株主

2010年12月12日

触発されて・・・

 
いつも楽しく拝見している ポンコツさんブログのこの記事 に触発されて・・・


sPB234113.jpg
蜜も、康師傅の “酸菜牛肉面” にチャレンジ!☆


なぜって?

そりゃあ、辛いモノに目がないからですよ。


しかも、


他の方がギブアップされた、というような辛さにこそ挑戦してみたくなる☆


蜜の、この身で。

⇒ そういう時、どこにでも売ってるカップ麺とかだと挑戦しやすくて最適ですよねー♪(笑)



sPB234116.jpg
・・・ふむ、確かに、期待できそうな赤色ですね。


さて、どんな嵐を口の中に巻き起こしてくれるのか?!

と、逸る気持ちを抑えスープを一口。。。









か、辛くない・・・??






いや… なんていうか…
ある一定の、それなりなレベルの辛味すら、なぜか感じられなくて???

予想外の展開に、逆に慌てる(笑)

ブランド間違ってないよねー? とか、 タレちゃんとよく溶けてるよねー? とか。



ポンコツさんを5秒でKOしたはずの 康師傅の “酸菜牛肉面”
この蜜の目の前にあるシロモノは、
きっと何かの間違いに違いありません。



****** ポンコツさん、真似させていただき、ありがとうございました ******



もちろん味覚は人それぞれ。
うーん。でも、
辛いと感じる方向性については、ちょっとズレちゃっているのかも・・・? (蜜が)



個人的No.1の辛ウマ♪インスタントラーメンは、

sxinA.jpg
↑コレの右に出るものはないッ☆


王道ですけどね。
中毒性すら感じられます、辛ラーメン様様♪


初めてその存在を知ったのは本場・韓国で、
もうかれこれ10年ちょっと前ですが、食べた時は衝撃でした〜。
何にって、


外の店で、この 袋のインスタントをまんま調理 して出されることに!(笑)


当時、コンビニで450ウォン(約45円) のものを、2000ウォン(約200円) で提供。
安いんだか高いんだか。。。

ただ、かき卵が加えられてましてね。
これがまた、スープの辛味によーくマッチしていて・・・
感動級の美味しさだったなぁ。この時の韓国旅行最大のイイ思い出 (笑)



なので、
今でも蜜は、辛ラーメンの鍋調理には卵は必須! です♪

そして、やっぱり
韓国オリジナルバージョン (ハングル語のままの袋) のスープの味が一番!!
日本版や中国版のは、辛さがちょっと生ぬるい〜。



↓皆さんもぜひ “酸菜牛肉面” お試しを。 あ、その前にクリックを♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 23:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。