株主

2010年11月08日

感動が止まらない!「MARDI GRAS」

すでに1年を過ぎている上海生活、
あちこちでイタリアンだのフレンチだのを堪能していますが、


sP8203036.jpg
「MARDI GRAS」 ほど、

その美味しさが感動の連続だったことを忘れられないお店
は、少ないかもしれない。



sP8203038.jpg
興国路×泰安路にある老房子を改築したレストラン 「MARDI GRAS」 へは、

chinausaさん にご紹介いただいて訪れたのは、
実のところ、まだ残暑も厳しい8月終わりの頃だったのですが・・・


・・・ネタ温めすぎ! とか思うでしょ?(笑)

でも違うんです。
まぁ、それもそうなんですけど、
時間を経てなお色褪せない 「あの感動をもう1度」 って気持ちこそ、本物。


それくらい、「MARDI GRAS」で味わう料理とワインのマリアージュは至福の極み♪ でした。



まず、スパークリングワインに合わせた、前菜2品。

MARDI_GRAS1.jpg
蜜のパテ好きをご存知のchinausaさんが付き合って下さいました(笑)

もうね・・・
パテなのに、これだけで独立してナイフとフォークで頂きたくなるほどの存在感ある美味!
パンにつけずとも、そのまま口に含み、ワインで流せば最高。


MARDI_GRAS2.jpg
定番のマグロとアボガドも、「MARDI GRAS」では↑こういうサーブ。

何故かこれを見て、ちょっと期待はずれだった「T8」 を思い出す。
(もちろん、味のレベルは段違いなのですが…)


と、そこに添えられてきたパン2種のうち1つ、

MARDI_GRAS4.jpg
焼きたての、このチーズシュー(←と蜜が勝手に名づけた)が★★★

あまりにも絶品。

チェダーチーズを思わせる濃ゆ〜い風味
 +
外側のシューの軽〜いサクサク感
 +
中の生地はモッチモチ♪

が、なんとも素晴らしい具合にマッチしていて。


あぁ、これだけをテイクアウトとして売り出しても、買いに行っちゃいますよ!
そうオーナーシェフに伝えたら、
「その予定はありません(笑)」 とニッコリ・・・
実に惜しい。



MARDI_GRAS5.jpg
そのオーナーシェフに、ワイン選びはお任せ♪

いつも通りの好みを伝えた上で、今回はさらに、
頼んだお料理に特に相性のいいものはどれ? にこだわって相談しました。


そしてまた、毎度の失敗ですが、
2本目のワインは、気持ちよくなりすぎて撮り忘れました。。。




さて、
すでにあまりにも上機嫌なスタートダッシュでしたが、

一番のメインはね、

MARDI_GRAS6.jpg
ブイヤベース! これを外しては 「MARDI GRAS」 を終われない!!


chinausaさん が絶賛されていたのも頷けます。

とにかく、このブイヤベースは一度ご堪能あれ。


期待はしていましたが、まさかこれほどとは。
東京近郊の有名店で、これまでいくつかのブイヤベースを食しましたが、
ここまでの美味しさに出会ったのは初めて。

煮込んだ魚介の旨みが、これでもか!というくらいスープに溶け込んでいます。
独特の心地よいえぐ味すら、舌でしっかりと感じられる。
それでいて、魚介1つ1つの持ち味もまた際立っていて、食べ応え十分◎


聞けば、オーナーシェフは以前、ニースで腕を振るっていたのだそうで、
この南仏の代表的な“世界三大スープ”の1つを、
「MARDI GRAS」 で心底愉しむことができる理由も分かりますね。


旅好きだった前職の先輩が、
「これまでで一番おいしかったのは、クロアチアで食べたブイヤベース」
と言っていたのが印象的で、羨ましくもあったのですが、

蜜の今までの人生で No.1 ブイヤベースは、上海の 「MARDI GRAS」 の。

と、これからは断言してしまうでしょう。



けれど、
「MARDI GRAS」 からもらった感動は、まだこれだけでは終わらないのです!

MARDI_GRAS7.jpg
薄暗い階段を上った先には・・・


続きは、次記事にて。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■MARDI GRAS■
上海市興国路372弄1号(×泰安路と、×淮海中路の中間付近)
Reservations: 021-6280-7598




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。