株主

2011年01月28日

恍惚の週末、南京カユマニス -1-

オトナ、と呼ばれる年齢になってから、
蜜がもうずっと、ずーっと憧れてやまなかったもの。それは、



露天風呂で雪見酒。



もともと旅行好き、露天温泉大好き! なので、
まだ日本に住んでいた頃、そりゃあ結構な数の露天風呂を巡りましたよ?

けれど、
雪見酒をするには、
まぁ、まずは雪が降ってなきゃいけないわけだけど…

お酒をゆっくり味わうのに足るプライベート感と、寛げるだけの時間
が、必要不可欠!


・・・これって、意外と難しい。


日本の旅館で、よく
カップル&家族での貸切風呂が可能、というサービスがありますが(蜜は過去、多数利用)
時間交替制だし、あんまり余裕ないんですよねぇ〜…。

かたや、
露天風呂付き客室のある宿とかも、付いてる湯船が狭かったり、
結局は屋根や庇があったりして、あんまり “露天” っぽくなかったりする。。。



だから、その願いは長いこと叶わないままでした。
しかも上海へ移り住んでしまって、しばらくは諦めるしかないって思ってました。



それがまさか、


sP1090279a.jpg
ここ中国で、こんな形で実現してしまうとは・・・。


しかもそれは、最高に甘美で刺激的なシチュエーションでもって。



* * * * * *



その舞台は、南京。

南京カユマニス」 という、 全室プライベートヴィラ の高級リゾートホテル。


蜜がその存在を知ったのは、
約1年前のちょうど今頃、このブログ記事を拝読して。以来、
「いつか絶好の機会があったら、きっと行こう。冬に。」 と念願した場所。


・・・それがこんなにも早く、願った通りの形で、本当に実現してしまうなんて。 (笑)



◆ 南京へ ◆

sP1080213.jpg
去年開通した、上海 ⇔ 南京 を最短75分で結ぶ新型高速鉄道(CRH)に乗って。


“G”から始まる列車番号が新型高速鉄道にあたるのですが、
そのうちの一部が所要時間75分の列車になります。 →詳しくは 時刻表 を。


蜜たちが上海駅(上海火车站)を出発して、間もなくすると、

G_speed.jpg
スピード出る出る!! 344km/hくらいまで出る瞬間も。

なので、あっという間に、

sP1080216.jpg
南京駅に到着〜。快適すぎる☆



◆ カユマニスへ ◆

駅で待っていた送迎車に乗って、南京の奥地、山の端へと向かうこと約40分。

カユマニスの広大な敷地の入口付近にある、フロント専用の建物でチェックイン。
その後、カートでまわって案内された客室は・・・


sP1080225.jpg
“チベットスタイル” と称されるタイプのヴィラ。

確かに、それっぽい雰囲気を感じるエキゾチックな小物が目立ちますね。


↑長方形の広〜いリビングには、
機能の完備バッチリのオープンキッチンをはじめ、
液晶テレビやDVD/CDプレーヤーを正面にして大きめのソファとテーブルが置かれ、
その横に、ルームサービスで食事をとる際に使うダイニングテーブルがあります。


そこから、

sP1080228.jpg
右へと続く廊下の先には、

ベッドルームと、バスルーム。


バスルームは、洗面台が2つ並んでいるという贅沢な設計で、
室内のバスタブとシャワーブースも分かれている、ゆったり余裕を持った広さ◎


そして、
バスルームからも、ベッドルームからも、

sP1080221.jpg
中庭にすぐ出られる造りになっていて、


その中庭には、

sP1080222.jpg
プールと、 ジャクジー付き温泉露天風呂 が♪


↑温泉へは、入りたい時に部屋付きのバトラーへ連絡すると、
お好みの温度の相談などをしながら、その都度お湯を張ってもらえます。


写真奥の右側の扉が、先ほどのリビングルームへの入口。
真ん中の扉が、客室に出入りするための玄関。


つまり、
このプールと露天風呂のある中庭を囲むようにして、
リビング・廊下・ベッドルーム・バスルームが続いているという構造。


しかも、それらは全て、一面ガラス張り!

・・・その圧巻の開放感は、もう語るまでもありませんね。



それでいて、

sP1080226b.jpg
陽光を遮らない程度の高い壁で、周りをしっかり囲んでありますから◎


完全プライベートな開放的空間で、極上の癒しのひと時が満喫できそう♪


* * * * * *


さて、オタノシミはまだ始まったばかり。
いよいよこれからです☆

ヴィラのあまりの素敵さに感動して、逸る気持ちを抑えることもままならないまま、


sP1080224.jpg
夜の準備。持ち込んだお酒を外に出しておきます。


この日の南京も、上海と変わらず(もっと?)寒いので、よーく冷えることでしょう。

・・・ところで、
右に写っている日本酒、どこかで見覚えがありませんか??


↓ ↓

元旦のお屠蘇に、なんっとか開けるのをガマンした、あの微発泡生原酒! (笑)


これ以上ない絶好の場面で、ついに約束の美酒に酔える時が訪れたのです♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■南京カユマニス(Kayumanis)■
南京市湯山鎮寺庄村
南京香樟華苹温泉度假別墅
Reservations: 025-8410-7777




↓南京カユマニスの話題が引き続きますが、クリックして下さいませんか♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 14:22| Comment(15) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。