株主

2011年06月30日

水無月繚乱

 

06hua_2.JPG



あの 365夜 から、またさらに同じだけの時が過ぎた。

もう今は、ゼロから始まった心許なさに再び揺さぶられることもない。

涙で醒める午睡の浅い夢にも、苦しめられたりはしない。

蒸し暑い夏の晩に押し殺した憤りは、最高の形で昇華され、

目まぐるしく移ろった秋の日差しの中で探しあぐねた高揚感は、この胸の中にあり、

ふぶく粉雪に前が見えなくなりそうだった迷子の冬を、懐かしく笑い飛ばせる

そして、こんな心地よい春の日々も、いつかはきっと失われてしまう脆さだけを憂う・・・

1826の夜を越え、あの頃は実りのなかった枝が今、花をつけて華麗に乱れ咲いている。

730度目に見上げた異国の空は、哀愁色に染まって果てしなく暮れゆき、

その真下で 「それ」 の波に身を震わせる瞬間が、

狂いそうなほどに、いい。




sDSC00959.jpg






 
posted by 蜜 at 23:24 | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

「NODE」の夜

 
・・・と題しているのは、
Dreams Come True の 『NUDEの夜』 という楽曲から。


  ライヴが終わって ドアが開いて風が熱い息をさらって
  人が流れ出す 笑い声もそこにまだある歌声も
  今日はこのまま遊びに行こうか?  まずは汗冷まして 少し歩こう

  夜の魔法が始まる 素直な気持ちで  あなたに会いたくなる 素直な自分で
  夜の魔法が始まる あなたに会いたい  何もこわくなくなる あなたに会いたい





・・・って、
本題とはまっったく関係のない、ちょっと名前が似てるからって想起しただけの、
「NODE LOUNGE」 の記事なのに、ごめんなさい。。。
あくまで蜜個人的な、勝手なイメージに基づいて綴ってます↓



というわけで、

sDSC00916.jpg
今さらながら蜜にとって、初めての 「NODE LOUNGE」


もちろん、そのお噂はかねがね耳にしておりました が、
バーとは違い、クラブ系にはなかなか疎い蜜としては、ご縁がないとちょっと遠い存在…


sDSC00955.jpg
・・・と思っていたら、ご縁が。
友達の知人 K-HIRO(@k_hiro_jpn)さん が、この夜 DJ をされるそうで☆



金曜夜 23:30 。
初めて訪れた「NODE LOUNGE」 の在る、淮海西路×虹橋路の紅坊エリア。

・・・ここって、すごいんですねぇ。
(本当に蜜は無知ながら) 鉄鋼工場の跡地に開発されたらしい、
RED TOWN - 紅坊国際文化芸術区。
そこは、緑地公園や美術館、アートギャラリー、
そしてクリエイティブ系のオフィスやショップが次々と立ち並ぶ空間!

その間を縫うように、恐る恐る、
微妙に聴こえてくるサウンドを頼りに辿り着いた、「NODE LOUNGE」 。



ドキドキしながら入口のドアを開けた瞬間から、心逸るような音楽に誘われて、
友人を探しながらフロア内を探しあぐね、少し落ち着いたところで、
午前 0:30 〜 2:00 くらいまでが、K-HIRO(@k_hiro_jpn)さん のご出演時刻!!


sDSC00920a.jpg
始まりました☆


・・・と同時に、
とっても気さくな K-HIRO(@k_hiro_jpn)さん のご厚意によって、


sDSC00921.jpg
なんと、ブースの中に入らせていただいて!☆

sDSC00929.jpg
蜜にとって、初・上海のクラブで、こんなエキサイティングな体験を・・・♪



そしてその後、
この夜、約2時間弱 DJ を務められた K-HIRO(@k_hiro_jpn)さん
ご出演が終わってから、関係者のみんなで、2階席で乾杯〜!!


sDSC00941.jpg sDSC00945.jpg

sDSC00948.jpg


そのお名前はかねがね伺っていた、
「NODE LOUNGE」 のオーナーでいらっしゃる DJ BARU(@djBARU86)さん と、
この時、初対面できたこともさることながら、
その DJ BARU(@djBARU86)さん が、蜜のブログをご存知でいらっしゃったことにもまた、
感動と光栄な気持ちがひとしお! ・・・な夜更けでした。  ありがたい…



sDSC00952.jpg
しかも、「NODE LOUNGE」 はクラブでありながら、カクテルのお味も良く◎
たとえば↑このライチマティーニやモヒート等、かなり大満足。




お開きになった頃には、すでに時計の針も午前3時過ぎを示していましたが、
「NODE LOUNGE」 の熱い夜は、まだまだ終わりの気配をまったく見せてはいませんでした。

そんな会場を、蜜たちは名残惜しみながらも後にし・・・



  夜と風とライヴに 剥がされた気持ち
  夜と風とライヴに 剥がされた自分

  NUDE の夜はこれから 音に身を投げ出して浸って
  NUDE の夜が更けたら あなたを襲いに行く…




*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■NODE LOUNGE / GARDEN■
上海市長寧区淮海西路570号 紅坊A2-101(×虹橋路)
Reservations: 021-5230-7366

   ※2011年冬 追記
    本記事でご紹介した 「NODE LOUNGE」 は、諸事情により、
    2011年下半期に一旦閉店しております。再オープンに期待!




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年06月28日

あれから「億方砂鍋粥」を求めてしまって…

 
タイトルの 『あれから』 と言っているのは、この時 から・・・。


過去記事の下の方、
4月に行った台湾の、台北郊外にある「皇池」温泉で出会ってしまった、超☆絶品お粥!


あれは本当に、なかなか忘れがたい感動の味だったのです。
実際、その次の6月にまた台湾へ行った時に、
市内繁華街の別のお店でも砂鍋粥(潮州粥)を試してみたのですが、
まぁそれなりには美味しかったんですけど、コクと旨味が段違いで、少し残念な結果に。
→ これはまた後ほど、別の機会に記事に上げるとして…



で、上海に帰ってきても、どーにも気になるのは砂鍋粥の実力。。。

今まではそれほど見向きもしなかったくせに(笑)、
気になりだしたら突然、街のあちこちで “粥” の看板が目につく目につくw

けれど、ここはやはり、
今まで何度か友人からの触れ込みで 「ここのはオイシイよ」 と聞いたお店からチャレンジ。


sDSC00868.jpg sDSC00864.jpg
それが↑ここ 「億方砂鍋粥」 。思っていたより手狭な店内は、1階は3テーブル、あとは2階がちょっと。


ちなみに、このお粥屋さんはチェーン店で、蜜が行ったのは淮海路店。
お隣が、例のどさん子ワインバー 「Ci5」 でして、
こちらのバーテンダーさんをはじめ、同店の常連さん達からも、口々に聞くお粥の好評判。
これはちょっと期待が高まります・・・。


一緒に煮込む具を自分で選べるので、ここは無難にニワトリ肉を。
お粥が出来上がるまでに20分はかかる、というので(大体そうですね)、

sDSC00866.jpg
まずはビールのおつまみに。餡の牛挽肉が素朴な美味の薄饼♪

sDSC00862.jpg
↑このおじさんが焼いているのを見てたら、食べたくなっちゃったんだよね(笑)


そうして、とても空いていたお腹を落ち着かせてるうちに・・・
来ました!


sDSC00867.jpg



けれど、その結果は。。。



う〜ん…   なんかちょっとクセのある後味が、気になる…?


けっして美味しくないわけではないんですよ。ただ、蜜の求める旨味とは違ったかな? と。
選んだ具があまり良くなかったんでしょうか?
もし、あの台北の 「皇池」 のを食べてしまっていなかったら、
これが砂鍋粥というものなのだと納得して、その濃厚さに舌鼓を打てていたかもしれませんが。

もちろん、他の方から聞く評判は良いので、お好みもあると思います。
もう少し上海でもいくつか砂鍋粥(潮州粥)を食べ比べてから、また来てみてもいいかも。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■億方砂鍋粥■
上海市徐匯区淮海中路1793号(×宛平路)
Reservations: 021-6433-7966




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年06月25日

マイレージのないフライトなんて

 
これまで蜜のブログをご覧下さっている方の中には、
星組修行 (=スターアライアンス加入航空会社のフライトポイントを規定値まで1年間で貯める)
というものを、蜜が今年すでに何度か敢行している ことをご存知かもしれません。


sIMGP8749.jpg
来月にも、またこんな沖縄の抜けるような青い空を仰ぎに行こうかな♪ なんて計画中…



けれど、

・ そんなことを一体なぜやっているのか?
・ そもそも修行とはどういうものなのか?
・ それをすることによるメリットは何か?


本当は大事なこっち↑を明瞭に示したことは、当ブログ上ではこれまでありませんでした。
その、ひたすら孤独な行動の日記は、何度かお伝えしてきましたが…



が、しかし。



この度、それについて 他人様のブログ上で 延々と語る
・・・という、大変光栄な機会をいただきました。


↓ それがこちらです ↓



San Ren Xin -20代たちが見た中国-
No Mileage, No Flight 」 (30000pv記念ゲスト投稿)   pandaani162.gif



なんでそんな肝心要のトピックに限って、あえて他所のブログに寄稿などしているのか?
…という、自分でもそう思うごもっともな疑問はこの際さておき(笑)

飛行機のマイレージにまつわる話を軸に、徒然なるままに綴ってみたエッセイ。


蜜にとっては、やや新たな試み?とも戦ってみようと、
脱稿までに多くの時間と労力をかけた、思い入れの深い記事ですが、
もしご興味がある方は、午後のひと時にコーヒー片手に流し読みして頂ければ嬉しいです♪


マイレージのないフライトなんて 」・・・
と銘打ちつつ、まぁ本当は、修行で貯めることを目的としている対象はマイルではなく、
フライトポイントの方ですけどね。
そこは、2つが伴って大きなメリットを修行僧にもたらしてくれる、という意味でご理解を。



それから、末筆ながら、
ずっと憧れだった、高感度なテーマリレー型ブログ 『San Ren Xin』 に、
自身の文章が載るという、このような栄えある機会を与えてくれた3名に、心から感謝を。



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年06月23日

陽気な夜には「Bar SOFFA」もいかが?

 
あの隠れ家バー 「shanty」 の津田さんが、
この度、新たにプロデュースされた、「Dining Restaurant & Bar SOFFA」


オープン前後から何かと噂には聞いていましたが、先月末に早速伺ってまいりました。


sDSC00113.jpg
烏魯木斉路×延安西路の静安新楼2F(静安宾館内 別館) へ。


まず、この立地がいい! ※蜜の個人的行動範囲から来る主観に基づきます。


延安西路に直接面した路面店ではなく、やや奥まった並びにあるので、
知らないと最初は若干分かりにくい所かもしれないのですが、そういうことではなく、
蜜は、そもそも以前から相変わらず、
静安寺駅近辺でクオリティの高いバーをずっと求めて続けているのです。

約1年前も、まんま同じことを主張してます(笑) → 「The PuLi Hotel and Spa」の1階 「Long Bar」


鉄板の、富民路×巨鹿路沿いまで足を延ばせば話はまた別ですが、
そこまで静安寺駅周りから離れずとも、あのエリアでまともに深夜の2軒目に行ける、
気持ちのいい時間を過ごせそうなバーがオープンしたことは、心から嬉しい♪



ssoffa1105_menu.jpg
バータイムでも、かなり充実のフードメニュー。


こちら、「Dining Restaurant & Bar SOFFA」 は、
ランチ/ディナー/バーと幅広いサービスを、時間を区切ってご提供されるそうで。
特にディナータイムのメニューの品数は、かなり豊富で多彩だという話も耳にしています。


・・・と、そこでお見かけしたのは、
津田さんの他にもう1人、あの古羊路の 「Bar99」 のバーテンダー森脇さん!

彼のお顔も拝見してしまったら、もう、
こちらのカクテルの出来栄えの信頼度はさらにアップ(笑) してしまって・・・ →


sDSC00118.jpg sDSC00120.jpg
→ のっけからホワイトレディ → お次はギムレット… の、蜜・王道コースへw


野菜スティックと、フライドポテトも添えて。

グラスに入った生野菜の左右に付け合わされたディップが、2種類とも美味しくて◎
フライドポテトも、カラッとほくほく。大満足。


sDSC00121.jpg
・・・そしてドライマティーニで〆る、のが定石。

カクテルがちゃんと愉しめるバーだったら、これはやっぱり飲んどかないと。

ご一緒した方は、こうした蜜のお決まりパターンをよくご存知なので、
嬉しそうにグラスを重ねる様子に半ば苦笑されながら、優しく目を細められていました。



この夜は金曜日だったこともあるかもしれませんが、
shanty」 とはまた趣の異なった、やや広めでカジュアルなフロアは、
静かすぎることもなく、適度な賑わいをもって華やいでいるのが印象的でした。


まだあともう少し、陽気な夜のひと時を楽しんでいたい・・・
そんな気分の時には、こちらの 「Bar SOFFA」 でも、一杯いかが?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Dining Restaurant & Bar SOFFA■
上海市静安区烏魯木斉中路425号(×延安西路)
静安新楼2F(静安宾館内 別館)
Reservations: 021-6248-1888/6385




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年06月21日

「点石斋小宴」で思い出のバースデー

 
連日降り続く雨に、梅雨入りを感じ始めた、そんな6月のとある日曜夕方・・・


s0612BD_cake1.jpg


永嘉路の上海料理レストラン 「点石斋小宴」 にて、
仲間内で、  6月生まれ合同バースデー会   pandaani148.gif


蜜は、お祝いする側だったんですが(幹事'sの1人)、
こういうのって、するのもされるのも、なんでこんなに楽しいんだろうね?♪



s0612BD_kanpai1.jpg ssDSC00658.jpg

sDSC00659.jpg sDSC00660.jpg


まずは、 「乾杯〜! 生日快楽〜☆」
そして前菜の数々。鶏肉ぷりっぷりでおいしい。

ここ 「点石斋小宴」 は、
上海TATLER Best Restaurant 2008 を受賞されたお店だそうで。


sDSC00664.jpg sDSC00665.jpg

sDSC00673.jpg sDSC00674.jpg


お祝いごとには、年糕=お餅を食べるのがオメデタイということで。
年糕(ニエンガオ)の発音が、
「年年高(ガオ)」「歩歩登高(ガオ)」と、「ガオ」という音に通じるからだそうです。
・・・と、後で博識なメンバーが調べて教えてくれました。。。


sDSC00672.jpg sDSC00676.jpg

sDSC00662.jpg
とまぁ、ここらへんくらいまでは、フッツ〜にお食事してるだけなのですが。



ほどなくお酒もまわって、お腹も満たされてきたところで・・・


ss0612BD_omeshi.jpg
主賓には御召し替えをいただいて☆


※より過激な写真の公表は、大変遺憾ながら自主規制させて頂きます…


引き続く、主賓 イジメ いじり 祝い の数々。。。


ss0612BD_pre3.jpg
誕生花がコリアンダー(香菜)だという彼へ、パクチーの花束を♪

↑もちろん、モリモリと食べていただきました。


sDSC00747.jpg
そして〜、バースデーケーキはぁ〜、


ss0612BD_cake4.jpg  ss0612BD_cake5.jpg
・・・もう、お約束デスネ☆


s0612BD_cake2.jpg
ラストは、気を取り直して3人仲良くケーキカット。 (ケーキ小さっw)


     pandaani252.gif


蜜の他2名の幹事'sが、
様々な手の込んだ 仕込み 計画と手配をしてくれたおかげで、
主賓3名の笑顔 (うち1名、寝顔w) と、
彼らを囲むみんなの楽しそうな雰囲気が印象的だった、忘れられない6月バースデー会♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■点石斋小宴■
上海市永嘉路320号(×襄陽南路)
Reservations: 021-5465-0270




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年06月18日

ある土曜朝の堕落

 
・・・こんな朝ゴハン。


sDSC00869.jpg



上海の、どこでもファミマなら大体見かける、干豆腐のおつまみ 山椒豆干

山椒って言ってるし、表には重慶風味とも書いてあるわけだから、
まぁ、例にももれず辛めな味わいなのでしょう。
(友人のススメに従って購入)


紹興酒 帝聚堂 の方は、1ヶ月くらい前に、
La' Peace」 でご一緒した方からの頂き物。。。
確か、彼なりの何か特別な触れ込みを聞いたはずなんだけど(しかも2回も)、
いっつも酔った時の話なんでよく覚えてない… (コラw)



sDSC00871.jpg
で、食べて飲んでみました。


うんうん、この干豆腐、悪くない。
酸っぱ辛く漬け込まれた辣椒の味わいが、豆腐の方によくしみていて、ちゃんとピリ辛♪


この緑のって、沖縄のコーレグースに入ってるアレによく似てますよねぇ〜(物同じ?)
→ ってことは、泡盛に合わせてつまんでも、合うかも◎


・・・とか考えながら、紹興酒を一口。
あ、結構甘めな感じかと思いきや、骨太な余韻を喉の奥に残してくれる個性派だわ。



と、まぁ、こんな 朝ゴハン 。。。


そうは言っても、
昨晩はずっと起きっぱなしだったから、目覚めの一杯ってわけじゃないんですけどね。
なんか、夜通しのすごいゲリラ豪雨の音でドキドキしちゃって眠れなくて(笑)

この朝ゴハン食べてから、お昼寝しました。

いいんだ、たまにはこんなでも。 だって土曜日だもん zzz...



↓もっと役に立つ上海情報はこちら♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

Hotel Indigo「char」は、雨の彼方に

 
昨年のこの日は、新天地 「T8」 がちょっと期待はずれだった 苦い思い出があるので、
今年こそは、ここ最近その評判の高さをよく耳にする、

sDSC00780.jpg
外灘・南側の中山東二路×東門路に煌めき建つ、Hotel Indigo のレストラン 「char」 へ。


29階に位置するレストランに加え、
最上階にはオープンテラスも兼ね備えたバー 「char Bar & Grill」 から、
黄浦江を遡るように見渡せる外灘・浦東のパノラマ夜景が素晴らしい

という、ちょっとしたお祝いごとのある夜などにはぴったりの、期待高まるロケーション!


・・・が、1つだけ心配ごとが。
それは、今年はとみにその雨量が多いように思われる、梅雨の上海の天気。。。
実際、この日も夕方くらいまでは小雨が続いていました。

けれど祈りが通じたのか、日が沈むにつれて空も泣き止み、嬉々としてその場所へ向かう蜜♪



sDSC00825.jpg sDSC00824.jpg
初めて訪れる Hotel Indigo Shanghai On The Bund 1階は、青色照明に浮かぶモダンテイスト。


フロア奥の暗がりにあるエレベーターで、29階まで上がると広がるのは、


sDSC00781.jpg sDSC00792.jpg
今度は一転! 赤色が基調の、品良くまとめられつつカジュアルで気張らないレストランが。


窓際のテーブルから臨める夜景は、


sDSC00797.jpg



この素敵な眺望に、飲む前から酔ってしまいそうですが・・・

sDSC00786.jpg
JEAN LOUIS で、まずは乾杯してから☆


メニューを繰ると、なかなか決められないほど、どれも美味しそうなお料理の数々!

特にフレンチとか、イタリアンとか、アメリカンとかいう括りのないような、
バラエティに富んだラインナップは楽しさを倍増してくれました。


sDSC00787.jpg sDSC00793.jpg
パンの付け合わせ・ビーン味のパテとムースが既にワインと好相性◎ 前菜は、サーモン+ハッシュドポテト。

sDSC00794.jpg sDSC00795.jpg
肉厚なパティに思わず目が奪われるハンバーガーと、鴨の四川風グリルの脇役にはマッシュルームを添えて。


どれも幸せに顔がほころぶようなお味なのですが、特に、


じゃがいもの美味に感動してしまった…♪


なんて書いてしまったら、大変な語弊をもって皆さまに印象づいてしまうでしょうか。。。 (笑)



とは言え本当に、ポテトの調理法が、いちいち蜜を唸らせてくれるんですもの!

ハッシュドポテトは、
幾重もの千切りされたじゃがいもの層が、歯ごたえと旨味たっぷりに主張をし続け、
ハンバーガーと共に出されたフライドポテトは、未知の食感で驚きを誘う。
まず形が異なる。そして、サクッとした衣の中には、丁寧に濾された密度の濃いお芋が。


もちろん、メインのバーガーも魅力たっぷり。
ジューシーなお肉の良さをさらに引き立てる、甘みすら感じる軽やかなバンズとの調和。

そして一方で、ナショナリティを思い出させてくれる鴨の四川風グリルは、
想像していたような刺激的な味わいではなく、八角の風味の方が強い、
らしいと言えばらしいけれど、どこか創作性をも練りこまれたような粋な一品。



なぜだか、いつもに増して明るい気分になれるようなお料理に囲まれて、会話も弾み、
お祝いのスパークリングワインのボトルが空く頃には、


窓の外の雨は、とうに 止ん・・・



土砂降り になっていて。 (…泣)



sDSC00812.jpg
レストランスペース内から、階段でバーへと繋がっているのですが、


一応、その景色は目に収めておきたくて、
最上階 「char Bar & Grill」 のオープンテラスへと向かうも・・・


sDSC00816.jpg
雨でなかったら、一体どれだけ興奮しながら、このスツールから身を乗り出したことでしょう?



とても残念だったけれど、お天気ばかりは仕方ない。。。

「一番のオタノシミはまた今度、近い未来に取っておこう」 と誓い合って、
「char」 を後にし、大雨に煙り靄に包まれる上海の街並みを縫って帰りました。
そういえば数年前のこの夜も、横浜・大桟橋で濡れあった懐かしい思い出を蘇らせながら。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■char Restaurant / Bar & Grill■
上海市黄浦区中山東二路585号(×東門路)
Hotel Indigo Shanghai On The Bund / 外灘英迪格酒店
Reservations: 021-3302-9995




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2011年06月13日

さようなら、バー「水土木」

 
6月に入ってすぐ、再び台湾へと旅立ち、
その後もしばらくブログ更新の方は滞ったままでしたが、
Twitter では随時つぶやいてますので、コチラ を…


ちょっと久々アップの記事が、 『さようなら』 から始まるという虚しさ (笑)


しかも、ここの 『さようなら』 は、本当にイタイ。。。

けれど、仕方ないこともある。


というわけで、先週の土曜日 6/11 に催された、


sDSC00642.jpg
バー 「水土木」 LAST PARTY に顔を出させて頂きました…。



そう。
蜜の、これまでの上海・深夜ライフにおいて大きな支えとなってくれていた同店が、
大変残念ながら、6月11日付けで女性店長(ねえさん)が業務を離れられることにより、
それ以降は、閉店もしくは業態・雰囲気等が大きく異なる可能性がある・・・
 という事情。


だから、この夜は、
「水土木」 が、ねえさんの手によって「水土木」 らしくある、最後の晩。

まるで皆がそれを惜しむかのように、

sDSC00648_LD2.jpg
今までにないくらい賑やかな話し声に包まれる、満席の店内。(笑泣)


「水土木」 と言えば、
お香の香りを愉しみながらお酒をじっくり味わう寛ぎの場所、でしたからね。


sDSC00645_LD3.jpg
蜜たちも、ここで最後(?)の乾杯をします。


ラストと言えど気を抜かない、
他店での飲み放題コースに、この酒はまずないでしょ! と
 自信もてる銘柄の数々が登場します。
との事前告知が 「水土木」ホームページ にもあった通り、

こんな時なのに揃っている紅芋焼酎 美濃薩摩 を、美しい丸氷で♪ という充実っぷり!


あとは、忘れちゃいけない。ねえさんならではの逸品、

sss20110611_LD1.jpg
蜜も好んだ芋焼酎カクテル SLOW LIFE 。



振り返れば、多くの思い出と思い入れが、ここ 「水土木」 には詰まっているのです。

去年3月、待ちに待ったプレオープンのお祝いに駆けつけ
本オープンは、祝い寿司を目当てに(?!) トリプルヘッダーで夜更けに訪れ
ある春の晩は、お会いしたかった方との出会いが不意に叶い
暑さに眠れない夏は、朝日が昇るまで過ごし
秋の夜長もまた、PRUCIA の奥深い甘みに酔いしれ
冬は、驚きのオリジナル甘酒で鏡開きを楽しんだ

そして、今。6月11日。その幕が下ろされようとするのを、じっと見守る。



sDSC00651_LD4.jpg
白州独特の芳香を舌で転がしながら、しんみりと…


ありきたりな言葉でも、伝えたいことはただ1つ。
ねえさん、今までおつかれさまでした。そして本当に、ありがとう。

ここがどれだけ貴重だったか、失ってしまう前からちゃんと分かってたつもりだったのだけど。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■MIZUTOKI(水土木)■
上海市長寧区虹古路130号(×芙蓉江路)
Reservations: 150-0176-9536




↓また上海情報をお届けしていきたいと思うので・・・ クリックで応援して下さい♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。