株主

2010年11月30日

溺れる霜月

 
  その時、声には出さず呼び求めた名前の波間を、
  久々に激しく、涸れるまで流し尽くした涙の海を、
  泳ぎ疲れて、いつのまにか眠ってしまっているくらいがいいの。


  ― 『 One more drink 何か飲ませて 明日につながるように うまく酔わせて 』


  寂しさに負けた姿を見せてしまわないように、
  あとで笑って、戯言だったと忘れられたらそれでいいの。


  ― 『 あなたは甘やかしてはくれない いつも ジョークでも 嫌いって言いたくはない 』


  いつだってノックができるドアを横目に、
  本当は開けちゃいけないとよく分かってる扉の鍵でも、
  ちょっとイタズラみたいに持っていたかったの。


  ― 『 頭の中を 一人にさせないで 』


  心の隙間をいちいちチクチク刺してくる、
  その焦燥感と快感に、だけどもう少しだけ溺れていたいの。


  ― 『 One more day そばにいさせて そうゆう場所は 数少ない 』




        key.JPG





# Imaged by : 『FACES PLACES』 globe
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

念願かなって「鮨・大山」へ

最初にその存在を聞き知ってから・・・ ゆうに8ヶ月?
もう、ずっとずっと憧れておりました。

「 鮨・大山 」


味や質の評判の高さ、予約が取りづらいと噂になるほどの人気ぶり…。
けれど、それだけではなく、
お寿司を心から愉しむのに最高 (と思っている蜜の超個人的な嗜好) なシチュエーションと、
単なる私的で複雑な感情 (何だソレ? 笑) とが絡み合って、

東湖路のあの 「el willy」 の2階にありながら、
蜜にとってはなんとなく近くて遠い、そんなお寿司屋さんでした。。。



sPB033980.jpg sPB033979.jpg
その、気品溢れる 「鮨・大山」 の入口を、ついにくぐることとなったのは・・・


この方 が、なんとも素敵なお誘いをサラッと蜜に下さったから☆

あぁもう、さすがはムーゾンさん!
ご多忙な方なのでそれほど数多くはご一緒できないものの、
なにげに長くお付き合いさせて頂いていて、

sPB033967.jpg
このようなプレゼントまでご用意下さって・・・(感涙)



ありがたくて、嬉しくて、

sPB033965.jpg
先付け2種に箸をつける前からもう、テンション上がってます↑↑


そしてまた、このあん肝 + ポン酢があまりにもオツすぎて、、、 (←大好物)
のっけからノックアウト。

と来れば、

sPB033963.jpg
ビールではなく日本酒♪ なのです。真澄。



ちなみに、この日のラインナップは、こちら↓

sPB033964.jpg
「鮨・大山」 では、その日一番の新鮮な素材に、丹精込めておまかせコースでご提供されているそうなので、


sPB033966.jpg sPB033970.jpg
さすが。お造り5種の、この身の締まり具合!  焼き物・甘鯛のプリプリ加減!!



けれど何より、ムーゾンさんと2人でその美味に目を瞠ったのが、

ssPB033972.jpg
蛍いかの茶碗蒸し★★★

これは絶品。
お出汁とかも勿論良いものが使われているんでしょうけど、
蛍いかの身と旨味が加わると、こんなにも茶碗蒸しが格段においしくなるんですね?

この茶碗蒸し。
一度食べてしまったら、もう他のじゃ物足りなくなっちゃうかも・・・。



soyama_1a.jpg
そして、次々に差し込まれてくる握りもね♪

sPB033976.jpg
少しずつ、けれどどんどん出てくるので、かなりのボリューム。

中トロ、〆鯖。 甘エビに伊佐木 (ってこう書くんですね)
雲丹、赤貝、炙りトロ。


一品一品、芸術すら感じる握りの出来栄えと、その見た目。


お味の方は、
ここまで来ると、もう 「美味しい〜!」 しか繰り返せなくなる自分の語彙力の無さに
情けなくなり・・・

・・・つつも、そんなの美味しさでもうどーでも良くなる(笑)



そんな怒涛のような絶品☆握りの連続の合間に、
ふと挟まれてきた、

sPB033974.jpg
ねぎとろ月見いくら、に心奪われる。


↑これ、写真では見えにくいのですが、下にゴハンがあるのですよ。
名前もそのまんま、
ねぎとろ + 月見(生卵) + いくら に、わさびを混ぜていただくのですが、

なんなんでしょうね〜、この プチ丼感!!

ちっちゃいからこそステキなのです。
一般の丼モノを食べる時の、その一口め = イイトコだけを凝縮しちゃったというか・・・
そんな贅沢さがたまりません♪



最初から最後まで、本当に美味しゅうございました。
ムーゾンさんとご一緒できたことで、感動も一層膨らんだような気がします。
こんな素晴らしい 「鮨・大山」 、
心ゆくまでじっくりと、この極上を堪能できなきゃもったいない。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■鮨・大山■
上海市東湖路20号 diage2階(×淮海中路)
Reservations: 021-5404-7705




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2010年11月27日

お試しワイン in 「SHARI」

昨日は、友人にお誘いをもらって こんなイベント に参加してきました!

その会場は、
旧フランス租界の老房子で日本料理が味わえる、粋でオシャレなSUSHI BAR、

sPB264149.jpg
「SHARI」 (永嘉路×烏魯木斉南路)



sPB264176.jpg
金色に輝くクリスマスツリーがゲストをお出迎え☆


sPB264160.jpg
ワインにも、ちゃっかりサンタの帽子がかぶせてあったりして。


こんなところで、もうクリスマスシーズンなんだ〜 ってことを実感。
こういう時期のイベントって、装飾だけでも気持ちが盛り上がるから、なんか好き。



sPB264152.jpg
ガーデンスペースに設けられたブースで、

4社のワインショップからワインが振舞われ、
赤・白・ロゼ・スパークリングを、それぞれ好きなだけ飲み放題!


残念ながら広々としたテラス席でいただくにはちょっと寒いこの季節、

sPB264157.jpg
明るいダイニングスペースでブッフェ形式のお料理を取りながら、

sPB264165.jpg
乾杯用にはやっぱりまず、泡モノをね♪

ということで、「Plus Wines」 さんご提供の、白のスパークリングワインを。


けれど、↑この時のサーブで、
蜜がスパークリングを注文したら、「赤、白どっち?」 と訊かれ・・・


え、赤のスパークリングワインがあって、飲めるの?!


と、ひとりで大喜び!(笑)

えぇ、だって "GREEN POINT" くらいしか知らないもので。。。


sPB264164.jpg sPB264166a.jpg
それがこの↑赤スパークリング☆ (銘柄と説明については、コチラ


美味しーい。
"GREEN POINT" に比べると、さらに渋みがほとんど無い感じ。
さらっとした飲み口なんですが、白のスパークリングに比べればやはり多少の重みがあって、
そこがまた白よりもクセになっちゃう後味というか…。

例に漏れずかなり気に入って、しばらくはこればっかり繰り返し飲んじゃいました(笑)
どうしたって、好きなものには抗えない。



だけどまぁ、せっかくのワインテイスティング会ですからね?
いろいろ他にも飲んでみないと。

ってことで、

sPB264155.jpg
手前のロゼスパークリングとか、

sPB264167.jpg sPB264168.jpg
ENOTECA」 さんご提供のロゼと白を試してみたり。


↑写真左の "2009 CHERUB ROSE OF SYRAH/MONTES S.A." は、
ロゼなのに、ちょっと渋みの効いたような変わった風味のあるワインでした。
「シラー100%だから個性的な味わいに感じるかもしれませんね」
と、ワインショップの方はご説明されていました。

蜜のような素人感覚でも十分楽しめるテイスティング会でしたが、
お詳しい方ならきっともっと深い視点から切り込んでいけそうだから、羨ましい。

(上海で泡盛即売会でもあれば、もっとグッと入り込めるかもしれないんだけどな・・・ 笑)



そんなワイン続きの中で、
特に女性から見ると一際目立って心くすぐられたのが、

sPB264174.jpg
こちらの "XuXuストロベリー" を使ったワインカクテル。


Ezee-Beverages」 さんご提供。
ルビーみたいな艶のある真っ赤な色合いが可愛くて、デザート代わりに頂きました♪

"XuXu" というのは、
アルコール度15%、66%の果肉が入っているストロベリーのリキュールだそうで。
ドロッと濃厚なそれに、少しの白スパークリングを足して飲むと合うみたい◎

甘いけど、たまにはこういうのもいいなぁ。

来たるクリスマスや、その先のバレンタインデーとか、
そういう冬のホットなシチュエーションには、こんな幸せ色の赤いお酒が似合いそう!




sPB264158.jpg


会場では、ワインの販売も併せて行われていました。

・・・。

・・・・・・今、こうやって思い出しながらブログを書いていると、

Plus Wines」 の赤スパークリングと、
Ezee-Beverages」 の草苺酒は、
やっぱり買って帰るべきだったかもしれない? なんて後悔したり…(笑)


ま、12月に入ったら、ゆっくり選びに出向いてみましょう♪
赤い&赤いシアワセを求めて。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■SHARI■
上海市徐匯区永嘉路630号(×烏魯木斉南路)
Reservations: 021-5466-0320




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

「MUSEE PLATINUM」で甘い指先に

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2012年春 追記
    本記事でご紹介する 「MUSEE PLATINUM」 は、
    現在は脱毛専門の店舗となっており、まつげエクステやネイルはできません。
    (蜜は、こちらで脱毛をしに通っております)

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



sPB254125.jpg
キャンディコーティングしたようなポップで甘い指先に、


ネイルアートして頂いたのは、
先日、まつげエクステの記事でご紹介した 「MUSEE PLATINUM」 にて♪



sPA253879.jpg
サロンは新天地の南側、「新天地時尚」の中にあります。


sPA253880.jpg
日本同様の高いクオリティを有した中国人スタッフの施術もとても丁寧で、

ネイリストさんは、日本人も常駐されていますし、
通訳のできる方もいるので、十分なカウンセリングはもちろんOKです◎



sPA253881.jpg
今のところ、「MUSEE PLATINUM」 はジェルネイルが主流だそうで。

ソフトジェルを導入されているので、むやみに爪を傷めることもなく安心。
ご希望であればスカルプも可能ということなので、予約時にご相談してみて下さいね。


*:..:*:..:* お値段などの詳細については、直接お店へお問い合わせ下さい *:..:*:..:*
*:..:*:..:* 最新のコンシェルジュ等フリーペーパーにも広告が載っています *:..:*:..:*



そうして、淡い色合いが好みな蜜の指を飾ってくれたのは、

sPB254128.jpg
俗称 : 不二家ネイル(? 笑)


↑一緒に行ったお友達が、「不二家を思い出す」 と呟いたことから・・・(笑)

確かに。
キレイになった自分の指を見つめると、ペロペロキャンディに想えてきました。


ひっさびさのネイルアート。
甘そうなコーティングの施された爪が目に入る度、気分も上がります♪

普段はまつげエクステ一本ですが、
あぁもう、こういうのって、やればやるほどクセになっちゃいますよね〜… (溜め息)



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■MUSEE PLATINUM■
上海市盧湾区馬当路245号(×復興中路)
新天地時尚2F 221室
Reservations: 021-5386-0139/0138




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>beauty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

「COPPER@THE BUND」は外灘にあっても・・・

 
「外灘にあるバーで飲みましょう」 と言われたら、
つい、どうしても、
 

simage_w.jpg
いわゆる、こんな感じの夜景が見える所で?


まぁ・・・ たとえば、「NEW HEIGHTS」 とか 「Bar Rouge」 とか?
その辺りを想像しちゃいません??



sPB164047.jpg
中山東一路391号に位置する、この「COPPER@THE BUND」は、


中山東一路沿いにありながら、
対岸の浦東の夜景は一切臨めないバー です!(笑)

そもそも、景色を見るための窓すらありません。


それもそのはず。
「COPPER@THE BUND」 がある場所は、
外灘遊歩道の下に埋め込まれた形の1階部分なのです。

だから、その住所から受ける印象というか、地の利というか、
そういうものとは特に無縁の、 “ただ偶然そこに在りました” というバー…?


sPB154040.jpg
ま、たまにはそういう趣向でもいいでしょう♪


他の外灘沿いの (眺めがウリの) バーに比べて、そんなに混み合っていないし、
選曲されたBGMが適度に軽妙で、耳障りすぎないボリュームも丁度いい。


しかも、思っていたよりも、


sPB154044.jpg
“上海” や “外灘” の名を冠したオリジナルカクテルが、

甘いは甘いけど、結構ちゃんと作られていて美味しいのを見込んで、


sPB154046.jpg
おなじみの 生ライチマティーニ を頼んでみました☆


もう旬は過ぎたものの、飾られてきた生ライチに心弾み、
一口含んで喉を通った味わいも好みに合っていて、すっかり気分はリラックスモード。


なんだかこのバー、
特にこれと言って特徴がないのが、かえって妙に居心地良いといいますか・・・

“過ぎたるはなお及ばざるが如し” という諺がありますが、
「COPPER@THE BUND」 は、
あらゆるものが “○○すぎない” 、その程よさ加減こそを気に入ってしまいました。



sPB154041.jpg
ステージでライブがある時は、また違った様相なんでしょうか?


夜景は全く臨めないぶん、視点が他所へ行かず、
お相手の顔をじっくり見つめながら、気軽な会話とお酒を愉しめる。

外灘にありながらそんなバーを1軒くらい知っているのも、素敵かもしれませんね?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■COPPER@THE BUND■
上海市黄浦区中山東一路391号(×北京西路)
Reservations: 021-3366-5760




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2010年11月23日

湖を見ない陽澄湖上海蟹ツアー

 
sPB204083.jpg

旬な秋のうちに、本場で食べてこなくちゃ☆

去年、やり逃したし。
ていうか、なにげに今年まだ蟹食べてなーい!


・・・と、11月半ばにいきなり思い立ち、
陽澄湖で上海蟹を食べに行けるツアーをバタバタ手配することに。

なんかね、
日帰りでもいいから、どっかにちょい旅とか
しばらく行ってないと体がウズウズしちゃう性質でして。

で、
今の時期なら紅葉狩りか上海蟹でしょ。
ってことで、

コチラ (上海東和旅行社) の、
陽澄湖上海蟹と古鎮・千灯 〜昆劇の故郷で2500年の歴史にふれる

を友人から紹介してもらい、さっそく申し込み → 参加。


* * * * * *


sPB204080.jpg
市内から高速で約2時間。バスを降りたら、もうそこはズラッと蟹屋だらけ。


にしても、このツアー、
最少催行人数10名からなんですが、ゆうに30名は超えてました。
朝、集合場所に着くまでマイクロバスを想定していたら、大型バスですよ!
ちょっと予想外。人気なんですねぇ。


sPB204081.jpg
このツアーに組み込まれている蟹屋さんは、↑ココ。


2階の円卓に着くや否や、各自飲み物を注文します。 ※別途料金


上海蟹! と来たらば、蜜は、

sPB204082.jpg
よくあっためた紹興酒に限りますよ〜♪


でも周り、誰も注文してなかったけどね。(笑)

ホントは石庫門が良かったのに、残念ながら在庫がなく。
それで頼んだ↑コレは、うーん・・・ なんかちょっと水っぽくて薄い・・・。



sPB204085.jpg
オス&メス1杯ずつの上海蟹。キター☆


さすが、旬のオス。
蟹味噌、旨ッ!

時期がもう過ぎてしまったメスと食べ比べたら、その差は歴然。

そして、大好きな 「138蟹宴館」 のコースで出る蟹よりも、もちろん大きい。
なので1杯の食べ応えは十分◎
でもそのぶん、オス&メス両方と格闘したらもう、指がヘトヘト。。。


それに、
(これは最初から分かってたことだけど)
蟹の身と蟹味噌を使った料理ばっかりがどんどん出てくる 「138蟹宴館」 は
コスパ & 満足度ともにやっぱり偉大☆

ってことを改めて実感(笑)



・・・ん? 陽澄湖くんだりまで来て、この感想オカシイ?



さて、
上海蟹を食べ尽くしたところで、再びバスに乗り込むよう指示が。

「さぁ、これから陽澄湖畔へ向かうのかな〜♪」

なんて楽しみにしていたら、



そのまま素通り。



・・・え?

ちょっと待って。

どれが陽澄湖だったんですか? (笑)

湖、見てないんですけど。。。

なんかバスの車窓から一瞬だけ覗いた、
そこは特に養殖をしている風でもなかった湖? 池? の端、
あれが陽澄湖の一部だったんでしょうか…?


結局、分かんなかったし!



sIMGP0117.jpg
そのままツアーバスは一路、水郷古鎮・千灯へ。。。


陽澄湖は残念ながら見逃してしまいましたが、
昆山の千灯は、
朱家角や 七宝 を彷彿とさせる、風情ある水郷古鎮でした。


sIMGP0090.jpg



昆劇・昆曲の発祥の地なのだそうで、

sIMGP0111.jpg
ライブ鑑賞もできます。 (有料/今回のツアー料金には含まれています)


古鎮内の狭い路地には、

sPB204087.jpg
よくある、こういったお店が両側に立ち並んでいますが、


古鎮の外(周り)は、
一般的な服飾店や飲食店、携帯電話ショップなんかもあり、


sPB204092.jpg
歯医者さんまであることに、ちょっとビックリ!

撮ってないけど、2軒ほどお隣にも内科?がありました。
観光地としてだけじゃなく、庶民の生活があることを感じた一瞬でした。



そして、再びバスで上海市内へ帰る頃には、すっかり外は夜の色に。
と言ってもまだ夕方5時過ぎなんですけどね。
最近、日が落ちるの本当に早くなりましたよね〜。冬が近づくのを実感します。

上海の秋らしい1日を過ごせて概ね満足です♪

でも、
来年こそは、
ちゃんと陽澄湖を眺めるくらいはしてから上海蟹を食べたい・・・ かな?(笑)



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 19:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 旅>中国国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

「Lapis Thai」でランチとかしてみるのは

 
基本、蜜のオタノシミは宵の口の上海から始まり、そして夜が長い。


・・・のが常ですが、


sPA193865.jpg
たまーには 「Lapis Thai」 みたいな所で、


ランチとかしてみたくなったり。

白いサングリアを求めて 「CLOSED DOOR」 の扉を開けた

あの春の休日のように、久々に。


ただ、
「Lapis Thai」 はランチメニューなどは特に用意されていないので、
ディナーで訪れるのとさして変わりはないのですが、


sPA283934.jpg
太陽の光がさんさんと降り注ぐ明るい中庭を眺めながら、


sPA283929.jpg
ビールジョッキでカールスバーグを傾ける昼下がり。


この幸せ感・・・♪



って、

飲んでるのも、夜とさして変わりはないのですが… (笑)



いやいや、でもだって仕方ないでしょう?

sPA283924.jpg
前菜4種盛り合わせが、こんなにステキな具合だったら☆


「Lapis Thai」 に来たら絶対はずせない、迷わずオーダーしてしまう↑コレ。
エビのすり身がギュッと詰まった揚げ物をはじめ、
甘辛い味付けのサテはお肉プリップリ◎ とクオリティ高し。


これでビールが飲めなかったら、ランチになんて来られない(笑)



sPA283927.jpg
チキングリーンカレー。しっかりと辛い上に、丁寧に作られている感が好印象。


けれど、
「Lapis Thai」 で一番目を瞠ったのは、


sPA283932.jpg
専用のスープ鍋と共に差し出される、この海鮮トムヤムクンの味わい!


その酸味と辛味のバランスの良さ、
魚介と香味野菜の風味たっぷりなこの感じ
が、もぉ〜 とにかく蜜好み☆

最近ちょっと疲れているのか、
まさに丁度これくらいの酸っぱさを体がずっと欲していて、
その具合と方向性がホントに的確だったのです。

それでいて、ちゃんと辛味もサラッと光ってて、
エビもムール貝もホタテもゴロッと大きく食べ応えがあって、
レモングラスやスパイスもよーく効いてる。



そんな、総合的な美味しさに秀でたトムヤムクンからまた元気をもらうために、
「Lapis Thai」 で再び和みたい・・・ と願う今日この頃。


sPA193863.jpg
湖南路の通り沿いに茂るプラタナスの葉が落ちきってしまう、その前に。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Lapis Thai■(湖南店)
上海市徐匯区湖南路285号(×武康路)
Reservations: 021-5466-3026




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2010年11月19日

今年のボジョレーはこれでいいの♪

 
去年と違って
(そう、昨年は世情なんか全く無視して、おうちで白のスパークリングなんか飲んでたみたい…笑)


今年こそは、ここ上海で、
ボジョレーヌーボー解禁 に沸いてみたかったんですよ、ずっと!




・・・ていうか、
そもそも東京にいた頃も、マトモにやったことなかったんだけど(笑)

→朝、会社の最寄り駅にあった「成城石井」の店頭で大売出ししているのを目にしてやっと、
 その日がボジョレー解禁日だと思い当たるような例年でした…。




まぁね?
上海なんだから、たとえば ここ とか そこ とか あそこ とか、
その他とにかくた〜〜くさんの飲食店でそれぞれ企画して下さっていますから、
解禁パーティーに出向こうとすればいいだけでしょ?

って分かっているんですけど、

なんかちょっと、そういうことじゃなくて。

ただ単に、いつもの仲間内でなんとなーくボジョレーの1本でも入れて、
乾杯しながらその気分が味わえれば十分だったの。





そしたら、

ゴルフの先生が、そんな蜜の願いを叶えて下さいました・・・☆



sbPB184074.jpg

「栄」 で。 (笑)



なぜか 「栄」 。なぜに 「栄」 ?

いえいえいえいえ。
これもひとえに先生のおかげ、
先生がいらっしゃるからこそのサービス品だったんです。ほんとに。
このサプライズは嬉しかった〜♪

ありがとうございました。



sbs1011Sakae2.jpg
「栄」の由美ママ(写真左奥) と、先生 & いつものゴルフ練習メンバーみんなに感謝!



・・・しっかしこう、改めて写真で見ると、

ボジョレー を囲むにはミスマッチすぎるこの居酒屋具合 がまたステキv (笑)


こういうのって、あとで絶対いい思い出になるもんなんですよね。
蜜の中では、今年のボジョレー祭りはこれでいいの。


来年はまた、たとえば今度は
飲み比べさせてもらえるようなバーで、ちゃんと。
とか、
ワインに詳しい方の薀蓄に耳を傾けながら愉しむ。
とかもいいんだけど☆



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■栄■
上海市長寧区興義路48号 新世界広場Bブロック1F(×娄山関路)
Reservations: 021-6278-9778




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

たまには許して。2度目だけど

 
前回 に引き続き。



sP9243709.jpg
丸くないたこやきがあるのなら、むしろそっちの方が食べてみたい。




ビミョーに写り込んでいますが、中山公園に移転した 「福島」 ラーメンの並びです。
福島ラーメンもなにげに好きです。






↓優しいそのクリックが、蜜に記事を書く元気をくれます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 16:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

「石見」での記憶、それは

 
えぇ、もう随分と以前から、
その高い評判はあちこちから耳に入っておりましたよ、

sP8303172.jpg
北京西路×江寧路の 「石見」 は。


特に、

「バッテラが絶品だよ」

なんて教えてもらったら、もぉ・・・

その機会にさえ恵まれれば、どうかぜひ連れてって頂くでしょ☆


sP8303173.jpg
先付けからテンションの上がってしまう、ウニ様です↑


そして、

sP8303175.jpg sP8303176.jpg
なんて上品に美味しいんでしょうね〜、この水菜のサラダとつみれの煮物。


大好きなのに、なかなか上海では巡り会えなくない? な野菜の1つに、
水菜があります。
たまーにスーパーで見かけた時は必ず買ってしまうくらい、その味も使い勝手も良い水菜。
だからもちろんメニューにあれば頼んじゃいます、水菜料理。

一緒に和えられたじゃこも、太っちょで大きくて幸せ♪

さくさくと辛味の効いたサラダの大根は、
つみれと煮れば、こんなにホロホロで甘く、お出汁もよく滲みてるんだから
思わず顔もほころんじゃいます。



sP8303179.jpg sP8303181.jpg
お次に、揚げたてサクサクッの天ぷら盛り合わせが並んだ頃には・・・


sP8303182.jpg
大好きな日本酒、浦霞(純米生酒)を頂くことに♪


浦霞といえば蜜は 『禅』 が好きで、
しかもそれが 「石見」 には置いてあって、贅沢に悩んだ結果、
その時旬だった(らしい)純米生酒の方を。


桜海老、しかも掻き揚げと聞いては無視できるはずもないほどの大好物で、
その香ばしい甘みに舌鼓を打ちながら口に含む、コクのある辛口の日本酒。。。

この併せ技、日本食の幸せの極み!


これが上海で味わえるなんてね…。
上海におけるレベルの高い日本食は、日本で食す一般的なそれよりも上質?
なのはもう常識かも??

・・・なんて、
最近、あっち とか こっち とかでも
唸ってしまうような美味に出会う度に、実感してしまいます。


sP8303183.jpg


けれど、そういう風に思える要因の1つに、
カウンターの粋な造りや、板前さんの見事な腕さばきから受ける印象
というのも影響しているのは確かで、
ここ 「石見」 も、その点がとても優れていて、総合的な満足度がより高まりました。



さて、そろそろ〆に参りましょう!

当然ながら、

sP8303184.jpg
お待ちかねの、バッテラ☆


これはもうね・・・
見た目だけでも歓声を上げたくなるほどの、


sP8303186.jpg
しめ鯖の肉厚具合☆☆☆ 


そして、これを頬張ったら、思わず本当に声が出てしまいました(笑)

しめ鯖の脂と酸味、
昆布と紫蘇の適度なアクセント、
白ゴマを和えた固めのシャリとが、それはもう絶妙なハーモニー!

「バッテラが絶品だよ」 の噂は確かでした◎



先日の 「MARDI GRAS」(フレンチレストラン) の記事で、
そこで味わったブイヤベースの感動が忘れられない! と書きましたが、

蜜の中では、
上海で唸った 「石見」 のバッテラの記憶も、きっと格別なものになるだろうな…。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■石見■
上海市静安区北京西路991号(×江寧路)
Reservations: 021-6217-9872




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。