株主

2011年04月11日

「顧村公園」へ上海の桜を愛でに

せっかく東日本の桜も見頃の時期に、日本へ帰っていたというのに、
沖縄へ修行に行くゴルフ しかしてこなかったので、思いっきり見逃してきてしまいました。

春といえば、4月といえば・・・な、桜。さくら。サクラ フワリ。


sP4101225.jpg
“二人手にしたその切符に 桜は降り続くの”



日本では今、お花見は自粛すべきだなんて風潮も一部ではあるようですが、
蜜はね。こんなことに「べき」も「べきじゃない」も無い、と個人的には思ってます。

お花見ができる環境の人は、いつも通り気兼ねなくすればいいし、
正直そんな気持ちになれないとか、それどころじゃないとかいう人は、今年は見送ればいい。
する人にもしない人にも、それぞれに考えや事情があるのは、いつだって同じでしょ?

・・・ただ、やっぱり今年は多くの日本人が、
きっと地震のことを頭の片隅に置きながら桜を眺めてしまうかもしれない。
そんな時に、そっと花びらの陰で黙祷を捧げたり、被災地へ想いを馳せたりしながら、
東北の特産物と銘酒に舌鼓を打つお花見を、蜜が今も日本に住んでいたら絶対しただろうなぁ。



sP4101220.jpg
けれど今年は、上海に戻ってからお花見に出かけることになりまして。


sP4101221.jpg
ポンコツさんの記事にそのまま倣って、
静安寺から7号線で3-40分ほどの郊外 「顧村公園」 まで行ってみました♪



なんと、ちゃんとイベントとして、桜まつりなるものが4/20まで開催されているそうで、
上海でそんな風に桜を愛でられるなんて思いもよらず、嬉々としてお出かけ。
無知だった去年は見逃しましたからね。。。

4/10の日曜日のことです。
この日は、スプリングコートも要らないほどに暖かな陽気でした。



顧村公園の駅を出てすぐに、公園の入園券(20元)売り場と入口ゲートがあります。
けれど、桜の密集しているエリアまでは園内を徒歩10分くらい。
そこまでアトラクションや木々の手入れの行き届いた憩いの場を通りながら歩いていきます。


と、見えてきました!


sP4101227.jpg

sIMGP0338.jpg


日本の上野公園みたいな、太い幹の立派な桜の木のトンネルなどとは趣が異なりますが、


sP4101228.jpg
ちゃんと桜だぁ〜 薄桃色の桜が満開〜♪ と嬉しくなりました。


sP4101222.jpg
ならば、それらしく、お弁当でも食べながらじっくり眺めましょ。


sP4101223.jpg
桜の園の横には池もあって、ボート遊びなんかも楽しめたり。


sIMGP0329.jpg
すこーし葉桜。でもこれくらいなら、ちょうど見頃と言えたのでは?☆


お天気にも恵まれた、上海2年目にして初のお花見。

ここの他にも上海植物園とか動物園あたりにも、美しい桜並木があるんですよね?
来年はどこへ行こうかな。
きっと蜜は、もう幾度か上海で桜を愛でることが続くでしょうから。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■顧村公園■
上海郊外 7号線顧村公園駅出口すぐそば




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 09:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。