4号線の南浦大橋駅から徒歩で7,8分の場所。
大きな “布” の文字が印象的な、3階建てのビルがそれです。


1階からすでに所狭しと、様々な種類の衣類が飾られたブースが立ち並び、
男女の普段着、男性のスーツ・シャツ、女性のワンピース、チャイナドレス等から、
冬物衣類のコートやダウン、

sDSC00055.jpg
その小物や毛皮にいたるまで、幅広く用意されています。


たまーに、

sDSC00056.jpg
こんな ↑ 誰がいつ着るんだろう… 的な、ギラギラ衣装も見かけますがw


おおよその店は一般的な衣類全般を扱っていて、中にはダサい型の服もありますが、
ちゃんとシンプルで素敵だったり、目を引くデザインもあったりと、
飾ってある人形に着せられたモデルタイプを参考に、
自分の好みに合うものを作ってくれそうなブースを1つ1つ探していきます。


sDSC00054.jpg
欧米人客が多いって聞いていたけど、それもホントね。


彼らは、逆に日本人ではなかなか挑戦しないような(笑)エキゾチックな衣装とか、
コテコテの中国っぽ〜いのなんかがお好きみたい。やっぱり。

もちろん、普通の洋服もオーダーされていきますが、
選ぶ布は色鮮やかで派手な柄ものが多い。
ゆえに、お店側も、そういう種類をたくさん置くようにしているようですね。



今回、蜜がお願いしたワンピースは3着。
「1着250元」 と言うのを、「まとめて買うから600元にして!」 と答えるも、
なかなか首を縦に振ってもらえないので、650元で了承することに・・・
弱い?(笑)

まぁ、でも、ここが既製品を買うのとは少し違って、弱気になってしまうところ。
なんか変にまけてもらって、ちゃんと作ってもらえないと困るし〜とか?
そんな心配するくらいなら、50元くらいいっか、と。
そもそもお気に入りのワンピースが1着200元ちょっとなら、それだけで十分幸せだし◎


値段の交渉が決まれば、あとは早い!
その場で服の上から採寸され、1着ごとに袖や丈の長さの希望を伝えるだけ。
前金を半分ほど支払って、残りは約1週間後の引き取りの際に。
※出来上がった後、試着も可です。不満があればその場で申し出て、再度お直しもできます。



sorder_made_yifu1.jpg
こんな感じに仕上がりました♪ 大満足♪♪



もうね・・・ これを機に、すっかり、
ワンピースは布市場でオーダーメイド が、蜜の主流になりました☆

足を棒にしてショッピングして、
何着見ても気に入らない既製品にため息をつく日々にはサヨウナラ(笑)
日本でもこの値段ではなかなか無い、この地ならではの効率的な入手方法の虜に!


先日もまた、さっそく、初秋に似合うワンピースをもう1着作りに。
今度は、上海科技館の地下のニセモノ市場の一角にある布市場エリア でお願いしてみました。
(正式名称は、「亜太新陽服飾礼品市場」。)

さてさて、どんな仕上がりかしら〜?
その記事はまた後日♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■南外灘布市場(南外灘軽紡面料市場)■
上海市陸家浜路399号
地鉄4号線・南浦大橋駅3号出口を出て、陸家浜路を北へ進み、
道なりに西へ進むと右手にある、大きな “布” の文字が目印。徒歩7,8分。
Reservations: 021-6377-2236




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 12:19| Comment(10) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

「char bar」なら外灘の夜景を主役に

 
sDSC01615.jpg
オープンエアで、この夜景に包まれながら、お酒を愉しむことのできるバー です。



こちらは前回、降り注ぐ雨に阻まれ、階下のレストラン利用のみで諦めざるを得なかった、

sDSC01617.jpg
外灘・南側の中山東二路×東門路に位置する、Hotel Indigo の、

sDSC01641.jpg
ダイニングのあるフロアの1階上、30Fの 「char bar」 。


8月の半ば、お天気の良いタイミングを狙ってリベンヂ! してまいりましたが・・・



sDSC01629.jpg

sDSC01631.jpg



橙色に浮かびあがる外灘、華美な遊覧船に彩られた黄浦江、そして浦東の摩天楼。。。

まさに夜空の真下といったオープンテラスから180度以上にわたって、
上海を代表する夜景を見下ろすことのできる絶好の立地♪




また、それを南側から臨むがゆえ、

sDSC01624.jpg
豫園と豫園商城周辺の明かりまでもが目に届いてきます。



これまで、外灘沿いを一望できるオープンエアなバーとしては、
HYATT ON THE BUND の 「VUE BAR」 や、浦東リッツカールトンの 「FLAIR」 、
あとは、低層階ながらその雰囲気を味わえるのは、
Bar Rouge」 や 「NEW HEIGHTS」 、 「M on the Bund」 辺り。


それらと肩を並べる… いや、凌ぐほどの素晴らしさを有しているかもしれません!


なぜなら、まだ 穴場感がある というのも大きい理由の1つ。
まぁ、それもいつまで続くかは分かりませんが、
今のところ、欧米人で賑わいすぎることもなく・・・というより、全体的に客足は控えめ(笑)


*** 2011.8.28 追記・訂正 **************************************
すでにコメントでもご指摘を頂いていますが、
↑上記で述べました、『穴場感がある』 『欧米人客で賑わいすぎることもなく』 は、
※ 平日の場合 ※ と思われます、と追記・訂正させていただきます。

週末の夜、実際に蜜自身がこの目でも確かめてまいりました。。。
夜更けまで、欧米人のお客様で大変盛り上がっていました。
ゆっくり飲むどころか、景色を楽しむことすら難しいほどに・・・↓(涙)
**********************************************************



そして、

sDSC01618.jpg sDSC01619.jpg
まさに夜景に直面しやすい形で、テーブルが横長〜〜〜に並べられている配置がまた嬉しい◎

スツールからちょっと身を乗り出せば、もうそのまま吸い込まれていってしまいそうな…。


VUE BAR」 のちょっと狭めなテラススペースの感じや、
FLAIR」 ほど凝った設計になっていない分、
とにかく純粋に、パノラマなその景色だけを一番の主役に、
夜風に吹かれながらのバーでの一時を落ち着いて楽しめるよう、演出されているかに思える。



sDSC01621.jpg
カクテルのお味の方は・・・  ちょっと脇役かな?(苦笑)

けれど、気持ち良くこの夜景に酔うための添えものと考えれば、そう悪いものでもなく。
だってカクテルグラスの背面に映るのがもう、煌めくネオンですからね!


このシチュエーションなら、
ドライなジンの風味より、少し甘めなくらいの方が似合っていたかもしれない。
この次はぜひそうしよう。
「char bar」 で再びスイートな夜を過ごす晩夏の予定は、おそらくもう決まっているので。



sDSC01640.jpg



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■char Restaurant / Bar & Grill■
上海市黄浦区中山東二路585号(×東門路)
Hotel Indigo Shanghai On The Bund / 外灘英迪格酒店
Reservations: 021-3302-9995




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年08月18日

「屯京拉麺」はワルくないはず。

 
sDSC01603.jpg


浦東の森ビル(上海環球金融中心)に 「屯京拉麺」 が出店し、
しかも美味しいらしいという実しやかな噂はかねがね耳にしていましたが、
最終的に背中をぐっと押されたのは、この方のブログ記事 を拝見いたしまして・・・


sDSC01605.jpg
ラーメン求めて、川越えて行ってまいりましたよ〜。 「屯京拉麺」。


夜7時半で、5,6組並んでいて10分ほど待ちました。流れは良かったです。


sDSC01606.jpg
厨房の活気がすごい。明らかに日本人!な方々が数名いて、威勢よく、手捌き良く◎

↑こういう感じが久々で、なんだか気持ちがいい。
掛け声と手際の素晴らしさは、「がってん寿司」 を思い起こさせます(笑)

「がってん寿司」 は、この上海にありながら長らく味と質の落ちない優良店。
ここ 「屯京拉麺」 も同様であってほしい… と、
まだラーメンも食べぬうちから、そう願いたい気持ちでいっぱいに。



ところで、あの・・・
1つ、個人的に気になっているのですが、
以前から在る、古北の 「妃香酒館」 でいただくラーメン
あれも 『東京・池袋の有名店 「屯ちん」 の屯ちんラーメン』 という触れ込みだったはず。


んーと…  それとの関連性は??

お店のどこにも、いまいちその辺が読み取れないんですよね〜?
Wheneverオンラインにも、『「屯ちんラーメン」の海外1号店』 って書かれてるしw 謎です。
「屯ちん」 がそのまま、「屯京拉麺」 としての看板を掲げるのが初、という意味?




と、そんなことを考えているうちに、来ました!

sDSC01609.jpg
東京とんこつラーメン(28元) + トッピング得入り(8元)


まず、スープ一口目。うん、これは良い。
当然ながら、九州で食べるとんこつ味じゃなくて、東京で出会うあの味ですがね。
思ったよりもあっさりサラサラなスープ。くどくない。


sDSC01610.jpg
麺もまた、縮れ麺なんですね。東京とんこつというのは。


新漁東路の 「豚骨拉麺」 の10数元とんこつラーメン のボソボソ極細ストレート麺、
豚骨ラーメンの麺にはやっぱりあっちが基本形、と思っている蜜としては、
未だに “東京とんこつとはこういうもの” に慣れず…。
けれど、ちゃんとこの縮れ麺、プリプリの茹で加減 だったのは良かった◎


今回、トッピングをしたので、チャーシューの数が多いのですが、
これがまた一切れが大きい! そして、とてもトロットロで脂が乗っています。
しかし、ここは好みが大きく分かれるところかもしれません。
少し油っぽいと辟易しがちな方は、レギュラーな枚数に留めておいた方がいいかも。


蜜も調子に乗って、ちょっと失敗したかもしれません。。。
まだ体調も万全ではなかったのかな。
ラーメンを頂いている途中で、最初はあっさり美味と感じられたスープが、
だんだん単調に思え、ちょっと中だるみした後、脂に耐えられなくなり・・・ 断念↓


うーん。ごめんなさい。。。

前半は、普通においしく食べていたので、皆さんの評判が一様に高いのにも頷けます。
ただ蜜は、以前、古北 「妃香酒館」 の屯ちんラーメン でも似たような感想を持った
ので、きっと “東京とんこつラーメン” との相性もあるのかもしれません。


常々、実感していることですが、
ラーメンというのは非常に個人の嗜好性が高く、大勢の共感を呼ぶのは難しい食べ物の1つ。

「屯京拉麺」 は、ワルくないはず。
むしろ良いと思います。この出来栄えで、これぐらいのお値段ならアリでしょう!

このままの人気とクオリティを保って、末永く上海に根付いてもらうことを願うばかり。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■屯京拉麺■
上海市浦東新区世紀大道100号 上海環球金融中心 地下1F
Reservations: 021-6877-7728




↓ 「屯京拉麺」 へ行かれた他の方のご感想は、こちらをクリック♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年08月17日

キッチンで、危機一髪?

 
先週の話ですが・・・


sDSC01659.jpg
元は、このような自宅キッチンのコンロ周り。


 


sDSC01558.jpg
突然、一瞬にして、ガラス素材が粉々に砕ける! という事態が!!



料理を終えて、リビングで夕食をとっていた時、
いきなりキッチンの方から、 パリーン! という何かが割れる音が響いて。


びっくりしたものの、最初は 「お皿でも落ちたのかな?」 と。
怖々キッチンを覗いてみると・・・


sDSC01559.jpg
なんと、コンロを覆う硝子板がこんな状態!!


床や周りにも、粉々のガラスの破片がいくつも飛び散っていて、
コンロのそばに置いてあった紹興酒の瓶も1本、真っ二つに割れて零れていました。。。
もったいない。



まず、一体何が起こったの? という恐ろしさと、
もしもまだ料理中や片付けなどで、自分がその場にいたとしたら…
と思うと、ちょっとゾッとしました。


夜だと、サービスアパートメントの管理局の人が様子は見に来てくれても、
「コンロの修理は明日になる」 とのことで、その晩は掃除のみ。
原因もよく分からないのが一番不安で、
とりあえず、念のためガスの元栓だけは締めておくことに。



まぁ、中国のマンションなんかだと、とにかく備品がよく壊れるじゃないですか(笑)
以前にも、何も触ってないのに突然、部屋の壁のタイルがボロッと2枚ほど落ちたり
乾燥機は服が乾かない、空調からは漏水・温風が出ない、
水道管の一部がすっぽり抜ける、カード式のドアが自動施錠せず鍵がかけられないまま・・・

等々、2年ちょっと住んでいる間に些細な事態はいくらでもありました。
みなさんもきっと、ご経験ありますよね?


けれど、やっぱりガスとか火のまわり系は一番怖い。
しかも丁度、数ヶ月前にコンロは新調されたばかりだったんです。なので余計に。



そして翌日。業者が修理に来て、すぐに原因判明。


kitchen08.jpg


・・・こういうこと ↑ らしいです。
お分かりになります?

真ん中のフタ?が、ひっくり返っていると、炎の熱が下に籠もってしまうので、
ガラスで覆われたコンロ周りが熱くなり、それが使用後急激に冷えて、パリン!と・・・。



業者は、状態を一目見ただけで原因が分かったようですが、


そんな仕様、こっちは知らないよ〜 (泣)



取説ももらってませんし、使用する際にそんな説明も受けてません。
蜜が、こういう器具類に疎いせいかもしれませんけど…
おそらく掃除係の服務員も知らなくて、コンロを拭いた際に、
適当に裏返して置いてしまったんでしょう。 (自分では特に触った覚えがないので)

まぁ、これで原因も分かったわけで、
コンロのガラス板を取り替えて作業はおしまい。これからは気をつけます。
そんなに大事に至らずに済んだのが幸いってところですかね。



↓こちらの皆さんも、色々な上海生活事情&経験談をお持ちのはずです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 18:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

田子坊「kommune」でポテトをつまみながら

 
2ヶ月ほど前、小雨に悩まされながらも楽しんだ、
南側から臨む外灘の夜景が美しい、Hotel Indigo 「char」 レストラン をご紹介した際、
蜜が、『同店で頂くポテトメニューの調理法がどれも感動級だった』 と書いたところ、


「フライドポテトといえば、
 田子坊の 『KOMMUNE』 は行かれたことありますか?
 あそこの “potato wedges served with sweet chili sauce and sour cream” が
 感動的に美味しいです!
 ホックホクの揚げたてポテトにサワークリーム&チリソースが合って、ビールが進む進む!」



という、
なんとも食指が動く上に、とてもお詳しい情報をコメントでご提供いただきまして。
(イラスティガールさん、いつもありがとうございます♪)


フライドポテト好きを普段から豪語(?)するわりに、
上海で、これは大満足!と思いつくのは、「Boxing Cat」 の くらいだった蜜にとって、
非常に気になるオススメであり、ずっと行く機会を狙っておりました。。。



sDSC01585.jpg
その 「kommune」 は、田子坊に数あるカフェの中でも一際目立って賑わっています。


田子坊というのも・・・ なにげにお店の入れ替わりが激しいエリアですよね (苦笑)
そんな中で、常に人気を誇る中心的な存在になっているカフェ。
テーブルの1つ1つは小さいながら、
お店の中でも、外のテラスでも楽しめるお店として、主に欧米人でいつも一杯!


蜜も以前、午後のアテンド時に、ここでコーヒーブレイクを取ったことはありましたが、
夜のフードメニューにお目にかかるのは初めて。

基本、ここはレストランというよりカフェなので、フードの種類は多くはないようです。
ちょっとしたおつまみ・前菜系と、サラダ、お肉のグリル、あとはパン類・・・


・・・ん?


ていうか、フライドポテト的なメニュー名が見当たらないんですけど?! (笑)


折角そのために来たのに、それじゃ困る… と、
注文を取りに来た店員さんに、イラスティガールさんが教えて下さった通りの名称、
“potato wedges served with sweet chili sauce and sour cream”
を書き記しておいたメモをそのまま見せたところ、


店員さん : 「 嗯! 好的、好的。有〜 」   と笑顔。。。


セーフ☆
いや、こんな事態もあろうかと、メモして来て良かった〜。
・・・というよりも、まず、
正しい料理名をしっかりとお寄せ下さったイラスティガールさんに感謝! ですね。
うぅ… 蜜も見習って、きちんと控えていかないといけないんだろうなぁ本当は… (反省)



sDSC01586.jpg
そして、来ました! お待ちかねのフライドポテトが♪


摘もうとするも熱くて、といった具合に揚げたて&ホクホクの分厚いポテトたち。
それでも我慢できず、コロナ片手に頬張れば、
サクサクの衣が香ばしく、ほんの〜りスパイシーが絶妙な、これは本格!の味わい!!


といって決して主張しすぎることはない適度な旨味に包まれたじゃがいもは、
ともすれば、やや単調に感じられる瞬間が訪れたりしがちですが、
そんな時は・・・

sDSC01587.jpg
↑この、チリソース&サワークリームの入った小瓶に、

ポテトの先を IN! して口に放り込めば、新たな美味が舌を刺激してやみません☆


深さ 12cm ほどのお皿に山盛りのフライドポテトは、
かなりボリューミーですが、飽きることなく延々とビールのお供に◎


sDSC01589.jpg
ピザも、スナック感覚ながら、薄生地モチモチ&トマトがジューシー!

これらとコロナがあれば、量も気分も大満足! 170元くらいでした。



運良く座れたテラス席で、生ぬるい風に吹かれながら、
夜の田子坊のノスタルジックな喧騒に包まれると、時がゆったり流れているように感じる。

今までも、そしてこれからも、毎日毎晩、
幾人ものお客さんが 「kommune」 を通り過ぎ、または立ち止まり、時には愛して、
多くの豊かな皺が刻まれていくのだろう・・・ そんなことを想うカフェ。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■kommune cafe■
上海市卢湾区泰康路201弄 田子坊7号(×思南路)
Reservations: 021-6466-2416
※ Wi-Fi 完備




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年08月14日

PuLi Hotel「Long Bar」のカクテルに焦がれて

 
あぁ、ここの生ライチマティーニ をどれほど口にしたかったことか…☆


蜜のブログにあるまじき(?!)、
かなりひっさびさの、バー記事です。。。 感涙。


というのも、
先月下旬、台湾旅行と 修行 から帰ってきた後に受診した病院で処方された薬が、
『服用中の飲酒はお控えください』 といった類のもので、深酒はしないようにしていたら、
今度は原因不明の胃腸炎・発熱・その他諸々…に長く悩まされる状況に陥り、
8月の上旬をほぼノンアルコールで過ごしてしまったという体たらく↓


え、その方が健康的で素晴らしいじゃないかって?


何を仰いますか。
飲みたい時に飲みたいものを飲みたいだけ飲めての “健康” ですよ! (笑)



・・・というわけで、
10日ほど唸って、ようやく “健康” に回復した蜜が、まっしぐらに向かった先は、


sDSC01598.jpg
常徳路×延安中路 PuLi Hotel 1階の 「Long Bar」


なにげに、かなりお気に入りのバーの1つです♪

わりと使い勝手のいい場所に在りながら、
夜景重視ではないホテルの中だからか、あまり目立たないのか、いつも空いています。

けれど、ここで振る舞われるカクテルの味はしっかりしているし、
ホテルのエントランスからそのまま繋がっているような、スタイリッシュな造りがいい。

と言って、ずっと奥まで広がる幅の長ーい空間を有しているので、
人が通ったりするのが気になるようなことも全然ない。
そして、とにかく広々と開放感があるので、
余裕を感じられる静けさに、適度な自由さと居心地の良さを味わえる。



sDSC01590.jpg
そして、ずっと求めていたのは、この口当たり。ライチマティーニ。


少し回復の兆しが見えてきた頃から、
この、辛すぎず甘すぎない、フレッシュで瑞々しいカクテルの風味が恋しくて恋しくて…。

そしてやっと飲めた、久々の PuLi Hotel 「Long Bar」 でのライチマティーニ♪


・・・少しだけ、作り方を変えられたようですね?
味わいもさることながら、色合いにも変化が。
以前は薄い乳白色だったものが、今回はほんのりと紅みを漂わせています。

メニューをもう一度確認してみると、
もしかしたら、これまでの名称にはなかった 『玫瑰』 の文字が追加されているような?
きっと、使用しているリキュールの種類も変わっていたりするんでしょうね。
けれど相変わらず美味しいので、一安心です。



sDSC01599.jpg


まるで、リビングで寛いでいるかのように贅沢な幅をもったソファ席。
大きなクッションに身を預けて語らっていると、時が経つのも忘れてしまうほど・・・。



sDSC01592.jpg sDSC01602.jpg
夏なので、こんな南国の香りが届いてきそうなカクテルも愉しんでみたのですが。


写真左の Mai Tai はさておき、
右の、パイナップルを使った同店のシグニチャーカクテルが、なんとも予想外なお味で!

トロピカルで軽快な飲みやすさを持つ Mai Tai とは真逆の、
口に含んだ瞬間、どこかで覚えのある独特で印象的な風味が蜜を驚かせ、
かつ、舌と喉に残るのはスパイシーな辛味。。。

そして、アルコール度数はそう高くなさそうだけれど、甘みなどほぼ皆無(笑)
どちらかと言えば、飲みにくい部類のカクテルかもしれないけれど、
不思議な後味がクセになってきて、グラスを傾ける度に思案したくなってしまうような。


そう、この、
『どこかで覚えのある独特で印象的な風味』 というのがですね・・・

なんていうか、、、



ブラックな人たちの肌のにおい… っていうの? (謎)



・・・きっと、もっと的確な例えはあるような気もしますが、近いのはそんな感じ!
久々の、お気に入りバーで長居するひと時に訪れた、
なんだかエキゾチックな体験に、つい高揚してしまった夜更けでした。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Long Bar■
上海市静安区常徳路1号(×延安中路)
The PuLi Hotel and Spa 1階
Reservations: 021-3203-9999




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年08月13日

→月夜のプールと、中国ワイン

 
佘山ソフィテルのお部屋に通されて、ベランダから見える景色は・・・


sDSC01009.jpg
ガーデンとプールが一体化したような・・・☆  そう! ここで遊ぶために来たんだから!!


・・・というのに、
お部屋の居心地が良かったのかしら(笑)
いつのまにか、お昼寝してしまったみたいで zzz...





s201107Sheshan002.jpg
日が暮れてからのプール遊びになっちゃいました。。。


でも、夜のプールって、それはそれで素敵ですよね?♪
どうせ真夏で、日が落ちたところで暑いのはそう変わらないし〜。 焼けないしw



s201107Sheshan004.jpg
プールを海に見立てて、ビーチ風に演出されたエリア。

s201107Sheshan005.jpg
椰子とか生えて、ビーチパラソルまで備え付けられていると、


なんだか海に来たかのような気分で、ウキウキしてきました(笑)
夜のプールは、少ぉしだけひんやりと感じられて、
水場遊びといえばお決まりの Xacti と一緒に、はしゃぎながら広い敷地を泳ぎ渡ります♪



s201107Sheshan021.jpg
水面から見上げれば、厳かなネオンに彩られたソフィテルホテルの夜の顔が。


s201107Sheshan025.jpg

s201107Sheshan024.jpg


庭園のオブジェと、その間を縫うように流れるプールとが一体となった風景。
そんな優美な夜景に包まれながら、水の動きに身を任せ、
ぷかぷか浮かんで、ゆらゆら揺られていると、目に入ってきたのは満月。


s201107Sheshan042.jpg



ソフィテル1階の客室の一部は、
ベランダからそのままこのプールに出られるように設計されていて、
さながら、アジアンリゾートの水上コテージのような。 (…と表現したら、ちょっと大袈裟?w)

小さなお子さんのいる中国人ファミリー客や、何組かの家族のグループ客などで、
それらのお部屋は満杯のようでした。
なんと彼ら、自分たちで調理器具を持ち込んでいて、
眼前にプールを臨むベランダで、まるでキャンプみたいにして寛いでいるんですよ〜。

↑この新しいリゾートホテルステイの楽しみ方に、蜜はちょっと脱帽!
人数が多ければ、こういうのもまた良いかも? なんて。
こんな環境の中、缶ビール片手にアウトドアご飯を頬張る夜・・・ 幸せそうだ。



* * * * * *



まさかそんな準備はない (笑) 蜜たちなので、
プールから出た後は、ホテルのレストランでお夕食。

洋食バイキングと、日本食と、地中海料理から選べます。(なぜか中華が見当たらず?)


この夜は、スパークリングワインでゆっくり乾杯したい気分だったので、
地中海料理レストランへ入店。


sDSC01018.jpg sDSC01019.jpg

さっぱりとお野菜をつまみたくて、カプレーゼ。
写真右の前菜・サーモンの盛り合わせは、それぞれの加工法により味が異なる3種で、
ワインのお供には愉しめるんですが、若干しょっぱすぎるのが難かな…。
ま、ちょっとずつ嗜むおつまみだと思えばね◎


sDSC01020.jpg sDSC01022.jpg

ミートソースのペンネには、削りたての香りが引き立つパルメザンチーズをたっぷりと♪
この夜に選んだスパークリングワインは、なんと中国産なのでした(笑)
皇轩汽泡酒。原価は100元切る品のようですが、
以前、気に入って自宅に常備だった DYNASTY (王朝) と大差ない、程々の味わい。


夏バテ手前と、プールで泳ぎ疲れた体に、
泡モノは思いのほか、ぐるぐると気持ち良くまわってしまい、この夜は1本で満足。


s201107Sheshan043.jpg
部屋に戻って、ベランダで夜風に吹かれながら酔い醒まし。。。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
佘山ソフィテルホテル(上海黄河佘山索菲特大酒店)
上海市松江区泗鎮泗陳公路3388弄
Reservations: 021-3761-8888




・・・といった感じで、のんびりと満喫できた佘山ソフィテルホテル週末ステイ。
↓こんなちょい旅もいいかも!と思われたら、クリック下さると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

→そして、余山ソフィテルへ

 
最初は、去年みたいに杭州へでも出向いて
あの辺にあるリゾートホテルに泊まろうかな〜・・・ なんて企画していたものの、


西湖とか観光したところで、暑いしなぁ…


とか、


そもそも、 この頃、同時に台湾の東部へ行く手配準備に忙しく、
事前に切符まで用意して、
遠出する気力もないほどの夏バテ状態
で。。。


そんな最中に、

sDSC01023.jpg
『City Bros』 の特集で、↑こんな水場の存在を知ってしまって☆


地鉄でサッと行ける佘山にあるってところが魅力!
これだけ広〜いプールで泳げば、優雅な気分で暑さも凌げて爽快かなっと♪


一目で気持ちが高まり、即決。
すでに出発日前日まで迫ってたんですが(笑)、
楽天トラベルで幸運にも予約完了でき、一安心。あとは水着持って地鉄乗るだけ。



・・・で、
昨日アップした ファミマもどきの便利店 で、お水など買いつつ。。。

佘山の駅から、ソフィテルって近いらしいんですよ。
地図によれば、大通りの信号を2つほど越えた先を左折してすぐ、みたいな。

だけど、 暑いんで (苦笑)
それでもタクシーに乗ろうとするも、近すぎるからか、どれも乗車拒否。


sDSC01003.jpg
・・・となると、コレの出番になるわけで(笑)


↑いや、好きなんですけどね?
ただ彼らも分かってるんですよね、きっと。だから足元見てる?

5分ちょっと乗っただけで30元は無いよね〜? と、やっぱり思ってしまう。。。
ま、いいんだけどね別にw
ただ、これ系の乗り物っていつも見た目より高くない? って、使う度に不思議なのよね…




sDSC01004.jpg
ともあれ、着きました〜。佘山ソフィテルホテル(上海黄河佘山索菲特大酒店)


sDSC01006.jpg
ロビーは、さすがの重厚感と気品ある造り。ソファーの座り心地も良くて最高。 Wi-Fi完備も◎


1階に下りると、

sDSC01026.jpg sDSC01027.jpg
吹き抜け天井と、窓から覗く景色(庭とプール)の気持ちのいい場所で、ランチブッフェが催されていました。

生牡蠣が山盛りで振る舞われるなどして、欧米人にも人気の様子。
いかにも休日の昼下がりといった具合のリラックスムードで賑わっていました。



通されたお部屋の方は、

sDSC01008.jpg

sDSC01012.jpg


スタンダードルームで、広さはそこそこなものの、
大きめのバスタブとシャワーブースが分かれているのが、上海のホテルって毎度嬉しい。
アメニティがロキシタンで揃えられてる点も、女子的にはポイント高し♪



以前、同じく佘山にあるル・メリディアンにも泊まりました が、
お部屋の感じは、あちらの方がモダン、こちらの方がシック・・・ というところかな。
ただ、メリディアンの方が若干、広々と余裕のある配置に感じられましたね。

対して、ホテルの顔(?)とも言えるロビーや、館内全体の雰囲気については、
明らかにソフィテルの方が立派で、上質な印象を受けました。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
佘山ソフィテルホテル(上海黄河佘山索菲特大酒店)
上海市松江区泗鎮泗陳公路3388弄
Reservations: 021-3761-8888




↓次記事はお目当てのプールと夕食。その前に、クリック頂ければ嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

余山ソフィテルへ行く、その前に

 
先月初旬の土日、ちょっとしたお祝い事を兼ねて、
佘山にあるソフィテルホテル(上海黄河佘山索菲特大酒店)へ1泊しに行ってきました♪


・・・で、
そのホテルの話は次回にさておき。


ssheshang1107.jpg
いつものごとく、9号線に揺られて佘山の駅に到着。


夏なんで、暑くて喉が渇いていたので、お水を買いたかった蜜は、
その小さな駅の周りを、ぐるり1周。

発見したのは、ファミ・・・




s201107Sheshan078.jpg
・・・マじゃないね、 ↑ これ。。。。。




でも、パッと見、一瞬だまされそうになるからスゴイ(笑)



sFamilyM_cf.jpg  ※ これは参考写真です。


看板上部の緑の線だけじゃなく、
下部の細〜い水色の線までわざわざ模倣されてるところに、こだわりすら感じる。
しかも、『Mart』 のロゴまで気取ってw



しっかし、こんなの…



似せることに意味、あんの? (苦笑)



それこそを問いたい。小一時間問い詰めたい。



↓だけど、3.5元で水だけ買ってすぐ出ちゃいましたが・・・ クリックして下さいます?
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。