株主

2011年03月01日

ごまかされない「nolita」

以前、絶品カルボナーラに舌を巻いた 「VAN GOGH」 の記事を上げた際、
コメントでオススメとの評判を教えてもらった、


sP2210863.jpg
「nolita」 へ味見に行ってみました♪


入口前に流れる小川(?)に、よくマッチしている外観の同店は、
大沽路の 「Nova」 の隣に去年オープンした、カジュアルイタリアンです。

「nolita」って、カワイイという意味なのだそうですが、
その名のイメージ通り、気取らないアットホームな雰囲気のレストラン。


sP2220873.jpg
カウンター席が中心の1階奥に置かれた水槽。お魚がお出迎え。

そこから伸びる2階のフロアは、

sP2210872.jpg
予想外に照明の明るいモダンテイストで、

まるで居心地のいいカフェ感覚。



sP2210865.jpg
サラダは酸味が利いたドレッシングで程よい仕上がり。


頼んだジョッキサイズのバドワイザーが、
なんとも言えない微妙な薄味(笑)だったのはちょっと気になりましたが・・・


sP2210866.jpg
まぁ、早々とワインに切り替えてしまえばね♪

↑このキノコのリゾットがかなり美味しい!

定評があるらしいのを、あらかじめネットで調べていったのですが、
しっかりと噛み応えのあるお米の芯に、主張の強いトリュフとチーズの風味が◎

普段そこまでリゾットを好き好んでは食べないぶん、なおさら、
いいものに巡り会えた時の感激は大きいですね。

ワインのお供に、いつまでもつまんでいたいと思える味。



sP2210868.jpg sP2210869.jpg
本当はピザがよかったのに、(蜜が間違えて頼んでしまった…)カルツォーネは、

まるで SPAM のような食感のソーセージに、ほうれん草の取り合わせ。

これはこれで悪くないのだけれど、
この夜は激しくピザな気分だったもので、ちょっと満足度がね。。。 ←自分が悪い!w

それに、少ーし平坦な食後感で、取り立てて特徴のない点が残念だったかな。



カルツォーネと向かい合ったのは、
ピザのある「Bella Napoli」(長乐路店) 以来になりますが、
そう考えると、個人的には
「nolita」 全体の印象がなんとなく 「Bella Napoli」 に近いかも? と納得。

気軽に、明るいノリで楽しむワインとイタ飯(←と、つい呼びたくなる感じ)
全般的にお手頃なお値段。
それでいて、手を抜かれていないお料理。


でもでも・・・
思った以上に“明るい”店内は間接照明などに頼れないがゆえ、
ここへ来るなら、お化粧には気を抜かない方がいいかも〜? 女心としてはね(笑)



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■nolita■
上海市静安区大沽路422号(×石門一路)
Reservations: 021-6302-7200




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。